アメックス法人カードを徹底比較。おすすめのアメックス法人カードは?

man
「おすすめのアメックスブランドの法人カードはどれ?」
「アメックスを前提に法人カードを探しているんだけど、どれがいいの?」

アメックスの法人カードを探している方にアメックス法人カードを徹底比較して、おすすめのアメックス法人カードを紹介します。

目次

アメックス法人カードとは?

アメックス法人カードとは?

アメックスとは

正式名称は「アメリカン・エキスプレス(American Express)」で、アメリカのクレジットカード会社のことを言います。

クレジットカード業界の仕組み

クレジットカード業界のプレイヤーには、3種類あります。

クレジットカード業界の仕組み

国際ブランド

世界各国でクレジットカードを利用できる仕組みを提供している会社です。

イシュアー

国際ブランドからライセンスを取得し、クレジットカードの発行業務、カード会員向けのサービス提供を行う会社です。

イシュアーの役割は、カード会員の獲得や優良顧客へのサービス強化、広報・宣伝活動、業務提携など多岐にわたり、カード利用者(会員)がクレジットカードを利用して商品の購入を行った後にカード利用者から料金を徴収し、アクワイアラーに支払うのです。

アクワイアラー

クレジットカードの加盟店の開拓や管理を行う会社です。「加盟店管理業者」とも呼ばれます。

新規の加盟店を開拓し、加盟店に対しカード決済のインフラを導入します。また、自ら開拓した加盟店から売上データを受け取り、売上代金をイシュアーから徴収し、加盟店に入金業務を行います。

アメックスは国際ブランドの一つです。

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • AMEX
  • Diners
  • UnionPay(銀聯)

などの一つとなっています。

アメックス法人カードには大きく分けると2種類あります。

  1. アメリカン・エキスプレス(American Express)自体が発行するプロパーカード
  2. イシュアー(クレジットカード会社)がアメックスブランドで発行する法人カード(ライセンス提携)

の2種類です。

アメリカン・エキスプレス(American Express)自体が発行するプロパーカード

イシュアー(クレジットカード会社)がアメックスブランドで発行する法人カード

イシュアー(クレジットカード会社) : 株式会社クレディセゾン

※セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、個人向けのクレジットカードですが、法人口座を引き落とし口座に設定できるため、実質的に法人カードとして利用できます。

man
「VisaやMasteracard、JCBなどは色々なイシュアー(クレジットカード会社)が使っていると思いますが、アメックスはなぜ、クレディセゾンだけなのでしょうか?」

個人向けのクレジットカードは

  • 株式会社クレディセゾン
  • 高島屋クレジット
  • セブンCSカードサービス
  • 静銀セゾンカード
  • 出光クレジット
  • 大和ハウスフィナンシャル
  • ワイエムセゾン
  • 三菱UFJニコス株式会社
  • 株式会社エムアイカード

などのクレジットカード会社がアメックスブランドのクレジットカードを発行していますが、どのクレジットカード会社も、クレディセゾンと比較すると規模が小さく、「アメックス」というイメージを使うためにアメックスブランドのクレジットカードを発行している形になるので、法人向けカードに参入する余力がないのです。

また、ブランド提携カードは、プロパーカードよりも年会費を抑えてサービスの質を削る傾向にあるため、結果的に凡庸なカードになってしまうので、ほかのクレジットカード会社は手を出していない状況があります。

アメックス法人カード(プロパーカード)のメリットデメリット

アメックス法人カード(プロパーカード)のメリットデメリット

メリットその1.エグゼクティブが使うクレジットカードとして認知されている

国際ブランドの加盟店比較

国際ブランドVISAMasterCardJCBAmerican ExpressDinersUnionPay
加盟店数2920万店2920万店750万店1040万店850万店200万店
年間利用回数(ショッピング)35.6回30.7回18.6回53.8回28.2回11.6回
年間利用回数(キャッシング)1.4回1.4回0.4回0.9回1.4回0.4回
年間利用回数(合計)37回32.1回19回54.7回29.6回12回
一回の支払い平均額(ショッピング)8,600円8,700円11,500円15,400円16,600円19,200円
一回の支払い平均額(キャッシング)27,200円25,900円17,400円16,000円17,500円19,500円
年間利用額(ショッピング)305,200円255,700円209,100円829,900円467,600円223,400円
年間利用額(キャッシング)38,600円36,800円7,400円14,200円24,900円8,200円
年間利用額343,800円292,600円216,500円844,100円492,400円231,600円
発行枚数86,900万枚70,540万枚7,660万枚9,740万枚590万枚28,500万枚
利用額合計29,874億円20,637億円1,658億円8,222億円293億円6,600億円
利用額世界シェア42.6%30.7%2.5%12.2%0.4%9.8%

出典:2012 The Nilson Report

カード一枚あたりの年間利用額(ショッピング)

  • 年Visa:343,800円
  • Mastercacrd:292,600円
  • JCB:216,500円
  • American Express:844,100円
  • Diners:492,400円
  • Unionpay:231,600円

となっています。

American Expressが断トツ1位
American Expressは、Visaの2.45倍の利用額
American Expressは、Mastercacrdの2.88倍の利用額

という結果が出ています。

これが何かというと、お店側にとってみれば

アメックスのお客さんは良くお金を使ってくれる「優良顧客」である

ということを示しています。

VisaやMastercacrdのお客さん約3人分が、アメックス1人分と同じようなものです。

当然、ホテル、旅行会社、ブランド店などエグゼクティブを重視する加盟店では、アメックスのお客様を重視するのです。
だからこそ
  • アメリカ系列のホテル宿泊時に無料で客室がアップグレードされる
  • レストランで特別なサービスが受けられる

などの力を持っているのです。

メリットその2.ステイタス性が高い

「アメックスブランドのクレジットカード保有者は、1枚当たりのカード利用額が圧倒的に高い」≒エグゼクティブが持つクレジットカードだ。

ということは、加盟店も理解しているのですが

一般の方にも、ビジネスマンを中心に浸透しています。

staff

「アメックスブランドなら、女性からモテる。」
「アメックスブランドだから、海外のホテルで部屋がアップグレードされた。」
「アメックスブランドだから、海外のレストランで頼んでもいないデザートが出てきた。」
・・・

という口コミが浸透して、日本でも今や

man
「アメックスブランドは、富裕層が持つクレジットカードだ。」

という知名度が確立されています。

アメックスブランドのクレジットカード保有者 ≒ お金持ち・高所得者・成功者・カッコいい

というイメージがあるからこそ

  • 異性にモテる
  • 部下から尊敬される
  • 同僚から一目置かれる
  • 取引先から一目置かれる
  • 自分のテンションが上がる

という効果があるのです。

アメックスブランドの本当の価値は「ステイタス性」である

と言っても、過言ではありません。

とくに法人カードの場合は「取引先との接待」「社員との飲み会」などで使うことが多いので、経営者がそれなりのイメージを作らないと、その後の商談や社員のモチベーションに悪影響が出てしまいます。

法人カードでは、より「アメックスブランド」の重要性が高い

と考えて良いでしょう。

メリットその3.海外旅行(海外出張)時の特典が豊富

アメックスのプロパーカードは

  • ホテル宿泊料金8%OFF
  • 手荷物無料宅配サービス
  • エアポート送迎サービス
  • 空港ラウンジ
  • プライオリティ・パス(国内外1,000ヶ所以上の空港VIPラウンジ)
  • 高額な海外旅行傷害保険
  • 海外旅行傷害保険の家族特約
  • 航空便遅延補償
  • レストラン優待(飲食代金の20%OFFなど)
  • プリファード・ゴルフ(海外でのゴルフのプレー料金が1名様分無料)
  • オーバーシーズ・アシスト(24時間日本語の旅行サポート)
  • キャンセル・プロテクション(キャンセル費用補償)
  • マイルが貯まりやすい
    ・・・

など、T&Eカード(トラベル&エンターテインメントカード)と呼ばれるように

海外旅行(海外出張)時の特典が豊富な法人カード

となっています。

  • 海外出張の機会が多い
  • 海外旅行をする機会が多い

経営者・個人事業主におすすめです。

デメリットその1.年会費は高額

アメックス法人カードの年会費

  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード:12,000円(税別)
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード:31,000円(税別)
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード:130,000円(税別)

年会費永年無料の法人カードもあるのですから、年会費は高く設定されていることがわかります。

高い年会費はデメリットでもありますが、高い年会費分のサービスが受けられることを意味しています。

アメックス法人カードの「プロパーカード」と「ブランド提携カード」の違い

アメックス法人カードの「プロパーカード」と「ブランド提携カード」の違い

前述した通りで

アメックス法人カードには

  1. アメリカン・エキスプレス(American Express)自体が発行するプロパーカード
  2. イシュアー(クレジットカード会社)がアメックスブランドで発行する法人カード

があります。

アメックス法人カードの「ブランド提携カード」は下記になります。

「ブランド提携カード」にはメリットデメリットもあるので十分に理解して利用する必要があります。

違いその1.年会費は「ブランド提携カード」の方が安い

同じプラチナカードでも

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

年会費:130,000円(税別)

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費:20,000円(年間ショッピング利用額が200万円以上:次年度年会費10,000円)

その差は、6.5倍にもなります。

コスト負担が小さいのは「ブランド提携カード」なのです。

違いその2.審査は「ブランド提携カード」の方が通りやすい

同じプラチナカードでも

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

申込方法:インビテーション(招待)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを利用して、十分なクレジットヒストリーがある方にのみ、入会のインビテーション(招待)が送られてくる仕組みです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

申込方法:いきなり申込可能

ゴールドカードからのステップは不要でいきなり申し込むことができます。

違いその3.ステイタス性は「プロパーカード」の方が高い

年会費が高くて、審査が厳しのですから、当然「ブランド提携カード」よりも「プロパーカード」の方が価値が高く、ステイタス性が高いのです。

ステイタス性は「プロパーカード」の方が高い

と言えます。

ただし、クレジットカードに詳しくない方にとっては、「ブランド提携カード」と「プロパーカード」の違いがわからない方も多いので、「ブランド提携カード」でも十分ステイタス性が高いと考えることもできます。

違いその4.サービスレベルは「プロパーカード」の方が高い

同じプラチナカードでも

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
  • レストラン優待:コース料理のアップグレード、席が空いていると特別に優先案内
  • ホテル優待:無料でホテルの部屋がアップグレード、ドリンクやギフトなどの専用特典
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • レストラン優待:飲食代金20%OFF、ドリンクなどのサービス
  • ホテル優待:ホテル料金8%OFF

年会費が6.5倍も違うのですから、当然といえば当然ですが・・・

「プロパーカード」の方は、アメックスが総力を挙げてサービスをしてくれます。

  • レストランは毎日1テーブルを確保
  • 海外旅行でも電話で無料通訳
  • ホテルのお部屋のアップグレード
    ・・・

「ブランド提携カード」は、あくまでもアメックスの特典優待プログラムが利用できるというイメージです。

  • ○%OFF
  • 登録しているレストランで優待を受けられる

といった、ほかの国際ブランドでもあるようなサービスになってしまいます。

ここが「ブランド提携カード」と「プロパーカード」の大きな違いです。

アメックス法人カード比較

人気ランキング法人カード名初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)追加カード発行枚数制限ETCカード/2年目~年会費(税別)ショッピング限度額/上限キャッシング限度額/上限ポイント還元率/基本
3位セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
20,000円20,000円4枚0円個別設定-0.50%
5位アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
31,000円31,000円5枚500円一律の制限なし-0.50%
18位アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
130,000円130,000円4枚500円一律の制限なし-0.50%
26位アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
12,000円12,000円5枚500円一律の制限なし-0.50%
42位セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
0円1,000円4枚0円一律の制限なし-0.50%
51位MUFGカード・ゴールド・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・ゴールド・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
1,950円1,950円複数枚0円200万円-0.40%
52位MUFGカード・ゴールドプレステージ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・ゴールドプレステージ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
10,000円10,000円複数枚0円300万円-0.40%
53位MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
20,000円20,000円複数枚0円500万円-0.40%

おすすめのアメックス法人カードは?

おすすめのアメックス法人カードは?

アメックス法人カード本来のサービスを活用したいのであれば

  • ステイタス性が高い
  • 十分なサービスレベル

を兼ね備えている

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

をおすすめします。

この法人カードであれば、利用額が増えれば、上位のアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードへのインビテーション(招待)も狙えるからです。

ステイタス性が高い分、接待や従業員との飲み会で利用しても、ご家族や同僚、恋人との旅行や食事で利用しても、十分なサービスを受けられることは間違えありません。

  • 年会費の高さが気になる
  • プラチナカードが欲しい

という方には

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

プロパーカードほどではないにせよ、十分なサービスレベルを備えていて、かつ「プラチナカード」「アメックスブランド」ですから、イメージも悪くありません。

その上、年会費も2万円(税別)と安く、費用対効果の高い法人カードなのです。

アメックス法人カードを選ぶのであれば、この2択と考えましょう。