法人カードではなく、法人デビットカードを使う選択肢もあり!?法人デビットカードを使うメリットデメリットとは?

man
「法人カードよりも、法人デビットカードを使う選択肢ってあるの?」
「法人カードではなく、法人デビットカードを使うとどんなメリットがあるの?」
・・・

実は、法人カードではなく、法人デビットカードを使うという選択肢も、経営者は視野に入れておく必要があります。今回は、
法人カードではなく、法人デビットカードを使う選択肢について、メリットデメリットも含めて、丁寧に解説します。

法人カードと法人デビットカードの違い

法人カードと法人デビットカードの違い
法人カード(法人クレジットカード)とは

法人が経費支払いに利用する決済カードのこと。VISAやMasterCard、JCBの加盟店で利用できる

法人デビットカードとは

法人が経費支払いに利用する決済カードのこと。VISAやMasterCard、JCBの加盟店で利用できる

と、ここだけ見てしまえば

法人カードも、法人デビットカードも、同じものです。

しかし、両者には決定的な違いがあるのです。

法人カード(法人クレジットカード)
  • 利用日から1カ月後~2カ月後に登録口座から引き落とし
  • クレジットカード会社が発行主体
法人デビットカード
  • 利用したタイミングでリアルタイムに登録口座から引き落とし
  • 銀行が発行主体

という点が違うのです。

法人カードと法人デビットカードの違い比較

比較項目法人デビットカード法人カード(法人クレジットカード)
発行主体銀行クレジットカード会社
使える国際ブランドVisa、Mastercard、JCB、J-DebitVisa、Mastercard、JCB、AMEX、diners、Unionpay
ポイント還元率相場0.0%~0.5%0.5%~1.5%
還元方法キャッシュバック型が多いポイントプログラムが多い
支払いタイミング決済時にリアルタイムで紐づいた口座から引き落とし1カ月~2か月後に登録口座から引き落とし
優待特典ほぼないカードごとにある
審査審査なし(口座が作れる方なら発行可能)審査あり
使えないケース継続支払い、一部店舗なし
man
「これだけの違いなら、法人カードではなく、法人デビットカードでも良いのでは?」
teacher

その通りです。

法人カードではなく、法人デビットカードを使う選択肢もあるのです。

法人カードではなく、法人デビットカードを使うメリット

法人カードではなく、法人デビットカードを使うメリット

メリットその1.審査がない

法人カードの審査というのは、筆者自身も、何度も審査落ちしてしまっているのでわかりますが

法人カードの審査は、結構厳しい

のです。

  • 起業間もない会社
  • 赤字決算の会社
  • 事務所を持たない会社
    ・・・

などは、なかなか審査が通らないのです。

とくに

  • プロパーカードの法人カード

は、審査が厳しく、事業歴がないとなかなか審査に通らないのです。

法人デビットカードの場合は

原則、審査なし

で発行できます。

teacher
法人デビットカードの場合は、法人クレジットカードとは違って、銀行は立て替える必要がなく、リアルタイムで引き落とされます。そのため、「与信審査(貸し倒れないかどうか?)」が必要ないのです。

ただし、注意しなければならないのは

  • 与信審査がない

だけであって

  • 誰でも審査に通るわけではない

という点です。

  • 反社会的勢力
  • 事務所がない
  • 固定電話がない
  • ウェブサイトや会社案内がない

という状況だと、法人デビットカードの引き落とし口座になる、法人口座自体が開設できないため、法人デビットカード自体が発行できないということになってしまいます。

とはいえ、

法人デビットカードの審査は、法人カードの審査と比較すれば、素通りレベルの簡単さ

ですから

  • 法人カードの審査に通らない
  • 法人カードの審査に落ちた
  • 法人カードの審査に通る自信がない

という方の場合に法人デビットカードは有力な選択肢となるのです。

メリットその2.キャッシュバック型が多い

法人カードの場合は、カード利用をした場合に貯まるのは「ポイント」です。

法人デビットカードの場合は、カード利用額の○%が「キャッシュバック」されます。

なぜ、そうなっているかというと

  • 法人カード → クレジットカード会社が発行
  • 法人デビットカード → 銀行が発行

と、発行主体が異なり、銀行は「ポイントプログラム」を持っていないところが多いため、直接還元する「キャッシュバック」を選択しているのです。

ポイント還元率だけでみると、法人カードの方が高いものが多いのですが・・・

ポイントの場合は

  • 使い道を考えなければならない
  • ポイントの有効期限がある
  • 個人向けに使ってよいのか悩む(回答
  • ・・・

などのデメリットがあるのは事実です。

キャッシュバックであれば

  • 自動的に利用額が戻ってくる
  • ポイントの使い道を悩む必要がない
  • ポイントを使うための無駄な時間が発生する

ため、「面倒くさくない」というメリットがあります。

ポイントは、電子マネーに交換できるなど、使い勝手は年々良くなっていますが、それでも、「手間がかかる」と考える方には法人デビットカードが有力な選択肢となるのです。

メリットその3.会計処理がしやすい

単純に経理作業、会計処理のことを考えると

引き落としが遅れてくる法人カードの場合

  • 法人カードの利用明細
  • 銀行の引き落とし残高

を、見比べながら、利用日、利用内容を精査しなければなりません。

リアルタイムで引き落とされる法人デビットカードの場合

利用日に口座から引き落とされるので

  • 銀行の口座残高と法人デビットカードの利用明細の日時が一致している

のです。

経理作業、会計処理は簡単になります。

メリットその4.利用限度額が大きい

法人カードの利用限度額は

筆者自身の保有カードを見てもらえればわかる通りで

発行済法人カード申込日時発行日時発行までの期間発行期間備考ショッピング限度額キャッシング限度額審査
ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
2018年8月8日2018年10月2日55日本人確認書類の再提出あり300万円30万円1回目審査通過
ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card
ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card
2019年9月25日2019年10月3日8日-100万円0万円1回目審査通過
EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
2013年11月10日2013年11月29日19日-200万円0万円1回目審査通過、起業してはじめて発行
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
2016年7月28日2016年9月2日36日-30万円0万円1回目審査通過
JCB法人カード/一般カード
JCB法人カード/一般カード
2016年12月15日2017年5月4日140日一度審査落ちの連絡後発行30万円0万円1回目審査落ち、2回目審査通過
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
2016年7月26日2016年7月31日5日-100万円50万円1回目審査通過
三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード
三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード
2017年1月19日2017年2月23日35日-40万円0万円1回目審査通過
ビジネクスト・法人クレジットカード
ビジネクスト・法人クレジットカード
2017年3月12日2017年6月8日88日-50万円0万円1回目審査通過、別会社で起業してはじめて発行
ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード
ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード
2018年9月5日2018年10月2日27日口座振替依頼書の再提出あり70万円0万円1回目審査通過
freeeVISAカード
freeeVISAカード
2018年3月5日2018年4月13日39日-70万円0万円1回目審査通過
ダイナースクラブビジネスカード
ダイナースクラブビジネスカード
2019年8月21日2019年9月4日14日-100万円0万円1回目審査通過
ダイナースクラブカード+ビジネス・アカウントカード
ダイナースクラブカード+ビジネス・アカウントカード
2019年8月21日2019年9月4日14日-100万円0万円1回目審査通過
ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード
ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード
2019年8月21日2019年9月4日14日ビジネスアカウントカード発行100万円0万円1回目審査通過
  • 30万円~300万円の間
  • 100万円未満のものが多い

ことがわかります。

300万円あれば、「限度額が足らない」という事態はなかなか発生しないのですが、30万円ぐらいだとすぐに利用枠を使い切ってしまい、引き落としがかからなくなってしまうのです。
  • 法人カードを発行したばかりの方
  • 外資系法人カード
  • 複数枚の法人カードを保有してしまう

という状況では、限度額がミニマムに設定されることが多いのです。この場合、法人カードを利用できないシチュエーションも、出てきてしまうのです。

法人デビットカードの利用限度額は

預金の範囲内

です。

  • 1,000万円の預金 → 限度額:1,000万円
  • 2,000万円の預金 → 限度額:2,000万円
  • 3,000万円の預金 → 限度額:3,000万円

となります。一部の法人デビットカードでは、上限が決まってしまうものもありますが、それでも数千万円までは、預金額の範囲内で利用できるのが法人デビットカードです。

一枚持っていれば、十分な金額のカード決済に対応できるメリットがあります。

メリットその5. 法人カード以上のキャッシュバック率も可能

一般的な相場で言えば

法人カードのポイント還元率 > 法人デビットカードのキャッシュバック率

ですので

「お得」を重視するのであれば、法人カードを選ぶべき

というのは間違えありません。

しかし、一部の法人デビットカードでは、十分に高いキャッシュバック率のカードがあるのです。

例:GMOあおぞらネット銀行Visaビジネスデビット

キャッシュバック率:1.0%

他の金融機関あての振込
他の金融機関からの振込
口座振替(引き落とし)
口座振替登録完了
給与受取

→ GMOポイント各1ポイント

発行会社GMOあおぞらネット銀行
国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
キャッシュバック還元率下限1.00%
キャッシュバック還元率上限1.00%
ポイント還元率下限-
ポイント還元率上限-
第三者不正使用保険○1000万円

キャッシュバック率1.0%は、高還元率の法人カードと変わらない上に、銀行のサービス利用でポイントも貯まるため、法人デビットカードの方が「お得」になっているのです。

GMOあおぞらネット銀行Visaビジネスデビットは、「お得」でおすすめの法人デビットカードと言えます。

法人カードではなく、法人デビットカードを使う注意点

法人カードではなく、法人デビットカードを使う注意点

前述したように

法人カードではなく、法人デビットカードを使う選択肢のメリットは

  1. メリットその1.審査がない
  2. メリットその2.キャッシュバック型が多い
  3. メリットその3.会計処理がしやすい
  4. メリットその4.利用限度額が大きい
  5. メリットその5. 法人カード以上のキャッシュバック率も可能

と多く

man
「これなら、本当に法人デビットカードでも、事足りるのでは?」

と思う方も多いと思いますが

法人デビットカードにもデメリットがあり、法人デビットカードだけを利用するといろいろな落とし穴にはまってしまうのです。

法人カードではなく、法人デビットカードを使う注意点を解説します。

注意点その1.法人デビットカードは使えない店舗も多い

法人デビットカードは

  • リアルタイムに引き落とし
  • 預金残高よりも、支払額が多ければ決済が完了しない

という特徴を持つ、決済用カードです。

だからこそ、利用できない引き落としというものも多いのです。

代表的なものでは

  • 毎月支払う月額利用の決済(広告宣伝費、サーバー費用、プロバイダ費用など)
  • ガソリンスタンドの決済
  • ETCレーンの決済
  • 飛行機の機内販売サービス
  • 電子マネーチャージ

などが利用できないのです。

ビジネスで利用する機会の多い

  • Yahoo!広告

などの支払いも、一部のデビットカードには対応していません。

注意点その1.法人デビットカードは使えない店舗も多い

※一部のデビットカードはご利用いただけません。

利用できなケースがあるので、法人デビットカード単独の運用は厳しく、法人カードとの併用が必要不可欠になってしまうのです。

注意点その2.法人デビットカードには、法人ETCカードは追加できない

前述した通りで

法人デビットカードでは「高速料金」の決済ができません。

そのため、法人デビットカードには追加カードとして、法人ETCカードを発行する機能がないのです。

法人ETCカードを発行するためには

  1. 法人カードを作る
  2. 高速道路会社のクレジット機能がない法人ETCカードを作る

の二択しかないのです。

結局、ここでも法人デビットカード単独の運用は厳しく、法人カードとの併用が必要不可欠になってしまうのです。

注意点その3.法人デビットカードには、サービスがない

法人カードには

  • ビジネス優待
  • レストラン優待
  • ホテル優待
  • コンシェルジュデスク
  • 空港ラウンジ
  • ビジネスラウンジ
  • 専門家相談無料
  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • ショッピング保険
    ・・・

などの付加価値サービスが用意されていますが

法人デビットカードには、ほとんどこのようなサービスが付帯されていません。

なぜなら、発行主体が「銀行」だからです。

長年、クレジットカード会社が作り上げてきたサービスを提供する仕組みがないのです。

このような付加価値サービスを利用したいのであれば、法人カードとの併用が必要不可欠になってしまうのです。

結論

man
「法人カードよりも、法人デビットカードを使う選択肢ってあるの?」

法人デビットカードの中には、法人カードよりも優秀かつ使い勝手の良いカードがあります。

例:GMOあおぞらネット銀行Visaビジネスデビット

  • 審査なし
  • キャッシュバック率:1.0%
  • 年会費永年無料
  • 銀行サービスの利用でポイント付与
  • Visaビジネスオファー付帯
発行会社GMOあおぞらネット銀行
国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
キャッシュバック還元率下限1.00%
キャッシュバック還元率上限1.00%
ポイント還元率下限-
ポイント還元率上限-
第三者不正使用保険○1000万円

なのですから、「一般的な法人カードよりもスペックは良い」と言っていいでしょう。

しかしながら、会社経営をしていて法人デビットカードだけで事足りるわけではないのも事実です。

法人デビットカードでは利用できない支払がある

のですから

法人デビットカードだけでは、会社の支払いをすべてカバーできないのです。
teacher

筆者の意見では

法人デビットカードと法人カードは併用すべき

だと考えます。

  • デビットカードが使えるお店では → キャッシュバック率の高い法人デビットカード
  • デビットカードが使えないお店では → ポイント還元率の高い法人カード
  • 必要な状況に応じて → 法人カードの付加価値サービス
  • 法人カードの限度額が不足した場合には → 限度額が大きい法人デビットカード

と、使い分けるのがベストなのです。

上手に使い分けるためには、法人カードと法人デビットカードのメリットデメリットをきちんと理解する必要があります。自分の目的に合った、法人デビットカードと法人カードを探しましょう。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。