【2018年度版】法人プラチナカードおすすめランキング/あなたに合った法人プラチナカードはこれだっ!

「法人カードのプラチナカードでおすすめのカードを教えてほしい。」
「法人プラチナカードには、どのようなものがあるのか?知りたい。」
「法人プラチナカードを比較検討するときには、何を重視したら良いのか?知りたい。」

今回は、法人プラチナカードを検討している方におすすめの法人プラチナカードをおすすめ順に解説付きでランキング化しました。

目次

法人プラチナカードを比較検討するポイント

法人プラチナカードを比較検討するポイント

その1.ステイタス性

man
「プラチナカードを持ちたい。」

という最大の理由は、「サービス」や「優遇」よりも「対外的な信用」「対外的なステイタス性」を重視して、という方が多いのではないでしょうか。

個人レベルでも対外的な信用を考える方が多いのですから、法人経営者・個人事業主であれば、尚更「対外的な信用」「対外的なステイタス性」が重要になるのも当然なのです。

という理由の一番の理由は「対外的な信用」「対外的なステイタス性」です。

  • 接待で出しても、恥ずかしくない法人カード
  • 社員との飲み会で出しても、恥ずかしくない法人カード
  • 恋人との会計で出しても、恥ずかしくない法人カード
    ・・・

というのが理由で、法人プラチナカードを選ぶのであれば

ステイタス性の高い法人プラチナカードを選ぶべき

なのです。

とくに「プラチナカード」と一言で言っても、「ゴールドカード」以上に差が激しいのが「プラチナカード」です。

年会費2万円~3万円程度のプラチナカードもあれば
年会費20万円レベルのプラチナカードもあるのです。

ここまで年会費が違えば、サービスや優待に大きな差が出てくるのも当然なのです。

その2.独自サービスで比較する

法人ゴールドカードの場合は

  • サービスの「質の違い」はあれど、提供されているサービスに違いは、あまりありません。

しかし、法人プラチナカードの場合は

  • サービス自体に独自サービスで違いを出そうとする法人プラチナカードも少なくありません。

例えば

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

  • 「ヒルトン・オナーズ」のゴールド会員資格に無条件でご登録
  • スターウッド・ホテル&リゾート(スターウッド・プリファード・ゲスト・ゴールド会員)
  • Radisson Hotel Group (Radisson Rewards)
  • フリー・ステイ・ギフト:国内の対象ホテルで一泊無料宿泊券
  • デルタ航空専用空港ラウンジ
  • プライベート・クルーズ
  • ラグジュアリー・フライト

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card

※ゴールドカードという名称ですがプラチナカード・ブラックカードスペックです。

  • 24金コーティング
  • 世界一流のラグジュアリーホテルにてお部屋のアッブグレード
  • HawaiianMilesのPualani Platinumステータス
  • 空港リムジン・トラベルクレジット
  • サービス対象のレストランとご指定の場所をご送迎
  • 全国のTOHOシネマズで毎月3回無料
  • 東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館の常設展と東京国立近代美術館、国立新美術館の企画展を会員様と同伴者1名様まで無料

年会費が高額な法人プラチナカードほど、独自性の高いサービスを提供しています。

法人プラチナカードを選ぶのであれば、独自サービスを比較しながら、選ぶのも重要なポイントと言えます。

その3.海外向けサービス

法人プラチナカードになってくると

  • 空港ラウンジ(プライオリティ・パス)
  • 海外旅行傷害保険
  • 海外旅行傷害保険の家族特約
  • 航空機遅延・手荷物紛失補償
  • 国内旅行傷害保険
  • 空港からの手荷物宅配
  • 空港までの送迎サービス
  • 空港での無料ポーターサービス
  • 海外ホテル優待
    ・・・

と、海外出張、海外旅行に役立つサービスが増えてきます。

せっかく法人プラチナカードを選ぶのであれば、海外出張時、海外旅行時のサービスが充実した法人プラチナカードを選ぶべきです。

とくに法人プラチナカードでは

カード会社保有の空港ラウンジよりも質の高い航空会社の空港ラウンジが使える

デルタ航空専用空港ラウンジ

出発当日のファーストクラスへの無料アップグレードが使える

HawaiianMilesのPualani Platinumステータス

など、通常のクレジットカード会社のサービスを超えた、エグゼクティブ向けのサービスが付帯されているものもあります。

海外旅行、海外出張に頻繁に行く方は、法人プラチナカードを海外サービスで選ぶのも重要なポイントと言えます。

その4.費用対効果で選ぶ

法人プラチナカードは、法人ゴールドカード以上に年会費に差があります。

提携カードの法人プラチナカード:サービスレベルやや高★

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費:20,000円(税別)

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費:20,000円(税別)

プロパーカードの法人プラチナカード:サービスレベル高★★

JCB法人カード/プラチナカード

年会費:30,000円(税別)

三井住友ビジネスカード/プラチナカード

年会費:50,000円(税別)

三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード

年会費:50,000円(税別)

T&Eカードの法人プラチナカード:サービスレベル最高★★★

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

年会費:130,000円(税別)
※インビテーション(招待)方式。直接の申込はできない。アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードからスタート

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card

年会費:100,000円(税別)

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card

年会費:200,000円(税別)

法人プラチナカードおすすめランキング

法人プラチナカードおすすめランキング

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

独自サービス

一流ホテルでの優待サービス「オントレ entrée」

・滞在中の朝食サービス
・レイト・チェックアウト
・手荷物無料宅配サービス
・専用ラウンジにてチェックイン・チェックアウト
・ウエルカム・ドリンクサービス
・スパ&フィットネスのご利用無料
・プレミアムラウンジのご利用無料
・ランドリー割引
・シューシャインサービス
・アーリー・チェックイン
・フィットネスルームのご利用無料
・スパ (プール・温泉・フィットネスジム) のご利用無料
・朝刊・夕刊サービス
など

SAISON MILE CLUB

100円 = 1マイル(JALマイル) ※マイル還元率1.0%

費用対効果:★★★★★

年会費:20,000円(税別)※年間100万円以上の利用で翌年度年会費半額

クレディセゾンが発行する提携カードのプラチナカードですので、見る人が見ればステイタス性はそれほど高くありませんが、プラチナカードであり、サービスレベルも高い法人プラチナカードです。

その割に年会費は、2万円(税別)と安く、年間100万円以上の利用していれば、翌年度の年会費は1万円(税別)と法人ゴールドカードよりも安く発行できる法人プラチナカードですので、費用対効果は抜群です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードとは

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、株式会社クレディセゾンが発行するアメックスブランドのプラチナカードスペックの法人カードです。個人事業主、法人経営者が経費支払に利用でき、業務の効率化やコスト削減に役立ちます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの大きな特徴は「プラチナカードスペックの法人カード」「年会費はプラチナカードにしては格安」「一流ホテルの優待/オントレ」「世界の一流ホテルの優待/スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド」「レストラン優待:アメリカン・エキスプレス・セレクト」「プラチナ会員コンシェルジュデスク」「ビジネスサービスの優待プログラム/ビジネス・アドバンテージ」「プライオリティ・パス無料付帯」「ハイヤー送迎サービスあり」「最高1億円の海外旅行傷害保険」・・・とプラチナカードとして幅広い特典が用意されています。

一番大きなポイントは、空港や旅行保険、ホテル優待など出張で役立つサービス、レストラン優待やコンシェルジュデスクなど接待で役立つサービスが網羅されていて、かつプラチナカードにも関わらず年会費は2万円(税別)と格安な設定になっていることです。 通常、プラチナカードは5万円~10万円ぐらいの年会費設定のものが多いので、かなりの格安設定と言えます。

さらにプラチナカードとしてのステイタス性もあるカードですので、クライアントや部下に見られても、威厳を保てる法人カードとなっています。非常にコストパフォーマンスの高い法人カードです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードキャンペーン 2018年12月最新情報

キャンペーン情報

【新規入会】4,000円分のポイント
【年会費特典】200万円以上利用で次年度年会費10,000円

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 13

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

7

年会費の安さ・コスパ

6.3/10

ポイントや優待のお得さ

7.3/10

ビジネス面での活躍

8.3/10

使い勝手の良さ

7.5/10

ステイタス性

5.6/10

良い点

  • プラチナカードスペックの法人カード
  • 年会費はプラチナカードにしては格安
  • 一流ホテルの優待
  • プライオリティ・パス無料付帯
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険

悪い点

  • 限度額は制限なしですが審査次第
  • 提携カードなのでアメックスのプロパーカードよりはステイタス性は低い
  • 追加カードは4枚まで

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードスペック

人気ランキング3位
法人カード名セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
カード会社株式会社クレディセゾン
国際ブランドAMEX(アメックス)
カードランクプラチナカード,提携カード
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)20,000円
2年目~年会費(税別)20,000円
年会費優遇条件年間ショッピング利用額が200万円以上:次年度年会費10,000円
ショッピング限度額/下限個別設定
ショッピング限度額/上限個別設定
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法●海外利用
海外利用:2倍
マイル還元率/上限1.13%
海外旅行障害保険最高10,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯)

費用対効果:★★★★★

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

独自サービス

  • 「ヒルトン・オナーズ」のゴールド会員資格に無条件でご登録
  • スターウッド・ホテル&リゾート(スターウッド・プリファード・ゲスト・ゴールド会員)
  • Radisson Hotel Group (Radisson Rewards)
  • フリー・ステイ・ギフト:国内の対象ホテルで一泊無料宿泊券
  • デルタ航空専用空港ラウンジ
  • プライベート・クルーズ
  • ラグジュアリー・フライト

費用対効果:★★★★☆

年会費:130,000円(税別)
※インビテーション(招待)方式。直接の申込はできない。アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードからスタート

世界一流のホテルのゴールド会員などのメンバー資格が無料で得られるので、ホテルを利用する機会が多い方にとっては、年会費が高くても、十分すぎるほどの費用対効果を持ちます。

また、デルタ航空の空港ラウンジが利用できたり、プライベート・クルーズ、ラグジュアリー・フライトが優待価格で利用できるなど、エグゼクティブ向けのサービスが多く用意されています。

唯一の欠点は、「インビテーション(招待)」タイプなので、直接の申込ができないという点です。アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを利用して、クレジットヒストリーを貯める必要があります。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードとは

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドが発行するアメックスブランドのプラチナカードドスペックの法人カードです。個人事業主、法人経営者が経費支払に利用でき、業務の効率化やコスト削減に役立ちます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの大きな特徴は「アメックスのプロパープラチナカードの信頼性」「24時間の私設秘書サービス/プラチナ・セクレタリー・サービス」「高級ホテルグループの上級メンバーシップVIPプログラムを利用できる」「国内ホテルおよび旅館でのご優待 詳細を見る」「国内ホテルの無料宿泊券を毎年プレゼント」「コース料理1名分が無料になるダイニング・アクセス」「有名ゴルフコースのプレー代1名分が無料になるプリファード ゴルフ」「プライオリティ・パス無料付帯」「エアポート送迎サービス」「無料ポーターサービス」「手荷物無料宅配サービス」「プライベート・クルーズ」「ラグジュアリー・フライト」「海外旅行傷害保険最高1億円付帯」「家族特約あり 「商品の自然故障と偶発的な的な事故の故障を補償するビジネス・ワランティ・プラス」「社用車の盗難保険、カー・ピッキング・プロテクション無料付帯」・・・

書ききれないぐらい、いろいろなサービスが付帯されています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、比較的ビジネス面のサービスが多いのですが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードでは、プライベートな利用に力を入れた優待サービスと言っていいでしょう。

国内ホテルの無料宿泊券、高級ホテルグループの上級メンバーシップ、プライオリティパス、高級レストランのコース1名分無料、ゴルフコースのプレイ料金1名分無料、クルーザーの利用、ヘリコプターによるフライトサービスなど、一段階上のサービスが付帯されています。

唯一のネックは13万円(税別)高額な年会費ですが、上記のサービスを普段から利用できるレベルのエグゼクティブであれば、会社の経費としての年会費負担は、れほど大きな負担ではないのではないでしょうか。 また、大きなポイントとして「追加カードは4枚まで無料」です。役員4人と経営者1人で持つのであれば、年会費負担は5分の1になるイメージです。上手に活用すれば、年会費もそれほど高額にはなりません。

法人カードの中でも、ステイタス性とビジネス面、プライベート利用すべての面で最高レベルのサービスが整った法人カードとなっています。

ただし、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは、直接の申込ができないタイプの法人カードです。アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを利用して、クレジットヒストリーを貯めることで、選ばれた方にのみインビテーション(招待)が送られてくるものです。まずは、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを作りましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 7

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

6.9

年会費の安さ・コスパ

3.2/10

ポイントや優待のお得さ

5.5/10

ビジネス面での活躍

7.2/10

使い勝手の良さ

8.8/10

ステイタス性

9.7/10

良い点

  • アメックスのプロパープラチナカードの信頼性
  • プライオリティ・パス無料付帯
  • 24時間の私設秘書サービス/プラチナ・セクレタリー・サービス
  • 国内ホテルの無料宿泊券を毎年プレゼント
  • 海外旅行傷害保険最高1億円付帯/家族特約あり

悪い点

  • 年会費がとても高い
  • ビジネス関連の特典は少ない
  • 限度額は制限なしですが審査次第

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードスペック

人気ランキング18位
法人カード名アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
カード会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
国際ブランドAMEX(アメックス)
カードランクプラチナカード,プロパーカード
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)130,000円
2年目~年会費(税別)130,000円
年会費優遇条件-
ショッピング限度額/下限一律の制限なし
ショッピング限度額/上限一律の制限なし
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限5.00%
ポイント倍増方法●ボーナスポイント・パートナーズ
高島屋オンラインストア :2倍
じゃらん :2倍
Oisix (おいしっくす) :2倍
アイシティ:3倍
イモトのWiFi :5倍
レストラン・ホテル:2倍~10倍

●ぐるなび予約
来店人数×100ポイント

●メンバーシップ・リワード・プラス
ポイント交換レート:2倍
マイル還元率/上限5.00%
海外旅行障害保険最高10,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)
※アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードには直接の申込はできないので、まずはアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを作りましょう。

費用対効果:★★★★☆

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card

※ゴールドカードという名称ですがプラチナカード・ブラックカードスペックです。

独自サービス

  • 24金コーティング
  • 世界一流のラグジュアリーホテルにてお部屋のアッブグレード
  • HawaiianMilesのPualani Platinumステータス
  • 空港リムジン・トラベルクレジット
  • サービス対象のレストランとご指定の場所をご送迎
  • 全国のTOHOシネマズで毎月3回無料
  • 東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館の常設展と東京国立近代美術館、国立新美術館の企画展を会員様と同伴者1名様まで無料

費用対効果:★★★★☆

年会費:200,000円(税別)

注目したいのは「HawaiianMilesのPualani Platinumステータス」です。

席に空きがあれば、自動的にファーストクラスにアップグレードされるなど、航空会社の待遇は最高レベルになります。ハワイや米国に行く機会が多い方にとっては、年会費が高くても、十分な費用対効果を得ることができます。

サービス対象のレストランとご指定の場所の送迎や世界一流のラグジュアリーホテルにてお部屋のアッブグレードなど、利用しやすいサービスが豊富な点と、24金コーティングのクレジットカードとして、見た目からも「ステイタス性」をアピールすることができます。

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardとは

luxurycard_goldcard_cardラグジュアリーカード/Mastercard Black Card(ブラックカード)は、2008年に英国を本拠地を置く国際金融グループ「バークレイズ(Barclays)」の米国クレジットカード連結子会社として設立された「Black Card LLC(Black Card I株式会社)」が発行している富裕層向けクレジットカード「Luxury Card(ラグジュアリーカード)」の最上位のカードです。ゴールドカードですが、チタンカードやブラックカードよりも上位の位置づけです。

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Cardは、法人向けのクレジットカードではありませんが、引き落とし口座に法人口座(個人事業主の事業性口座)を設定できるので、法人カードとして利用ができます。Mastercardブランドで最上級のカードが法人カードとして利用できるのです。

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Cardの特徴としては「年会費200,000円(税別)」「24金をコーティングし、裏面がカーボンという券面素材」「ポイント還元率0.50%」「年間200万円以上の利用で国内最大3.0倍(ポイント還元率1.50%)」「海外利用2倍(ポイント還元率1.0%)」「Mastercardトラベラーリワードで海外利用でJALマイルが貯まる」 「世界最大級の拠点数を有するコンシェルジュ・ネットワーク」「グローバル・ラグジュアリーホテル優待」「プライオリティ・パス無料付帯」「国内空港ラウンジ無料」「コンシェルジュで一定金額以上の旅行商品の購入で空港リムジンサービス贈呈」「海外旅行傷害保険は最高1.2億円」「海外旅行の手荷物遅延・紛失、航空機遅延・紛失補償あり」「HawaiianMilesのエリート会員ステータス『Pualani Gold』無料付帯」「国内旅行傷害保険も最高1億円(利用付帯)」「ショッピング保険最高300万円」「全国約200店舗で2名様以上所定のコースを予約すると1名様分か無料」「サービス対象のレストランとご指定の場所の送迎サービス」「ラグジュアリーホテルにて会員様限定のテイスティングイベント」「国際線のご出発・ご帰国時の無料宅配がお荷物最大3個まで可能」「最高1億円の個人賠償責任保険」「国立美術館無料招待」「Mastercardの最上位のステータス『ワールドエリート』適用」「プライベートジム優待」などが挙げられます。

年会費200,000円(税別)というのは、法人カードの中では最も年会費が高いカードとなっています。

下位のブラックカードとの違いは、「ポイント還元率の倍増ボーナスが最高3倍」「日常生活で賠償責任を負った場合の最高1億円まで個人賠償責任保険」「東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館、国立新美術館の常設展または企画展を会員様と同伴者1名様まで無料」「日本を代表するトレーナー・中野ジェームズ修一監修の会員制ジム「Club100」にて会員限定の優待プログラム」の4つぐらいですので、訴訟大国のアメリカならまだしも、日本ではそれほど使い勝手の良い特典とは言えません。

じゃあ、何がメリットなのか、というと「24金をコーティングし、裏面がカーボンという券面素材」ではないでしょうか。「このカード本物の金「24金」を使っているカードなんだ。」という一言が言えるカードであることが、話題作りにもなって自慢できるメリットがあります。

ただし、「ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card」は、インビテーション(招待制)タイプのカードですので、申込自体は「ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card」からはじめる必要があります。

法人向け限定のクレジットカードではないため、法人向けの優待サービスは少ないものの、珍しいカードで他と差をつけたい経営者、プライベート利用の方が多い経営者におすすめできる法人カードとなっています。

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card口コミ評価(口コミ投稿を反映)

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardスペック

口コミ 0

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card

6.8

年会費の安さ・コスパ

3.0/10

ポイントや優待のお得さ

9.5/10

ビジネス面での活躍

4.5/10

使い勝手の良さ

7.0/10

ステイタス性

10.0/10

良い点

  • 表面に24金をコーティングした最上級のカード
  • Mastercardブランドの最高級クレジットカード
  • ポイント還元率も年間200万円以上利用すれば1.50%と高い
  • 海外旅行傷害保険は最高1.2億円
  • 2名以上のコース利用で1名分無料になるレストラン優待あり

悪い点

  • 年会費が高い
  • 下位のブラックカードとの差がそれほどない
  • 法人カード専用ではないため、ビジネス向けの優待サービスがほとんどない
  • 国内旅行傷害保険が利用付帯
  • 海外旅行傷害保険に家族特約がない

人気ランキング21位
法人カード名ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
カード会社Black Card Ⅰ 株式会社
国際ブランドMastercard
カードランクプラチナカード,提携カード
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)200,000円
2年目~年会費(税別)200,000円
年会費優遇条件-
ショッピング限度額/下限一律の制限なし
ショッピング限度額/上限一律の制限なし
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.50%
ポイント倍増方法●ポイント倍増
年間200万円以上のご利用:3倍

●海外利用
ポイント:2倍
マイル還元率/上限0.75%
海外旅行障害保険最高12,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高10,000万円(利用付帯)

費用対効果:★★★★☆

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card

※ブラックカードという名称ですがプラチナカードスペックです。

独自サービス

  • 世界一流のラグジュアリーホテルにてお部屋のアッブグレード
  • HawaiianMilesのPualani Goldステータス
  • 空港リムジン・トラベルクレジット
  • サービス対象のレストランとご指定の場所をご送迎
  • 全国のTOHOシネマズで毎月2回無料

費用対効果:★★★☆☆

年会費:100,000円(税別)

年会費が安い分、「ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card」と比較すると若干サービスレベルが落ちますが、世界一流のラグジュアリーホテルにてお部屋のアッブグレード、HawaiianMilesのPualani Goldステータス、サービス対象のレストランとご指定の場所をご送迎などの独自サービスもしっかりあるので、それなりの費用対効果があります。

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Cardとは

luxurycard_blackcard_cardラグジュアリーカード/Mastercard Black Card(ブラックカード)は、2008年に英国を本拠地を置く国際金融グループ「バークレイズ(Barclays)」の米国クレジットカード連結子会社として設立された「Black Card LLC(Black Card I株式会社)」が発行している富裕層向けクレジットカード「Luxury Card(ラグジュアリーカード)」の上位のカードです。

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Cardは、法人向けのクレジットカードではありませんが、引き落とし口座に法人口座(個人事業主の事業性口座)を設定できるので、法人カードとして利用ができます。Mastercardブランドで最上級のカードが法人カードとして利用できるのです。

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Cardの特徴としては「年会費100,000円(税別)」「チタンカードという表面がステンレススチール、裏面がカーボンという券面素材」「ポイント還元率0.50%」「年間150万円以上の利用で国内最大2.0倍(ポイント還元率1.00%)」「海外利用2倍(ポイント還元率1.0%)」「Mastercardトラベラーリワードで海外利用でJALマイルが貯まる」 「世界最大級の拠点数を有するコンシェルジュ・ネットワーク」「グローバル・ラグジュアリーホテル優待」「プライオリティ・パス無料付帯」「国内空港ラウンジ無料」「コンシェルジュで一定金額以上の旅行商品の購入で空港リムジンサービス贈呈」「海外旅行傷害保険は最高1.2億円」「海外旅行の手荷物遅延・紛失、航空機遅延・紛失補償あり」「HawaiianMilesのエリート会員ステータス『Pualani Gold』無料付帯」「国内旅行傷害保険も最高1億円(利用付帯)」「ショッピング保険最高300万円」「全国約200店舗で2名様以上所定のコースを予約すると1名様分か無料」「サービス対象のレストランとご指定の場所の送迎サービス」「ラグジュアリーホテルにて会員様限定のテイスティングイベント」「国際線のご出発・ご帰国時の無料宅配がお荷物最大3個まで可能」「Mastercardの最上位のステータス『ワールドエリート』適用」などが挙げられます。

年会費100,000円(税別)というのは、ブラックカードレベルの年会費設定ですので、旅行傷害保険やプライオリティ・パス、レストラン、ホテル優待含めて、プラチナカードを上回るスペックになっています。法人カードにはブラックカードはないため、法人カードの中では最上級のカードと言っていいでしょう。

とくに「チタンカードという表面がステンレススチール、裏面がカーボンという券面素材」という券面デザインに特許取得の独自技術を利用しており、他の経営者や個人事業主と差をつけられる法人カードとして、利用できます。

法人向け限定のクレジットカードではないため、法人向けの優待サービスは少ないものの、珍しいカードで他と差をつけたい経営者、プライベート利用の方が多い経営者におすすめできる法人カードとなっています。

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card口コミ評価(口コミ投稿を反映)

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Cardスペック

口コミ 0

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card

6.8

年会費の安さ・コスパ

5.0/10

ポイントや優待のお得さ

8.0/10

ビジネス面での活躍

4.5/10

使い勝手の良さ

7.0/10

ステイタス性

9.5/10

良い点

  • Mastercardブランドの最高級クレジットカード
  • 英国の金融グループ「バークレイズ(Barclays PLC」傘下のクレジットカード会社としての信頼性
  • まだ持っている人が少ない希少性のある法人カードであること
  • カード券面のデザイン・素材に独自性があり、高級感を演出。41もの特許技術が利用されている
  • ポイント還元率も年間150万円以上利用すれば1.00%と高い

悪い点

  • 年会費が高い
  • 下位のチタンカードとの差がそれほどない
  • 法人カード専用ではないため、ビジネス向けの優待サービスがほとんどない
  • 国内旅行傷害保険が利用付帯
  • 海外旅行傷害保険に家族特約がない

人気ランキング34位
法人カード名ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card
ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card
カード会社Black Card Ⅰ 株式会社
国際ブランドMastercard
カードランクゴールドカード,提携カード
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)100,000円
2年目~年会費(税別)100,000円
年会費優遇条件-
ショッピング限度額/下限一律の制限なし
ショッピング限度額/上限一律の制限なし
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法●ポイント倍増
年間150万円以上のご利用:2倍

●海外利用
ポイント:2倍
マイル還元率/上限0.50%
海外旅行障害保険最高12,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高10,000万円(利用付帯)

費用対効果:★★★☆☆

JCB法人カード/プラチナカード

独自サービス

とくになし

費用対効果:★★★☆☆

年会費:30,000円(税別)

2名以上の利用で1名分のコース料理が安くなる「グルメ・ベネフィット」や「プライオリティ・パス」「十分な海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険」などはあるものの、取り立てて独自のサービスがない法人プラチナカードです。

プロパーカードの法人プラチナカードとしての信頼性があり、年会費も3万円(税別)とそこまで高くないため、費用対効果は高いと言えます。

JCB法人カード/プラチナカード

JCB法人カード/プラチナカードとは

JCB法人カード/プラチナカードは、株式会社ジェーシービーが発行しているプロパーカードであり、プラチナカードスペックの法人カードです。国際ブランドもJCBになります。JCB法人カード/プラチナカードは法人経営者や個人事業主が経費支払に利用できる法人カードで、業務の効率化やコスト削減に役立ちます。

JCB法人カード/プラチナカードの大きな特徴は「プロパーカードである信頼性」「プラチナカードとしてのステイタス」「プラチナ・コンシェルジュデスク」「プライオリティ・パス無料付帯」「2名以上のコース利用で1名分無料のグルメ・ベネフィット」「最高1億円の海外旅行傷害保険」「最高1億円の国内旅行傷害保険」「海外旅行傷害保険は家族特約付帯」「国内・海外航空機遅延保険付帯」「限度額が一般カードよりも大きい※JCBウェブサイトでご確認ください。」「最高1億円の海外旅行傷害保険」「最高500万円のショッピング保険」「ポイント倍増の優待店が使いやすい」「手厚い入会キャンペーンあり」「法人ETCカードが年会費無料で複数枚発行可能」「ビジネス出張の優待、チケットレスサービスが充実」などがあります。

プラチナカードですので、プラチナ・コンシェルジュデスクやプライオリティ・パス、グルメ・ベネフィット、海外旅行傷害保険の家族特約や航空機遅延保険などハイスペックな特典が用意されています。

プロパーカードのプラチナカードですので対外的な信用力も高く、接待や出張、プライベートでの利用も含めておすすめできるハイスペック法人カードです。

JCB法人カードキャンペーン 2018年12月最新情報

キャンペーン情報

【新規入会】12,000円分のギフトカード
【Amazon Business登録】Amazon4,000円引きクーポン
【年会費特典】初年度年会費無料

JCB法人カード/プラチナカード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 4

JCB法人カード/プラチナカード

7.8

年会費の安さ・コスパ

5.1/10

ポイントや優待のお得さ

8.3/10

ビジネス面での活躍

8.9/10

使い勝手の良さ

7.9/10

ステイタス性

9.0/10

良い点

  • プロパーカードのプラチナカード
  • 抜群のステイタス性
  • 2名以上のコース利用で1名分無料
  • プライオリティ・パス無料付帯
  • 国内での利用特典が手厚い

悪い点

  • 審査が厳しい
  • 年会費が高額
  • 海外利用の特典がプラチナカードにしては少ない

JCB法人カード/プラチナカードスペック

人気ランキング19位
法人カード名JCB法人カード/プラチナカード
JCB法人カード/プラチナカード
カード会社株式会社ジェーシービー
国際ブランドJCB
カードランクプラチナカード,プロパーカード
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)30,000円
2年目~年会費(税別)30,000円
年会費優遇条件-
ショッピング限度額/下限個別設定
ショッピング限度額/上限個別設定
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限4.25%
ポイント倍増方法●JCBスターメンバーズ
300万円利用・翌年:70%UP
●JCB ORIGINAL SERIESパートナー
スターバックス:5倍
セブンイレブン、イトーヨーカドー:3倍
Amazon.co.jo:3倍
ガソリンスタンド:2倍
●海外利用
海外利用:2倍
マイル還元率/上限2.55%
海外旅行障害保険最高10,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高10,000万円(自動付帯)

費用対効果:★★★☆☆

三井住友ビジネスカード/プラチナカード

独自サービス

  • プラチナホテルズ:国内約10のホテルのスイートルーム50%OFF
  • プラチナオファー:会員限定イベント招待
  • 一流のホテル・旅館を厳選した宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」:優待

費用対効果:★★★☆☆

年会費:50,000円(税別)

2名以上の利用で1名分のコース料理が安くなる「プラチナグルメクーポン」や国内約10のホテルのスイートルームを50%OFFで利用できる「プラチナホテルズ」「プライオリティ・パス」「十分な海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険」などはあるものの、取り立てて独自のサービスがない法人プラチナカードです。

プロパーカードの法人プラチナカードとしての信頼性はありますが、年会費も5万円(税別)と高めですので、費用対効果は低いと言えます。

三井住友ビジネスカード/プラチナカード

三井住友ビジネスカード/プラチナカードとは

三井住友ビジネスカード/プラチナカードは、三井住友カード株式会社が発行しているプロパーカードのプラチナカードスペックの法人カードです。

三井住友ビジネスカード/プラチナカードの大きな特徴は「プロパーカードのプラチナカードスペックの法人カードであること」「プライオリティ・パス無料付帯」「ポイント還元率は0.50%」「限度額は最高500万円と高い設定」「iDやプリペイドカードのキャッシュバック還元率は0.50%」「最高1億円の海外旅行傷害保険」「海外旅行傷害保険は家族特約あり」「海外航空機遅延保険、寄託手荷物遅延費用保険金あり」「国際線手荷物宅配サービス」「最高1億円の国内旅行傷害保険」「国内主要空港ラウンジ無料利用可能」「プラスEXサービス」「航空券チケットレス発券サービス」「トラベルデスク」「エアライン&ホテルデスク」「ラグジュアリーホテルご優待」「コンシェルジュデスク」「プラチナグルメクーポン」「海外レンタカー優待サービス」「ビジネス用じゃらんnet ホテル予約」「ビジネス優待あり」「福利厚生代行サービス」「最高500万円までのショッピング保険付帯」「海外のみキャッシングが可能」「6ヵ月間のカードお支払い額の0.5%相当額のギフトカードプレゼント」などがあります。

三井住友ビジネスカード/プラチナカードは信頼性の高いプロパーカードのプラチナカードであり、総合力の高い法人カードにプラチナレベルの優待が付帯され、完璧な法人カードとなっています。とくにゴールドカードとの違いは、海外空港ラウンジ、コンシェルジュデスク、一流レストランで2名以上のコース料理が1名分無料、ラグジュアリーホテル・旅館の優待、海外旅行傷害保険の家族特約、遅延、手荷物紛失時の保険など海外旅行時の特典が多く付与されています。

また、半年ごとに6ヵ月間のカードお支払い額の0.5%相当額のギフトカードがプレゼントされるので、元々のポイント還元率は0.5%ですが、これにギフトカード分を加味すればポイント還元率は1.0%まで上がります。ポイント還元率の面でも有効な法人カードとなっています。

デメリットとしては、年会費が高いことに尽きます。相応のサービスがあるので利用できるかどうかが、プラチナカードを選ぶ分岐点になるでしょう。年会費負担は高くても、最高レベルの優待サービスと高いステイタス性のある法人カードを持ちたい経営者の方におすすめできる法人カードとなっています。

三井住友ビジネスカードキャンペーン 2018年12月最新情報

キャンペーン情報

【新規入会】8,000円分のギフトカード
【Vpass登録・一定額の利用】抽選で 5,000円分のギフトカード

三井住友ビジネスカード/プラチナカード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 2

三井住友ビジネスカード/プラチナカード

7.7

年会費の安さ・コスパ

4.8/10

ポイントや優待のお得さ

7.3/10

ビジネス面での活躍

9.0/10

使い勝手の良さ

8.3/10

ステイタス性

9.3/10

良い点

  • プロパーカードのプラチナカード
  • プラチナ専用コンシェルジュデスク
  • プライオリティ・パス無料付帯
  • 海外旅行傷害保険1億円、家族特約あり
  • 一流レストランのコースが1名分無料

悪い点

  • 年会費が高い
  • ビジネス向けの優待は少ない

三井住友ビジネスカード/プラチナカードスペック

人気ランキング25位
法人カード名三井住友ビジネスカード/プラチナカード
三井住友ビジネスカード/プラチナカード
カード会社三井住友カード株式会社
国際ブランドVISA
カードランクプラチナカード,プロパーカード
申込み対象法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)50,000円
2年目~年会費(税別)50,000円
年会費優遇条件-
ショッピング限度額/下限150万円
ショッピング限度額/上限500万円
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限9.00%
ポイント倍増方法●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍
マイル還元率/上限7.20%
海外旅行障害保険最高10,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高10,000万円(自動付帯)

費用対効果:★★★☆☆

三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード

独自サービス

  • プラチナホテルズ:国内約10のホテルのスイートルーム50%OFF
  • プラチナオファー:会員限定イベント招待
  • 一流のホテル・旅館を厳選した宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」:優待

費用対効果:★★★☆☆

年会費:50,000円(税別)

2名以上の利用で1名分のコース料理が安くなる「プラチナグルメクーポン」や国内約10のホテルのスイートルームを50%OFFで利用できる「プラチナホテルズ」「プライオリティ・パス」「十分な海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険」などはあるものの、取り立てて独自のサービスがない法人プラチナカードです。

プロパーカードの法人プラチナカードとしての信頼性はありますが、年会費も5万円(税別)と高めですので、費用対効果は低いと言えます。

三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード

三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカードとは

三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカードは、三井住友カード株式会社が発行しているプロパーカードのプラチナカードスペックの法人カードです。30歳以上の個人事業主、法人経営者が対象になります。

三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカードの大きな特徴は「プロパーカードのプラチナカードスペックの法人カードであること」「30歳以上の個人事業主、法人経営者が対象が対象」「ポイント還元率は0.50%」「限度額は最高500万円と高い設定」「iDやプリペイドカードのキャッシュバック還元率は0.50%」「最高1億円の海外旅行傷害保険」「海外旅行傷害保険は家族特約あり」「海外航空機遅延保険、寄託手荷物遅延費用保険金あり」「国際線手荷物宅配サービス」「最高1億円の国内旅行傷害保険」「国内主要空港ラウンジ無料利用可能」「プラスEXサービス」「航空券チケットレス発券サービス」「トラベルデスク」「エアライン&ホテルデスク」「ラグジュアリーホテルご優待」「コンシェルジュデスク」「プラチナグルメクーポン」「海外レンタカー優待サービス」「ビジネス用じゃらんnet ホテル予約」「ビジネス優待あり」「福利厚生代行サービス」「最高500万円までのショッピング保険付帯」「個人事業主は最高100万円までのキャッシングが可能」「最高50万円まで海外キャッシングが可能」「6ヵ月間のカードお支払い額の0.5%相当額のギフトカードプレゼント」などがあります。

三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカードは信頼性の高いプロパーカードのプラチナカードであり、総合力の高い法人カードにプラチナレベルの優待が付帯され、十分にサービスレベルの高い法人カードとなっています。ただし、個人事業主向けの法人カードのため、三井住友ビジネスカード/プラチナカードとは若干サービスに違いがあり、海外空港ラウンジが利用できるプライオリティパスなどは付帯されていません。それでも、コンシェルジュデスク、一流レストランで2名以上のコース料理が1名分無料、ラグジュアリーホテル・旅館の優待、海外旅行傷害保険の家族特約、遅延、手荷物紛失時の保険など海外旅行時の特典が多く付与されています。

また、半年ごとに6ヵ月間のカードお支払い額の0.5%相当額のギフトカードがプレゼントされるので、元々のポイント還元率は0.5%ですが、これにギフトカード分を加味すればポイント還元率は1.0%まで上がります。ポイント還元率の面でも有効な法人カードとなっています。

デメリットとしては、年会費が高いことに尽きます。相応のサービスがあるので利用できるかどうかが、プラチナカードを選ぶ分岐点になるでしょう。年会費負担は高くても、最高レベルの優待サービスと高いステイタス性のある法人カードを持ちたい法人経営者・個人事業主の方におすすめできる法人カードとなっています。

三井住友ビジネスカードキャンペーン 2018年12月最新情報

キャンペーン情報

【新規入会】12,000円分のギフトカード
【年会費特典】初年度年会費無料

三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 0

三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード

7.9

年会費の安さ・コスパ

5.0/10

ポイントや優待のお得さ

9.0/10

ビジネス面での活躍

8.5/10

使い勝手の良さ

7.5/10

ステイタス性

9.5/10

良い点

  • プロパーカードのプラチナカード
  • プラチナ専用コンシェルジュデスク
  • 海外旅行傷害保険1億円、家族特約あり
  • 一流レストランのコースが1名分無料
  • 内約10のホテルのスイートルームを50%OFF

悪い点

  • 年会費が高い
  • ビジネス向けの優待は少ない

三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカードスペック

人気ランキング15位
法人カード名三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード
三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード
カード会社三井住友カード株式会社
国際ブランドVISA
カードランクプラチナカード,プロパーカード
申込み対象個人事業者,満30歳以上の法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)50,000円
2年目~年会費(税別)50,000円
年会費優遇条件-
ショッピング限度額/下限200万円
ショッピング限度額/上限500万円
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限9.00%
ポイント倍増方法●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍
マイル還元率/上限7.20%
海外旅行障害保険最高10,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高10,000万円(自動付帯)

費用対効果:★★★☆☆

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

独自サービス

  • スーペリア・エキスペリエンス:国内外一流ホテル、スパ、ダイニングの優待サービス
  • プラチナグルメセレクション:国内レストランのコース料理が2名以上の利用で1名分無料

費用対効果:★★★★☆

年会費:20,000円(税別)

2名以上の利用で1名分のコース料理が安くなる「プラチナグルメセレクション」や国内外一流ホテル、スパ、ダイニングの優待サービス「スーペリア・エキスペリエンス」「プライオリティ・パス」「十分な海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険」などはあるものの、取り立てて独自のサービスがない法人プラチナカードです。

ただし、年会費が20,000円(税別)と安いことと、追加カードの年会費も3,000円(税別)と安いため、コストパフォーマンスの高い法人プラチナカードとしておすすめできます。

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードとは

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、三菱UFJニコス株式会社が発行しているプラチナカードスペックの法人カードです。三菱UFJニコス株式会社は、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の子会社です。MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは法人向けの法人カードで、個人事業主、法人経営者が経費支払に利用でき、業務の効率化やコスト削減に役立ちます。国際ブランドは、名称からもわかる通りでアメックスブランドです。

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの大きな特徴は「法人プラチナカードであること」「アメックスブランドのステータス性」「プラチナコンシェルジュデスク」「ポイント還元率0.4%」「年会費20,000円」「追加カードの年会費は3,000円(税別)と格安」「最高500万円の限度額設定」「海外旅行傷害保険最高1億円」「国内旅行傷害最高5,000万円」「プライオリティパス無料付帯」「国内主要空港とダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)が無料利用可能」「手荷物スーツケース1個空港無料宅配」「海外・国内渡航便遅延保険付帯」「ショッピング保険最高300万円」「犯罪被害障害保険最高1,000万円」「国内レストラン2名以上のコース利用で1名分無料」「国内・海外の一流ホテルのダイニングやスパを優待価格で利用できる」「海外トラベルデスクで海外旅行のサポートが可能」「ショッピング1回払いのみ」「アメリカン・エキスプレス・セレクト」「ビジネスアドバンテージ」「海外ポイント2倍、国内ポイント初年度1.5倍」「グローバルPLUSでポイント最大50%UP」「ご指定のアニバーサリー月にポイント2倍」「ゴルフ場予約代行デスク」などがあります。

法人プラチナカードですので、空港ラウンジ、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険・ショッピング保険などのサービスは高い整っており、限度額も最高500万円と中小企業であれば十分な枠が用意されます。その上で、アメックスブランドのステータス性があり、総合力が高い法人カードと言えます。

また、海外空港ラウンジが無料利用できる「プライオリティパス」や手荷物配送、国内レストランのコース料理が2名以上の利用で1名分が無料になる「プラチナグルメセレクション」、国内・海外の一流ホテルのダイニングやスパを優待価格で利用できる「スーペリア・エキスペリエンス」など、プラチナレベルのサービスも用意されています。

プラチナカードの中では、年会費が20,000円(税別)と安く、追加カードの年会費は3,000円(税別)とさらに安いので、コストパフォーマンスに優れた法人プラチナカードと言えます。比較的コストの安い法人プラチナカードを選ぶ方におすすめです。

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 0

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

7.1

年会費の安さ・コスパ

8.0/10

ポイントや優待のお得さ

6.0/10

ビジネス面での活躍

6.0/10

使い勝手の良さ

8.0/10

ステイタス性

7.5/10

良い点

  • 法人プラチナカード
  • プラチナコンシェルジュデスク
  • プライオリティパス無料付帯
  • 国内レストラン2名以上のコース利用で1名分無料
  • 国内・海外の一流ホテルのダイニングやスパを優待価格で利用できる

悪い点

  • ベースのポイント還元率が低い
  • ショッピング保険の補償額が低い

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードスペック

人気ランキング53位
法人カード名MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
カード会社三菱UFJニコス株式会社
国際ブランドAMEX(アメックス)
カードランクプラチナカード,提携カード
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)20,000円
2年目~年会費(税別)20,000円
年会費優遇条件-
ショッピング限度額/下限100万円
ショッピング限度額/上限500万円
ポイント還元率/基本0.40%
ポイント還元率/上限2.40%
ポイント倍増方法
●アメリカン・エキスプレス限定
入会初年度:ポイント1.5倍
海外:ポイント2.0倍

●グローバルPLUS
1年間の利用金額50万円以上:翌年度ポイント20%分加算
1年間の利用金額100万円以上:翌年度ポイント50%分加算

●アニバーサリーポイント
アニバーサリー月にポイント2.0倍
マイル還元率/上限4.80%
海外旅行障害保険最高5,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)