Visa法人カードを徹底比較。おすすめのVisa法人カードは?

man
「おすすめのVisaブランドの法人カードはどれ?」
「Visaを前提に法人カードを探しているんだけど、どれがいいの?」

Visa法人カードを探している方にVisa法人カードを徹底比較して、おすすめのVisa法人カードを紹介します。

Visa法人カードとは?

Visa法人カードとは?

まず、Visa法人カードのことを正しく理解する必要があります。

man
「Visaって三井住友カードのことでしょ?」

と勘違いしている方も少なくありません。しかし、実はそうではないのです。

クレジットカード業界の仕組み

クレジットカード業界の仕組み

クレジットカード業界のプレイヤーには、3種類あります。

国際ブランド

世界各国でクレジットカードを利用できる仕組みを提供している会社です。

イシュアー

国際ブランドからライセンスを取得し、クレジットカードの発行業務、カード会員向けのサービス提供を行う会社です。

イシュアーの役割は、カード会員の獲得や優良顧客へのサービス強化、広報・宣伝活動、業務提携など多岐にわたり、カード利用者(会員)がクレジットカードを利用して商品の購入を行った後にカード利用者から料金を徴収し、アクワイアラーに支払うのです。

アクワイアラー

クレジットカードの加盟店の開拓や管理を行う会社です。「加盟店管理業者」とも呼ばれます。

新規の加盟店を開拓し、加盟店に対しカード決済のインフラを導入します。また、自ら開拓した加盟店から売上データを受け取り、売上代金をイシュアーから徴収し、加盟店に入金業務を行います。

teacher

クレジットカード業界がややこしいのは、全部が複雑に絡み合う会社が多いということです。

例えば

株式会社ジェーシービーは

「JCB」という「国際ブランド」であり
「JCB一般カード」というカード発行を行う「イシュアー」でもあり
裏側では加盟店開拓も行っている「アクワイアラー」でもあるのです。

一方、今回のテーマの「Visa」を発行している「Visa Inc.」は純粋な「国際ブランド」です。

「Visa Inc.」は、クレジットカードの発行は行っていないのです。

つまり、

Visa法人カード

というのは

「Visa」から直接ライセンスの供与を受けたクレジットカード会社(プリンシパルメンバー)が発行している法人カードのこと

を言うのです。

日本では、「Visa」のプリンシパルメンバーは20社以上あり、「Visa」の代名詞となっている三井住友カードも、そのうちの1社でしかないのです。

三井住友カード、クレディセゾン、オリコ、三菱UFJニコス、楽天カード、セディナ、エポスカード、イーバンク銀行、スルガ銀行、りそな銀行などが「Visa」のプリンシパルメンバーです。

もっと言えば

プリンシパルメンバーから「Visa」のライセンスを借りる形で、「Visa」ブランドのクレジットカードを発行しているクレジットカード会社もあるので、日本では100社以上が「Visa」ブランドのクレジットカードを発行しているといわれています。

つまり、

「Visa法人カードを選ぶ」ということは「Visaブランドの法人カードを選ぶ」ということであり、三井住友カードの一択ではないのです。

同じ「Visa法人カード」でも、発行しているクレジットカード会社によって

  • ポイント還元率も
  • 締め日も、
  • サービス内容も、
  • カード券面のデザインも、

全く別物なのです。

Visa法人カードのメリットデメリット

Visa法人カードのメリットデメリット

では「Visaブランドの法人カード」と他の国際ブランドには、どのような違いがあるのでしょうか?

メリットその1.加盟店数が多い

国際ブランドの加盟店比較

国際ブランドVISAMasterCardJCBAmerican ExpressDinersUnionPay
加盟店数2920万店2920万店750万店1040万店850万店200万店
年間利用回数(ショッピング)35.6回30.7回18.6回53.8回28.2回11.6回
年間利用回数(キャッシング)1.4回1.4回0.4回0.9回1.4回0.4回
年間利用回数(合計)37回32.1回19回54.7回29.6回12回
一回の支払い平均額(ショッピング)8,600円8,700円11,500円15,400円16,600円19,200円
一回の支払い平均額(キャッシング)27,200円25,900円17,400円16,000円17,500円19,500円
年間利用額(ショッピング)305,200円255,700円209,100円829,900円467,600円223,400円
年間利用額(キャッシング)38,600円36,800円7,400円14,200円24,900円8,200円
年間利用額343,800円292,600円216,500円844,100円492,400円231,600円
発行枚数86,900万枚70,540万枚7,660万枚9,740万枚590万枚28,500万枚
利用額合計29,874億円20,637億円1,658億円8,222億円293億円6,600億円
利用額世界シェア42.6%30.7%2.5%12.2%0.4%9.8%

出典:2012 The Nilson Report

世界規模で見ると5大ブランドの加盟店数は

  1. 「Visa」「MasterCard」:約2920万店
  2. 「American Express」:約1040万店
  3. 「Diners」:約850万店
  4. 「JCB」:約750万店

となっています。

日本でクレジットカードを使えるお店の場合は

「Visa」「MasterCard」「JCB」「American Express」「Diners」

の全部使えるところがほとんどですので

「うちはVisaは使えません。」とか
「うちはJCBは使えません。」と

言われることはほぼないので、気づきにくいのですが・・・

世界規模で見ると

「JCB」は、「Visa」「MasterCard」の4分の1程度の加盟店しかないのです。

これを法人カードという視点で見れば

海外出張、もしくは海外にプライベートで旅行に行く可能性がある経営者の場合は

「Visa」「MasterCard」ブランドの法人カードがおすすめ

ということになります。

メリットその2.1人当たりの利用額がやや大きい

加盟店の立場で見ると

国際ブランドによって「優良顧客かどうか?」を判断するケースがあります。

国際ブランドの1人あたりの利用額比較

国際ブランドVISAMasterCardJCBAmerican ExpressDinersUnionPay
加盟店数2920万店2920万店750万店1040万店850万店200万店
年間利用回数(ショッピング)35.6回30.7回18.6回53.8回28.2回11.6回
年間利用回数(キャッシング)1.4回1.4回0.4回0.9回1.4回0.4回
年間利用回数(合計)37回32.1回19回54.7回29.6回12回
一回の支払い平均額(ショッピング)8,600円8,700円11,500円15,400円16,600円19,200円
一回の支払い平均額(キャッシング)27,200円25,900円17,400円16,000円17,500円19,500円
年間利用額(ショッピング)305,200円255,700円209,100円829,900円467,600円223,400円
年間利用額(キャッシング)38,600円36,800円7,400円14,200円24,900円8,200円
年間利用額343,800円292,600円216,500円844,100円492,400円231,600円
発行枚数86,900万枚70,540万枚7,660万枚9,740万枚590万枚28,500万枚
利用額合計29,874億円20,637億円1,658億円8,222億円293億円6,600億円
利用額世界シェア42.6%30.7%2.5%12.2%0.4%9.8%

出典:2012 The Nilson Report

これを見ると

国際ブランド年間利用額(ショッピング)
AmericanExpress829,900円
Diners467,600円
Visa305,200円
Mastercard255,700円
UnionPay223,400円
JCB209,100円

となっています。

つまり

staff
「アメックスのカードを持っている方は、お金を使ってくれる富裕層の可能性が高い。」

と加盟店側も判断できるのです。

日本では、そこまでではありませんが、海外のホテルでは、アメックスのカードで支払うとカード会社の特典とは関係なく、ホテルのグレードをワンランクアップしてくれるなどのサービスを受けることがあります。

これはホテル側がアメックスのクレジットカードというだけで「上客」として対応してくれているのです。

極端な話で言えば

AmericanExpressのお客様1人に対応するのと、JCBのお客様4人に対応するのでは、利用額からすれば同じなのです。

AmericanExpressの法人カードを持っていれば「おおっ、儲かっている会社の経営者なのかな?」と取引先に思われるのも、このような「信用の差」が影響しているのです。

「Visa」の1人あたりの利用額は、「AmericanExpress」「Diners」に次ぐ3番手ですので、十分信頼性の高さをアピールできると言えます。

メリットその3.国際ブランドのサービス特典が充実

前述したように

クレジットカードのサービス特典を提供するのは「イシュアー」です。

加盟店から徴収する加盟店手数料の範囲内で、カード会員に提供できるサービスを設計し、提供しているのです。

しかし、国際ブランドも、「国際ブランドの普及率を拡大したい。」という思惑があるので、「イシュアー」のサービス特典とは別に、「国際ブランド独自の特典」を用意しているのです。

Visaビジネスオファー

Visaビジネスオファー

※2018年1月時点

Travelトラベル
  • 三洋堂:海外・国内おみやげ、旅行用品が全商品10%OFF
  • 東武トップツアーズ:自社企画商品「Feel」(国内・海外)を3%割引
  • WHG(ワシントンホテル・ホテルグレイスリー):WHGの基本宿泊料金から10%割引
Business Serviceビジネスサービス
  • ALSOKホームセキュリティ:ホームセキュリティご契約でキャッシュバック
  • エリアリンク/ハローストレージ:使用料1ヵ月分相当額を無料
  • サーブコープジャパン:バーチャルオフィス・ボードルームご利用時の割引
  • イメージナビ/デザインポケット:「素材辞典.NET」ライセンスキー購入時10%オフ
  • 雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp:Fujisan.co.jpサイト価格より5%割引
  • ユーゴ / 印刷サイト「スプリント」:プリントサービスを5%割引
  • 日本交通:ハイヤーを安心の料金にてご提供
  • ヤフー株式会社 / Yahoo!プロモーション広告 スポンサードサーチ:新規申込でスポンサー
  • ドサーチ広告費用5,000円分プレゼン
  • ゴルフダイジェスト・オンライン/ゴルフ場予約:ゴルフ場の予約&プレーでGDOポイントをプレゼント
  • エグゼクティブ・センター(The Executive Centre):指定サービスのご利用料金を20%オフ
  • サントリーウエルネスオンライン:特定商品が10%増量+送料無料
  • オプティVAT(付加価値税)還付代行サービス:VAT還付手数料の10%割引優待
Office Supplyオフィスサプライ
  • ナカバヤシ/フエルモール・フエルフォトブック:ショッピングモールサイト「フエルモール」にて商品代金の割引
  • ファクトリーギア/上質工具:ファクトリーギアウェブショップで初回注文時1点10%OFF
  • 日比谷花壇:法人向けオンラインショッピングサイトにて商品5%オフ
  • ブラザーダイレクトクラブ:ブラザーダイレクトクラブにて全商品10%OFF
  • オフィス・デポ・ジャパン:商品代金を3%割引
  • ウォータースタンド:利用料金(レンタル料) 1カ月無料
  • スマイルワークス:ClearWorksの無料トライアル(最大2カ月)
  • 使えるねっと/レンタルサーバー・ITソリューション:特定プランのご契約期間に応じて利用料の割引
  • MFクラウド会計・確定申告:特定プランのご契約でご利用開始から3カ月無料
  • クラウド翻訳 「トランスマート」:新規初回登録から一年以内、ご利用金額の総額が50万円まで25%割引(次回以降、及び既にご登録済み方は5%割引)
  • メリービズ バーチャル経理アシスタント:サービス料金から10%割引に致します。

Visa ビジネスグルメオファー

Visa ビジネスグルメオファー

全国の厳選されたレストランで優待サービスが利用できる

  • 10%OFF
  • ドリンクサービス
  • シャンパンサービス
  • デザートサービス
  • 飲み放題延長
Visa ビジネスグルメオファー

デメリットその1.良くも悪くも普通

「Visa」は、世界シェア1位の国際ブランドですが・・・

逆に言えば、普通なんです。

持っている人が少なく、カード会員1人あたりの利用額が「Visa」の3倍ある「AmericanExpress」の場合

富裕層であるという「ステイタス性」

が出てくるので

接待で利用する場合には、取引先から一目置かれる

というメリットがあるのです。

teacher
「Visa」では一番普及している分、目新しさや驚きはないのです。

デメリットその2.「JCB」と比較するとややポイントや特典の還元率が低い

クレジットカードのポイント還元率やサービス、キャッシュバックなどは、すべて「イシュアー」が自分たちの取り分の中で、決めることになります。

クレジットカード業界のお金の流れ

クレジットカード業界のお金の流れ

「Visa」は前述した通りで、自社でクレジットカードの発行(イシュアー業務)は行いません。

「JCB」は、逆に自社で「国際ブランド」も、「イシュアー」も、「アクワイアラー」も、兼ねているのです。

teacher
どちらが取り分が大きいかは、言うまでもなく「JCB」なのです。

一概には言えませんが・・・

Visa法人カードよりも、JCB法人カードの方がポイント還元率やサービス、キャッシュバックなどの特典が手厚い可能性が高い

と言えるのです。

Visa法人カード比較

人気ランキング法人カード名初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)追加カード発行枚数制限ETCカード/2年目~年会費(税別)ショッピング限度額/上限キャッシング限度額/上限ポイント還元率/基本
2位三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード
三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード
0円1,250円無制限500円※年1回利用で無料150万円50万円0.50%
4位EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
0円2,000円3枚0円300万円-0.50%
5位NTTファイナンス Bizカード レギュラー
NTTファイナンス Bizカード レギュラー
0円0円複数枚500円個別設定海外キャッシングのみ1.00%
7位ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード
ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード
0円0円3枚0円200万円-0.00%
12位三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード
三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード
1,250円1,250円20枚500円※年1回利用で無料150万円-0.50%
13位楽天ビジネスカード
楽天ビジネスカード
12,000円12,000円発行不可500円/1枚目無料300万円-1.00%
16位EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)
EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)
0円2,000円-0円300万円100万円0.50%
17位三井住友ビジネスカード for Owners/ゴールドカード
三井住友ビジネスカード for Owners/ゴールドカード
0円10,000円無制限500円※年1回利用で無料300万円50万円0.50%
21位三井住友ビジネスカード/ゴールドカード
三井住友ビジネスカード/ゴールドカード
10,000円10,000円20枚500円※年1回利用で無料300万円-0.50%
24位三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード
三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード
50,000円50,000円無制限0円500万円100万円0.50%
25位三井住友ビジネスカード/プラチナカード
三井住友ビジネスカード/プラチナカード
50,000円50,000円20枚0円500万円-0.50%
27位ライフカードビジネスライト/ゴールドカード
ライフカードビジネスライト/ゴールドカード
0円2,000円3枚0円200万円-0.50%
28位ビジネクスト・法人クレジットカード
ビジネクスト・法人クレジットカード
0円0円50枚0円300万円0円0.25%
30位法人カード/JALカード普通カード
法人カード/JALカード普通カード
2,000円2,000円複数枚0円--0.00%
35位UC法人カード/ゴールドカード
UC法人カード/ゴールドカード
10,000円10,000円複数枚0円500万円-0.50%
43位ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード
ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード
0円0円49枚0円500万円-0.00%
44位ライフカードビジネス(法人カード)/ゴールドカード
ライフカードビジネス(法人カード)/ゴールドカード
0円2,000円49枚0円500万円-0.50%
45位SBS Executive Business Card
SBS Executive Business Card
0円10,000円20枚0円150万円-0.50%
46位法人カード/JALカードCLUB-Aカード
法人カード/JALカードCLUB-Aカード
10,000円10,000円複数枚0円--0.00%
49位MUFGカード ビジネス(Visa・MasterCard)
MUFGカード ビジネス(Visa・MasterCard)
1,250円1,250円複数枚0円80万円-0.40%
50位MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネス(Visa・MasterCard)
MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネス(Visa・MasterCard)
10,000円10,000円複数枚0円300万円-0.40%
53位UC法人カード/一般カード
UC法人カード/一般カード
1,250円1,250円複数枚0円300万円-0.50%
54位ビュー法人カード
ビュー法人カード
477円477円複数枚477円--0.00%
57位NTTファイナンス Bizカード ゴールド
NTTファイナンス Bizカード ゴールド
10,000円10,000円複数枚0円個別設定海外キャッシングのみ1.00%
58位ビジネクスト・法人クレジットカードゴールド
ビジネクスト・法人クレジットカードゴールド
10,000円10,000円50枚0円300万円0円0.50%
62位アプラス ビジネスカードゴールド SBS PRIME
アプラス ビジネスカードゴールド SBS PRIME
0円50,000円5枚0円300万円-0.50%
70位SBS Executive Business Gold Card
SBS Executive Business Gold Card
0円35,000円20枚0円300万円-0.50%

おすすめのVisa法人カードは?

おすすめのVisa法人カードは?

やはり、Visaと言えば三井住友カードと言われるぐらい「三井住友カードのVisa法人カード」が認知されています。

なぜかというと

英国のBarclays銀行に次いで米国以外の企業で2番目にVisaと提携し、日本で初めてVISAカードを発行したのが三井住友カード株式会社だからです。

法人カードで見ても

三井住友カードのVisa法人カードが総合力では抜きに出ていると言っていいでしょう。
  • 年会費が格安
  • 信頼性が高い
  • セキュリティ対応のレベルが高い
  • キャンペーンが手厚い
  • プラチナカードまである
  • 個人事業主向けと法人経営者向けが別で用意されている

と、十二分に法人カードのメリットを体現しているのです。

その他のおすすめVisa法人カードとしては

ポイント還元率が法人カードで一番高いVisa法人カード

楽天ビジネスカード

年会費が永年無料のVisa法人カード

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード

年会費が格安のゴールドカードスペックのVisa法人カード

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)

が挙げられます。

Visa以外の法人カード比較はこちら

100枚超えの法人カードを徹底比較
法人カード比較

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
法人カード

おすすめのビジネスカードはこちら
ビジネスカード

コメントを残す

You have to agree to the comment policy.

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。