ビジネスアカウントカードとは?個人カードに追加発行できるビジネスアカウントカードのメリットデメリット、法人カードとの違いを徹底解説

man
「ビジネスアカウントカードって何ですか?」
「ビジネスアカウントカードのメリットデメリットを教えてください。」
「ビジネスアカウントカードと通常の法人カードはどちらが良いですか?」

ビジネスアカウントカードとは、どんな法人カードを意味するのでしょうか?今回は、個人カードに追加発行できるビジネスアカウントカードのメリットデメリット、法人カードとの違いについて解説します。

ビジネスアカウントカードとは?

ビジネスアカウントカードとは?

ビジネスアカウントカードとは

個人向けのクレジットカードに付帯して発行できる別口座(法人口座)から引き落としができる追加カードのこと

を言います。

ビジネスアカウントカードが発行できるクレジットカードの場合

  • 親カード(個人向けのクレジットカード) → 個人口座から引き落とし
  • 子カード(ビジネスアカウントカード) → 別口座(法人口座、個人事業用講座)

と切り分けて、引き落とし設定ができるのです。

  • 親カード(個人向けのクレジットカード) → プライベートな支払いに使える
  • 子カード(ビジネスアカウントカード) → 事業用の経費支払に使える

ため、ビジネスアカウントカードは、法人カードとして利用できる追加カードなのです。

ビジネスアカウントカードの例

ダイナースクラブ

ビジネスアカウントカード
ビジネスアカウントカード
ビジネス・アカウントカード(経費決済専用カード)

年会費:2,000円(税別)

選べる親カード

ダイナースクラブ発行のすべての個人向けのクレジットカードで発行可能

  • ダイナースクラブカード
  • ダイナースクラブ プレミアムカード
  • ダイナースクラブ ビジネスカード
  • ANAダイナースカード
  • JALダイナースカード
  • デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード
  • MileagePlus ダイナースクラブファースト
  • MileagePlus ダイナースクラブカード
  • ニューオータニクラブ ダイナースカード
  • BMW ダイナースカード
  • 銀座ダイナースクラブカード
  • 三井住友信託ダイナースクラブカード

楽天カード

ビジネスアカウントカード
ビジネスアカウントカード
楽天ビジネスカード

年会費:2,000円(税別)

選べる親カード
  • 楽天プレミアムカード

ビジネスアカウントカードのメリットとは?

ビジネスアカウントカードのメリットとは?

メリットその1.親カードと同じサービスが格安の年会費で利用できる

ダイナースクラブのビジネス・アカウントカード(経費決済専用カード)であれば

個人向けのクレジットカードに付帯されている

  • ダイナースクラブ ビジネス・ラウンジ「銀座サロン」
  • 2名様以上の利用で1名様分のコース料理が無料になる「エグゼクティブ ダイニング」
  • 国内/海外あわせて1,000カ所以上ある空港ラウンジが無料
  • 空港までのタクシー1台の送迎サービスを片道分無料
  • 空港からの手荷物宅配無料
  • 内外のホテル・旅館での特別割引

が年会費2,000円(税別)で利用できることになります。

楽天ビジネスカードであれば

個人向けのクレジットカード「楽天プレミアムカード」に付帯されている

  • 楽天プレミアムが1年間無料
  • 楽天市場でポイント還元率6.0%
  • プライオリティ・パス
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円

が年会費2,000円(税別)で利用できることになります。

低額の年会費で、ハイスペックの個人向けのクレジットカードと同じサービスが受けられるのが「ビジネスアカウントカード」の最大のメリットと言えます。

メリットその2.審査が甘い!

ビジネスアカウントカードは、あくまでも個人向けのクレジットカードの追加カードです。

そのため、

個人向けのクレジットカードの審査が通る方であれば、ビジネスアカウントカードの審査はほぼ通る

と考えて問題ありません。

通常の法人カードの場合は

法人カードを発行する会社の返済能力や売上・利益などが審査要件になりますが

ビジネスアカウントカードの場合は

親カードである個人向けのクレジットカードの契約者の収入や返済能力が審査要件になるのです。

法人よりも、個人の返済能力の審査が重要になるため、他の法人カードと比較すると、審査が甘いのです。
man
「法人カードの審査が通らない」

と悩んでいる方におすすめできる法人カードと言えます。

メリットその3.ポイント還元率が高い!

一般的なポイント還元率は

  • 個人向けのクレジットカードのポイント還元率相場:1.0%
  • 法人カードのポイント還元率相場:0.5%

ですが

ビジネスアカウントカードのポイント還元率 = 親カードである個人向けのクレジットカードのポイント還元率

が採用されているのです。

そのため、

楽天ビジネスカードのポイント還元率 = 楽天プレミアムカードのポイント還元率

  • 通常の利用 ポイント還元率:1.0%
  • 楽天市場の利用 ポイント還元率:6.0%

ダイナースクラブでANAダイナースカードにビジネスアカウントカードを発行した場合

ANAダイナースカードのマイル還元率 = ビジネス・アカウントカード(経費決済専用カード)のマイル還元率

  • 通常の利用 マイル還元率:1.0%
  • ANAカードマイルプラス提携店・対象商品 マイル還元率:2.0%
  • Edyチャージ マイル還元率:0.5%

となります。

つまり、一般的な法人カードで経費支払をするよりも、ビジネスアカウントカードで経費支払をする方がポイント還元率(マイル還元率)が高いので、ポイント(マイル)が貯まりやすいということになります。

メリットその4.利用明細は分離できる

ビジネスアカウントカードと、親カードである個人向けのクレジットカードの利用明細は分離されて発行されます。

メリットその4.利用明細は分離できる
  • 親カード(個人向けのクレジットカード) → プライベートな支払いに関する利用明細
  • 子カード(ビジネスアカウントカード) → 事業用の経費支払いに関する利用明細

と分けられるので、通常の法人カードと同様に会計作業が楽になるのです。

メリットその5.クレジットヒストリーが貯まりやすい

ビジネスアカウントカードの場合は

子カード(ビジネスアカウントカード)の支払い → 親カード(個人向けのクレジットカード)の支払い

としてカウントされるため、

個人のプライベートな支払い + 法人の経費支払い = 親カードの利用額

として、クレヒス(クレジットヒストリー)に貯まることになります。

インビテーション(招待)でしか発行できない上位カードも、ビジネスアカウントカードを利用すると手に入れやすくなるのです。

  • ダイナースクラブカード → ダイナースクラブ プレミアムカード
  • ANAダイナースカード → ANAダイナースカード プレミアムカード

などです。

ブラックカードレベルの法人カードを手にしたい方は、ビジネスアカウントカードを活用するのも、賢い方法と言えます。
teacher
そもそも、法人カードにはブラックカードがほとんど存在しないため、ブラックカードがある個人向けのクレジットカードのビジネスアカウントカードを法人カードとして利用する方が、ブラックカードレベルの法人カードを手にできる近道なのです。

ビジネスアカウントカードのデメリットとは?

ビジネスアカウントカードのデメリットとは?

デメリットその1.社員用の追加カードが発行できない!

ビジネスアカウントカード自体が、個人向けのクレジットカードの追加カードですので、ビジネスアカウントカードに追加カードを発行することができません。

通常の法人カードのように

追加カードを

  • 役員
  • 営業部長
  • 経理部長
  • 総務部長

に持たせて、経費精算の利便性を図るという方法が取れないのです。

個人向けのクレジットカードの追加カードとして発行する「ビジネスアカウントカード」は、あくまでも、経営者本人のみ、個人事業主本人のみが利用するための経費支払用カードなのです。

社員用の追加カードが必要な場合には、通常の法人カードを選択する必要があります。

デメリットその2.ビジネス用の優待サービスがない!

一般的な法人カードであれば

  • ビジネス用品やビジネスサービスの優待
  • ビジネスラウンジ
  • ビジネスイベント
  • 福利厚生サービス優待
  • 会計ソフトの優待
  • マーケティングサービス優待
  • ビジネスの専門家への無料相談

などの、ビジネス向けの優待サービスが用意されています。

ビジネスアカウントカードの場合は、ベースが親カードである個人向けのクレジットカードですので、ビジネス向けの優待サービスと言うのは用意されていません。

あくまでも、個人向けのクレジットカードが主体なのです。

デメリットその3.万が一、国際ブランドが使えないときに困る!

通常の法人カードであれば

  • 個人向けのクレジットカード:VISA、JCB
  • 法人カード:Mastercard

としていれば、どんな加盟店であっても、「利用できない」ということはほとんどありません。

経費支払をするシチュエーションで、Mastercardが使えなかったら、臨時でVISAの個人向けのクレジットカードを「役員立替」として利用すれば良いだけです。

しかし、ビジネスアカウントカードの場合は、親カードである個人向けのクレジットカードの国際ブランドと同じですので

  • 個人向けのクレジットカード:Diners
  • 法人カード:Diners

の場合、Dinersが使えないと、個人向けのクレジットカードも、法人カードであるビジネスアカウントカードも、使えないため、そのお店でのクレジット決済はあきらめなければならないのです。

デメリットその4.支払いを間違えやすい!

ビジネスアカウントカードの場合は、カード券面のデザインが似ているため

man
「経費支払の時に間違えて、親カードを提示してしまった。」
「プライベートな支払いの時に間違えて、ビジネスアカウントカードを提示してしまった。」

ということが往々にして起こります。

とくに急いでいたり、ApplePayなどタップするだけの決済方法などで間違えやすいため、注意が必要です。

ビジネスアカウントカードの利用をおすすめする方

ビジネスアカウントカードの利用をおすすめする方

ビジネスアカウントカードを利用すべきなのは

  • 経営者本人だけが利用する法人カードが欲しい方
  • 法人カード審査が通らない方

です。

その上で

  • 法人カードでも、できるだけポイントやマイルを貯めたい。
  • ビジネス優待は使わない。
  • ブラックカードなど上位のカードを持ちたい。

という方に、ビジネスアカウントカードをおすすめします。

ビジネスアカウントカードは、低コストで高いポイント還元率(マイル還元率)があることが最大のデメリットですので、「少しでもお得に経費支払用のカードを使いたい。」という法人経営者、個人事業主におすすめなのです。

逆に

  • 社員、役員に追加カードを発行したい方
  • ビジネス優待を利用したい方
  • 法人カードに充実したサービスを求めない方

には、ビジネスアカウントカードはおすすめしません。通常の法人カードを選びましょう。

おすすめのビジネスアカウントカード

1位.ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード

国際ブランドDiners
初年度年会費(税別)27,000円
2年目~年会費(税別)27,000円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
ポイント還元率/基本0.40%
ポイント還元率/上限0.80%
ポイント倍増方法●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
【年会費特典】初年度年会費無料
【新規入会】最大22,000マイル

おすすめのポイント

  • ANAマイルがマイル還元率1.0%で貯まる
  • 上位のブラックカード「ANAダイナースカード プレミアムカード」へのインビテーションが期待できる
  • 接待で活躍する2名以上の利用で1名様分無料になるレストラン優待がある
  • 海外空港ラウンジが利用できる

2位.楽天プレミアムカード+楽天ビジネスカード

国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)12,000円
2年目~年会費(税別)12,000円
年会費優遇条件※楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードはセットで発行
ポイント還元率/基本1.00%
ポイント還元率/上限7.00%
ポイント倍増方法●楽天市場
ポイント:+4.0%

●選べるサービス
(楽天市場、楽天トラベル、Rakuten TV、楽天ブックス)
ポイント:+1.0%

●お誕生月
ポイント:+1.0%
 
【新規入会】3,000円分のポイント

おすすめのポイント

  • 年会費が合算しても、13,000円(税別)と比較的安い
  • 通常のポイント還元率:1.0%、楽天市場でのポイント還元率:6.0%
  • 海外空港ラウンジが無料利用できるプライオリティパス付帯
  • 親カードとビジネスアカウントカードで、国際ブランドを違うものに設定できる

3位.ダイナースクラブカード+ビジネス・アカウントカード

国際ブランドDiners
初年度年会費(税別)22,000円
2年目~年会費(税別)22,000円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
ポイント還元率/基本0.40%
ポイント還元率/上限0.80%
ポイント倍増方法●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
 
 

おすすめのポイント

  • ダイナースクラブ のプロパーカード
  • 上位のブラックカード「ダイナースクラブ プレミアムカード」へのインビテーションが期待できる
  • 接待で活躍する2名以上の利用で1名様分無料になるレストラン優待がある
  • 海外空港ラウンジが利用できる

まとめ

ビジネスアカウントカードとは

  • 個人向けのクレジットカードに付帯して発行できる別口座(法人口座)から引き落としができる追加カードのこと

を言います。

ビジネスアカウントカードのメリットには

  • メリットその1.親カードと同じサービスが格安の年会費で利用できる
  • メリットその2.審査が甘い!
  • メリットその3.ポイント還元率が高い!
  • メリットその4.利用明細は分離できる

というものがあり

ビジネスアカウントカードのデメリットには

  • デメリットその1.社員用の追加カードが発行できない!
  • デメリットその2.ビジネス用の優待サービスがない!
  • デメリットその3.万が一、国際ブランドが使えないときに困る!
  • デメリットその4.支払いを間違えやすい!

というものがあります。

teacher
ビジネスアカウントカードは、追加カードを発行できないというデメリットがあるものの、低コストで高い還元率でポイントやマイルを貯められるお得な法人カードとして、利用することができます。法人経営者本人のみ、個人事業主本人のみでの利用を考えている方におすすめできる法人カードです。

一番利用している経営者が多い法人カードとは?

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
法人カード

おすすめのビジネスカードはこちら
ビジネスカード

コメントを残す

You have to agree to the comment policy.

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。