【2020年版】ビジネスカード30枚所有の経営者が「絶対に」おすすめしたいビジネスカードTOP5

man
「おすすめのビジネスカードってどれですか?」
「ビジネスカードと法人カードの違いを教えてください。」

ビジネスカードを検討している方におすすめのビジネスカードはどれでしょうか。今回は、ビジネスカード30枚所有の経営者が「絶対に」おすすめしたいビジネスカードをランキング形式で紹介します。

そもそも、ビジネスカードとは?

そもそも、ビジネスカードとは?

ビジネスカードとは

ビジネス(事業)に使う経費を支払うための決済用クレジットカードのこと。法人口座(個人事業主:事業性口座)から引き落とされるクレジットカードです。

法人カードとは、何が違うの?

法人カードも、ビジネスカードも、コーポレートも、同じように

ビジネス(事業)に使う経費を支払うための決済用クレジットカードのこと

を意味しています。

とくに明確な定義があるわけではありませんが、各クレジットカード会社の「命名」傾向を見ると

という使い分けになっています。

三井住友VISAカードの場合
三井住友VISAカードの場合
  • 個人事業者向け → 三井住友ビジネスカードfor Owners
  • 中小企業向け → 三井住友ビジネスカード
  • 大企業向け → 三井住友コーポレートカード(三井住友パーチェシングカード)
ダイナースカードの場合
ダイナースカードの場合 ダイナースカードの場合
  • 個人事業主向け → 個人カードに追加する「ビジネス・アカウントカード」
  • 中小企業向け → ダイナースクラブ ビジネスカード
  • 大企業向け → ダイナースクラブ コーポレートカード

という住み分けになっていることがわかります。

現在、法人カード名称に「ビジネスカード」と記載されているカードは

ぐらいですが、名称が「ビジネスカード」でなくても、個人事業主、20名以下の中小企業向けの経費精算用クレジットカードという位置づけの法人カードはあり、「ビジネスカード」と分類できるものと考えます。

ビジネスカードの特徴

ビジネスカードの特徴

ビジネスカードは

個人事業主、20名以下の中小企業向けの経費精算用クレジットカード

ですから

  • ポイント還元率が高い
  • 年会費が安い
  • 審査が甘い
  • 発行までのスピードが早い

というメリットと

  • 限度額が小さい
  • 追加カードの発行可能枚数が少ない
  • 限度額の追加カードへの振分けができない
  • 請求書による支払いができない

というデメリットが存在します。

teacher
ビジネスカードは、その性質上、比較的、個人向けのクレジットカードに近い「お得」を重視した法人カードとなっています。

ビジネスカードを選ぶ基準

ビジネスカードを選ぶ基準

ポイントその1.年会費のコスト負担

「個人事業主、20名以下の中小企業」が利用するメインターゲットですから、年会費負担も、できるだけ小さくすべきです。

個人向けのクレジットカードと比較すると、年会費は高く設定されていますが、それでも」一般カードであれば年会費負担は、1,000円~2,000円のものが少なくありません。

「年会費永年無料」のビジネスカードもありますので、コスト負担を抑えたい方には、年会費永年無料のビジネスカードをおすすめします。

ポイントその2.ポイント還元率

  • 個人向けのクレジットカードの「ポイント還元率」の相場:1.0%
  • ビジネスカードの「ポイント還元率」の相場:0.5%

です。

ビジネスカードの方がポイント還元率の平均値は低いのですが、「ポイント還元率」が1.0%以上のビジネスカードも存在します。

ポイント還元率(キャッシュバック率)の高いビジネスカードを選べば、それだけコスト削減ができる

ということを意味しています。

ポイント還元率(キャッシュバック率)の高いビジネスカードがおすすめです。

ポイントその3.コストパフォーマンス

前述した通りで「年会費」と「ポイント還元率(キャッシュバック率)」がビジネスカードを選ぶ重要な項目ですが

ベストは

年会費が安くて、ポイント還元率(キャッシュバック率)が高い = コスパの良いビジネスカード

です。

コストパフォーマンスが高いほど、会社や個人事業の経費削減に寄与してくれます。

ポイントその4.ステイタス性

上記のコストパフォーマンスとは違う考え方に「ステイタス性」というものがあります。

  • 取引先との接待
  • 従業員との会食
  • 異性へのアピール

などでは

  • 一般カードよりも、ゴールドカード
  • ゴールドカードよりも、プラチナカード
  • プラチナカードよりも、ブラックカード

の方が、ステイタス性を演出できるのです。

年会費は高くなってしまいますが、大企業ではないのですから、細かいところでも「社会的信頼性」を演出することが重要になる会社もあるのです。

「社会的信頼性(ステイタス性)」を演出するツールとして、ビジネスカードを選ぶというのも、一つの考え方になるのです。

ポイントその5.審査の甘さ

ビジネスカードも、年々審査は甘くなってきてはいるのですが、それでも個人向けのクレジットカードと比較すると「審査が厳しい」という声が少なくありません。

クレジットカード会社も、ビジネス利用だと、個人利用よりも、何倍も大きい金額の支払いが発生しやすく、クレジットカード会社が立て替えている間に貸し倒れが起きてしまえば、大きな損失を生んでしまうため、厳しい審査をしているのです。

そのため、ビジネスカードによっては

起業間もない会社は審査に通さない

というカードも少なくありません。

審査に不安がある、起業して間もない方などは、審査の甘いビジネスカードを選ぶ必要があるのです。

ポイントその6.発行スピード

man
「すぐに大きな買い物をしなければならない。」
「すぐにオンラインのサービスを利用したい。」

という場合には、発行スピードの早いビジネスカードを選ぶ必要があります。

ビジネスカードの中でも、申込からカードが届くまでの期間には大きく差があるのです。

  • 発行スピードが早いビジネスカードの場合 → 3日~4日
  • 発行スピードが遅いビジネスカードの場合 → 3週間~1カ月半
すぐにビジネスカードを利用したい方は、発行スピードが早いビジネスカードを選ぶ必要があるのです。

まとめ

上記のポイント

  1. 年会費のコスト負担
  2. ポイント還元率(キャッシュバック率)
  3. コストパフォーマンス
  4. ステイタス性
  5. 審査の甘さ
  6. 発行スピード

の6項目で、おすすめのビジネスカードをランキング化しています。

ビジネスカードおすすめランキング

ビジネスカードおすすめランキング ビジネスカードおすすめランキング

1位.三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード

国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)1,250円
年会費優遇条件「マイ・ペイすリボ」申込と1回以上の利用で翌年度年会費無料
カードご利用代金WEB明細書サービス利用で条件達成で翌年度年会費500円割引
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限9.00%
ポイント倍増方法●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍

●いつもの利用でポイント5倍
セブン‐イレブン:5倍
ファミリーマート:5倍
ローソン:5倍
マクドナルド:5倍

●選んだお店でポイント2倍
約50店舗の中から3店舗を選択
【年会費特典】初年度年会費無料
【新規入会+1カ月以内5万円利用+三井住友銀行口座】8,000円分のギフトカード
比較項目評価
年会費のコスト負担
ポイント還元率(キャッシュバック率)
コストパフォーマンス
ステイタス性
審査の甘さ
発行スピード
teacher

このビジネスカードをおすすめする理由

三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カードは、年会費が初年度年会費無料で、次年度年会費1,250円(税別)の格安ビジネスカードですが、リボ払いなどの条件クリアで、年会費が実質無料で利用できるビジネスカードです。

また、ベースのポイント還元率は0.5%と低いものの、コンビニとマクドナルドでポイント5倍(ポイント還元率2.5%)になる「いつもの利用でポイント5倍」というサービスがあるなど、使い勝手の良いポイント倍増特典があります。

一般カードですが、三井住友カードのプロパーカードなのでステイタス性も高く、発行スピードも最短3営業日と早いため、総合力の高いビジネスカードとしておすすめです。

このビジネスカードをおすすめする理由

2位.NTTファイナンス Bizカード レギュラー

国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本1.00%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法-
 
 
比較項目評価
年会費のコスト負担
ポイント還元率(キャッシュバック率)
コストパフォーマンス
ステイタス性
審査の甘さ
発行スピード
teacher

このビジネスカードをおすすめする理由

NTTファイナンス Bizカード レギュラーの特徴は

年会費永年無料
ポイント還元率:1.0%(キャッシュバック可能)

という抜群のコストパフォーマンスです。

コストをかけずに、ポイント還元率1.0%というのは、他のビジネスカードでは見ない設定なのです。

ステイタス性は劣るものの、接待をする機会がない、見栄を張る必要性がない、経営者にとっては、コストパフォーマンスが抜群なビジネスカードとして、おすすめできます。

このビジネスカードをおすすめする理由

3位.セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

国際ブランドAMEX(アメックス)
初年度年会費(税別)20,000円
2年目~年会費(税別)20,000円
年会費優遇条件年間ショッピング利用額が200万円以上:次年度年会費10,000円
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法●海外利用
海外利用:2倍
 
【入会+利用】最大10%還元、最大4,000ポイント(20,000円相当)
比較項目評価
年会費のコスト負担
ポイント還元率(キャッシュバック率)
コストパフォーマンス
ステイタス性
審査の甘さ
発行スピード
teacher

このビジネスカードをおすすめする理由

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、アメックスブランドのプラチナカードのビジネスカードですので、高いステイタス性があります。クレディセゾンの提携カードですので、本家のアメックスプロパーカードと比較すると若干落ちてしまいますが、それでも、多くの人は「プラチナカード」「アメックス」というところしか見ないので、十分にステイタス性の高いビジネスカードとして活用できます。

また、JALマイルがマイル還元率1.125%で貯まるため、お得度の高いビジネスカードでもあります。

限度額も最大500万円、発行スピードも約1週間、海外旅行傷害保険やショッピング保険が手厚く、ホテル優待・レストラン優待もあり、コンシェルジュも利用できるのですから、年会費2万円(税別)負担のデメリットさえ、問題なければ、一番おすすめのビジネスカードになるのです。

プラチナカードですが、審査のハードルも高くないため、社長のみで利用することを想定している場合などにおすすめできるビジネスカードです。

このビジネスカードをおすすめする理由

4位.JCB法人カード/一般カード

国際ブランドJCB
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)1,250円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限3.75%
ポイント倍増方法●JCBスターメンバーズ
100万円以上利用・翌年:50%UP
●JCB ORIGINAL SERIESパートナー
スターバックス:10倍
セブンイレブン:3倍
Amazon.co.jp:3倍
ガソリンスタンド:2倍
●海外利用
海外利用:2倍
【年会費特典】初年度年会費無料
【新規入会】最大7,000円分のギフトカード
比較項目評価
年会費のコスト負担
ポイント還元率(キャッシュバック率)
コストパフォーマンス
ステイタス性
審査の甘さ
発行スピード
teacher

このビジネスカードをおすすめする理由

JCB法人カード/一般カードは、JCBのプロパーカードのビジネスカードです。初年度年会費無料、次年度年会費も1,250円(税別)と年会費負担は小さいビジネスカードとなっています。

ポイント還元率は、0.5%ですがセブンイレブンやAmazon.co.jpでポイント3倍(ポイント還元率1.5%)になる特典があります。

また、追加カードの発行枚数に制限がないため、追加カード、法人ETCカードを多く発行したい経営者におすすめのビジネスカードとなっています。

このビジネスカードをおすすめする理由

5位.EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)

国際ブランドVISA,Mastercard
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)2,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.10%
ポイント倍増方法●クラステージ
200万円利用・翌年:2倍
●法人カード
翌年:+20%
【年会費特典】初年度年会費無料
【新規入会】7,000円分のポイント
比較項目評価
年会費のコスト負担
ポイント還元率(キャッシュバック率)
コストパフォーマンス
ステイタス性
審査の甘さ
発行スピード
teacher

このビジネスカードをおすすめする理由

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)は、オリコが発行するゴールドカードスペックのビジネスカードです。

最大の特徴は、ゴールドカードであり、Mastercardブランドであれば、2名1以上の利用で1名分のコース料理が無料になる「ダイニング BY 招待日和」が利用できるという点です。年1回このサービスを利用するだけでも、コース料理1万円分が無料になると考えれば、5年分の年会費の元が取れる計算になります。接待や会食の機会が多い経営者におすすめできるビジネスカードです。

また、審査が甘いという点も、おすすめできるメリットです。筆者自身も、起業直後のどのビジネスカードも審査に通らない時期に作ることのできたビジネスカードとなっています。

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
法人カード

おすすめのビジネスカードはこちら
ビジネスカード

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。