【検証】法人カード「在宅ワーク・テレワーク・リモートワーク」でおすすめの1枚とは?

woman
「在宅ワーク・テレワーク・リモートワークで法人カードは必要ですか?」
「在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでおすすめの法人カードを教えてください。」

コロナ禍によって、在宅ワーク・テレワーク・リモートワークを導入している企業も、少なくありません。では、在宅ワーク・テレワーク・リモートワークをするときに法人カードというものは必要なのでしょうか?在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでおすすめの法人カードについて解説します。

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでの法人カードの必要性

役職、職種によって、在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでの法人カードの必要性は変わってきます。

業務に支払いが発生しない社員の場合

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークで必要なものは

  • パソコン
  • ネット環境

だけであり、多くの企業では、パソコンは支給ですが、ネット環境の経費を負担してくれる企業は少なく、法人カードの必要性はほとんどありません。

業務に支払いが発生する社員の場合
  • 経理
  • 総務
  • クラウド系の外注を利用する職種
  • 販促などで商品やキャンペーンの購入をする職種

など、自分の裁量である程度の購入・支払業務がある社員の場合は、「法人カードを持つ上長から支払の時に法人カードを借りる」ということができなくなってしまうため、法人カードが必要になります。

部長、役員などの役職者の場合

部長、事業部長、役員の場合は、完全にリモートというわけにはいきません。

  • 機密事項を扱う場合は、出社する必要がある
  • 重要な商談の場合には、対面で行う必要がある
  • 重要な社内会議の場合には、対面で行う必要がある
  • 部下が在宅ワーク・テレワーク・リモートワークで必要なツール・サービス・道具などを購入する必要がある

と、在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでなくても、法人カードは必要なものとなっています。とくに在宅ワーク・テレワーク・リモートワークだからこそ、必要なツールやサービスも増えてきているため、部長、事業部長、役員が自身の裁量でスピーディーにツールやサービスを導入したい場合には、法人カードは必要不可欠と言えます。

経営者

経営者の場合は、会社で在宅ワーク・テレワーク・リモートワークを行うために導入すべきサービス・ツールは多くあります。

  • ノートパソコン
  • クラウド系の業務管理サービス
  • クラウド系の財務会計管理サービス
  • クラウド系の人事管理サービス
  • クラウド系のマーケティングツール
  • 各人員に対する情報セキュリティサービス
  • クラウドソーシング
  • オンライン秘書

部下や社員に対して、追加カードを発行するためにも、経営者にとっては、法人カードは必要不可欠なものと言えます。

フリーランス、個人事業主

フリーランス、個人事業主こそ、在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでは、自宅の機能性を最大限高める必要があります。

対面での営業活動ができないのですから

  • メールなどの遠隔の営業活動のためのツール
  • 効率的な営業を行うためのWEB会議システム
  • クラウドソーシング系のサービスへの登録

が必要になりますし、営業活動ができないと納品物の質が重要になるため

  • 自分の仕事環境への投資

も積極的に行う必要があるのです。当然、オンラインサービスが多くなるため、法人カードが必要不可欠です。

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでできないこと

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでは

  • リアルな営業活動
  • 同じオフィスにいる総務や経理、情報システム部への迅速な依頼
  • 同じオフィスにいる上司、役員、社長からの迅速な承認
  • 同じオフィス内のパソコンでの一元管理
  • 同じオフィスでの利便性の高い仕事環境
  • リアルな外注先とのコミュニケーション

ができないのです。

これらの問題を解決するためには

  • クラウド系のサービスの導入
  • 社員の裁量、決裁権限の付与による単独の意思決定
  • 自宅の仕事環境の充実
  • オンラインで対応できる外注先の選定

が必要になります。

teacher
これを実現するためには、法人カードというツールも十分に活用する必要があるのです。

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークで法人カードを選ぶポイント

ポイントその1.社員数分の追加カードが発行できること

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークの場合は、いちいち、スケジュールを合わせて総務や経理、情報システム部、社長などにサービス・ツールの導入を依頼するのは、ロスが大きいのです。

できるだけ、多くの社員に決裁権限を持たせて、予算の範囲内で法人カードを使わせた方が効率的に業務を進行できます。

そうなると、社員数分の追加カードの発行を視野に入れる必要があるのです。

  • 個人事業主・フリーランス → 追加カード不要
  • 社員数数名の零細企業 → 追加カードが数枚作れる法人カードがおすすめ
  • 社員数10名未満の零細企業 → 追加カードが10枚作れる法人カードがおすすめ
  • 社員数10名以上の企業 → 追加カードが無制限で発行できる法人カードがおすすめ
追加カードの発行枚数の多い法人カードをおすすめします。

ポイントその2.ポイント還元率・キャッシュバック率の高い法人カード

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでは、今までよりも多くのオンラインサービス、クラウドサービスを利用することになります。

当然、法人カードの利用額も増えます。

法人カードの利用額が増えるのであれば、ポイント還元率・キャッシュバック率の高い法人カードの方がよりお得に経費支払ができ、コスト削減につながるのです。

ポイント還元率・キャッシュバック率の高い法人カードをおすすめします。

ポイントその3.Visa、Mastercard、JCBの法人カード

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークだからこそ、経理業務をスリム化するために法人カードを渡しているのに「国際ブランドが使えない」という事態が起きてしまい、結局、立替が発生するようだと余計な手間が増えてしまいます。

日本国内のオンラインサービス、クラウドサービスの場合には

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB

は、ほぼどんなサービスでも対応しているため、Visa、Mastercard、JCBの法人カードをおすすめします。

反対に

  • Diners
  • AMEX

などは、利用できないオンラインサービス、クラウドサービスもあるため、おすすめしません。

ポイントその4.ショッピング限度額の大きい法人カード

法人カードは、コーポレートカードではないため、カードごとの利用額の予算設定はできません。

同時に同じ法人カードの限度額「枠」を利用する故地になるため、ショッピング限度額の小さい法人カードを使って、追加カードを多くの社員に渡してしまうと、すぐに限度額がいっぱいになって、カード利用ができなくなってしまうのです。

できるだけショッピング限度額の大きい法人カードを持っておかないと、月中でカード利用ができなくなって、在宅ワーク・テレワーク・リモートワークに支障がでてしまいます。

同じオフィスで働いていれば、別のカードを社長から借りるということもできますが、在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでは、それもできないのです。

ショッピング限度額の大きい法人カードをおすすめします。

ポイントその5.レストラン優待やホテル優待、海外での特別な優待サービスは不要

アメックスやダイナースブランドの法人カードにあるような

  • 海外空港ラウンジ無料付帯
  • 手厚い海外旅行傷害保険
  • レストラン優待
  • ホテル優待

などは一切不要になります。

コロナ禍では、旅行も、出張も、外食も、制限されてしまうため、ラグジュアリーな体験ができるエグゼクティブ向けの法人カードの必要性は一切ないのです。

人と会わないため、法人カードのステイタス性も関係ありませんので、年会費の高額なエグゼクティブ向けの法人カードを選ぶ必要はないのです。

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでおすすめの法人カード

前述した条件でおすすめの法人カードは

NTTファイナンス Bizカード レギュラー

国際ブランドVISA
初年度年会費(税込)0円
2年目~年会費(税込)0円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本1.00%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法-
-
-

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークの条件

追加カードの発行枚数

無制限

  • 追加カードの年会費:永年無料
ポイント還元率・キャッシュバック率

ポイント還元率:1.0%
※キャッシュバック可能

国際ブランド

Visa

ショッピング限度額

不明
筆者が作成したケースでは「40万円

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでおすすめのポイント

最大のポイントは

  • 年会費:永年無料
  • ポイント還元率:1.0%

というコストパフォーマンスが高い法人カードでありながら

  • 追加カードの年会費:永年無料

ですので、50枚作っても、100枚作っても、保有コストがかからないというメリットがあります。

また、Visaブランドですので、使えない加盟店というのがほぼなく、利用できないという手間がなく利用できる法人カードです。

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークにうってつけの法人カードです。

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでおすすめできないポイント

若干、限度額が少額の設定となります。

限度額が小さいと、多くの追加カードを発行して、同時に利用があった場合に、すぐに限度額がいっぱいになってしまいます。

毎月、一定額以上の高額なカード利用が発生する企業にはおすすめできない法人カードです。

NTTファイナンス Bizカード レギュラーを在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでおすすめできる方

  • コストを掛けたくない
  • お得も重視したい
  • 毎月のカード利用総額は少額に抑えられる
  • 社員数が20名以下の企業
  • 個人事業主、フリーランス

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード

国際ブランドVISA,Mastercard
初年度年会費(税込)11,000円
2年目~年会費(税込)11,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限9.00%
ポイント倍増方法●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍
-
【新規入会+2カ月以内利用】最大23,000円相当のポイントプレゼント

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークの条件

追加カードの発行枚数

無制限

  • 追加カードの年会費:2,200円(税込)
ポイント還元率・キャッシュバック率

ポイント還元率:0.5%

国際ブランド

Visa

ショッピング限度額

20万円~300万円

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでおすすめのポイント

最大のポイントは、プロパーカードのゴールドカードですので

  • ショッピング限度額:20万円~300万円

と、比較的高額な限度額が設定される点にあります。

その上で、

  • 追記カードを無制限で発行可能
  • Visaブランド

ですので、NTTファイナンス Bizカード レギュラーでは限度額が不足してしまう企業におすすめです。

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでおすすめできないポイント

年会費が

  • 親カード:11,000円(税込)
  • 追加カード:2,200円(税込)

と高い点と

  • ポイント還元率:0.5%

と、お得さも少ない点が挙げられます。

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードを在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでおすすめできる方

  • 信頼性の高いカード会社の法人カードを持ちたい
  • 社員数が20名以上の企業
  • 毎月のカード利用総額が大きくなる企業

どうしても、ショッピング限度額が不足する場合の対応

staff
「法人カードでは、どうしても、毎月のショッピング限度額が不足してしまう。」

という方の場合には、2枚、3枚の法人カードを持つという手もありますが、法人デビットカードを利用することをおすすめします。

法人デビットカードの「PayPay銀行Visaビジネスデビット」の場合には

発行会社PayPay銀行
国際ブランドVISA
初年度年会費(税込)0円
2年目~年会費(税込)0円
キャッシュバック還元率下限0.00%
キャッシュバック還元率上限1.00%
ポイント還元率下限0.20%
ポイント還元率上限0.20%
第三者不正使用保険○500万円
  • 限度額 = 法人口座の預金残高
  • カードレスVisaデビットを最大4枚まで発行できる
  • Visaブランド

という特徴があります。

カードレスVisaデビットは、カードレスのデビットカードのことを言い、「カード番号の発行」「カード番号の停止」が自在にできるため、在宅ワーク・テレワーク・リモートワークの社員から担当者に申請があった場合に、カード番号を発行し、利用が終わったら、カード番号を停止するという運用が可能になるのです。最大4枚しかカードレスVisaデビットは発行できませんが、利用するときに発行、利用が終わったら停止という運用であれば、同時に4人以上が使わない限り問題はないため、在宅ワーク・テレワーク・リモートワークで機能するのです。

この方法であれば

  • セキュリティ面も安全
  • ショッピング限度額を使い切る心配がない

というメリットがあるのです。

ただし、法人デビットカードには、デメリットもあります。

  • ポイント還元率が法人カードと比較する低い
  • デビットカードが利用できないオンラインサービス、クラウドサービスもある

点です。

法人カードと法人デビットカードは、お互いのメリットデメリットを補完しうるツールですので、併用することも賢い選択肢の一つと言えます。

まとめ

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでは

  • オンラインサービス、クラウドサービスの利用が増える
  • 同じオフィス内での細かいやり取り、迅速なやり取りができなくなる

ため、法人カードの必要性は大きくなります。

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークでおすすめする法人カードの特徴は

  • ポイントその1.社員数分の追加カードが発行できること
  • ポイントその2.ポイント還元率・キャッシュバック率の高い法人カード
  • ポイントその3.Visa、Mastercard、JCBの法人カード
  • ポイントその4.ショッピング限度額の大きい法人カード
  • ポイントその5.レストラン優待やホテル優待、海外での特別な優待サービスは不要

です。

できるだけ多くの社員に決裁権限を持たせて、法人カードの追加カードを発行することで、リモートでも、スムーズな業務が可能になります。

teacher
在宅ワーク・テレワーク・リモートワークの環境下でこそ、法人カードの機能を最大限に活用できるはずです。今一度、社内の法人カードの利用体制を再構築してみてはいかがでしょうか。

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
100枚超えの法人カードを徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です