【2021年版】法人カード30枚所有の経営者が「絶対に」おすすめしたい法人カードTOP10

man
「結局、どの法人カードがおすすめなの?」

これが法人経営者や個人事業主が法人カード(法人クレジットカード・ビジネスカード)を比較するときの大きな疑問だと思います。個人向けのクレジットカードであれば、何枚が利用している間に「何を重視すれば良いのか?」なんとなくわかりそうなものですが、法人カード(法人クレジットカード・ビジネスカード)の場合は、何枚も所有するものではないので「どれを選べば良いのか?どう選べば良いのか?見当がつかない」という方も少なくないのではないでしょうか?

筆者は「法人カード」を作る、持つ、使うのが趣味的なこともありまして、合計30枚以上の法人カードを所有しています。経営している会社は11社ですが、社員数は数名の中小企業の社長です。そんな私がおすすめする法人カードを、おすすめの理由と共に解説します。

concierge
目的ごとにおすすめの法人カードを選びたい方はこちらを参考にしてください。

目次

目的別法人カードおすすめの1枚

【検証】法人カード「お得」でおすすめの1枚とは?
【検証】法人カード「接待」でおすすめの1枚とは?
【検証】法人カードで「経営に役立つ」おすすめの1枚とは?
【検証】法人カード「起業直後」でおすすめの1枚とは?
【検証】法人カード「海外出張」でおすすめの1枚とは?
【検証】法人カードで「国内出張」おすすめの1枚とは?
【検証】法人カード「マイルを貯める」おすすめの1枚とは?
【検証】法人ゴールドカードでおすすめの1枚とは?
【検証】法人プラチナカードでおすすめの1枚とは?
【検証】法人カード「個人事業主(自営業者)」におすすめの1枚とは?
【検証】法人カードで「発行スピード・即日発行」でおすすめの1枚とは?
【検証】法人カード「キャッシング」でおすすめの1枚とは?
【検証】法人カード「ガソリン代が安くなる」割引でおすすめの1枚とは?
【検証】法人カード「審査が甘い」でおすすめの1枚とは?
【検証】法人カード「在宅ワーク・テレワーク・リモートワーク」でおすすめの1枚とは?

法人カード30枚所有の経営者が「絶対に」おすすめしたい法人カードTOP10


おすすめする方に向けたキャッチコピー

concierge

年会費実質無料で利用できる、総合力抜群の定番法人カード

三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード

三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カードとは

三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カードは、三井住友カード株式会社が発行している個人事業主、法人経営者向けのプロパーカードの一般カードスペックの法人カードです。

三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カードの大きな特徴は「プロパーカードの法人カードであること」「初年度年会費無料」「年会費1,375円(税込)と格安の年会費設定」「登記簿謄本・決算書不要」「ポイント還元率は0.50%」「iDやプリペイドカードのキャッシュバック還元率は0.50%」「セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドの店舗でポイント5倍(ポイント還元率:2.5%)※」「最高2,000万円の海外旅行傷害保険(利用付帯)」「トラベルデスク」「エアライン&ホテルデスク」「海外レンタカー優待サービス」「ビジネス優待あり」「福利厚生代行サービス」「最高100万円までのショッピング保険付帯(海外)」などがあります。

法人経営者のみが利用できる三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カードと比較すると「初年度年会費無料」「支払方法が1回払い・リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払いと豊富」「iD、Apple Pay、プラスEX、PiTaPa、WAONという電子マネーが利用可能」「個人事業主であればキャッシング利用が可能」とメリットも多くなっています。とくに「セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドの店舗でポイント5倍(ポイント還元率:2.5%)」と日常的に利用する店舗でのポイント倍増はうれしい点です。

サービス面ではホテルや宿泊先の予約、トラブル時の対応デスク、海外旅行損害保険などがあるので一般カードとしては海外出張で活躍する法人カードと言えます。

限度額が最高150万円と一定レベルの金額になっているので、規模の小さい法人経営者・個人事業主が利用するのであれば十分に総合力の高い法人カードと言えます。

三井住友ビジネスカードキャンペーン 2021年10月最新情報

キャンペーン情報

【新規入会+2カ月以内利用】ワールドプレゼント最大4,000ポイントプレゼント
【年会費特典】初年度年会費無料

三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 11

三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード

8

年会費の安さ・コスパ

8.2/10

ポイントや優待のお得さ

7.8/10

ビジネス面での活躍

8.6/10

使い勝手の良さ

8.9/10

ステイタス性

6.4/10

良い点

  • プロパーカードの法人カード
  • 格安の年会費設定
  • ポイント還元率は0.50%
  • キャッシュバックあり
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険

悪い点

  • 年会費永年無料の法人カードではない

三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カードスペック

人気ランキング2位
法人カード名三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード
三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード
カード会社三井住友カード株式会社
国際ブランドVISA,Mastercard
カードランク一般カード,プロパーカード
申込み対象満20歳以上の個人事業主,満20歳以上の法人経営者(法人)
初年度年会費(税込)0円
2年目~年会費(税込)1,375円
年会費優遇条件「マイ・ペイすリボ」申込と前年1回以上のリボ払い手数料の支払いで翌年度年会費無料
カードご利用代金WEB明細書サービス利用で条件達成で翌年度年会費550円割引
ショッピング限度額/下限-
ショッピング限度額/上限150万円
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限9.00%
ポイント倍増方法●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍

●いつもの利用でポイント5倍
セブン‐イレブン:5倍
ファミリーマート:5倍
ローソン:5倍
マクドナルド:5倍
※一部ポイント加算対象とならない、指定のポイント還元にならない、Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスが利用できない店舗あり

●選んだお店でポイント2倍
約50店舗の中から3店舗を選択
マイル還元率/上限7.20%
海外旅行障害保険最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険-

※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり。
※一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗あり。

concierge

おすすめする理由

三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カードは、三井住友カードのプロパー法人カードです。

三井住友カードのプロパーカードとしての信頼性と、世界シェア1位のVisaブランドの法人カードですので「使いやすさが抜群の法人カード」となっています。

年会費は初年度無料で、次年度年会費は1,375円(税込)ですが

  • 「マイ・ペイすリボ」の利用 + 年間1回以上の利用 → 翌年度年会費無料
  • WEB明細書サービス利用 → 翌年度年会費500円割引

ですので、条件次第では、実質年会費無料で保有できる法人カードです。

ベースのポイント還元率は、0.5%と高くはありませんが、身近で使える全国のセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでポイント5倍(ポイント還元率2.5%)※でポイントが貯まるため、利用しやすいリアル店舗でお得な法人カードでもあるのです。

その上で

  • 謄本、決算書不要
  • インターネットからの申込なら最短3営業日で発行できる
  • 支払方法が、1回払い・リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払いと豊富
  • iD、Apple Pay、プラスEX、PiTaPa、WAONという電子マネーが利用可能

と、利便性も抜群に高い法人カードと言えます。

デメリットは、一般カードの場合の限度額が低めに設定されてしまうことです。カード利用額が大きくなると結局、上位ランクのゴールドカードやプラチナカードにせざるを得なくなってしまいます。当然、上位ランクのカードは、年会費負担が大きくなります。
上記のようなデメリットはありますが
「コスト面のメリット(年会費実質無料)」「お得さ(コンビニやマクドナルドでポイント5倍)」「利便性(電子マネー、支払い方法)」「申込のしやすさ(最短3営業日の発行、決算書・謄本不要)」「日本最大のクレジットカード会社の信頼性」と、すべての面でおすすめできる法人カードです。総合力に秀でた法人カードです。

おすすめする方に向けたキャッチコピー

concierge

カッコつけたい社長が持つべき法人カード。最強のコスパで筆者もメインカードとして利用しています!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードとは

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、株式会社クレディセゾンが発行するアメックスブランドのプラチナカードスペックの法人カードです。個人事業主、法人経営者が経費支払に利用でき、業務の効率化やコスト削減に役立ちます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの大きな特徴は「プラチナカードスペックの法人カード」「年会費はプラチナカードにしては格安」「一流ホテルの優待/オントレ」「世界の一流ホテルの優待/スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド」「レストラン優待」「プラチナ会員コンシェルジュデスク」「ビジネスサービスの優待プログラム/ビジネス・アドバンテージ」「プライオリティ・パス無料付帯」「ハイヤー送迎サービスあり」「最高1億円の海外旅行傷害保険」・・・とプラチナカードとして幅広い特典が用意されています。

一番大きなポイントは、空港や旅行保険、ホテル優待など出張で役立つサービス、レストラン優待やコンシェルジュデスクなど接待で役立つサービスが網羅されていて、かつプラチナカードにも関わらず年会費は22,000円(税込)と格安な設定になっていることです。 通常、プラチナカードは5万円~10万円ぐらいの年会費設定のものが多いので、かなりの格安設定と言えます。

さらにプラチナカードとしてのステイタス性もあるカードですので、クライアントや部下に見られても、威厳を保てる法人カードとなっています。非常にコストパフォーマンスの高い法人カードです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードキャンペーン 2021年10月最新情報

キャンペーン情報

【入会+利用】最大1,800ポイント(9,000円相当)
-

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 19

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

6.8

年会費の安さ・コスパ

7.9/10

ポイントや優待のお得さ

7.6/10

ビジネス面での活躍

7.5/10

使い勝手の良さ

7.4/10

ステイタス性

3.7/10

良い点

  • プラチナカードスペックの法人カード
  • 年会費はプラチナカードにしては格安
  • 一流ホテルの優待
  • プライオリティ・パス無料付帯
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険

悪い点

  • 限度額は制限なしですが審査次第
  • 提携カードなのでアメックスのプロパーカードよりはステイタス性は低い
  • 追加カードは4枚まで

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードスペック

人気ランキング3位
法人カード名セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
カード会社株式会社クレディセゾン
国際ブランドAMEX(アメックス)
カードランクプラチナカード,提携カード
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税込)22,000円
2年目~年会費(税込)22,000円
年会費優遇条件年間ショッピング利用額が200万円以上:次年度年会費10,000円
ショッピング限度額/下限個別設定
ショッピング限度額/上限個別設定
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法●海外利用
海外利用:2倍
マイル還元率/上限1.13%
海外旅行障害保険最高10,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯)

concierge

おすすめする理由

個人的に気に入っている法人カードがセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。「アメックス」かつ「プラチナカード」ですから、大抵の人には「ステイタス性の高い法人カード使っているな。」と思ってもらえるでしょう。実際は、クレディセゾンが発行する提携カードですので「プラチナカード」と言っても、「アメックス・ゴールド」「アメックス・プラチナ」よりはステイタス性は低いのですが、それがわかるような方はそれほど多くありません。

取引先、部下、彼女(彼氏)に見せる分には十分なステイタス性のある法人カードであり、年会費も、本物のプラチナカードよりは安く、年22,000円(税込)、月1,700円ぐらいのコスト負担で済むのです。さらに年間200万円以上利用すると、翌年度年会費は半額になります。

実際に筆者が利用している中で、「ストレスのない高レベルのコンシェルジュデスクの対応」「限度額が高額設定(筆者の場合は500万円)」があるため、筆者がメインカードとして利用している法人カードです。より高額な年会費の法人カード(プラチナ・ブラック)も保有しておりますが、その法人カードよりも、コンシェルジュデスクやサービス対応のレベルは高いと感じています。

さらに、JALマイル還元率が1.125%と高い割合で貯まります。日常の経費利用で、JALマイルが高還元率で貯まる法人カードでもあるのです。

そのほか「プライオリティ・パス無料付帯」「世界の一流ホテルの優待Tablet Hotels」「最高1億円の海外旅行傷害保険」と海外旅行や海外出張で使える特典は、プロパーカードのプラチナカードに引けを取らない豪華さになっているので、コストを抑えながらも、対外的なステイタス性を重視したい経営者におすすめです。

デメリットは、しいて挙げれば、2名以上の利用で1名様分無料のようなレストラン優待がない点です。

おすすめする方に向けたキャッチコピー

concierge

出張で活躍する国内向け定番法人カード。法人ETCカードが無料で複数枚発行可能

JCB法人カード/一般カード

JCB法人カード/一般カードとは

jcb_ippan_cardJCB法人カード/一般カードは、株式会社ジェーシービーが発行しているプロパーカードであり、一般カードスペックの法人カードです。国際ブランドもJCBになります。JCB法人カード/一般カードは法人経営者や個人事業主が経費支払に利用できる法人カードで、業務の効率化やコスト削減に役立ちます。

JCB法人カード/一般カードの大きな特徴は「プロパーカードである信頼性」「年会費初年度無料、次年度も格安の年会費設定」「ポイント還元率が0.5%~2.5%」「ポイント倍増の優待店が使いやすい」「手厚い入会キャンペーンあり」「キャッシュバック型も選べる」「法人ETCカードが年会費無料で複数枚発行可能」「ビジネス出張の優待、チケットレスサービスが充実」などがあります。

プロパーカードであるため、対外的な信頼性が高く提携カードと違って急にカード発行停止ということもありません。その上、全体的にサービスレベルが高く、総合的に使い勝手の良い法人カードと言っていいでしょう。

最低限の年会費負担で法人カードを作りたい方、零細企業や数名の社員がいる中小企業の経営者、個人事業主の方におすすめです。

JCB法人カードキャンペーン 2021年10月最新情報

キャンペーン情報

【新規入会】最大20,000円分のギフトカード
【使用者追加】使用者追加・同時入会で最大9,000円分のギフトカード
【年会費特典】初年度年会費無料

JCB法人カード/一般カード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

JCB法人カード/一般カードスペック

口コミ 155

JCB法人カード/一般カード

1250
6.8

年会費の安さ・コスパ

7.2/10

ポイントや優待のお得さ

7.0/10

ビジネス面での活躍

7.6/10

使い勝手の良さ

7.8/10

ステイタス性

4.2/10

良い点

  • ステイタス性が高い
  • 優待がお得
  • 出張で活躍
  • キャンペーンが手厚い
  • 法人etcカードが無料

悪い点

  • 審査は厳しめ
  • 年会費は発生する
  • ポイント還元率は低め
  • 限度額が低め
  • 海外加盟店が少ない