【実際に使った法人カードレビュー】セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを実際に利用して評価。限度額、発行日数、審査、利用したメリットデメリット・口コミ評判

man
「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの限度額はどうなっているの?」
「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの審査はどうなっているの?」
「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを実際に使った良い点を教えてください。」
「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを実際に使った悪い点を教えてください。」

実際に法人カード「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」を使った人の意見や口コミ・評価、レビューを知りたいという方は少なくないはずです。

今回は、筆者が保有している法人カード「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の実際利用した結果のレビューです。実際に使ってみなければ気付くことのできないメリットデメリットやお得な使い方、、実際の限度額、発行までに日数、審査、おすすめポイントなどをレビューします。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの利用状況

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの利用状況 セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの利用状況

発行した経緯

teacher

筆者が別の会社を立ち上げたため、そのときに法人カードが早急に必要になったことと、新会社には3名ぐらいの経営陣がいるため、3名+1名(筆者)すべてに法人カードを持たせたいため
追加カードが4枚まで年会費無料

というセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに目を付けました。

経営陣が一般カードで良いのか?という点も、やや引っかかりましたが、ベンチャーで創業間もない企業であり、国際ブランドはアメックスですので「十分だろう。」と判断して発行しました。

発行時のカードスペック

発行済法人カード申込日時発行日時発行までの期間発行期間備考ショッピング限度額キャッシング限度額審査
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
2020年5月30日2020年6月4日5日口座振替依頼書の再提出あり150万円0万円1回目審査通過
国際ブランドAMEX(アメックス)
初年度年会費(税別)1,000円
2年目~年会費(税別)1,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法●海外利用
海外利用:2倍

●コバルト限定加盟店
ヤフービジネスサービスやクラウドワークス、AMAZON WEB SERVICEなど:4倍
 
【入会+利用】最大1,400ポイント(7,000円相当)

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの発行時点のレビュー

発行スピード

  • 申込日:2020年5月30日
  • 入会日:2020年5月30日
  • カード受取日:2020年6月4日
  • 申込からカード受取までの期間:5日

考察

一般的な法人カードの発行手順は

  • 申込 → 申込書・口座振替依頼書の受取・返送 → 審査 → 契約(入会)・カード発行 → カード受取

という手順になりますが

クレディセゾンが発行する法人カードの発行手順は

  • 申込→ 審査 → 契約(入会)・カード発行 → カード受取 → 口座振替依頼書の返送

という手順になっています。

違いは

  • 一般的な法人カード → 口座振替依頼書を提出してから、法人カード発行
  • セゾンの法人カード → 法人カード発行してから、口座振替依頼書を提出

という「口座振替依頼書」の提出タイミングです。

セゾンは「口座振替依頼書」が法人カードが届いてから返送するため、本来ここで郵送の往復で4~5営業日無駄な時間を費やすところがカットされるため、5日という短い期間で法人カードが発行されるのです

早期の発行を検討している経営者におすすめできる法人カードとなっています。

限度額

限度額
  • ショッピング限度額:150万円
  • キャッシング限度額:0円
  • リボ払い 実質年率:15.0%
  • キャッシング 実質年率:-%

考察

キャッシング枠は、希望していないのでありませんが、ショッピング限度額が150万円と初期発行時点の限度額としては、かなり高額な設定となっています。

これは、同じクレディセゾンの法人カード「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」を保有していたから、クレディセゾンのクレジットスコアが考慮されたものと考えられます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードをはじめに発行したときは、ショッピング限度額が100万円でしたので、一般カードのセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの方が高くなるということは、通常あり得ないため、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの返済実績が考慮されて、高い限度額設定になっているのです。

審査

審査は、一回で通過しました。

考察

審査の難易度は推し量れませんが、筆者は、セゾンカードの法人カード審査に落ちたことはありませんので、審査のハードルは低い法人カードだと推察されます。

筆者保有しているセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードとは別の新規法人での法人カード発行ですが、契約自体は、代表取締役である筆者個人となるため、審査に実績は考慮されますし、まだ新しい法人カードですので、比較的審査を緩くして、多くの会員を集めたい意図があると推察されます。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの実際に使ったからわかるメリット

メリットその1.申込から5日後には法人カードが届く発行スピード

厳密に言って、法人カードには、即日発行が可能なものはありません。

法人カードに即日発行がない理由は

  • 法人は利用額が大きくなるため、慎重に審査をしなければならない
  • 個人と比較すると「即日発行」のニーズが少ない
  • 個人カードの即日発行の場合は、店頭受取が必要になりますが、法人・企業での店頭受取はサービスとして考えにくい

などが考えられます。

法人カードの発行期間は、一般的には「申込から10日~2週間」というのが相場なのです。

teacher
今回は、新規設立の法人だったため、とくにセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの発行スピードの早さに助けられました。

筆者の会社では、起業直後に必要になってくるのが

  • サーバー
  • ドメイン
  • インターネット広告(goolge広告、Yahoo!広告)
  • 顧客管理システム(CRM)

でした。

これらの決済方法には、銀行口座からの振込というものもあるのですが

teacher
「クレジット払いの方がすぐにサービスが使える」
「立ち上げ間もないからこそ、資金繰りが重要」
「立ち上げ間もないからこそ、支払・経費を同じカードで管理したい(経理や総務が採用していないため経理コストを下げる必要がある)」

という理由で、法人カードの方が都合が良かったのです。

だからこそ、申込から5日で手元にカードが届く、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの発行スピードは、大きなメリットと感じました。

メリットその2.追加カードの年会費無料

今回設立した会社の場合

  1. 代表取締役:筆者
  2. 財務担当:1名
  3. 営業担当:1名
  4. 開発担当:1名

の4名体制です。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの場合、追加カードの年会費が最大4名まで無料ですので

  1. 代表取締役:筆者 → 年会費1,000円(税別)
  2. 財務担当:1名 → 年会費永年無料
  3. 営業担当:1名 → 年会費永年無料
  4. 開発担当:1名 → 年会費永年無料

合計年間コスト負担:年会費1,000円(税別)

と、たった1,000円で済むのです。

teacher

今回の会社は、一般社員はおらず、他のメンバーも、別の会社を経営している経営者ですので、各々の裁量で経費支払をする必要性があり、メンバー全員に法人カードを持たせる必要性があったのです。

2名、3名、4名、5名の経営陣で経営している会社であれば、追加カードの年会費負担がないセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、コスト面でも、非常に優れた法人カードと言えます。

メリットその3.ETCカードの年会費も無料

前述した通りで、今回法人カードを作った会社は、メンバー全員が経営者ですから、みんな車を持っており、独自の裁量で営業活動や接待、出張に車を利用します。

追加カードと同じようにETCカードも、年会費永年無料で、一人一枚発行できるため、ここでも、コスト負担なく利用することができる法人カードとしておすすめです。

メリットその4.アメックスというブランドが一定のステイタス性がある

クレジットカードに詳しい人であれば

クレディセゾンのアメックスカード → 提携カードであること

を知っているので、本家のアメックスのプロパーカードと比較すると、ステイタス性が落ちることを理解していますが、多くの方は、それほどクレジットカードに詳しいわけではありません。

一般の方は、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを見ても

  • アメックスという名称が付いている
  • ビジネスと明記されている
  • ブルーの今までにない色を使っている

ことで、一定レベルのステイタス性を感じるデザインになっています。

teacher
楽天カードやライフカードよりも、一定のステイタス性を感じさせることができる点がメリットのひとつであると感じました。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの実際に使ったからわかるデメリット

デメリットその1.アメックスブランドが使えない加盟店もある

やはり、大きなデメリットは

日本国内の場合

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB

と比較すると

  • Dinres
  • AMEX

は、使えない加盟店も、一定数あるという点です。

経費支払で、アメックスが利用できない場合、別の法人カードや個人のクレジットカードなどで立替て支払うことになり、その分、経理清算の手間がかかってくるデメリットがあります。

デメリットその2.利用明細の期間が短い

クレディセゾンの場合は、管理画面で、過去3カ月分の利用明細しか見ることができません。

デメリットその2.利用明細の期間が短い

経理がいない小規模な会社の場合、月次で会計ソフトへの記帳をするわけではなく、1年に1回まとめて、クレジット利用や銀行口座の明細を見ながら、支払をまとめて、決算をしているかと思います。

記帳から何から何まで、税理士や会計士に任せているのであれば問題ありませんが、そうでない場合(ある程度の記帳作業は自社でやる場合)は、少なくとも1年分の過去の利用履歴が見れないと、毎月、無駄に記録を取っておかなければならないのです。

クレディセゾンの法人カードを利用する大きなデメリットは、利用明細の閲覧期間の短さにあります。

デメリットその3.ベースのポイント還元率が低い

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのベースのポイント還元率:0.5%です。

今回は、発行スピードという点で見送りましたが、NTTファイナンス Bizカード レギュラーの場合は、年会費永年無料でポイント還元率:1.0%です。

teacher
ポイントの貯まりやすさには、若干の不満を感じます。
一応、ビジネスサービスでポイント倍増特典がありますが、経費支払は、様々なシチュエーションで発生するため、ベースのポイント還元率が高い方がポイントは貯まりやすい実感があります。ポイントも、1,000円の利用で1ポイントですので、なかなかポイントが貯まらないイメージがある法人カードです。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを実際に利用した評価

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを実際に利用した評価
評価基準評価
発行スピード
審査の通りやすさ
限度額の高さ
管理画面・明細
ポイント・マイルのお得さ
年会費の安さ
サポート・コンシェルジェの対応
ステイタス性
海外出張・海外旅行・ホテル優待
レストラン優待
国際ブランドAMEX(アメックス)
初年度年会費(税別)1,000円
2年目~年会費(税別)1,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法●海外利用
海外利用:2倍

●コバルト限定加盟店
ヤフービジネスサービスやクラウドワークス、AMAZON WEB SERVICEなど:4倍
 
【入会+利用】最大1,400ポイント(7,000円相当)

考察

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは

  • 年会費:1,000円(税別)

というコスト負担だけで

  • 4名分の法人カード(追加カード)が年会費永年無料
  • 法人ETCカードが年会費永年無料

で利用できるコストパフォーマンスの高い法人カードです。

しかも、

  • 最短5日で発行できる発行スピード
  • アメックスブランドとして、最低限のステイタス性はある

メリットがあります。

teacher

経営陣が5名以内の会社で「コストをできるだけ抑えたい」「ある程度のステイタス性が欲しい」「すぐに法人カードを発行したい」というニーズのある会社におすすめできる法人カードです。

実際に使ってみて「利便性」「低コスト」「一定レベルのステイタス性」を備えた法人カードであると感じます。

一番デメリットに感じるのは「アメックスブランドで使えない加盟店があること」ですが、これはアメックスの信頼性とトレードオフの関係にあるため、致し方ないものとして受け入れる必要があります。

また、ポイント還元率も、ベースのポイント還元率は0.5%と低いため、気になりますが、ビジネスサービスのポイント倍増を上手く活用できれば、全体で0.7%~0.8%程度までは引き上げられます。ここも使い方の問題と言えるでしょう。

年会費負担を考えれば、十分に満足感のある法人カードです。

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
法人カード

おすすめのビジネスカードはこちら
ビジネスカード

コメントを残す

You have to agree to the comment policy.

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。