ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード

目次

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードとは

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードは、三井住友信託銀行グループの三井住友トラストクラブ株式会社がANAと提携して発行するダイナースブランドの個人向けANAカードです。ANAダイナースカードは、個人カードですが、ビジネス・アカウントカードを追加カードとして発行することで法人口座からの引き落とし対応ができるため、法人カードとして利用することができます。個人事業主、法人経営者が経費支払に利用でき、業務の効率化やコスト削減に役立ちます。

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードの大きな特徴は「ANAマイル還元率1.0%」「ANAカードマイルプラス提携店でANAマイル還元率2.0%」「ダイナースクラブポイントアップ加盟店でANAマイル還元率最大2.0% 」「EdyチャージでANAマイル還元率0.5%」「フライトボーナス25%」「入会ボーナス2,000マイル」「継続ボーナス2,000マイル」「個人カードとは別の法人口座での引き落としが可能」「利用明細書も個人と法人を分離できる」「利用限度額に一律の制限なし」「国内ラウンジ無料」「海外空港ラウンジ850カ所以上で無料」「海外旅行傷害保険最高1億円」「国内旅行傷害保険最高1億円」「ショッピング保険最高500万円」「空港送迎タクシー・サービス」「手荷物無料宅配」「高級レストランのコースを2名以上の利用で1名様無料、6名以上の利用で2名様無料」・・・と幅広いサービスが用意されています。

ANAとの提携カードですので、ANAマイルが貯まりやすい法人カードとなっています。通常のダイナースクラブカードの場合、ポイント還元率は0.4%と法人カードの中でも低いポイント還元率になってしまいますが、ANAダイナースカードであれば、マイル還元率1.0%と法人カードの中でも、高いマイル還元率になります。さらに「ANAカードマイルプラス提携店でANAマイル還元率2.0%」「EdyチャージでANAマイル還元率0.5%」「フライトボーナス25%」「入会ボーナス2,000マイル」「継続ボーナス2,000マイル」とANAマイルが貯めやすいサービスも多く用意されているため、ANAマイルを貯めるための法人カードと言っても過言ではありません。さらに国内旅行傷害保険が利用付帯ではなく、自動付帯になっているなどのメリットもあります。

接待で利用できる「レストランのコース料理1名無料」や「おもてなしプラン」「料亭プラン」「グループ・アラン・デュカスとのパートナーシップ」「ナイト イン 銀座」等の優待サービスが豊富に用意されている点です。 海外出張でも「国内・海外空港ラウンジ無料」「空港送迎タクシー・サービス」「手荷物無料宅配」「海外のラグジュアリーホテルでの特別割引/海外クラブホテルズ」「スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド メンバーシップ優待」など、特別な優待サービスは利用できます。

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードは、法人カードでANAマイルを貯めたい方、国内海外問わず出張の機会が多い法人経営者、個人事業主におすすめできる法人カードです。

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードキャンペーン 2019年10月最新情報

キャンペーン情報

【新規入会】最大95,000マイル
【年会費特典】初年度年会費無料

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 1

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード

8.3

年会費の安さ・コスパ

7.8/10

ポイントや優待のお得さ

9.0/10

ビジネス面での活躍

7.1/10

使い勝手の良さ

8.8/10

ステイタス性

9.0/10

良い点

  • ANAマイル還元率1.0%
  • ダイナースクラブポイントアップ加盟店でANAマイル還元率最大2.0%
  • フライトボーナス25%
  • 海外空港ラウンジ850カ所以上で無料
  • 海外旅行傷害保険最高1億円

悪い点

  • 年会費が高額
  • 限度額は制限なしですが審査次第
  • ビジネス面のサービスは利用できない

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードスペック

人気ランキング14位
法人カード名ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード
ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード
カード会社三井住友トラストクラブ株式会社
国際ブランドDiners
カードランク一般カード,提携カード
申込み対象個人事業主(年齢27歳以上),法人経営者(法人)(年齢27歳以上)
初年度年会費(税別)27,000円
2年目~年会費(税別)27,000円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
ショッピング限度額/下限一律の制限なし
ショッピング限度額/上限一律の制限なし
ポイント還元率/基本0.40%
ポイント還元率/上限0.80%
ポイント倍増方法●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
マイル還元率/上限2.00%
海外旅行障害保険最高10,000万円(自動付帯5,000万円・利用付帯5,000万円)
国内旅行傷害保険最高10,000万円(自動付帯)

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードメリット

  • ANAマイル還元率1.0%
  • ANAカードマイルプラス提携店でANAマイル還元率2.0%
  • ダイナースクラブポイントアップ加盟店でANAマイル還元率最大2.0%
  • EdyチャージでANAマイル還元率0.5%
  • フライトボーナス25%
  • 入会ボーナス2,000マイル
  • 継続ボーナス2,000マイル
  • 個人カードとは別の法人口座での引き落としが可能
  • 利用明細書も個人と法人を分離できる
  • 利用限度額に一律の制限なし
  • 国内ラウンジ無料
  • 海外空港ラウンジ850カ所以上で無料
  • 海外旅行傷害保険最高1億円
  • 国内旅行傷害保険最高1億円
  • ショッピング保険最高500万円
  • 空港送迎タクシー・サービス
  • 手荷物無料宅配
  • 高級レストランのコースを2名以上の利用で1名様無料、6名以上の
    利用で2名様無料
  • 海外のラグジュアリーホテルでの特別割引/海外クラブホテルズ
    スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド メンバーシップ優待
  • 銀座ショッピング優待プラン
  • ゴルフプライベートレッスン優待
  • 最大300万円までキャッシングが利用可能

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードデメリット

  • 年会費が高額
  • 限度額は制限なしですが審査次第
  • ビジネス面のサービスは利用できない

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードおすすめポイント

concierge

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードの最大のメリットは

  • ANAマイルが貯まりやすい点

に尽きます。

  • 100円の利用につき1ポイント付与
  • 1ポイントを1ANAマイルに交換可能

ですので、基本的なマイル還元率は1.0%となります。

  • 移行手数料無料
  • 利用上限なし
  • 有効期限なし

です。

さらに

  • ANAカードマイルプラス提携店でANAマイル還元率2.0%
  • ダイナースクラブポイントアップ加盟店でANAマイル還元率最大2.0%
  • EdyチャージでANAマイル還元率0.5%
  • フライトボーナス25%
  • 入会ボーナス2,000マイル
  • 継続ボーナス2,000マイル

ですので

ショッピングでも、フライトでも、ANAマイルを効率的に貯めることができるのです。ANAマイルを最も効果的に貯められる法人カードと言っても、過言ではありません。

ただし、Edyチャージをしたときにクレジットカードの方のマイルは加算されないので、二重取りはできません。

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード年会費

ダイナースクラブカードは27,000円(税別)の年会費が発生します。追加カードとして発行するビジネス・アカウントカードは、年会費2,000円です。合算して、29,000円(税別)の年会費負担が必要になります。

初年度年会費(税別)27,000円
2年目~年会費(税別)27,000円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードポイント・キャッシュバック

ポイント還元率

ポイント還元率/基本0.40%
ポイント還元率/上限0.80%
ポイント倍増方法●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
ポイントサイト経由●ダイナースクラブポイントモール
最大9.5倍
ポイントプログラムダイナースクラブ リワードポイント

ポイント倍増

ポイント還元率は0.428%です。ポイント倍増などはありません。

キャッシュバック

キャッシュバックサービスはありません。

キャッシュバックプログラム-

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードマイル

直接マイルが貯まるわけではありませんが、ポイントをマイルへ移行できます。移行手数料無料で、1ポイント=1ANAマイルでマイルへ交換することができます。

  • ANAマイル:1ポイント → 1マイル(マイル還元率1.0%)

さらにANAマイルが貯まりやすいサービスがあります。

  • ANAカードマイルプラス提携店でANAマイル還元率2.0%
  • ダイナースクラブポイントアップ加盟店でANAマイル還元率最大2.0%
  • EdyチャージでANAマイル還元率0.5%
  • フライトボーナス25%
  • 入会ボーナス2,000マイル
  • 継続ボーナス2,000マイル

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード審査

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードの審査ハードルは一般的

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードの審査ハードルは普通です。本来はダイナースカードはエグゼクティブ向けのプロパーカードですので審査が厳しいイメージがありますが、年会費が有料のため、口コミなどでもそれほど審査落ちの声はありません。外資系のプロパーカードは思った以上に審査のハードルは低く設定されています。しかも、個人カードですので審査自体は通りやすいのです。

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード限度額

限度額は一律の制限なしという設定です。審査次第で限度額が決定される仕組みですので、申込むまではいくらが設定されるかはわかりません。利用実績が増えれば限度額も増えていきます。

ショッピング限度額/下限一律の制限なし
ショッピング限度額/上限一律の制限なし
キャッシング限度額/下限0円
キャッシング限度額/上限300万円

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードキャッシング

最大300万円までキャッシングが利用できます。

キャッシング限度額/下限0円
キャッシング限度額/上限300万円
キャッシング利率15.00%~20.00%

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード締日/支払(引き落とし)日

リボ払い手数料(利息)15.00%
締日毎月15日
支払日翌月10日
支払いまでの猶予日数(最長)51日

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード追加カード

子カード(社員用)

追加カード/初年度年会費(税別)6,000円
追加カード/2年目~年会費(税別)6,000円
追加カード発行枚数制限無制限

法人ETCカード

ETCカード/初年度年会費(税別)0円
ETCカード/2年目~年会費(税別)0円
ETCカード発行枚数制限無制限

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード保険サービス

海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険付帯条件自動付帯(一部利用条件付)
海外旅行傷害保険/家族特約条件-
海外旅行傷害保険/死亡・後遺障害最高1億円
海外旅行傷害保険/傷害治療費用最高300万円
海外旅行傷害保険/疾病治療費用最高300万円
海外旅行傷害保険/賠償責任最高1億円
海外旅行傷害保険/携行品損害最高50万円
海外旅行傷害保険/救援者費用最高300万円
海外航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
海外航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)-
海外航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
海外航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-

国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険付帯条件自動付帯(一部利用条件付)
国内旅行傷害保険/死亡・後遺障害最高1億円
国内旅行傷害保険/入院日額10,000円/日
国内旅行傷害保険/手術費用入院日額×倍率
国内旅行傷害保険/通院日額3,000円/日
国内航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
国内航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)-
国内航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
国内航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-

ショッピング保険

ショッピング保険付帯条件カード購入+90日間
ショッピング保険/海外最高500万円
ショッピング保険/国内最高500万円

その他保険

ライフアクシデントケア制度/空き巣被害見舞金-
犯罪被害障害保険/死亡・後遺障害-
犯罪被害障害保険/入院日額-
犯罪被害障害保険/通院日額-

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード海外旅行/国内旅行サービス

空港ラウンジ

国内空港ラウンジ、海外空港ラウンジを無料で利用することができます。プライオリティ・パスではありませんが、ダイナース独自の特典で海外の空港ラウンジを850カ所以上で無料利用可能です。

空港ラウンジ海外○850カ所以上
空港ラウンジ国内
空港手荷物無料
空港ハイヤー送迎○片道分無料

エアポート送迎サービス

海外出張の出発・帰国時に、タクシー1台の送迎サービスを片道分優待価格で利用できます。

手荷物無料宅配サービス

海外からの帰国時に空港からカード会員1名様につきスーツケース1個を無料で配送してくれます。

空港前泊ホテルサービス

海外旅行の際、ご出発の前日に指定ホテルのお部屋を1部屋用意してくれます。

国内クラブホテルズ

国内有数の高級ホテルを優待価格で利用することができます。

海外内クラブホテルズ

海外有数の高級ホテルを優待価格で利用することができます。

ホノルル・Lea Leaトロリー

ホノルル観光に便利なLea Leaトロリー『1週間券(7日間乗り放題レギュラーパス)』を無料で利用できます。

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードビジネスサービス

コンシェルジュデスク

出張時のホテルの紹介や手配、接待・会食の際のレストランの紹介・手配、フラワーギフトの手配など様々なサービスのサポートをしてくれます。

コンシェルジュデスクコンシェルジュデスク,海外アシスタントデスク

各種優待

WEB明細
経営管理レポート-
ビジネス情報データベース-
コンサルティング-
ビジネスラウンジ-
融資金利優待○キャッシング、パーソナルローン カードレス、カードローン
オフィス用品優待-
会計ソフト優待-
タクシーチケット-
福利厚生
宿泊・ホテル優待○国内高級ホテル優待/国内クラブホテルズ,海外高級ホテル優待/海外クラブホテルズ
レストラン優待○コース料理1名様無料
融資金利優待-
その他サービス所定のコース料理を2名様以上で1名様無料。6名様以上なら2名様分の料金が無料

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード飲食・ショッピング関連サービス

エグゼクティブ ダイニング

高級レストランで2名以上の利用で1名分無料、6名以上なら2名様分の料金が無料になるグループプランもある優待プログラムです。

おもてなしプラン

シェフやオーナーが心をこめておもてなしをする優待プランです。

料亭プラン

高級料亭の予約を代行します。

「ひらまつ」からの特別優待

全国の主要都市(東京・札幌・名古屋・金沢・大阪・奈良・京都・福岡)で展開する「ひらまつ」のレストランでご飲食代が10%割引になります。

ギルト会員特別優待

高級ブランドの衣料品や雑貨を最大70%OFFで購入できます。

銀座ショッピング優待プラン

銀座の名店での優待やプレゼントがうけられます。

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード自動車関連サービス

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード国際ブランド関連サービス

ビジネス優待プログラム-

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード注目サービス

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード体験談

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード発行までの流れ

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード関連カード比較

人気ランキング37位14位55位61位
法人カード名ダイナースクラブカード+ビジネス・アカウントカード
ダイナースクラブカード+ビジネス・アカウントカード
ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード
ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード
銀座ダイナースクラブカード+ビジネス・アカウントカード
銀座ダイナースクラブカード+ビジネス・アカウントカード
JALダイナースカード+ビジネス・アカウントカード
JALダイナースカード+ビジネス・アカウントカード
カード会社三井住友トラストクラブ株式会社三井住友トラストクラブ株式会社三井住友トラストクラブ株式会社三井住友トラストクラブ株式会社
国際ブランドDinersDinersDinersDiners
カードランク一般カード,プロパーカード一般カード,提携カード一般カード,提携カード一般カード,提携カード
申込み対象個人事業主(年齢27歳以上),法人経営者(法人)(年齢27歳以上)個人事業主(年齢27歳以上),法人経営者(法人)(年齢27歳以上)個人事業主(年齢27歳以上),法人経営者(法人)(年齢27歳以上)個人事業主(年齢27歳以上),法人経営者(法人)(年齢27歳以上)
初年度年会費(税別)22,000円27,000円25,000円28,000円
2年目~年会費(税別)22,000円27,000円25,000円28,000円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
ショッピング限度額/下限一律の制限なし一律の制限なし一律の制限なし一律の制限なし
ショッピング限度額/上限一律の制限なし一律の制限なし一律の制限なし一律の制限なし
ポイント還元率/基本0.40%0.40%0.40%0.40%
ポイント還元率/上限0.80%0.80%0.80%0.80%
ポイント倍増方法●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍

●銀座ダイナースクラブカード特約店
ポイント:2倍
●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
マイル還元率/上限0.80%2.00%0.80%2.00%
海外旅行障害保険最高10,000万円(自動付帯5,000万円・利用付帯5,000万円)最高10,000万円(自動付帯5,000万円・利用付帯5,000万円)最高10,000万円(自動付帯5,000万円・利用付帯5,000万円)最高10,000万円(自動付帯5,000万円・利用付帯5,000万円)
国内旅行傷害保険最高10,000万円(利用付帯)最高10,000万円(自動付帯)最高10,000万円(利用付帯)最高10,000万円(自動付帯5,000万円・利用付帯5,000万円)

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード口コミ・評判

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード

8.3

年会費の安さ・コスパ

7.8/10

ポイントや優待のお得さ

9.0/10

ビジネス面での活躍

7.1/10

使い勝手の良さ

8.8/10

ステイタス性

9.0/10

良い点

  • ANAマイル還元率1.0%
  • ダイナースクラブポイントアップ加盟店でANAマイル還元率最大2.0%
  • フライトボーナス25%
  • 海外空港ラウンジ850カ所以上で無料
  • 海外旅行傷害保険最高1億円

悪い点

  • 年会費が高額
  • 限度額は制限なしですが審査次第
  • ビジネス面のサービスは利用できない

1 個の口コミ

  • 年会費の安さ・コスパ

    8.00

    ポイントや優待のお得さ

    9.00

    ビジネス面での活躍

    10.00

    使い勝手の良さ

    10.00

    ステイタス性

    9.00

    総合評価
    9.2点/10点
    とても満足

    職種:個人事業主/自営業者
    月額カード利用額:10万円~20万円未満
    法人カード利用歴:10万円~20万円未満
    設定されているショッピング限度額:10万円~20万円未満

    この法人カードを選んだ理由

    ポイントがマイルに変えられるから
    空港ラウンジや空港関連サービスが充実していたから

    よく使うシチュレーション

    国内出張
    海外出張
    接待
    通信費の支払い
    書籍の購入
    PC等の購入

    選択した法人カードを利用していて良かった点・満足しているところ

    当カードを実際に利用していて感じるポイントは大きく3点あります。1点目がマイルをしっかり貯められるという事。ANAのマイル還元率は1%であったり、入会特典での2000マイル(キャンペーンによっては80000ポイント超)、継続での2000マイルプレゼント、フライトマイルでのボーナスが25%還元、加盟店でのマイル2倍還元など、マイルを確り貯めたい方にオススメ出来ます。2点目は国内・外の空港でのラウンジ無料のサービスです。当方、国内、海外共に頻繁に出張があるため、出張の際に都度利用しており非常に活用しています。3点目にダイナースのブランドです。カード自体が銀色で、シンプルに作られています。デザインも洗練されているため保有するだけで私としてはステータスを感じられるカードとなっています。

    選択した法人カードを利用していて悪かった点・不満

    デメリットは2点ほど挙げられます。1点目が年会費が高いという事です。例えばJCBの法人カードであれば年会費は無料で次年度から1250円ですから、当カードの年会費初回27,000円、2年目以降も27,000円、アカウント機能付与でプラス2,000円というのは単純に比較すれば高い方でしょう。追加カードの年会費についてもJCBが1,250円なのに対して6,000円ですから、親族経営で、家族に同じカードを保有させたいと考えていた私にとっては多少二の足を踏む価格設定に感じました。2点目は優待が少ない事です。ラグジュアリーホテル優待などの特典はありますが、対象ホテルがそれ程多くはありません。それからカード会社によってはオフィス用品、タクシーチケット、融資金優遇などもありますから、純粋にビジネス向けとして、優待がそれ程充実しているとは言えないかと思います。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    たく先生

    30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。