マイルが貯まる法人カードランキング。ANAマイル・JALマイルごとにランキング

man
「マイルが貯まる法人カードってありますか?」
「ANAマイルを貯めたいのですが、おすすめの法人カードってありますか?」
「JALマイルを貯めたいのですが、おすすめの法人カードってありますか?」

海外旅行が好きな経営者や個人事業主の方は、「マイルを貯める」ことに強い関心があるようです。当然、貯めたマイルで海外旅行に行ければ、旅行の費用も安くなるし、海外旅行に行ける回数も増えるのですから、それを会社の経費支払いの法人カードで貯められるのであれば一石二鳥という方も少なくありません。今回は、マイルが貯まる法人カードをANAマイル、JALマイル別でランキング形式で紹介します。

マイルが貯まる法人カードを選ぶポイント

マイルが貯まる法人カードを選ぶポイント

ポイントその1.貯まるマイルをチェックする

日本の航空会社のマイレージプログラムである

  • ANAマイル
  • JALマイル

を「貯めたい」「貯めている」という方が多いかと思います。

法人カードは

  1. ANAマイルが貯まる法人カード
  2. JALマイルが貯まる法人カード
  3. ANAマイルも、JALマイルもどちらでも貯められる法人カード

の3パターンがありますj。

貯めるマイルは一つに集約しないと、効率的にマイルを貯めることはできませんので

  • その法人カードは、どのマイルが貯まるのか?
  • 自分は、どのマイルを貯めたいのか?

を把握しておく必要があります。

ANAマイル、JALマイル以外のマイルが貯まる法人カードもありますが、マイル還元率は高くないので注意が必要です。

ポイントその2.ベースのマイル還元率

法人カードでマイルを貯める方法には

  1. ショッピングで貯める
  2. フライトマイルで貯める

の大きく分けて2つの方法がありますが

出張が多くない方の場合は「ショッピングで貯める」のが基本となります。このときに重要になるのが「マイル還元率」です。

マイル還元率とは

カード利用額に対して、貯まるマイルの割合のこと

マイル還元率 = 貯まるマイル数 / カード利用額

で計算できます。

  • 1万円のカード利用 → 100マイルが貯まる法人カード → マイル還元率1.0%
  • 1万円のカード利用 →  50マイルが貯まる法人カード → マイル還元率0.5%
  • 1万円のカード利用 →  10マイルが貯まる法人カード → マイル還元率0.1%

となります。

ベースのマイル還元率が高ければ高いほど、ショッピングでマイルが貯まりやすい法人カードということになります。

ポイントその3.特約店利用時のマイル還元率

重要なのは、前述した「いつでも適用されるベースのマイル還元率」なのですが

  • 特約店(優待店)利用時にマイルが倍増する → マイル還元率が上がる
  • 特約店(優待店)利用時にポイントが倍増する → マイルに交換したときにマイル還元率が上がる

という特徴のある法人カードも少なくありません。

その特約店(優待店)を利用する機会が多い方であれば、特約店利用時のマイル還元率も重要な比較条件となるのです。

ポイントその4.フライトマイルボーナス、入会ボーナス、継続ボーナスを見る

航空会社(ANA、JAL)が発行している法人カードの場合は

  • 入会ボーナス → 入会時にもらえるマイルボーナス
  • 継続ボーナス → カードの継続時にもらえるマイルボーナス
  • フライトマイルボーナス → 通常のフライト時にもらえるマイルが加算されるボーナス

が付帯されています。

飛行機に乗る機会が少ない方には意味がありませんが、飛行機に乗る機会が多い方は、フライトマイルボーナスがある法人カードを利用した方が効率的にマイルを貯めることができるのです。

ポイントその5.コストパフォーマンスの高さが重要

当然ですが

年会費が安い法人カード → マイル還元率が低い
年会費が高い法人カード → マイル還元率が高い

という関係性にあります。

man
「いくらマイル還元率が高くても、年会費が5万、10万と高額であれば、その年会費分節約した方が良いのではないのか?」

という問題が出てきます。

年会費が安くて、かつマイル還元率が高い法人カードがおすすめなのです。

コストパフォーマンスが高い法人カードを選ぶ必要があります。

注意点

貯めたポイントをマイルに交換するときに「マイル移行手数料」「年会費」が、法人カードの年会費とは別途発生するものがあります。このコストも踏まえて、コストパフォーマンスを判断する必要があります。

ANAマイルが貯まる法人カードランキング

ANAマイルが貯まる法人カードランキング

1位.ANA JCB法人カード/一般カード

国際ブランドJCB
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)2,250円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限0.50%
ポイント倍増方法-
 
 

ANAマイルが貯まる比較条件

比較条件内容
年会費初年度無料、2,250円(税別)
マイル移行手数料年間5,000円(税別)
ANAマイル還元率1.0%
入会ボーナスマイル1,000マイル
継続ボーナスマイル1,000マイル
搭乗ボーナスマイル+10%

ANAマイルが貯まるおすすめの理由

ANAマイル還元率1.0%の法人カードの中で、最もコストが安く取得できるのが「ANA JCB法人カード/一般カード」です。

ANAマイルが貯まるおすすめの理由
  • 年会費:2,250円(税別)
  • マイル移行手数料:年間5,000円(税別)

合計:7,250円(税別)

で保有できる、ANAマイル還元率1.0%の法人カードなのです。

ANAマイルが貯まるおすすめの理由

同時に少額ですが

  • 入会ボーナスマイル:1,000マイル
  • 継続ボーナスマイル:1,000マイル
  • 搭乗ボーナスマイル:+10%

も貯まるので

コストを抑えながらも、マイルを効率的に貯めたい方におすすめの法人カードと言えます。
デメリットは、一般カードですので「マイルを貯める」以外の特典が弱い点です。
ANAマイルが貯まるおすすめの理由

2位.ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード

国際ブランドDiners
初年度年会費(税別)27,000円
2年目~年会費(税別)27,000円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
ポイント還元率/基本0.40%
ポイント還元率/上限0.80%
ポイント倍増方法●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
 
【新規入会】最大100,000マイル

ANAマイルが貯まる比較条件

比較条件内容
年会費ANAダイナースカード27,000円(税別)+ビジネス・アカウントカード2,000円(税別)
マイル移行手数料0円
ANAマイル還元率1.0%
入会ボーナスマイル2,000マイル
継続ボーナスマイル2,000マイル
搭乗ボーナスマイル+25%

ANAマイルが貯まるおすすめの理由

ANAダイナースカードは、個人向けのクレジットカードですが、これに追加カードとして「ビジネス・アカウントカード」を発行することで、法人口座からの引き落としが可能になり、法人カードとして利用することができます。

ANAマイルが貯まるおすすめの理由

大きなポイントは

ANAマイルが貯まるおすすめの理由 ANAマイルが貯まるおすすめの理由
  • ANAマイル還元率:1.0%
  • 入会ボーナスマイル:2,000マイル
  • 継続ボーナスマイル:2,000マイル
  • 搭乗ボーナスマイル:+25%

と、ショッピングマイルも、フライトマイルも貯めやすい法人カードとなっています。

マイルが貯めやすいだけでなく、ダイナースカードですので、海外空港ラウンジの無料利用や空港宅配サービス、送迎サービスなど、様々な海外旅行、海外出張に有効なサービスがあるので、総合的におすすめできる法人カードです。

また、ANAダイナースカードを利用して、インビテーション(招待)がくれば、上位のANAダイナース プレミアムカードを取得できます。

年会費も、155,000円(税別)に跳ね上がりますが

ANAマイルが貯まるおすすめの理由
  • ANAマイル還元率:1.5%
  • 入会ボーナスマイル:10,000マイル
  • 継続ボーナスマイル:10,000マイル
  • 搭乗ボーナスマイル:+50%

と、さらにANAマイルが貯めやすくなります。

デメリットは、年会費が若干高い点です。
ANAマイルが貯まるおすすめの理由

3位.NTTファイナンス Bizカード レギュラー

国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本1.00%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法-
 
 

ANAマイルが貯まる比較条件

比較条件内容
年会費0円。永年無料
マイル移行手数料0円
ANAマイル還元率0.4%
入会ボーナスマイル
継続ボーナスマイル
搭乗ボーナスマイル

ANAマイルが貯まるおすすめの理由

NTTファイナンス Bizカード レギュラーは、年会費永年無料の法人カードです。

年会費永年無料にもかかわらず

  • ポイント還元率:1.0%

が貯まるコストパフォーマンスが抜群の法人カードとなっています。

貯めたポイントは、ANAマイルに交換することができます。

ANAマイルが貯まるおすすめの理由
10,000ポイント(Bizカードポイント) → 4,000マイル(ANAマイル)

です。

ANAマイル還元率は、0.4%と前述した法人カードと比較すると劣ってしまいますが、まったくコストをかけずに0.4%の還元率でANAマイルを貯めるのは、この法人カードぐらいなのです。

コストパフォーマンス抜群のANAマイルが貯まる法人カードとしておすすめです。
デメリットは、他のANAマイルが貯まる法人カードと比較すると、ANAマイル還元率が低いという点です。

JALマイルが貯まる法人カードランキング

JALマイルが貯まる法人カードランキング

1位.セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

国際ブランドAMEX(アメックス)
初年度年会費(税別)20,000円
2年目~年会費(税別)20,000円
年会費優遇条件年間ショッピング利用額が200万円以上:次年度年会費10,000円
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法●海外利用
海外利用:2倍
 
【入会+利用】最大1,800ポイント(9,000円相当)

JALマイルが貯まる比較条件

比較条件内容
年会費20,000円(税別)※年間200万円以上のショッピング利用で、次年度本会員年会費を10,000円(税別)に優遇
マイル移行手数料0円
JALマイル還元率1.125%
入会ボーナスマイル
継続ボーナスマイル
搭乗ボーナスマイル

JALマイルが貯まるおすすめの理由

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、クレディセゾンの法人カードです。

最大の特徴は

「SAISON MILE CLUB」に無料加入することができ

JALマイルが貯まるおすすめの理由 JALマイルが貯まるおすすめの理由
  1. 1,000円のカード利用 → 10マイル(JALマイル) JALマイル還元率:1.0%
  2. 2,000円のカード利用 → 1ポイント(永久不滅ポイント) ポイント還元率:0.25%

と、2重でマイルとポイントが貯まる法人カードなのです。

永久不滅ポイントは、200ポイントで500マイルに交換できるため

合算すると

  • JALマイル還元率:1.125%

になるのです。

マイル還元率は、年会費が10万円を超える法人カードを除けば、一番貯まりやすい法人カードと言えます。

また、コンシェルジュデスクやプライオリティ・パス、ホテル優待、海外旅行傷害保険など、海外出張、海外旅行に役立つサービスも、ほぼそろっているため、総合的におすすめできる法人カードと言えます。

デメリットは、フライトボーナスなどはないため、フライトで貯めたいのであれば別の法人カードが必要になる点です。
JALマイルが貯まるおすすめの理由

2位.JALダイナースカード+ビジネス・アカウントカード

国際ブランドDiners
初年度年会費(税別)28,000円
2年目~年会費(税別)28,000円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
ポイント還元率/基本0.40%
ポイント還元率/上限0.80%
ポイント倍増方法●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
 
【新規入会】最大8,050マイル

JALマイルが貯まる比較条件

比較条件内容
年会費JALダイナースカード28,000円(税別)+ビジネス・アカウントカード2,000円(税別)
マイル移行手数料3,000円
JALマイル還元率1.0%
入会ボーナスマイル2,000マイル
継続ボーナスマイル2,000マイル
搭乗ボーナスマイル+25%

JALマイルが貯まるおすすめの理由

JALダイナースカードは、個人向けのクレジットカードで、JALの中では、CLUB-Aゴールドカードに相当するランクのカードです。追加カードとして「ビジネス・アカウントカード」を発行することで、法人口座からの引き落としが可能になり、法人カードとして利用することができます。

JALマイルが貯まるおすすめの理由

JALマイルが貯まる法人カードは少ないのですが

JALマイルが貯まるおすすめの理由
  • JALマイル還元率:1.0%
  • 入会ボーナスマイル:2,000マイル
  • 継続ボーナスマイル:2,000マイル
  • 搭乗ボーナスマイル:+25%

と、フライトでも、ショッピングでも、JALマイルが貯まりやすい法人カードとなっています。

また、ベースがダイナースカードですので、海外空港ラウンジ、空港宅配サービス、ホテル優待、海外旅行傷害保険など、海外出張、海外旅行に役立つサービスも、そろっている総合力の高い法人カードです。
デメリットは、若干ANAダイナースカードと比較しても、コストが割高である点です。
JALマイルが貯まるおすすめの理由

3位.JCB法人カード/一般カード

国際ブランドJCB
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)1,250円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限3.75%
ポイント倍増方法●JCBスターメンバーズ
100万円以上利用・翌年:50%UP
●JCB ORIGINAL SERIESパートナー
スターバックス:10倍
セブンイレブン:3倍
Amazon.co.jp:3倍
ガソリンスタンド:2倍
●海外利用
海外利用:2倍
【年会費特典】初年度年会費無料
【新規入会】最大7,000円分のギフトカード

JALマイルが貯まる比較条件

比較条件内容
年会費初年度年会費無料、次年度年会費1,250円(税別)
マイル移行手数料0円
JALマイル還元率0.3%
入会ボーナスマイル
継続ボーナスマイル
搭乗ボーナスマイル

JALマイルが貯まるおすすめの理由

JCB法人カード/一般カードは、JCBの発行する法人カードです。

JALマイルが貯まるおすすめの理由
  • 1,000円の利用 → 1ポイント(Oki Dokiポイント)が貯まり
  • 1ポイント → 3マイル(JALマイル)と交換ができます。

このままだと

JALマイル還元率:0.3%

ですが

「JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)」によって

JALマイルが貯まるおすすめの理由
  • 利用額によって、ポイントが最大1.5倍に(JALマイル還元率:0.45%)

「ORIGINALシリーズ限定サービス」によって

JALマイルが貯まるおすすめの理由
  • amazon.co.jp:3倍(JALマイル還元率:0.9%)
  • セブンイレブン:3倍(JALマイル還元率:0.9%)
  • スターバックス:10倍(JALマイル還元率:3.0%)
  • 高島屋:3倍(JALマイル還元率:0.9%)
  • ビックカメラ:2倍(JALマイル還元率:0.6%)

など

使いやすい優待店で、ポイント倍増が受けられるため、JALマイルの還元率も合わせて倍増することになります。

コストをできるだけかけずにJALマイルを貯めたい方におすすめの法人カードとなっています。
デメリットは、前述したJALマイルが貯まる法人カードと比較するとJALマイルの還元率が低い点です。
マイル以外の要素でおすすめする法人カードランキング

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
法人カード

おすすめのビジネスカードはこちら
ビジネスカード

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。