法人カードポイントの効率的な貯め方。ポイントのコスト削減効果と活用法とは?

man
「コストを削減したいんだけど・・・。」
「ある程度コスト削減をやりつくした。」
「法人カードのポイントってどう使えばいいの?」

という経営者の方も多いと思います。今回は法人カードは決してバカにできない経費削減、コスト削減方法であることを解説します。

法人カードのポイント還元率とは?

法人カードのポイント還元率とは?

法人カードのポイント還元率は、残念ながら個人のクレジットカードのポイント還元率と比較すると低く設定されています。

個人のクレジットカードのポイント還元率

  • 最も小さいもの:0.4%~0.5%
  • 平均相場:1.0%
  • 最も高いもの:2.0%

法人のクレジットカードのポイント還元率

  • 最も小さいもの:0.0%(付与なし)
  • 平均相場:0.5%
  • 最も高いもの:1.0%

です。

man
「なぜ、個人のクレジットカードよりも、法人カードの方がポイント還元率が少ないの?」
teacher
理由は簡単で、クレジットカード会社の「貸し倒れリスク」が大きいからです。

個人の場合

多くの方の場合、クレジットカード会社が立て替えたお金の返済原資は給与です。給与の多い、少ないというのはありますが、マイナスになることはありませんし、退職、クビ、会社の倒産で一時的に収入が途絶える可能性はありますが、雇用保険もあれば、転職すれば収入は復活します。アルバイトや派遣社員でも良ければ収入を得る方法というのはいくらでもあるのです。

法人の場合

法人の場合、利益が出せなければ損失が発生し、経営者の給料もゼロどころか、法人への貸付が必要になるケースもあります。

また、法人の借入に対しては連帯保証人になる必要があるので、法人の借金も肩代わりしなければならないのです。会社が倒産してしまうと、返済できない場合は自己破産するしかなくなってしまい、自己破産するとなると、債務が帳消しになってしまうため、クレジットカード会社も立て替えたお金を回収できなくなってしまうのです。

concierge
クレジットカード会社が加盟店から得る加盟店手数料は個人でも、法人でも、同じですが、「貸し倒れリスク」が法人の方が大きい分、法人カードで還元できる割合も、個人と比較すると下げざるを得ないのです。

バカにできない法人カードのポイントの収益性

バカにできない法人カードのポイントの収益性

法人カードのポイント還元率は、個人のクレジットカードよりも小さいと言いましたが、それでも十分に大きなコスト削減につながります。

筆者は法人経営者で、法人カードを10枚所有しています。経営者とは言っても、社員はおらず1人で経営している超零細企業です。

超零細企業の1人社長が2015年に1枚の法人カードで利用した総額は

EX Gold for Biz M(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)

バカにできない法人カードのポイントの収益性 バカにできない法人カードのポイントの収益性
5,886,355円

です。

この法人カードを当時は一番使っていたのですが、他の法人カードで決済することもあるので、

1年で利用するカード利用額:1,000万円弱

です。

1,000万円 × 0.5% = 5万円分のポイント

となります。

ポイント還元率1.0%の法人カーであれば

1,000万円 × 1.0% = 10万円分のポイント

となります。

これは毎年発生しますから

5年利用すれば、50万円
10年利用すれば、100万円

もの金額のポイントが付与されることになります。

ポイントは雑収入ですから、毎年5万円の雑収入が法人カードを使うことによって、受け取れるのです。

言い方を変えれば

「経費利用額の0.5%のコスト削減に成功した。」

ということと、ほぼ同義です。

法人カードのポイントは「電子マネー」「キャッシュバック」に交換できるので、ポイント額がそのままコスト削減として、カウントできるのです。

concierge

ここで「たかが0.5%」という経営者の方もいるかと思いますが、「ほぼ何もすることなく0.5%のコスト削減は大きい」と考える経営者もいるはずです。

よほど儲かっている方でない限り、毎年5万円の収入を無視する方はいないでしょう。しかも、それを得るためにすることは「経費支払いを法人カードに切り替えるだけ」なのです。

man
「なんで1人の会社で1,000万円もカード利用があるの?そんなに贅沢しているの?」

と思う方もいると思いますが

筆者の会社社、WEBの会社ですので「接待」はほとんどありません。

私がカード利用しているのは

  • Yahoo!広告宣伝費
  • google広告宣伝費
  • クラウドソーシングの発注費用
  • 電話回線
  • インターネット回線
  • ドメイン費用
  • サーバー費用
  • タクシー代
  • 書籍代
  • 打ち合わせでの飲食代(接待をしないのでコーヒー代ぐらい)
  • 光熱費

ぐらいです。

金額的にインパクトの大きいのは

  • インターネットの広告宣伝費:毎月50万円程度
  • クラウドソーシング:毎月20万円程度

です。

クラウドソーシングとは

ネットを介して不特定多数の人に、仕事・作業を依頼することができるアウトソーシングの仕組みのこと

有名なところでは

クラウドワークス

https://crowdworks.jp/

クラウドワークス
  • 会員数138万人

※2017年5月時点

ランサーズ

http://www.lancers.jp/

ランサーズ
  • 依頼総額 1622億740万5460円
  • 依頼件数 1,486,111件

※2017年5月時点

ここが結構重要なポイントですが、広告宣伝費も、人件費の一部も、クレジットカード払いで対応していることになります。

WEBの会社だからということもありますが、現在はどんな業種の事業形態でも、インターネットを活用することが集客で重要な要素になっているのですから、どの企業であっても、インターネット広告を多かれ少なかれ利用している、利用したことがあるはずです。

社内の人員を増やすよりも、クラウドソーシングを利用して格安で外部に発注することも、経営の一つの選択肢となっていますし、実際に利用している方も多いはずです。

つまり、どんな小さな会社でも、年間数百万円、数千万円のカード利用をできる素地はあるのですから、法人カードで貯めるポイントの「お得」「経費削減」効果も大きいものと言えるのです。

法人カードのポイントを効率的に貯める方法

法人カードのポイントを効率的に貯める方法

方法その1.経費支払いを「カード払い」に変更する

前述した通りで、法人カードのポイントを効率的に貯める方法は

  1. 経費支払いを「カード払い」に変更すること
  2. とくに広告宣伝費や人件費(外注費)などの高額な支払いを「カード払い」にするとポイントが貯まりやすい

という2点です。

concierge
接待を一切しない従業員1人の超零細企業ですら、年間1,000万円も法人カードを利用しているのですから、社員数が数名、1数名の会社の場合は簡単に1,000万円を超えてしまうのではないでしょうか?
カード利用額が大きくなればなるほど貯まるポイントも増えます。
concierge

当然、法人カードのポイントを貯めるために「無理に経費を増やす」のでは、コスト削減としては本末転倒ですから

  • 今、利用している経費の支払いをカード払いに変える
  • 今、別のところに発注している広告宣伝費や外注費をさらにコスト削減するために、カード払いのできるインターネット広告やクラウドソーシングに変更する

ことをおすすめします。

方法その2.「カード払い」の漏れをなくす

もう一つの法人カードのポイントを貯めるコツは

「カード払い」の漏れを回避する

です。

出張に行くときにも

  • ホテル
  • 新幹線
  • 飛行機
  • 出張先でのレンタルオフィス
  • 出張先での飲食店
  • タクシー

など、すべてネット予約で事前にクレジットカード決済をすることが可能です。

JCB法人カードの場合

JALオンライン
JALオンライン
ANA@desk
ANA@desk
出張管理じゃらんコーポレートサービス
出張管理じゃらんコーポレートサービス
タクシーであれば「全国タクシー」
タクシーであれば「全国タクシー」
飲食店であれば「じゃらん」
ApplePayで「iD」「Quickpay」の電子マネー支払いを使う

などの方法が利用できます。

高齢の経営者の方などは、クレジットカード払いを忘れることも多い為、経理担当者が事前にカード決済で出張後の支払いを済ませておけば、カード払いを忘れる可能性は少なくなります。

出張の前に事前に予約を経理や総務担当者がカード払いで済ませておく

また、別の役員がキャバクラの接待で現金で支払ってしまうというケースもありますし、社員がパソコンの購入を現金で支払ってしまうケースもあります。

追加カードを発行してできるだけ社員の経費現金支払いもカード払いに変える

ということも、カード払い漏れを回避する方法なのです。

細かい点に気をつければ、かなりのカード利用額になるはずです。

方法その3.ポイント還元率の高い法人カードを使う

ポイント還元率の高い法人カードを選択する

前述した通りで

法人のクレジットカードのポイント還元率

  • 最も小さいもの
  • 平均相場:0.5%
  • 最も高いもの:1.0%

です。

当然ですが、最も高いものを選んだ方が得られるポイントは増えるのです。

ポイント還元率1.0%のおすすめ法人カード

国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本1.00%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法-
 
 
国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)12,000円
2年目~年会費(税別)12,000円
年会費優遇条件※楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードはセットで発行
ポイント還元率/基本1.00%
ポイント還元率/上限7.00%
ポイント倍増方法●楽天市場
ポイント:+4.0%

●選べるサービス
(楽天市場、楽天トラベル、Rakuten TV、楽天ブックス)
ポイント:+1.0%

●お誕生月
ポイント:+1.0%
 
【新規入会】3,000円分のポイント

法人カードポイント還元率比較

人気ランキング法人カード名初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)ポイント還元率/基本ポイント還元率/上限ポイント倍増方法
6位ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
200,000円200,000円1.50%1.50%-
69位ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカード
ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカード
155,000円155,000円1.50%4.50%●ANAグループでのご利用
100円 → +2.0ポイント

●ANAカードマイルプラス加盟店
100円 → +0.5~1.0ポイント

●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
34位ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card
ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card
100,000円100,000円1.25%1.25%-
57位NTTファイナンス Bizカード ゴールド
NTTファイナンス Bizカード ゴールド
10,000円10,000円1.00%1.00%-
33位ラグジュアリーカード/Mastercard Titanium Card
ラグジュアリーカード/Mastercard Titanium Card
50,000円50,000円1.00%1.00%-
13位楽天ビジネスカード
楽天ビジネスカード
12,000円12,000円1.00%7.00%●楽天市場
ポイント:+4.0%

●選べるサービス
(楽天市場、楽天トラベル、Rakuten TV、楽天ブックス)
ポイント:+1.0%

●お誕生月
ポイント:+1.0%
5位NTTファイナンス Bizカード レギュラー
NTTファイナンス Bizカード レギュラー
0円0円1.00%1.00%-
22位P-one Business Mastercard
P-one Business Mastercard
0円2,000円0.80%0.80%-
58位ビジネクスト・法人クレジットカードゴールド
ビジネクスト・法人クレジットカードゴールド
10,000円10,000円0.50%0.50%-
24位三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード
三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード
50,000円50,000円0.50%9.00%●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍

●いつもの利用でポイント5倍
セブン‐イレブン:5倍
ファミリーマート:5倍
ローソン:5倍
マクドナルド:5倍

●選んだお店でポイント2倍
約50店舗の中から3店舗を選択
注意

ポイント還元率の高い法人カードは年会費が高額設定のものが多いのです。カード利用額とポイントによるお得額のバランスに注目して比較する必要があります。

法人カード利用額別獲得ポイント

法人カード利用額別獲得ポイント早見表

※利用額の見出しをクリックすることで並び順が変わります。

人気ランキング法人カード名初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)ポイント還元率/基本月1万利用月5万利用月10万利用月30万利用月50万利用月100万利用
1位JCB法人カード/一般カード
JCB法人カード/一般カード
0円1,250円0.50%-650円1,750円4,750円16,750円28,750円58,750円
2位三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード
三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード
0円1,250円0.50%-650円1,750円4,750円16,750円28,750円58,750円
3位セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
20,000円20,000円0.50%-19,400円-17,000円-14,000円-2,000円10,000円40,000円
4位EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
0円2,000円0.50%-1,400円1,000円4,000円16,000円28,000円58,000円
5位NTTファイナンス Bizカード レギュラー
NTTファイナンス Bizカード レギュラー
0円0円1.00%1,200円6,000円12,000円36,000円60,000円120,000円
6位ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
200,000円200,000円1.50%-198,200円-191,000円-182,000円-146,000円-110,000円-20,000円
7位ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード
ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード
0円0円0.00%0円0円0円0円0円0円
8位ダイナースクラブビジネスカード
ダイナースクラブビジネスカード
27,000円27,000円0.40%-26,520円-24,600円-22,200円-12,600円-3,000円21,000円
9位セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
1,000円1,000円0.50%-400円2,000円5,000円17,000円29,000円59,000円
10位アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
31,000円31,000円0.50%-30,400円-28,000円-25,000円-13,000円-1,000円29,000円

法人カードのポイントってどう使えばいいの?

法人カードのポイントってどう使えばいいの?
man
「でも、しょせんポイントでしょ?現金とは違うんだからそんなに価値がないのでは?」

という経営者の方もいるかと思います。

concierge
しかし、最近のクレジットカードのポイントはほぼ現金同様に利用することができます。

例えば

JCB法人カードで貯まる「Oki Dokiポイント」の場合

JCB法人カードで貯まる「Oki Dokiポイント」の場合

電子マネー

  • nanaco
  • 楽天Edy

にも交換することができますし

共通ポイントである

  • WAON
  • Tポイント
  • auWALLET ポイント

にも交換することができますし

家電量販店

  • ビックポイント
  • ビックネットポイント

にも交換することができます。

これらは全てポイント還元率0.5%のままの交換レートで交換可能です。

会社で購入する予定の

  • 消耗品
  • PCや周辺機器
  • テレビ
  • オフィス家具
  • オフィスのインテリア
  • 書籍代
  • 出張時のホテル代

など、ほとんどの支払に利用できます。

ポイントでも、十分に効率的にコスト削減ができるのです。

さらに直接お支払い金額に充当することも可能です。

さらに直接お支払い金額に充当することも可能です。

若干交換レートは下がってしまいポイント還元率0.45%になりますが、直接請求額に充当されるのです。

キャッシュバック、請求額への充当ができる法人カードであれば直接的なコスト削減としてポイントを活用できます。

ポイントのよくある質問「経営者個人の利用にポイントを使ってもいいの?」

ポイントのよくある質問「経営者個人の利用にポイントを使ってもいいの?」

法人カードのポイント活用で良くある質問が

man
「法人カードで貯めたポイントって経営者個人で利用してもいいの?」

というものです。

厳密に言えば

teacher
ダメです。

法人カードのポイントは税務上の会計処理では、法人の「雑収入」になります。

teacher
「会社の収入」ですから「個人が利用してはいけない」のです。個人が法人の資産を利用してしまうと、「横領」となってしまうのです。

実際は

teacher
まったく問題ありません。
「ポイントの会計処理は、税務上の決まりが”まだ”ない」

というのが実情です。

あくまでも、「現時点では」という但し書きつきですが

「雑収入」で処理するのが一般的なのですが、それがルールとして決まっているわけではないのです。

税務署にしてみても「大きな労力を割いて、数万円のポイントの会計処理を厳格に決める、取り締まることに大きな意味がない」と考えているのでしょうから、ルールがないのです。

そのため

  • 法人カードで貯めたポイントで自宅のソファーを買っても
  • 法人カードで貯めたポイントをマイルに変えてプライベートの海外旅行に行っても
  • 法人カードで貯めたポイントを日々のコンビニ利用時に使っても

今のところ、おとがめはありません。

concierge
数名の社員数の会社経営者にとっては、法人カードの経費利用で貯めたポイントを個人で使えるのは法人カードのポイントの隠れたメリットとも言えます。

ただし、社員にばれると

man
「会社のカードで貯めたポイントを自分で使うなんてセコイ」
「ポイントは経費に回して浮いた分給料を上げろ」

と、陰口をたたかれかねないので、社員にばれないように使うことをおすすめします。

法人カードは、ポイント以外のサービスも充実しているため、ポイント以外の視点で比較検討することも一つの方法と言えます。

まとめ

法人カードのポイントは、平均で「経費利用額の0.5%」が還元されます。

  • インターネット広告
  • クラウドソーシング
  • クラウド経費ソフト
  • クラウド・・・

と、様々なビジネスサービスがどんどんオンライン化、クラウド化しているので、その分クレジットカード決済を利用できるサービスも増えているのです。

法人カードのポイントを効率的に貯める方法には

  • 広告宣伝費や外注費など大きな費用をカード払いにする
  • 現在利用している現金支払いをすべてカード払いにする
  • カード払いが漏れてしまうことを防ぐためにネットでの事前決済を活用する
  • ポイント還元率の高い法人カードを作る
  • 社員にも追加カードを持たせてカード決済を徹底させる

などの方法があります。

零細企業、社員数数名の中小企業であっても、これらの方法を利用すれば

  • カード利用額:年間1,000万円
  • ポイント獲得額:年間10万円

というのも、難しい金額ではありません。

貯めたポイントは

  • 経費として使うことも
  • 直接的な請求金額への充当(キャッシュバック)にも

利用できるので、使い道に困ることはありません。

concierge

まだ、法人カードを持っていない経営者の方は「支払い方法をカード払いに変える」という単純な行為だけで、毎年数万円の経費削減が実現できるのですから、利用しない手はないのです。

すでに法人カードを利用している方も、カード払いの利用漏れがないかチェックして、場合によっては今よりも高還元率の法人カードに切りかえることも検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
法人カード

おすすめのビジネスカードはこちら
ビジネスカード

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。