【2019年版】個人事業主・自営業者・フリーランスのおすすめ法人カードランキング決定版。個人事業主・自営業者・フリーランスにおすすめの法人カードはこれだ!

man
「個人事業主に、おすすめの法人カードってどれですか?」
「個人事業主は、どういう法人カードを選ぶべきでしょうか?」

個人事業主や自営業者の法人カード選びは、会社の法人カードを選びとは、視点が異なります。今回は、個人事業主・自営業者・フリーランスのおすすめ法人カードをランキング形式で解説します。

目次

個人事業主・自営業者・フリーランスが選ぶべき法人カードの選び方

個人事業主・自営業者・フリーランスが選ぶべき法人カードの選び方

その1.個人事業主・自営業者・フリーランス本人だけがお得になる法人カードを選ぶ

会社経営者・法人が法人カードを選ぶときは

  • 経営者が使う

ことももちろんですが・・・

  • 役員が使う
  • 従業員が使う

ことも、想定して、法人カードを選びます

しかし、個人事業主・自営業者・フリーランスが法人カードを選ぶときは

  • 自分だけが使う

ことになります。

  • 追加カードの発行枚数制限
  • 追加カードの年会費
  • 追加カードの限度額
    ・・・

は「無視して良い」ことになります。

個人事業主・自営業者・フリーランス本人だけがお得になる法人カードを選べば良いのです。

その2.プライベート利用での特典が手厚い法人カードを選ぶ

法人格を持っている場合は

  • 会社:事業に使う経費
  • 個人:プライベートで使うお金

を明確に区分しなければ、税務調査などで指摘され、余計な税金が取られてしまいます。

税理士や会計士からも、「個人」と「法人」の使い分けは口を酸っぱく、指摘されるはずです。

しかし、個人事業主・自営業者・フリーランスであれば

  • 事業に使ったお金
  • プライベートに使ったお金

が、かなり曖昧になります。

混同すると税務署から指摘されることには変わりがありませんが、法人と比べれば、チャックが甘いのは間違えありません。

  • 例えば

家族での海外旅行

であっても、「視察」「マーケティング」などの目的を付ければ、経費として落とすことも可能になります。

  • 家族・恋人との海外旅行
  • 家族・恋人との食事
  • 家賃・光熱費・通信費
    ・・・
プライベートで法人カードを利用するときに特典がある法人カードを選ぶべきと言えます。

その3.「お得」「節約」につながる法人カードを選ぶ

個人事業主・自営業者・フリーランスは、法人以上に「お得」「節約」を重視すべきと言えます。

法人であれば、法人カードで獲得するポイントは総売上に対して、微々たるものですが・・・

個人事業主・自営業者・フリーランスであれば、法人カードで獲得するポイントもバカにできない金額になるのです。

  • ポイント還元率が高い法人カード
  • キャッシュバック率が高い法人カード
  • 金銭的なメリットが大きい法人カード

をおすすめします。

その4.キャッシング枠がある法人カードを選ぶ

個人事業主・自営業者・フリーランスは、銀行から融資を受けにくいものです。

なぜならば、個人事業主・自営業者・フリーランスは

  • 生活費と事業資金を混同しやすい
  • 決算書がない
  • 取引先が限定される
  • 社会的信用が低い
  • 今後の成長が見込みにくい

ため、銀行は融資をするなら「法人成りを検討して」と言ってくるのです。

とはいえ、個人事業主・自営業者・フリーランスでも

売上が減って、支払ができないという「資金繰りが悪化」する局面が出てきます。

この時に活躍するのが「法人カードのキャッシング枠」なのです。

法人カードには

  1. キャッシング枠がないもの
  2. 法人のキャッシング枠がないが、個人事業主のキャッシング枠はあるもの
  3. キャッシング枠があるもの

の3パターンがありますが

  1. キャッシング枠がないもの

が多いのです。

銀行から融資を引っ張れる会社経営者は、それほどキャッシング枠を重視する必要はありませんが、銀行から融資を引っ張りにくい個人事業主・自営業者・フリーランスの方は、キャッシング枠がある法人カードを選ぶべきと言えます。

その5.ステイタス性の高い法人カードを選ぶ

クライアントが仕事を発注するときに

どうしても、発注先が個人事業主・自営業者・フリーランスであると、「なめられてしまう」「下にみられてしまう」傾向が、法人よりも強いです。

「個人事業主・自営業者・フリーランス」と「法人格」だと社会的信用は「法人格」の方が強いので、致し方ありませんが、法人カードで少しでも、信用度を上げることもできます。

  • 法人プラチナカード
  • 法人ブラックカード

を持っていれば、クライアントとの接待に行った時も、一目置かれる可能性もあるのです。

それがすべてとは言いませんが、少しでも信用力の低いイメージを払しょくするためには、ステイタス性の高い法人カードを持つというのも、検討する価値があるのです。

「個人事業主/自営業者」が選んだ法人カードランキング

口コミ調査

  • ご協力いただいた法人カード利用中の方:621名
  • 個人事業主の方:118人/18.7%
  • リサーチ期間:2016年12月1日~2018年12月20日
法人カード名個人事業主/自営業者
JCB法人カード/一般カード
JCB法人カード/一般カード
22人
楽天ビジネスカード
楽天ビジネスカード
22人
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
13人
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
8人
三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード
三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード
7人
JCB法人カード/ゴールドカード
JCB法人カード/ゴールドカード
6人
ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード
ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード
6人
オリコビジネスカードGold(ゴールド)
オリコビジネスカードGold(ゴールド)
5人
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
3人
ビジネクスト・法人クレジットカード
ビジネクスト・法人クレジットカード
2人
こちらは、実際にアンケート調査で個人事業主と回答した方が、保有している法人カードの回答数ランキングです。筆者がおすすめする「個人事業主・自営業者・フリーランスのおすすめ法人カードランキング」とは若干異なりますので、注意してください。

個人事業主・自営業者・フリーランスのおすすめ法人カードランキング

個人事業主・自営業者・フリーランスのおすすめ法人カードランキング 個人事業主・自営業者・フリーランスのおすすめ法人カードランキング

1位:セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

teacher

個人事業主・自営業者・フリーランスにおすすめする理由

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは

  • プラチナカードというステイタス性
  • 年会費もそれほど高くない
  • コンシェルジュデスク
  • 一流ホテルの優待がある
  • レストラン優待がある
  • 海外旅行傷害保険が1億円
  • マイルが貯まりやすい
  • 最大300万円までキャッシング可能

という特徴がある法人カードです。

前提した通りで、個人事業主・自営業者・フリーランスにとっては

  • 信頼性を確保する → アメックス、プラチナカード
  • プライベートの特典が手厚い → ホテル優待、レストラン優待、海外旅行傷害保険が手厚い
  • お得 → マイルの還元率が高い
  • コンシェルジュデスク → 旅行やイベントの手配を代行してくれる
  • 最大300万円までキャッシング可能 → 資金繰り難の時に活躍してくれる

というメリットがあるため、非常に総合力の高い法人カードなのです。

マイナス面は

  • ポイント還元率はそこまで高くない
  • 年会費は一般カードと比較すれば高い
  • 提携カードであるため、プロパーカードよりは信頼性が低い

というものですが、それ以上のメリットがある個人事業主・自営業者・フリーランス向けの法人カードと言えます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードとは

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、株式会社クレディセゾンが発行するアメックスブランドのプラチナカードスペックの法人カードです。個人事業主、法人経営者が経費支払に利用でき、業務の効率化やコスト削減に役立ちます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの大きな特徴は「プラチナカードスペックの法人カード」「年会費はプラチナカードにしては格安」「一流ホテルの優待/オントレ」「世界の一流ホテルの優待/スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド」「レストラン優待:アメリカン・エキスプレス・セレクト」「プラチナ会員コンシェルジュデスク」「ビジネスサービスの優待プログラム/ビジネス・アドバンテージ」「プライオリティ・パス無料付帯」「ハイヤー送迎サービスあり」「最高1億円の海外旅行傷害保険」・・・とプラチナカードとして幅広い特典が用意されています。

一番大きなポイントは、空港や旅行保険、ホテル優待など出張で役立つサービス、レストラン優待やコンシェルジュデスクなど接待で役立つサービスが網羅されていて、かつプラチナカードにも関わらず年会費は2万円(税別)と格安な設定になっていることです。 通常、プラチナカードは5万円~10万円ぐらいの年会費設定のものが多いので、かなりの格安設定と言えます。

さらにプラチナカードとしてのステイタス性もあるカードですので、クライアントや部下に見られても、威厳を保てる法人カードとなっています。非常にコストパフォーマンスの高い法人カードです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードキャンペーン 2019年11月最新情報

キャンペーン情報

【新規入会】最大1,800ポイント(9,000円相当)プレゼント
【年会費特典】初年度年会費無料

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 20

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

7.1

年会費の安さ・コスパ

6.5/10

ポイントや優待のお得さ

7.3/10

ビジネス面での活躍

8.0/10

使い勝手の良さ

7.4/10

ステイタス性

6.3/10

良い点

  • プラチナカードスペックの法人カード
  • 年会費はプラチナカードにしては格安
  • 一流ホテルの優待
  • プライオリティ・パス無料付帯
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険

悪い点

  • 限度額は制限なしですが審査次第
  • 提携カードなのでアメックスのプロパーカードよりはステイタス性は低い
  • 追加カードは4枚まで

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードスペック

人気ランキング3位
法人カード名セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
カード会社株式会社クレディセゾン
国際ブランドAMEX(アメックス)
カードランクプラチナカード,提携カード
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)20,000円
2年目~年会費(税別)20,000円
年会費優遇条件年間ショッピング利用額が200万円以上:次年度年会費10,000円
ショッピング限度額/下限個別設定
ショッピング限度額/上限個別設定
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法●海外利用
海外利用:2倍
マイル還元率/上限1.13%
海外旅行障害保険最高10,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯)

個人事業主・自営業者・フリーランスにおすすめする理由

2位:EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)

teacher

個人事業主・自営業者・フリーランスにおすすめする理由

EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)は

個人事業主・自営業者専用の法人カードです。

  • ゴールドカードというステイタス性
  • 年会費は格安、初年度無料
  • 2名以上の利用で1名様分のコース料理が無料になるレストラン優待がある
  • 国内空港ラウンジ無料
  • 審査が甘い
  • 最大100万円のキャッシング利用が可能

という特徴がある法人カードです。

前述したセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードと比較すると

  • 海外旅行傷害保険が少額
  • キャッシング枠も少額
  • ステイタス性は低い

のですが、年会費が初年度無料で、次年度以降も2,000円(税別)と安いので、法人カードにお金をかけたくない個人事業主・自営業者・フリーランスにおすすめです。

一応、ゴールドカードではありますし、2名以上の利用で1名様分のコース料理が無料になるレストラン優待は、かなり使い勝手が良いので、コストパフォーマンスに優れた法人カードと言えます。

EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)

EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)とは

orico_ex_biz_s_card EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)は、 株式会社オリエントコーポレーションが発行しているゴールドカードスペックの法人カードです。EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)は個人事業主向けの法人カードで、個人事業主が経費支払に利用でき、業務の効率化やコスト削減に役立ちます。

EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)の大きな特徴は「MasterCardビジネスアシストまたはVisaビジネスオファー付帯」「ゴールドカードスペックなのに年会費初年度無料、次年度も格安の年会費設定」「Mastercardコンタクトレス・Visaタッチ決済の2つのコンタクトレス決済搭載」「最大100万円までのキャッシング利用が可能」「ダイニング BY 招待日和はコース料理1名分無料特典あり」「ご融資金利優遇制度」などがあります。

ゴールドカードスペックで、接待で活躍する「ダイニング BY 招待日和」などが付帯しているのにもかかわらず、初年度年会費無料、次年度年会費2,000円(税別)という格安年会費で個人事業主が利用する法人カードでは1位、2位を誇る人気の法人カードになっています。

さらにショッピング限度額が最高300万円と高めの設定、最高100万円までのキャッシング、融資金利優遇制など個人事業主の資金調達にも活躍する法人カードとなっています。

EX Gold for Bizキャンペーン 2019年11月最新情報

キャンペーン情報

【新規入会】7,000円分のポイント
【年会費特典】初年度年会費無料

EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 8

EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)

7.3

年会費の安さ・コスパ

8.6/10

ポイントや優待のお得さ

7.0/10

ビジネス面での活躍

7.6/10

使い勝手の良さ

7.6/10

ステイタス性

5.9/10

良い点

  • 「Mastercardコンタクトレス」「Visaタッチ決済」のコンタクトレス決済搭載
  • ゴールドカードスペックなのに年会費初年度無料
  • 最大100万円までのキャッシング利用が可能
  • 融資金利優遇制度
  • 審査のハードルが低い

悪い点

  • ポイント還元率が平均的な水準
  • 追加カードは最大3枚までと少ない
  • ステイタス性が低い

EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)スペック

人気ランキング16位
法人カード名EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)
EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)
カード会社株式会社オリエントコーポレーション
国際ブランドVISA,Mastercard
カードランクゴールドカード,提携カード
申込み対象個人事業主
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)2,000円
年会費優遇条件-
ショッピング限度額/下限10万円
ショッピング限度額/上限300万円
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.10%
ポイント倍増方法●クラステージ
200万円利用・翌年:2倍
●法人カード
翌年:+20%
マイル還元率/上限0.66%
海外旅行障害保険最高2,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高1,000万円(利用付帯)

個人事業主・自営業者・フリーランスにおすすめする理由

3位:楽天ビジネスカード

teacher

個人事業主・自営業者・フリーランスにおすすめする理由

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードとセットで申込む法人カードです。

大きな特徴は

  • ポイント還元率が1.0%と高い
  • 楽天市場、トラベル、エンタメでポイント+1.0%
  • お誕生日月はポイント3倍
  • プライオリティ・パス無料付帯

ですので、「お得」重視の法人カードと言えます。

ステイタス性は期待できませんが、ポイントの倍増が多く、ベースのポイント還元率も1.0%と高いため、お得に法人カードを使いたい個人事業主・自営業者・フリーランスにおすすめです。

年会費は若干高いのですが、この年会費で海外空港ラウンジが無料で使えるプライオリティ・パスが付帯されているので、海外旅行に行く機会が多い個人事業主・自営業者・フリーランスにも、おすすめできます。

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードとは

楽天ビジネスカードは、楽天カード株式会社が発行するゴールドカードスペックの法人カードです。個人事業主、法人経営者が経費支払に利用でき、業務の効率化やコスト削減に役立ちます。 楽天ビジネスカードは他の法人カードとは違っていて、楽天プレミアムカードとセットで申込む法人カードとなっています。楽天プレミアムカードは楽天カードのゴールドカードです。

楽天ビジネスカード(楽天プレミアムカード)の大きな特徴は「法人カードでポイント還元率1.0%の高還元率」「お誕生日月はポイント3倍」「プライオリティ・パス無料付帯」「楽天市場、トラベル、エンタメでポイント+1.0%」「海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険最高5000万円」「ショッピング保険最高300万円」です。

一番大きなメリットは「法人カードなのにポイント還元率1.0%」ということです。通常、ビジネス利用がほとんどである法人カードではポイント還元率の相場は0.5%です。これが1.0%という一般カード並の高還元率であるため、経費利用額によっては数万円、十数万円のポイントが得られる可能性があります。お誕生日月のポイント3倍も有効に活用できます。

また、通常プラチナカードで付帯される「プライオリティ・パス無料付帯」があるので、高額な海外旅行傷害保険と合わせて海外出張や海外旅行でも活躍します。

接待利用での特典がなかったり、若干ステイタス性が劣っているデメリットもありますが、ポイント重視で選ぶのであればおすすめの法人カードとなっています。

楽天ビジネスカードキャンペーン 2019年11月最新情報

キャンペーン情報

【新規入会】3,000円分のポイント

楽天ビジネスカード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 80

楽天ビジネスカード

6.9

年会費の安さ・コスパ

7.1/10

ポイントや優待のお得さ

8.6/10

ビジネス面での活躍

6.5/10

使い勝手の良さ

8.0/10

ステイタス性

4.3/10

良い点

  • 法人カードでポイント還元率1.0%は抜群に高い還元率
  • お誕生日月はポイント3倍
  • ライオリティ・パス無料付帯

悪い点

  • ステイタス性が低い
  • カードデザインがかっこわるい
  • 年会費が高い
  • プレミアムカードも作る必要がある

楽天ビジネスカードスペック

人気ランキング13位
法人カード名楽天ビジネスカード
楽天ビジネスカード
カード会社楽天カード株式会社
国際ブランドVISA
カードランクゴールドカード,提携カード
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)12,000円
2年目~年会費(税別)12,000円
年会費優遇条件※楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードはセットで発行
ショッピング限度額/下限10万円
ショッピング限度額/上限300万円
ポイント還元率/基本1.00%
ポイント還元率/上限7.00%
ポイント倍増方法●楽天市場
ポイント:+4.0%

●選べるサービス
(楽天市場、楽天トラベル、Rakuten TV、楽天ブックス)
ポイント:+1.0%

●お誕生月
ポイント:+1.0%
マイル還元率/上限3.50%
海外旅行障害保険最高5,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯)

個人事業主・自営業者・フリーランスにおすすめする理由

4位:アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

teacher

個人事業主・自営業者・フリーランスにおすすめする理由

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは

  • アメックスのプロパーゴールドカードのステイタス性の高さ
  • 帝国ホテルのビジネスラウンジが優待利用可能
  • 海外旅行傷害保険が最高1億円
  • 国内空港ラウンジ無料
  • 無料ポーターサービス、手荷物無料配送、ハイヤー送迎
  • レストラン、ホテルの優待プログラムあり

という特徴がある法人カードです。

前述したセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、提携カードであり、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードはプロパーカードですので、ゴールドカードですがステイタス性はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードはの方が高いと言えます。

使い続ければ、プラチナカードへのインビテーションもあります。

海外旅行、海外出張、空港利用での特典・保障が充実しており、帝国ホテルのビジネスラウンジも優待価格で利用できるので、ネット系や国内出張の機会が多い個人事業主・自営業者・フリーランスの方におすすめです。

マイナス面は

  • 年会費が高い
  • ポイント還元率が低い

という点です。「お得」という視点からは、あまりおすすめできない法人カードと言えます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードとは

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドが発行するアメックスブランドのゴールドカードスペックの法人カードです。個人事業主、法人経営者が経費支払に利用でき、業務の効率化やコスト削減に役立ちます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの大きな特徴は「アメックスのプロパーゴールドの信頼性」 「事前承認の手続きで高額利用可能」「ビジネス情報サービス」「帝国ホテルのビジネスラウンジが優待利用可能」「ビジネスサービスの優待プログラム/ビジネス・セービング」「ビジネス・ダイニング by ぐるなび」「レストラン、ホテルの優待プログラム/アメリカン・エキスプレス・セレクト」「ビジネス・カード会員様限定イベント」「最高1億円の海外旅行傷害保険」「国内空港ラウンジ無料」「無料ポーターサービス」「手荷物無料宅配サービス」・・・とゴールドカードとして幅広い特典が用意されています。

一番大きなポイントは、ビジネス面でのサービス特典が多く用意されていることです。ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」、帝国ホテルのビジネスラウンジ「ミーティング・スクエア」、ビジネス優待「ビジネス・セービング」、福利厚生プログラム「クラブオフ」・・・と優待利用できる特典が多く、経営者にとって使い勝手の良いサービスが網羅されています。また、ビジネス・カード会員様限定イベントで、ビジネスの人脈を広げることも可能です。

同時に海外旅行傷害保険や空港ラウンジ、ハイヤー送迎、無料ポーターサービスなど、アメリカン・エキスプレスならではの海外旅行で活躍するサービスが充実しています。 また、アメックスのプロパーカードのゴールドカードのステイタス性は非常に高く、クライアントとの接待や部下との飲み会でも、経営者や役員の信頼性を損なうことはありません。

唯一のネックは高額な年会費ですが、会社の経費であればそれほど大きな負担ではないのではないでしょうか。 ステイタス性とビジネス面での機能でおすすめできる法人カードです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードキャンペーン 2019年11月最新情報

キャンペーン情報

【入会後1年以内カード利用】30,000ポイント
【年会費特典】初年度年会費無料

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 78

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

7

年会費の安さ・コスパ

5.2/10

ポイントや優待のお得さ

6.5/10

ビジネス面での活躍

8.4/10

使い勝手の良さ

7.6/10

ステイタス性

7.0/10

良い点

  • アメックスのプロパーゴールドの信頼性
  • 四半期管理レポート
  • ビジネス・コンサルティング・サービス
  • ビジネス情報サービス
  • ビジネスサービスの優待プログラム

悪い点

  • 年会費が高い
  • プライベート利用の特典は少ない
  • 限度額は制限なしですが審査次第

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードスペック

人気ランキング10位
法人カード名アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
カード会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
国際ブランドAMEX(アメックス)
カードランクゴールドカード,プロパーカード
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)31,000円
2年目~年会費(税別)31,000円
年会費優遇条件-
ショッピング限度額/下限一律の制限なし
ショッピング限度額/上限一律の制限なし
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限5.00%
ポイント倍増方法●ボーナスポイント・パートナーズ
高島屋オンラインストア :2倍
じゃらん :2倍
Oisix (おいしっくす) :2倍
アイシティ:3倍
イモトのWiFi :5倍
レストラン・ホテル:2倍~10倍

●ぐるなび予約
来店人数×100ポイント

●メンバーシップ・リワード・プラス
ポイント交換レート:2倍
マイル還元率/上限5.00%
海外旅行障害保険最高10,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)

個人事業主・自営業者・フリーランスにおすすめする理由

5位:ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード

teacher

個人事業主・自営業者・フリーランスにおすすめする理由

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カードは

年会費が永年無料

という点が魅力の法人カードです。

「法人カードは必要だけれども、それほど高額な利用はしないし、優待にも興味がない。」

という個人事業主・自営業者・フリーランスの方であれば、完全にコストが発生しないライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カードをおすすめします。

年会費が永年無料の反面、特典やポイントがないので、カード利用が多い方には「お得」とは言い切れません。コストをかけないための法人カードです。

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カードとは

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カードは、ライフカード株式会社が発行している一般カードスペックの法人カードです。ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カードは法人向けの法人カードで、個人事業主、法人経営者が経費支払に利用でき、業務の効率化やコスト削減に役立ちます。

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カードの大きな特徴は「年会費永年無料の法人カード」「ポイント付与がない」「申込はWEB完結」「最短4営業日発行」「審査は決算書不要」「法人ETCカードも年会費無料」「MasterCardビジネス・アシスト or Visaビジネスオファーが利用可能」「飲食店優待Visaビジネスグルメオファーあり」「最高200万円の高額な限度額設定」などがあります。

一番大きなポイントは年会費永年無料の法人カードは非常に珍しいということです。一般カードであれば年会費永年無料のクレジットカードは何十枚とありますが、法人カードの場合ではほとんど年会費永年無料のものはないのです。その代わりりに、通常は法人カードでもポイントが0.5%ぐらい付与されるのものですが、ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カードはポイント付与がないのです。

また、ライフカードには「ライフカードビジネス」という法人カードもあるのですが、「ライフカードビジネスライト」とは申込方法や発行スピード、限度額が異なります。「ライフカードビジネスライト」は、より小規模な法人、会社設立直後の法人、個人事業主、フリーランスの方が発行しやすいように「審査は決算書不要で本人確認書類のみ」「申込はWEB完結」「最短4営業日発行」「限度額は200万円とライフカードビジネスより少額に」「追加カードは3枚まで」と特徴が変わっているのです。

コストを少しでも抑えたい中小、零細企業、起業間もない方、個人事業主におすすめできる法人カードです。審査も、発行スピードも、小規模法人、個人事業主向けになっているのでおすすめです。

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 2

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード

5.8

年会費の安さ・コスパ

9.3/10

ポイントや優待のお得さ

5.3/10

ビジネス面での活躍

4.6/10

使い勝手の良さ

6.3/10

ステイタス性

3.8/10

良い点

  • 年会費永年無料
  • 限度額が最高200万円と高い
  • 法人ETCカード無料
  • 最短4営業日で発行
  • 会社設立直後でも申込可能

悪い点

  • ポイント特典がない
  • 追加カードの発行枚数が3枚と少ない
  • 海外旅行傷害保険が付帯されていない
  • 国内旅行傷害保険が付帯されていない
  • ショッピング保険が付帯されていない

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カードスペック

人気ランキング7位
法人カード名ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード
ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード
カード会社ライフカード株式会社
国際ブランドVISA,Mastercard,JCB
カードランク一般カード,提携カード
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
年会費優遇条件-
ショッピング限度額/下限10万円
ショッピング限度額/上限200万円
ポイント還元率/基本0.00%
ポイント還元率/上限0.00%
ポイント倍増方法-
マイル還元率/上限0.00%
海外旅行障害保険-
国内旅行傷害保険-

個人事業主・自営業者・フリーランスのタイプによる法人カード選びの違い

前述した法人カードを個人事業主・自営業者・フリーランスにおすすめしますが・・・

「その中でどれを選べば良いのか?」というと

事業を立ち上げたばかりで少しのコストも使いたくない個人事業主・自営業者・フリーランスの方

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード

事業が順調な個人事業主・自営業者・フリーランスの方

「総合力」を重視する方

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

「コスト」を抑えたい方

EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)

「お得」を重視したい方

楽天ビジネスカード

「ステイタス性」を重視したい方

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

と考えれば良いでしょう。

teacher
事業の立ち上げ当初は、年会費負担の少ない法人カードを選んで、事業の成長とともに、多少は年会費が発生しても、特典やステイタス性の高い法人カードに切り替えていくことをおすすめします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。