【検証】法人カードで「発行スピード・即日発行」でおすすめの1枚とは?

man
「即日発行できる法人カードって何がありますか?」
「できるだけ早く法人カードを作りたいのですが、どの法人カードがおすすめですか?」
・・・

という方に「どの法人カードが一番早く発行できるのか?」法人カード10枚を所有する経営者が体験談に基づいておすすめの1枚を解説します。近年、法人カードがないと利用できない法人向けのインターネットサービスも増えています。すぐに法人カードが必要な方は、発行スピードの早い法人カードを選びましょう。

そもそも、法人カードは申込から発行まで、どのくらいの時間がかかるの?

そもそも、法人カードは申込から発行まで、どのくらいの時間がかかるの?
teacher
2週間~3週間ぐらいです。
man
「なぜ、2週間~3週間もかかるのですか?」

法人カードの申込から発行の手順としては

  1. 対象法人カードのウェブサイトからオンライン申込をする
  2. カード会社が審査を行う
  3. 審査通過、正式な申込書が郵送で送られてくる
  4. 正式な申込書に情報を記載し、「本人確認書類」「口座振替依頼書」を合わせて返送する
  5. 申込内容のチェックをして問題なければ、法人カードを発行する
  6. 郵送で法人カードが発行される

という形になっています。

審査期間:2~3営業日
郵送期間:2~3営業日 × 2回

申込書の準備:1~2営業日

ですから、何事もなく、スムーズに申込が完了すれば「7営業日~11営業日」で発行することも可能です。

それでも、「営業日」ベースですので、2週間ぐらいはかかってしまうのです。

さらに

  • 郵送物を受け取るのが遅れてしまう
  • 申込書の準備に時間がかかってしまう
  • 書類に不備がある
  • 口座振替依頼書の口座に不備がある
    ・・・

などの問題があれば、その分、カード発行までの時間がかかってしまうのです。

また、もう一つの要因としては「法人の審査は、個人よりも慎重に行われる」という点があります。

個人のクレジットカード審査の場合

貸し倒れリスクが小さい ≒ 審査はそれほど厳格である必要がない

個人がクレジットカードを発行する場合は、経営者や自営業者でない限りは、雇用されているのですから、給料が支払われます。

給料をベースにショッピング限度額を決めるのですから、会社を辞めない限りは返済に困ることはなくなるのです。

会社を辞めたとしても、勤務先の会社の条件を厳しくしなければ、バイトでも働くことができます。

つまり、よほどのことがなければ、クレジットカード会社が「貸し倒れ損失を負う」ということにはなりにくいのです。

だからこそ、個人のクレジットカード審査では

  1. 収入
  2. 勤務先への在籍確認
  3. 個人信用情報で返済遅延や返済事故がないか?

が確認できれば、発行して問題ないのです。

しかし、法人カードの場合はこうはいかないのです。

法人カード審査の場合

契約主体は、経営者個人になります。

会社が倒産してしまうと、経営者も会社の借金を全額払いきれないことが多いので、自己破産してしまうのです。

経営者が自己破産してしまえば、クレジットカード会社の債権は消滅してしまいます。

つまり、「貸し倒れ損失」になってしまうのです。

man
「でも、それって個人のクレジットカードを経営者が契約するときも同じじゃないの?」
teacher

同じです。

個人のクレジットカードも、経営者や自営業者には審査が格段に厳しくなるのです。

違う点としては、個人のクレジットカードよりも、法人カードの方が事業用の支払いに利用するので、カード利用額が高額になりやすいという点です。

法人カードを経営者個人との契約するのも
個人のクレジットカードを経営者個人と契約するのも

貸し倒れが発生する確率は同じだとしても、カード利用額、つまり「貸し倒れ損失額」が大きくなってしまうのです。

だからこそ、

法人の審査は、個人よりも慎重に行われる

≒ カード会社によっては審査に時間をかける

ことになるのです。

そのため、個人のクレジットカードよりも、発行までに時間がかかる法人カードがほとんどなのです。

法人カード「発行スピード・即日発行」でおすすめの1枚とは?

法人カード「発行スピード・即日発行」でおすすめの1枚とは?
「法人カードの発行にどのくらいの時間がかかるのか?」

は各クレジットカード会社のウェブサイトには記載されていません。

ウェブサイトに発行期間を記載してしまうと、それが守れなかった場合にクレームが発生してしまうので

クレジットカード会社のウェブサイトには

  • 発行までの期間は記載されていない
  • 記載されていても、「2週間~3週間程度」「最短〇〇日」というようにぼやかした記載がされている

のです。

そのため、「法人カードの発行にどのくらいの時間がかかるのか?」は実際に申し込んでみるしかありません。

筆者が申し込んだ主な法人カードと発行までの期間を記載します。

筆者が申し込んだ主な法人カードと発行までの期間を記載します。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

申込日時:2016年7月28日
申込書到着日時:2017年8月2日
電話確認:2016年8月9日
カード到着日時:2016年9月2日

申込から発行までの期間:約1か月

JCB法人カード/一般カード

申込日時:2016年12月15日
電話確認:2017年3月25日 ※一度、審査落ちになってからの連絡のため
申込書到着日時:2017年4月7日
カード到着日時:2017年5月4日

申込から発行までの期間:約6か月

三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード

申込日時:2017年1月19日
申込書到着日時:2017年1月30日
電話確認:2017年2月16日
カード到着日時:2016年2月23日

申込から発行までの期間:約1か月

ビジネクスト・法人クレジットカード

申込日時:2017年3月12日
電話確認:2017年3月15日
申込書到着日時:2017年5月15日
カード到着日時:2017年6月8日

申込から発行までの期間:約3か月

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

申込日時:2016年7月26日
電話確認日時:2016年7月27日
審査通過メール受信日時:2016年7月27日
カード到着日時:2016年7月31日

申込から発行までの期間:5日

考察

平均的なカード発行までの期間は「約1カ月」と言っていいでしょう。

本来「2週間~3週間」の発行ですが、若干時間がかかっているのは、筆者が返送するまでに数日を要していることが理由です。

また、発行に時間がかかった「JCB法人カード/一般カード」は、一度「審査落ち」の連絡をもらっていたのですが、忘れたころにもう一度連絡が来て、「審査が通りました。」と連絡をもらいました。これは想像ですが、一度「審査落ち」したときから、審査基準が緩くなって、過去の申込者に再連絡を下のだと考えられます。特殊なケースだと考えましょう。

発行スピードは、カードによるのではなく、クレジットカード会社によって違うので

この中で言えば

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」を発行しているクレディセゾンが圧倒的に早い発行スピード

ということがわかります。

クレディセゾンが発行スピードが早い理由とは?

クレディセゾンが発行スピードが早い理由とは?
man
「なぜ、クレディセゾンは法人カードの発行スピードが圧倒的に早いのですか?」

理由は

カード発行の手順が他のカード会社と違うから

です。

一般的な法人カードのカード発行手順

  1. 対象法人カードのウェブサイトからオンライン申込をする
  2. カード会社が審査を行う
  3. 審査通過、正式な申込書が郵送で送られてくる
  4. 正式な申込書に情報を記載し、「本人確認書類」「口座振替依頼書」を合わせて返送する
  5. 申込内容のチェックをして問題なければ、法人カードを発行する
  6. 郵送で法人カードが発行される

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」のカード発行手順

  1. 対象法人カードのウェブサイトからオンライン申込をする
  2. カード会社が審査を行う
  3. 審査通過、法人カードが郵送で送られてくる
  4. 法人カードと同梱されている「口座振替依頼書」を合わせて返送する

この違いが大きいのです。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」のカード発行手順では、「紙の申込書」はなく、オンライン申込から直接「カード」が発行されるのです。

「法人カード」が届いてから、後追いで「口座振替依頼書」を返送する

という発行フローになっているため、法人カードが発行されるまで「たった5日」というスピードを記録しているのです。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」のカード発行手順

これは、クレディセゾンの発行する法人カードの大きな特徴と言っていいでしょう。

「発行スピード」でおすすめの法人カードは

クレディセゾンの発行する法人カード

「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」と「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」はどっちが発行スピードが早いのか?

「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」と「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」はどっちが発行スピードが早いのか?

「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」は、個人向けのクレジットカードですが、2018年に法人口座を引き落とし口座に設定できるようになった法人カードとしても使えるクレジットカードです。

「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」のウェブサイトを見てみると・・・

「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」と「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」はどっちが発行スピードが早いのか?

最短、、即日発行!24時間お申込み受付中

となっています。

そうなんです。

teacher

「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」は、元々個人向けに「最短即日発行」ができるクレジットカードだったのです。

それが法人口座対応をしただけですので、現時点で確認できる唯一の「即日発行可能な法人カード」と言えます。

man
「なぜ、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、即日発行ができるの?」

クレディセゾンの発行するクレジットカードは「郵送」ではなく「来店」での受け取りができるから

です。

クレディセゾンは、セゾングループですので「セゾンカウンターでの受け取り」という方法が取れます。

セゾンカウンターには、カード発行の機械が導入されているため「その場で受け取り」ができるのです。

※来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。

申込時に「セゾンカウンターで受け取り」を選択して、セゾンカウンターに取りに行けば即日発行が可能になるのです。

カード受取方法必須

  • セゾンカウンターで受け取り(即日発行の来店受取をご希望の方)
  • 郵送で受け取り(郵送受取をご希望の方)
「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」と「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」はどっちが発行スピードが早いのか?

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの即日発行の手順

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの即日発行の手順

「最短即日カード発行」ができるセゾンカウンター検索

「最短即日カード発行」ができるセゾンカウンター検索

結論

法人カードで「発行スピード・即日発行」でおすすめの1枚とは?

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

です。

おすすめの理由は

  • セゾンカウンターでの受け取りであれば「最短即日発行」ができる法人カードであること
  • 年会費初年度無料で、1回でも利用すれば次年度も無料になる「年会費実質永年無料カード」であること
  • 提携カードの一般カードでステイタス性は低いものの、アメックスブランドですのでしれない方にはそれなりのカードに見えること

です。

発行スピードが1カ月ぐらいかかるのが一般的な法人カードの中で「最短即日発行可能」というのは、大きなメリットと言っていいでしょう。

次におすすめできるのは、同じクレディセゾンが発行する「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、即日発行はできませんが・・・、筆者が発行したときは「5日」という、ほかの法人カードよりも圧倒的に早いスピードで発行できました。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、即日発行ができますが、提携カードの一般カードですので、ステイタス性やサービス面、特典などは大きく劣ってしまいます。

  • できるだけ早く法人カードが必要だけれども、ある程度のステイタス性や特典が必要

という方には「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」をおすすめします。

teacher
法人カードがすぐに必要という場合には、即日発行ができる「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」がもっともおすすめできる法人カードとなっています。ただし、ステイタス性やサービス面、優待、ポイント還元率などが物足りないという方は「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」を申込んだうえで、発行に時間がかかるけど自分が望む法人カードも申込んで、併用することをおすすめします。第一希望の法人カードが到着するまでの間は、即日発行で手にいれば「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」でカード払いをすれば良いのです。