【実際に使った法人カードレビュー】ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardを実際に利用して評価。限度額、発行日数、審査、利用したメリットデメリット・口コミ評判

man
「ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardの限度額はどうなっているの?」
「ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardの審査はどうなっているの?」
「ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardを実際に使った良い点を教えてください。」
「ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardを実際に使った悪い点を教えてください。」

実際に法人カード「ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card」を使った人の意見や口コミ・評価、レビューを知りたいという方は少なくないはずです。

今回は、筆者が保有している法人カード「ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card」の実際利用した結果のレビューです。実際に使ってみなければ気付くことのできないメリットデメリットやお得な使い方、、実際の限度額、発行までに日数、審査、おすすめポイントなどをレビューします。

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardの利用状況

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardの利用状況 ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardの利用状況

発行した経緯

teacher

筆者の会社経営が順調に成長してきたこともあり

  • 資金的に余裕が出てきたこと
  • 取引先との会食・接待の機会が増えたこと
  • 国内出張・海外出張の機会が増えたこと

から、「少しグレードの高い法人カードを持ちたい。」と検討しはじめました。

法人カードには、ブラックカードレベルのカードがほとんどないのですが、唯一と言っていい法人カードのブラックカードが「ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card」で

しかも、インビテーション(招待)型ではなく、法人であれば申込ができるブラックカードということで、発行してみました。

(個人は、Mastercard Gold Cardゴールドは、インビテーションのみで、申込不可です。)

発行時のカードスペック

発行済法人カード申込日時発行日時発行までの期間発行期間備考ショッピング限度額キャッシング限度額審査
ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
2018年8月8日2018年10月2日55日本人確認書類の再提出あり300万円30万円1回目審査通過
国際ブランドMastercard
初年度年会費(税別)200,000円
2年目~年会費(税別)200,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本1.50%
ポイント還元率/上限1.50%
ポイント倍増方法-
 
 

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardの発行時点のレビュー

発行スピード

発行スピード
  • 申込日:2018年8月8日
  • 入会日:2018年9月8日
  • カード受取日:2018年10月2日
  • 申込からカード受取までの期間:55日

考察

ブラックカードレベルの法人カードですから、元々、発行までに時間はかかるだろうと思っていましたが、実際に時間はかかり、申込から入会まで1カ月、手元に来るまでにも、3週間程度かかってしまったため、全体で約2カ月手元に来るまでに時間がかかりました。

teacher
ブラックカードの場合、審査にも時間がかかりますし、送られてきたものも、しっかりした箱やパンフレットがついていて、カード自体が24金のコーティングですから、生産するのにも通常のカードと比較して時間がかかるのは致し方ないものと考えましょう。

限度額

限度額
  • ショッピング限度額:300万円
  • キャッシング限度額:30万円
  • リボ払い 実質年率:12.0%
  • キャッシング 実質年率:12.0%

考察

ブラックカードにしては低いような気もしますが、発行時点のショッピング限度額が300万あれば、まあ十分というところです。

リボ払いやキャッシングの利率も、他の法人カードよりは低めに設定されているため、いざというときの借入もできる法人カードです。

審査

審査は、一回で通過しました。

考察

審査の難易度は推し量れませんが、基本的に年会費が高額な外資系カードは、審査は甘い傾向が強いです。

年会費が高額ですので、その分許容できる貸し倒れリスクも大きくなり、審査は甘く設定できるのです。

teacher
ブラックカードですから、一定レベルの収入、資産性、は必要だと思われますが、ブラックカードにしては審査は甘い方だと考えられます。
審査申込時点の筆者の状況
  • 年収:2,500万
  • 個人資産:5,000万
  • 勤続年数:5年

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardの実際に使ったからわかるメリット

メリットその1.話のネタになる

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardは

メリットその1.話のネタになる
  • オスカー像やNASA発注品と同じ製造会社によって手がけられた24金コーティング
  • ラグジュアリーカードが日本進出間もないカード会社
  • ブラックカードは、持っている方がまだ少ない

ため、

  • 社長仲間
  • 取引先の方
  • 部下
  • ホステス、キャバ嬢

など、支払いの時に「ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card」が見えるだけで、

staff
「何、そのカード?」
「何ですか、そのクレジットカード?」

と、相手から話題を振ってもらえるので、どこに行っても、初対面の方とでも、話のネタになりました。

年会費などを言わなければ、嫌みのない範囲で、話のネタを提供でき、それとなく「儲かっている会社」「お金を持っている人」という印象付けができることが、大きなメリットと感じました。
  • 仕事で言えば、ある程度儲かっている会社の方が、安心して仕事を依頼することができます。(儲かる≒仕事が多い・仕事が高い≒仕事の質が高い、ことの証左だからです。)
  • プライベートで言えば、ある程度お金を持っている人の方が、クラブやキャバクラに言っても、丁重な扱いを受けることが多いです。
teacher
カードそのもののインパクトが高い法人カードと言えます。

メリットその2.メールコンシェルジュデスク

筆者が一番助かったのが「コンシェルジュデスクのメール対応」です。

最近では、コンシェルジュデスクに電話で連絡しても、リスクヘッジのためか、確認作業が多く、そこで時間を取られてしまいます。

staff
「○○ということでお間違えないでしょうか?」
「もう一度、復唱させていただきます。」

が多すぎるのです。

man
「結局、旅行の手配に30分も、電話で話をしているのであれば、自分でじゃらんで予約した方が早いのでは?」

と思うことも少なくありません。

「ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card」の場合は、メールでコンシェルジュデスクに24時間365日依頼が可能です。
メールでのコンシェルジュデスク対応のメリット
  • 要件を詳細にかけるため、確認作業が少なくて済む
  • 打ち合わせ中、会議中でも、依頼ができる
  • 移動中、出社・貴社中でも、依頼ができる
  • 電話とは違って、依頼しても、周囲に依頼内容が知られないで済む
  • 夜中でも、依頼・返信が可能

ですから、IT系の会社を経営している筆者には、うってつけのコンシェルジュデスクとなるのです。

teacher
従業員に指示をするメールと同じように、コンシェルジュデスクにメールで依頼できるのですから、お願いする機会も増えました。おすすめのサービスです。

メリットその3.レストランへの送迎サービス

「ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card」では

ラグジュアリーリムジン

国内、海外の有名レストランへ片道送迎サービス

を行っています。

接待や会食、デートでタクシーを手配しなくても、ラグジュアリーカードでレストランを予約しておけば、送迎を無料でしてくれるのです。

ある程度、高級なレストランの場合は、はじめからレストランの予約をすることが多いので、一緒に送迎を依頼しておけば、道を言わなくても、タクシーを捕まえなくても、確実に送迎を無料でしてくれます。

これが国内のレストランだけでなく、海外のレストランも、同様に利用できるのです。

接待や会食、デートで、活躍間違いないサービスです。

メリットその4.外資系ホテルで旅行特典

メリットその4.外資系ホテルで旅行特典

筆者は、日本国内の旅行であっても、外資系ホテルに宿泊することが多いのですが、「ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card」では

世界の3000カ所を超える外資系ホテル(ザ・リッツ・カールトン、 ハイアット、 マンダリン オリエンタル)で1滞在当たり5万5000円相当以上の旅行特典

というサービスを展開しています。

例:マンダリン・オリエンタル・ホテル・グループ

例:マンダリン・オリエンタル・ホテル・グループ
  • ウェルカムアメニティ
  • ご朝食無料(2名様まで)
  • 客室内インターネットご利用無料
  • ご到着時の客室状況に応じてお部屋のアップグレード
  • VIPステータス
  • スイートのご予約で50米ドル相当のクレジット(ご滞在毎1回)

例:ハイアット ホテルズ アンド リゾーツ

例:ハイアット ホテルズ アンド リゾーツ
  • ご朝食無料(毎日2名様まで)
  • ウェルカムアメニティ
  • 最大100米ドル相当のホテルクレジット(1滞在につき)
  • お部屋の1ランクアップグレード(空室状況による)
  • アーリーチェックイン及びレイトチェックアウト(空室状況による)
  • コネクティングルーム優先リクエスト

など、外資系ホテルであれば、様々な利用が可能になっています。

とくに50ドル~100ドルのクレジットは、ホテルで使えます。

  • ホテルのスパ
  • ホテルのレストラン
いつもはホテルのスパやレストランは、高額なため敬遠してしまう方も、はじめからクレジットをもらえれば、気兼ねなく利用できるメリットがあります。

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardの実際に使ったからわかるデメリット

デメリットその1.コンシェルジュデスクの質の部分に不満

コンシェルジュデスクは、メール対応ができるメリットがあるものの、提案の内容や質は、電話対応しかできない他の法人カードのコンシェルジュデスクの方が高いように感じました。

コンシェルジュデスク自体が

  • 外注であることと
  • まだ稼働して間もないこと

が要因だと思われます。

担当者によっても、対応の質は異なるので、一概には言えませんが、筆者の体験したコンシェルジュデスクは、全体的に質が低い提案・対応と感じました。

デメリットその2.ブラックカードとの差があまりない

ラグジュアリーカードには

  • Mastercard Gold Card
  • Mastercard Black Card
  • Mastercard Titanium Card

の3種類があります。

  • Mastercard Gold Card → 年会費20万円
  • Mastercard Black Card → 年会費10万円

となっています。

ワンランク下のMastercard Black Cardは、年会費が10万円安いのですが

前述した

  • コンシェルジュデスクのメール対応
  • ラグジュアリーリムジン
  • グローバルホテル優待

とも利用できるのです。

  • カード券面の装飾
  • キャッシュバック率

などに差はありますが、筆者が感じたメリットは、ブラックカードでも十分に享受できるのです。

teacher
もう少し、ゴールドカードとブラックカードの差があれば、良かったのにと思いました。

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardを実際に利用した評価

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardを実際に利用した評価
評価基準評価
発行スピード
審査の通りやすさ
限度額の高さ
管理画面・明細
ポイント・マイルのお得さ
年会費の安さ
サポート・コンシェルジェの対応
ステイタス性
海外出張・海外旅行・ホテル優待
レストラン優待
国際ブランドMastercard
初年度年会費(税別)200,000円
2年目~年会費(税別)200,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本1.50%
ポイント還元率/上限1.50%
ポイント倍増方法-
 
 

考察

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardは

法人カード唯一のブラックカード

として、おすすめできる法人カードです。

カード券面が24金で、対外的に良い話のネタになりながらも、さりげなく、お金を持っている、儲かっていることをアピールできる点が個人的には良いと思っています。

また、

  • メール対応でコンシェルジュデスクが利用できる
  • 予約したレストランに無料送迎してくれる
  • ホテルで手厚いサービス(アップグレード、クレジット、朝食無料、アーリーチェックイン・レイトチェックアウト)

など、「使える」質の高いサービスが多いため、ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardのサービスを使いこなせば、年会費20万円の元を取るのは容易いと感じました。

teacher
年会費20万円(税別)が苦にならない方であれば、一度、持っておくべき法人カードとして、おすすめです。

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
法人カード

おすすめのビジネスカードはこちら
ビジネスカード

コメントを残す

You have to agree to the comment policy.

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。