【付帯サービス検証】法人カードの「プライオリティ・パス」とは?海外の空港ラウンジで活躍する「プライオリティ・パス」のサービス内容・メリットデメリット・活用術・付帯されているおすすめの法人カードを徹底解説!

man
「法人カードに付帯されているプライオリティ・パスってどんなサービスなの?」
「法人カードのプライオリティ・パスを有効に活用できる方法って何?」
「プライオリティ・パスが付帯されている法人カードを教えてください。」
・・・

法人カードの中には「プライオリティ・パス」というサービスが付帯されているものが少なくありません。今回は、プライオリティ・パス」のサービス内容・メリットデメリット・おすすめする活用術を徹底解説します。

目次

「プライオリティ・パス」とは?

「プライオリティ・パス」とは?

「プライオリティ・パス」とは

「プライオリティ・パス(Priority Pass)」は、空港ラウンジサービスを展開する企業名のことを言います。また、その会員の権利・カードのことを「プライオリティ・パス」と呼ぶこともあります。

「プライオリティ・パス(Priority Pass)」は空港や空港ターミナルビルと提携して、空港での保安検査場を過ぎた場所にラウンジを展開しています。クレジットカード会社の空港ラウンジは、保安検査場を通る前にあるので、保安検査場通過後の時間を過ごす場所として重宝されます。

また、143カ国の500都市以上にある1200か所以上に空港ラウンジを用意しているため、海外旅行の先々で空港ラウンジを利用できるメリットがあります。

「プライオリティ・パス(Priority Pass)」は、基本的には有料のサービスですが、クレジットカード利用者との親和性が高いため、クレジットカード会社が料金を肩代わりする形で、クレジットカード発行の特典として「プライオリティ・パス」を無料付帯させているのです。法人カードの中にも、「プライオリティ・パス」無料付帯のカードはあります。

「プライオリティ・パス」の空港ラウンジ

2019年1月時点

  • 利用できる国:143カ国(500都市)
  • 利用できる空港ラウンジ数:1200カ所以上

「プライオリティ・パス」の空港ラウンジでできること

  • テレビを見る
  • インターネットをする
  • 軽食
  • 飲み物
  • アルコール飲料
  • 新聞・雑誌を読む
  • フライト情報を知る
  • Wifiにつなぐ
  • 充電する
  • ファックスする
  • 併設されたスパを利用する
  • マッサージを利用する

「プライオリティ・パス」の料金表

会員ランク年会費会員本人料金同伴者料金
スタンダードUS$99US$27US$27
スタンダード・プラスUS$249無料利用10回、その後のご利用料金US$27US$27
プレステージUS$399全て無料US$27
クレジットカードでは、「プライオリティ・パス」の「プレステージ」会員ステータスが無料付帯(年会費無料)で利用できるものがほとんどです。
ただし、稀に「スタンダード」「スタンダード・プラス」しか付帯されていないカードもあるので注意が必要です。

「プライオリティ・パス」の使い方

手順その1.「プライオリティ・パス」のウェブサイトで使える空港ラウンジを確認する

手順その1.「プライオリティ・パス」のウェブサイトで使える空港ラウンジを確認する

手順その2.該当する空港ラウンジの場所に行く

手順その3.「プライオリティ・パス」を提示する

手順その4.利用人数の確認をする

ご本人と同伴者では、費用体系が異なるので注意が必要です。

手順その5.利用明細(バウチャー)へサインする

「プライオリティ・パス」で空港ラウンジを利用するメリット

「プライオリティ・パス」で空港ラウンジを利用するメリット

メリットその1.クレジットカード会社の空港ラウンジとは違って、保安検査場通過後に利用できるラウンジがある!

例えば「成田空港第一ターミナル」の場合

クレジットカード会社が用意している空港ラウンジ「IASS EXECUTIVE LOUNGE」
クレジットカード会社が用意している空港ラウンジ「IASS EXECUTIVE LOUNGE」

保安検査場通過前の5階「94」番にあります。

クレジットカード会社が用意している空港ラウンジ「IASS EXECUTIVE LOUNGE」

※このラウンジも、「プライオリティ・パス」で利用することもできます。

「プライオリティ・パス」で利用することができる空港ラウンジ「KAL BUSINESS CLASS LOUNGE」
「プライオリティ・パス」で利用することができる空港ラウンジ「KAL BUSINESS CLASS LOUNGE」

保安検査場通過後の4階「C7」番にあります。

「プライオリティ・パス」で利用することができる空港ラウンジ「KAL BUSINESS CLASS LOUNGE」

簡単言えば

「プライオリティ・パス」を持っていない場合は、保安検査場通過前はラウンジが利用できますが、保安検査場通過後は利用できるラウンジはなく、出発するゲートのイスで待つことになります。

「プライオリティ・パス」を持っている方は、保安検査場通過前のラウンジも利用できますし、保安検査場通過後のラウンジも利用できます。

「保安検査場」は並ぶことが多く、時間に余裕をもって飛行機に乗りたい方は、それなりに早めに制限区域内に入ってしまうことが多いと思いますが、入ったら入ったで「やることがない」というケースも往々にしてあります。この場合に「保安検査場通過後のラウンジ」が活躍するのです。

これを使えるのが「プライオリティ・パス」の魅力と言っていいでしょう。

メリットその2.レベルの高い航空会社が用意している「空港ラウンジ」も利用できる!

「空港ラウンジ」というのは

  1. 航空会社が用意している「空港ラウンジ」
  2. クレジットカード会社が用意している「空港ラウンジ」
  3. 空港が用意している「空港ラウンジ」

と、大きく分けて3種類あります。

  • 航空会社が用意している「空港ラウンジ」

  • クレジットカード会社が用意している「空港ラウンジ」
  • 空港が用意している「空港ラウンジ」

と比較して、圧倒的に豪華なのです。

例:JALの羽田空港のダイヤモンド・プレミア ラウンジ

内装が豪華
内装が豪華
ソファーも豪華
ソファーも豪華
シャワーやマッサージルームがある
シャワーやマッサージルームがある
軽食の内容も豪華
軽食の内容も豪華 軽食の内容も豪華

軽食が柿ピーで、ドリンクバーが付いているだけのクレジットカード会社が用意している「空港ラウンジ」とは比較するまでもないのです。

軽食の内容も豪華
しかし、当然ながら、航空会社が用意している「空港ラウンジ」は、その航空会社を贅沢に使える人が対象になります。

JALの羽田空港のダイヤモンド・プレミア ラウンジの条件は

軽食の内容も豪華
  • ファーストクラス
  • 会員ステータス(JMBダイヤモンド、JGCプレミア会員)
  • ワンワールドエリートステイタスのエメラルド会員

のみなのです。

「プライオリティ・パス」を保有していると、一部の航空会社が用意している「空港ラウンジ」を利用できるメリットがあります。

正直、クレジットカード会社の用意している「空港ラウンジ」は、ネットカフェ程度のものですので、満足できるレベルにはありません。

2019年1月時点

成田空港で使える「プライオリティ・パス」の空港ラウンジは

第1ターミナル

  • IASS Executive Lounge → クレジットカード会社の空港ラウンジ
  • KAL Business Class Lounge → 大韓航空の空港ラウンジ
  • T.E.I. Lounge → クレジットカード会社の空港ラウンジ

第2ターミナル

  • IASS Executive Lounge → クレジットカード会社の空港ラウンジ
  • T.E.I. Lounge → クレジットカード会社の空港ラウンジ

なので、成田空港では、5個のうち1個しか航空会社の空港ラウンジはありませんが、海外では、航空会社の空港ラウンジが利用できる場所も多いのです。

例:海外の航空会社の空港ラウンジ

バンクーバー国際空港/SKYTEAM LOUNGE(スカイチーム)
バンクーバー国際空港/SKYTEAM LOUNGE(スカイチーム)
シンガポール・チャンギ国際空港/SATS PREMIER LOUNGE(シンガポール航空)
シンガポール・チャンギ国際空港/SATS PREMIER LOUNGE(シンガポール航空)
ドバイ国際空港/MARHABA LOUNGE(エミレーツ・スカイワー航空)
ドバイ国際空港/MARHABA LOUNGE(エミレーツ・スカイワー航空)

メリットその3.仕事で活躍するのが空港ラウンジ

法人カードで「プライオリティ・パス」を検討している方の場合は

  • 海外出張をする方
  • 海外旅行先でも仕事をしなければならない方

もいるはずです。

経営者、経営層になれば、海外への家族旅行であったとしても、メールの確認や緊急時の電話対応ぐらいは、常にし続ける必要があるはずです。

この時に活躍するのが「空港ラウンジ」です。

空港ラウンジであれば

  • 充電可能
  • 無線LAN対応
  • FAXサービスあり
  • 飲食・軽食あり

ですので、

仕事をする上で必要な環境は整っています。

家族や彼女や友人がいても、飲食・軽食あって、リラックスできる空港ラウンジであれば、相手をせずに満足してくれるはずです。その隙に仕事をすることが可能です。

海外でも、仕事をしなければならない、連絡を取らなければならない経営者には、「海外空港の空港ラウンジ」は必須のツールと言っていいでしょう。

「プライオリティ・パス」で空港ラウンジを利用するデメリット

「プライオリティ・パス」で空港ラウンジを利用するデメリット

デメリットその1.ビジネスクラス以上の航空会社を使うのであれば、航空会社のラウンジで事足りる!

前述した通りで、海外であれば

  • 「プライオリティ・パス」を持っている → 使える航空会社の空港ラウンジが多い

のですが

航空会社の空港ラウンジは、そもそも「ビジネスクラス」以上で飛行機に乗っていた場合、その航空会社の空港ラウンジは利用することができます。

常にビジネスクラスで飛行機に乗る

という方の場合、「プライオリティ・パス」を持っていても、その航空会社の空港ラウンジを利用すれば良いだけですので、使い道が少ないのです。

ただし、「プライオリティ・パス」を持っている方が、使える空港ラウンジの数は多くなります。

デメリットその2.日本では「プライオリティ・パス」は役に立たない!

日本の航空会社の空港ラウンジは「プライオリティ・パス」では利用できません。

JALも、ANAも、「プライオリティ・パス」顧客を受け入れることをしていないのです。自社の顧客を囲い込むためと考えられます。

前述した通りで「プライオリティ・パス」で成田空港で使える空港ラウンジは、大韓航空のKALラウンジだけですので、豪華な空港ラウンジとは、言い難いのです。

デメリットその3.同伴者がいる場合は有料!

「プライオリティ・パス」の料金表
会員ランク年会費会員本人料金同伴者料金
スタンダードUS$99US$27US$27
スタンダード・プラスUS$249無料利用10回、その後のご利用料金US$27US$27
プレステージUS$399全て無料US$27

を見ればわかる通りで、利用する本人は、「プライオリティ・パス」で無料になりますが、同伴者は有料になってしまいます。後程、法人カードから請求されます。

航空会社の空港ラウンジの場合は、同伴者(同行者)1名分は、無料になるところが多いのです。

JAL会員ステイタス別ご利用基準表
JAL会員ステイタス別ご利用基準表
航空会社の空港ラウンジの場合、同行者も同じ飛行機に乗るはずですから、一緒に無料で利用できますが、「プライオリティ・パス」の場合は、「プライオリティ・パス」を保有している人しか無料にならないため、同伴者の料金が発生してしまうデメリットがあります。

デメリットその4.時間制限あり!込んでいるときには使えない場合もある!

「プライオリティ・パス」のウェブサイトには

成田国際空港/KAL BUSINESS CLASS LOUNGE

営業時間

毎日:午前7時35分~午後8時30分 スペースの制約上、入室制限が行われる場合があります。

大阪・関西国際空港/KAL BUSINESS CLASS LOUNGE

利用条件

最長2時間まで滞在可能です。 – 会員1名様につきお連れいただける同伴者数の上限は2名です。 – スペースの制約上、入室制限が行われる場合があります。 – 2歳未満のお子様は入室無料です。 – お子様は大人の同伴が必要です。

「スペースの制約上、入室制限が行われる場合があります。」「最長2時間まで滞在可能です」と記載されています。

他の航空会社の空港ラウンジも同様ですが・・・

「自社の航空会社でフライトする顧客を優先させなければならない」

のです。

そのため、

  • 混雑時には、入室できない
  • 混雑時には、待たなければならない
  • 混雑時には、時間制限がある

などの制約ができてしまうのです。

これは「プライオリティ・パス」の大きなデメリットと言えます。

「プライオリティ・パス」が付帯されている法人カード比較

人気ランキング法人カード名初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)追加カード発行枚数制限ETCカード/2年目~年会費(税別)ショッピング限度額/上限ポイント還元率/基本ポイント還元率/上限
3位セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
20,000円20,000円4枚0円個別設定0.50%1.00%
5位ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
200,000円200,000円無制限-一律の制限なし1.50%1.50%
10位楽天ビジネスカード
楽天ビジネスカード
12,000円12,000円発行不可500円/1枚目無料300万円1.00%7.00%
18位アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
130,000円130,000円4枚500円一律の制限なし0.50%5.00%
19位JCBプラチナ法人カード
JCBプラチナ法人カード
30,000円30,000円複数枚0円個別設定0.50%4.25%
25位三井住友ビジネスカード/プラチナカード
三井住友ビジネスカード/プラチナカード
50,000円50,000円20枚0円500万円0.50%9.00%
33位ラグジュアリーカード/Mastercard Titanium Card
ラグジュアリーカード/Mastercard Titanium Card
50,000円50,000円無制限-一律の制限なし1.00%1.00%
34位ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card
ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card
100,000円100,000円無制限-一律の制限なし1.25%1.25%
53位MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
20,000円20,000円複数枚0円500万円0.40%2.40%

「プライオリティ・パス」が付帯されている法人カードでおすすめの法人カードは、どれ?

「プライオリティ・パス」が付帯されている法人カードでおすすめの法人カードは、どれ?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

をおすすめします。

「プライオリティ・パス」が付帯されている法人カードで、なぜ、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめかというと・・・

理由その1.年会費が安い

前述した通りで「プライオリティ・パス」は、ビジネスクラス以上で海外旅行に行く方は、航空会社の空港ラウンジが元々利用できるので、それ以上の空港ラウンジを利用する必要性があまりないのです。

年会費5万~10万という法人カードを持つ方であれば、元々ビジネスクラス以上で海外旅行に行く可能性が高い方ですので、そもそも「プライオリティ・パス」の必要性が薄いのです。

しかし、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードであれば、年会費は2万円です。年間200万円以上の利用で、年会費は1万円に下がります。

十分に格安で「プライオリティ・パス」を手に入れることができるのです。

理由その2.マイルが貯まりやすい

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は、SAISON MILE CLUBの年会費が無料ですので、SAISON MILE CLUBにコストをかけずに加入できます。

SAISON MILE CLUBを利用すると

1000円=10JALマイル(マイル還元率1.0%)

2000円=1ポイント(永久不滅ポイント)

= マイル還元率1.12%

と、JALマイルが効率的に貯まることになります。

海外旅行、海外出張と相性の良い法人カードとして、「プライオリティ・パス」の発行にもおすすめできるのです。

理由その3.コンシェルジュデスクが優秀

これは、筆者自身が使った感想でしかないのですが・・・

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は

  • 「Luxury Card」
  • 「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」

と比較して、コンシェルジュデスクの対応が良かったのが印象に残っています。

想像の域を超えませんが・・・

teacher
「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は、プラチナカードではあるものの年会費が安いため、利用する方の数が多く、コンシェルジュデスクも多くの対応をこなしていて、経験値が高いため、提携カードではあるものの、コンシェルジュデスクとしての対応能力に優れた方が多く、在籍しているのではないか?

と感じています。

海外旅行、海外出張に行くのであれば、コンシェルジュデスクに手配を依頼することも多いと思いますので、コンシェルジュデスクが優秀な「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」はおすすめできるのです。

まとめ

「プライオリティ・パス」とは

  • 世界143カ国、1200カ所以上の空港ラウンジが無料で利用できるラウンジネットワークサービスのこと

を言います。

「プライオリティ・パス」で空港ラウンジを利用するメリット

  1. メリットその1.クレジットカード会社の空港ラウンジとは違って、保安検査場通過後に利用できるラウンジがある!
  2. メリットその2.レベルの高い航空会社が用意している「空港ラウンジ」も利用できる!
  3. メリットその3.仕事で活躍するのが空港ラウンジ

「プライオリティ・パス」で空港ラウンジを利用するデメリット

  1. デメリットその1.ビジネスクラス以上の航空会社を使うのであれば、航空会社のラウンジで事足りる!
  2. デメリットその2.日本では「プライオリティ・パス」は役に立たない!
  3. デメリットその3.同伴者がいる場合は有料!
  4. デメリットその4.時間制限あり!込んでいるときには使えない場合もある!

というものがあります。

法人カードを持っていれば、「プライオリティ・パス」が無料付帯されるカードもあります。

teacher

その中でおすすめなのは「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」がおすすめな理由は

  1. 理由その1.年会費が安い
  2. 理由その2.マイルが貯まりやすい
  3. 理由その3.コンシェルジュデスクが優秀

です。「プライオリティ・パス」で海外空港ラウンジを利用したい方には、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」をおすすめします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。