法人決済で利用できるバーチャルカードとは?おすすめ法人バーチャルカード

man
「バーチャルカードとは何ですか?」
「バーチャルカードを法人決済で利用するメリットは?」
「バーチャルカードを法人決済で利用するデメリットは?」
「おすすめの法人バーチャルカードは?」

バーチャルカードとは一体どんなカードなのでしょうか?クレジットカードとバーチャルカードの違いにフォーカスしながら、バーチャルカードのメリットデメリット、法人決済への活用、おすすめの法人バーチャルカードについて解説します。

バーチャルカードとは?

バーチャルカードとは?

バーチャルカードとは

現物のカードが発行されない(仮想)の決済用カードのことを言います。国際ブランド(Visa、Mastercard、JCB、AMEX、)が付き、クレジットカードと同じように16桁の番号が発行されるため、オンラインの決済で利用できる決済用カードです。

バーチャルカードの特徴

現物のカード(プラスティックカード)が存在しない

バーチャルカードの最大の特徴は「現物のカード」そのものが存在しない点にあります。基本的に会員マイページやアプリ画面で、カード情報を表示することができ、その表示された番号でオンライン決済が可能になります。

カードが存在しないので実店舗での決済はできないのですが、iDやQUICQPayなどのモバイル決済やPayPayなどのQR決済と連携させることで、実店舗での決済も可能となります。

前払い式と後払い式がある

バーチャルカードには

  • チャージしてチャージした分だけ利用できる前払い式のバーチャルカード
  • 利用した後に登録口座から引き落とされる後払い式のバーチャルカード

が存在します。

  • 前払い式のバーチャルカード(プリペイドカード)
  • 後払い式のバーチャルカード(クレジットカード)

となっており、特性が異なります。

前払い式のバーチャルカード(プリペイドカード)であれば、カード会社には貸し倒れリスクがないので、審査なしで発行されますが、後払い式のバーチャルカード(クレジットカード)であれば、一時的にカード会社が立て替える形になるため、返済能力の審査が必要になります。

バーチャルカードの例

三井住友バーチャルカード

三井住友バーチャルカード
比較項目内容
国際ブランドVisa
利用条件誰でも申込可能
年会費初年度年会費無料、次年度以降300円(税別)※マイペイすリボ利用で無料
限度額最大10万円
支払方法後払い(1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払い)

エポスバーチャルカード

エポスバーチャルカード
比較項目内容
国際ブランドVisa
利用条件カード会員のみ利用可能
年会費無料
限度額
支払方法後払い(お持ちのエポスカードに合わせて請求)

LINE Pay カード(LINE Pay バーチャルカード)

LINE Pay カード(LINE Pay バーチャルカード)
比較項目内容
国際ブランドJCB
利用条件誰でも申込可能
年会費無料
限度額
支払方法前払い(チャージ式のデポジット)

Kyash Card Virtual

Kyash Card Virtual
比較項目内容
国際ブランドVisa
利用条件誰でも申込可能
年会費無料
限度額最大15万円
支払方法前払い(チャージ式のデポジット)

バーチャルカードとクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードとの違い

カードの名称プラスチックカード
の有無
店頭利用審査支払い発行主体
バーチャルカード
(前払い式)
なし不可
(スマホ決済と
連携すれば可能)
なし前払いスマホ決済会社
プリペイドカード会社
バーチャルカード
(後払い式)
なし不可
(スマホ決済と
連携すれば可能)
あり後払いクレジットカード会社
クレジットカードありあり後払いクレジットカード会社
デビットカードありなし即時払い銀行
プリペイドカードありなし前払いプリペイドカード会社

法人決済でバーチャルカード(法人バーチャルカード)とは?

バーチャルカードは、前述した通りで「個人向け」のものが多いです。しかし、一部では、法人決済にも利用できるバーチャルカードが登場してきています。

JNBカードレスVisaデビット/ビジネスデビット

ジャパンネット銀行が発行している法人デビットカードには「NBカードレスVisaデビット」というカードレスのデビットカード(バーチャルカード)を発行することができます。

JNBカードレスVisaデビット/ビジネスデビット
特徴
  • カード番号の発行・変更がWebで可能(発行(変更含む)は1日5回まで)
  • 同時に4つまで保有可能

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

クレディセゾンは、スマホ上でバーチャルなクレジットカードを発行するサービスをリリースします。

リリース抜粋

リリース抜粋

2020年2月14日
株式会社クレディセゾン

株式会社クレディセゾン(本社:東京都豊島区 代表取締役社長 COO:山下 昌宏、以下:当社)は、クレジットカードの入会から利用(決済)までをスマートフォンで完結させる「セゾンカードレス決済」を発展させ、新しい決済スキームを搭載した新ペイメントサービスを今秋に向けて順次リリースいたします。

クレジットカードのお申込み後、プラスチックカードの受け取りを待たずにすぐに利用したい、というお客様のご要望にお応えするため、2019 年 11 月に「セゾンカードレス決済」を開始しました。
これまでは、提携先アプリと連携した提携先店舗での即時利用サービスの提供でしたが、これをさらに発展させ、スマホ上でバーチャルなクレジットカードを発行(アプリ上に番号等カード情報を表示)することで、利用先(オンラインショップ・実店舗)を選ばず、すぐにご利用いただける決済スキームを構築いたします。
さらに、プラスチックカードをご希望のお客様には、カード券面に番号が表示されることに対するセキュリティ上の不安を解消するため、国内初となるカード券面にクレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードを一切表示しない、最高のセキュリティを兼ね備えた新しいクレジットカードの発行を開始いたします。

クレジットカードを発行すると、通常は郵送などで2~3営業日は最低かかっていた受取までの時間が、バーチャルカードを発行できるようにすることで、最短5分でクレジットカード番号(バーチャルカード番号)をアプリ上で確認することができ、オンライン決済をすることが可能になります。

また、スマホ決済(QUICQPay、iD、Paypay、Suica、PASMO)と連動することで店舗決済もすぐに導入することができます。

プラスティックカードも希望に合わせて発行ができ、プラスティックカードは「カード情報(クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコード)を表示しない」仕組みとなっています。※アプリですぐに確認できるため

法人口座が登録できるセゾンカードとしては、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードが対応予定です。

バーチャルカードを法人決済で利用するメリット

バーチャルカードを法人決済で利用するメリット

メリットその1.即日発行ができる

クレディセゾンのバーチャルカードであれば、クレジットカード発行からすぐに法人カードが発行できることになります。※法人カードは、法人口座から引き落としができるクレジットカードのことを言います。

法人カードは、審査から発行までが個人向けのクレジットカードと比較しても、遅く、申込から1週間~2週間、遅いものでは1カ月後というものもあるくらいです。

審査完了後最短5分で利用できるようになる法人バーチャルカードは、すぐに法人決済(経費決済)に利用したい経営者にとっては大きなメリットと言えます。

メリットその2.番号漏洩のリスクを抑えられる

ジャパンネット銀行のJNBカードレスVisaデビットであれば、番号の発行、番号の変更が1日5回まで管理者が行うことができます。

staff
「一時的に従業員のAさんに決済権限を渡したい。」

という場合も、物理的なプラスティックカードの場合は、カードを回収するという手間が必要であり、辞めてしまって返却に応じないなど、回収まで時間がかかるケースが少なくありませんでした。当然、そのままプラスティックカードを渡しっぱなしにしていれば、使い込みのリスクもあるのです。

JNBカードレスVisaデビットの番号は、1日5回まで管理画面から管理者が変えられるので、番号を変えて使えないようにしてしまえば、従業員の使い込みリスクも、プラスティックカード返却の手間も回避できるのです。

メリットその3.紛失リスクを抑えられる

従業員にプラスティックカードを渡した場合には、紛失して第三者に使われてしまうという紛失リスクが発生します。

クレジットカードには不正利用の補償があるため、費用面では大きな負担にはなりませんが、紛失対応のコスト、紛失時に社名がばれるなど管理面の不手際によるイメージダウンのリスクがあるのです。

バーチャルカードであれば、紛失することがありませんので、紛失時のコストやリスクを回避することができるのです。

バーチャルカードを法人決済で利用するデメリット

デメリットその1.店舗決済ができない!

基本的には、物理的なプラスティックカードが存在しないため、クレジット決済という意味では、店舗決済はできないのです。

ウェブサービスやECサイトでの備品の購入など、オンライン決済で対応できる経費支払いであれば、問題はありませんが

接待でのレストランでの支払い、出張先のホテルでの支払いなど、店舗決済をしなければならないときにバーチャルカードだけでは対応ができないデメリットがあります。

デメリットを解消する手段として

  • ApplePay(QUICQPay、iD、Suica、PASMO)
  • Google Pay(QUICQPay、iD、Suica、PASMO)

などのスマホ決済サービスに「バーチャルカード」を登録して、スマホ決済対応店舗で利用する方法と

  • PayPay
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ
  • au PAY
  • メルペイ
  • d払い

などのQR決済サービスに「バーチャルカード」を登録して、「バーチャルカード」からチャージして、QR決済対応店舗で利用する方法があります。

teacher
スマホ決済、QR決済と連動することで、店舗決済で利用できないというバーチャルカードのデメリットは、ある程度払しょくできるのです。

デメリットその2.まだまだ、利用できる法人バーチャルカードが少ない!

法人カードの発行時に利用できるバーチャルカードというのは、1つ、2つしかありません。

しかし、今後、スマホ決済が今以上に浸透することが予想されており、そうなれば、バーチャルカードの「店頭で利用できない」というデメリットがなくなり、「即時発行できる」「発行コストがかからない」というメリットの方が大きくなるため、多くのクレジットカード会社がバーチャルカードの発行をすることが予想されます。

個人向けのバーチャルカードが優先ですが、法人向けのバーチャルカードも、どんどん増えて行くのではないでしょうか。

teacher
現状は、法人バーチャルカードの選択肢は狭いのですが、今後増えることが予想されます。

デメリットその3.一部加盟店でバーチャルカードが利用できない店舗もある

一部の加盟店では、オンライン決済であっても、バーチャルカードが利用できない店舗もあります。

また、

  • 航空券、チケット等インターネットでご購入される商品で、受取にクレジットカードの提示が必要になる取引
  • 電気代や携帯電話料金、インターネットプロバイダー料金などの月々の支払が発生する取引

には利用いただけません。

バーチャルカードは、番号を変更することができてしまうため、継続払いのものには利用できませんし、現物のプラスティックカードがないため、表示してチケットを受け取る取引などにも利用できないのです。(※バーチャルカードの中には、番号が固定されていて、継続払いに利用できるものもあります。)

バーチャルカード自体が利用できないため、その加盟店では、別の法人カードで決済しなければならなくなってしまうのです。

teacher
バーチャルカードだから利用できない決済というものが、少なからずあるため、法人バーチャルカードだけで経費支払いが完結できるものではなく、他の法人カードとの併用が必要になるのです。

おすすめの法人バーチャルカード(法人決済で利用できるバーチャルカード)

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

※上記以外のクレディセゾンの法人カードでバーチャルカードが使えるかは確認中です。

国際ブランドAMEX(アメックス)
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)1,000円
年会費優遇条件1年間に1回以上のご利用で次年度年会費無料
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法●海外利用
海外利用:2倍
【年会費特典】初年度年会費無料
【入会+デジタルカード利用】10,000円相当還元

JNBカードレスVisaデビット/ビジネスデビット

JNBカードレスVisaデビット/ビジネスデビット

※法人デビットカードのバーチャルカードです。

発行会社ジャパンネット銀行
国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
キャッシュバック還元率下限0.00%
キャッシュバック還元率上限1.00%
ポイント還元率下限0.20%
ポイント還元率上限0.20%
第三者不正使用保険○500万円

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
法人カード

おすすめのビジネスカードはこちら
ビジネスカード

コメントを残す

You have to agree to the comment policy.

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。