【体験談】実際に法人カードを10枚作ったからわかる審査の甘い法人カードとは?

man
「法人カードの審査が通らない!?」
「起業直後でも作れる法人カードってどれなの?」
「何度申込んでも審査落ち・・・。」

という経営者の方も少なくないはずです。実際に私がそうでした。今回は実際に法人カードを複数枚作ってみたからこそわかる法人カードの審査の実態について解説します。

筆者の運営会社

筆者の運営会社

筆者は

  • 2013年1月会社を辞めて個人事業になりました。
  • 2013年10月に会社を設立しました。
  • 2016年12月に新しく別の会社を設立しました。

現在は

  • 2社のメディア運営会社を経営しております。

保有している法人カードは

法人カード6枚 + 海外発行3枚(割愛)

  • 三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード
  • JCB法人カード/一般カード
  • EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
  • ビジネクスト・法人クレジットカード

法人デビットカード1枚

  • 楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)

の計10枚です。

すべての法人カードを最近作ったわけではなく、会社の成長に伴い徐々に法人カードを増やしていった形です。その経緯の中で、法人カード審査の実態を垣間見れるシチュレーションがそれなりにあったので、完全な体験談として、法人カード審査について解説していきます。

会社設立時:起業直後の法人口座審査・法人カード審査

会社設立時:起業直後の法人口座審査・法人カード審査

体験談

私は2013年10月に会社を設立し、起業したのですが、メディア事業というインターネットを中心に利用する業態でしたので

  • 法人口座
  • 法人カード

が必要と考えていました。

しかし、ここで法人口座を

  • 住信SBIネット銀行
  • みずほ銀行
  • 千葉銀行

に申込もうとしたのですが、あえなく失敗しました。

なんと、法人カードの前に法人口座で審査落ちしてしまったのです。

このときは自宅で起業しようとしていたのですが、私が所有している物件ではなく、親の所有物件であり、親は賃貸業を運営しているため、自宅を登記すると税金面でややこしいことになりそうだったので、登記のみバーチャルオフィスを利用していたのです。

この時期は「犯罪収益移転防止法改正」などで「当局から各金融機関への指導」が各金融機関に通達が言っていた時でした。

法人口座を隠れ蓑に

  • 未公開株・社債購入等における詐欺被害
  • 不法な商行為

が行われていたため、金融庁も規制に乗り出した時期ということです。

結果として

「法人口座の開設には、銀行担当者の訪問が必要」

というルールがあり、バーチャルオフィスは郵便ポストしかありませんから、これがクリアできず法人口座が開設できなかったのです。

法人口座が開設できなければ法人カードの申込みにも到達しません。

そこで

  • 楽天銀行
  • 第二地方銀行である京葉銀行

に再度申込みました。

  • 楽天銀行はバーチャルオフィスでもOKで法人口座開設ができました。
  • 京葉銀行も、第二地銀は当局の指導も弱いのか、事情を話したところ法人口座開設ができました。

楽天銀行の法人口座を利用していたところ、2014年に

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)

体験談

が法人口座に紐づいて作れるようになったのでそのままカード発行をしました。

キャッシュバック率が1.0%と高いデビットカードなので書籍の購入など単発の支払に重宝していますが

デビットカードですので

  • 使えないタクシーが多い
  • 通信費(電話代、Wifi費用)など継続課金の決済に使えない
  • インターネット広告(Yahoo!やgoogle)の支払に使えない
    ・・・

というデメリットもあり、オールラウンドで使える決済用カードにはなっていません。

めでたく法人口座が開設できたので次に申込んだのが法人カードです。

申込んだ法人カード

に申し込みました。

選んだ理由は

  • はじめの1枚はプロパーカードにしようと決めていたこと
  • 海外利用はそれほど考えられないので国内に強いJCBにした

という2点です。

審査結果

あえなく、審査落ちです。

審査落ちの理由も教えてもらえず、「起業直後(この時点で1カ月後)では法人カードは作れないのか?」と思いました。

半ばあきらめかけていたところ、取引先の営業マンに「法人カードの審査が通らなくて。」と相談したところ、その方も起業経験がある方で「私の時は九州のカード会社で法人カード審査通りましたよ。」と言われました。

「九州・・・のカード会社・・・、オリコか?」

ということで

審査結果

に申し込みました。

無事審査通過

安堵したことを覚えています。

しかも、限度額は100万円だったため、起業直後の会社としては十分な限度額設定でした。

考察

オリコの法人カードは起業直後でも審査が通る可能性が高い

ということがわかります。

私自身もそうでしたが、教えてくれた取引先の担当者も同じ経験をしているので間違えはないかと思います。

一方で

JCB法人カード/一般カードなどのプロパーカードは事業歴がないと厳しい

というのも、経験からわかったことです。一概には言えませんが、少なくとも、JCB法人カードは審査が厳しいようです。

起業1年半後:ステイタスカードの法人カード審査

起業1年半後:ステイタスカードの法人カード審査

体験談

徐々に売上、利益ともに安定してきたため、今度はステイタス性の高い法人カードを作ろうと考えました。

このときは売上が月500万円~1000万円程度です。

売上規模が大きくなると付き合いも多くなります。

  • 接待
  • 会食
  • ゴルフ
    ・・・

と取引先や経営者仲間とのつながりが増えるため

man
オリコカードを出すのが恥ずかしい

という心情が芽生えたからです。

起業時と異なり、十分に毎月の利益も出ているので「年会費負担が数万円なら何の問題もない。」と思ったのも事実です。

申込んだ法人カード

  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

の2枚です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

申込んだ法人カード

選んだ理由は

  • ステイタスカードと言えば、アメックスだと思っていたから
  • ビジネス向けの優待サービス(ビジネス情報データベース優待、福利厚生)が充実していたから

という2点です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

選んだ理由は

選んだ理由は

  • プラチナカードにしては年会費が安い
  • プライオリティパスやラグジュアリーホテルなどプライベート利用がしやすい

という2点です。

2枚必要か?と言われるとそうでもありませんでしたが、どちらも申込んでみました。

審査結果

問題なく審査通過です。

concierge
利益が出てきたからというわけではなく、外資系の法人カードは実はそれほど審査は厳しくないのです。

なぜか、というのは後からわかりました。

私は、歯医者でインプラントをしたのですが、そのときの費用150万円をアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードで支払おうとしたのですが

woman
「支払えません。エラーになります。」

と言われてしまいました。

ステイタスカードということで油断していて、ショッピング限度額の確認をしていなかったんですが、『確か「一律の制限なし」じゃなかったかな?』と思い、サポートデスクに連絡してみました。

サポートデスクの回答は

woman
サポートデスク:「一律の制限はありませんが、お客様の利用状況に応じて限度額を設定されていただいています。あなたの限度額は30万円です。」

「えっ、ウソでしょ」と絶句しましたが・・・なんとアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは限度額はオリコカードの3分の1に満たない設定だったのです。

詳しく聞いてみると・・・

私:「この限度額設定は他の法人カードの利用額が大きすぎるとかが影響しているのでしょうか?」

woman
サポートデスク:「関係ありません。弊社のみの独自基準での審査結果から限度額を設定しています。ご希望であれば指定口座に入金してもらえればその分枠を広げられます。」

私:「いやいや、現金をわざわざ入金するなら法人カードの意味ないでしょ?一時的に枠を広げることはできませんか?」

woman
サポートデスク:「現時点ではできかねます。」

私:「・・・。」

というやり取りがありました。

半年後

woman
サポートデスク:「限度額を200万円に増額しました。」

私:「前回、話した時に一時的にも枠を増やすことができないと聞いたのですが?」

woman
サポートデスク:「その時点での審査基準では受けられないのですが、半年間カードのご利用と支払いが確認できておりますので、限度額の枠の増額とが可能になりました。また、一時的に200万円以上のご利用がある場合も、ご連絡いただければ枠の増額が可能です。」

というやり取りがありました。

つまり、アメックスは

年会費が2万円~3万円と高いので
申込みした方に対して審査を甘く設定しても
限度額を30万円と少額に絞っておけば貸し倒れリスクは下がる
半年間利用が継続して問題なさそうであれば増額する

という法人カード審査の方針だということがわかります。

限度額30万円での貸し倒れリスクは、年会費2万円~3万円収入で十分にカバーできる

という読みです。

貸し倒れになる割合は1.0%程度でしょうから、十分に見合う方針と言えるのです。

やはり、ここは外資系カード会社の独自の審査方針と言っていいでしょう。

考察

ダイナースはわかりませんが、少なくともアメックスの法人カードは審査は甘い

と推察されます。

理由は前述した通りで

限度額を絞るので貸し倒れが発生しても損失が少なく、高額な年会費でカバーできるから

だと考えられます。

concierge
法人カード審査に落ちて困っている経営者の方は、逆にアメックスの法人カードに申込んでみるのも一つの方法です。初回に設定される限度額は少ないものの、利用を半年間継続していれば、数百万円の限度額設定に増額される可能性が高いのです。

起業2年半後:プロパーカードの法人カード審査

起業2年半後:プロパーカードの法人カード審査

体験談

付き合いで「三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード」を作ることになりました。

法人カードはすでに何枚もあるので、特に必要はありませんでしたが付き合いですので致し方ありません。年会費も安いので特に気にする必要はありませんでした。

また、どうせ申込むのであれば、以前審査落ちになっていた「JCB法人カード/一般カード」にも申込むことにしました。

申込んだ法人カード

の2枚です。

審査結果

「三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード」は審査通過
「JCB法人カード/一般カード」は審査落ち

の連絡が来ました。

審査結果

やはり、「JCB法人カード/一般カードは審査が厳しいなぁ。」という印象です。

十分に事業歴はあるはずで、以前はバーチャルオフィスでしたが、今回は事務所を構えています。

「何が問題なんだろうか?」

と不思議に思っていましたが「まぁ、仕方ないか。」と放置していました。

4か月後

忘れていたころにいきなり、「JCB法人カード/一般カード」の担当者から連絡がありました。

woman
サポートデスク:「申込みいただいた情報の確認のお電話です。」

私:「あれっ、審査落ちの紙きましたけど・・・。」

woman
サポートデスク:「申込みが受けられるようです。」

私:「はい・・・。」

と、審査基準が変わったのか?手違いがあったのか?状況はわかりませんが

審査は結果的に通りました。

4か月後

考察

やはり、プロパーカードの法人カードは審査が厳しいという印象です。

ただ、法人カードの売上がそれなりに大きくなってきているのか?競合の法人カードが増えてきていることもあるのか?わかりませんが、以前よりは審査基準が低くなっている印象です。

2社目の会社設立:起業時の法人カード審査

2社目の会社設立:起業時の法人カード審査

体験談

もう、2社目なのでどんな法人カードが審査が通りやすいのか?理解しているつもりです。

前回は

  • EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)

でしたが

今回は

を選択しました。

選んだ理由は

  • 年会費永年無料の法人カードで十分だったこと。(1社目の法人カードでプロパーも、ステイタスカードもあるので、実務的な法人カードのみ必要だった。)

です。

審査結果

無事審査通過です。

考察

ビジネクストは、アイフルの子会社で基本的にビジネスローンを提供している消費者金融です。個人向けのクレジットカードではアコムが発行しているアコムACマスターカードが審査の甘いクレジットカードとして有名ですが、同じように消費者金融系の法人カードで、優待特典も特にないので、審査は通りやすいだろうと考えました。

その通りに審査は通ったので

ビジネクスト・法人クレジットカードは起業直後でも審査に通る可能性が高い

と言えます。

まとめ

体験談から考察すると

法人カードの審査の難易度ランキング

法人カードの審査の難易度ランキング

1位:消費者金融系法人カード

ビジネクスト・法人クレジットカード

2位:格安年会費の提携カード

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード
UC法人カード/一般カード

3位:ステイタスカード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
ダイナースクラブビジネスカード

4位:プロパーカード

三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード
JCB法人カード/一般カード

という順番だと考えられます。

提携カードは「顧客の囲い込み」という法人カードの年会費収入、法人カードの加盟店手数料収入以外の目的があるため、審査基準は甘くなるのです。

その「顧客の囲い込み」の中でも、客単価が高いのが無担保ローンなので、消費者金融系の法人カードである「ビジネクスト・法人クレジットカード」が審査に通りやすいと考えられるのです。

concierge
「消費者金融系法人カードはちょっと・・・」という方には提携カード、もしくはステイタス系カードをおすすめします。

審査だけで見れば、プロパーカードは審査基準が厳しい法人カードと言えます。