法人ETCカードを審査なしで作る方法と審査の甘い法人ETCカード

man
「法人カード審査に通らず、法人ETCカードが作れないのですが、どうすれば良いでしょうか?」
「法人ETCカードに審査なしのものはありますか?」
「審査の甘い法人ETCカードを教えてください。」

クレジットカード会社が発行している法人ETCカードを作ろうと思うと、まずは親カードである法人カードの審査に通る必要があります。法人カードの審査は、年々甘くなってきていますが、それでも個人向けのクレジットカードと比較すれば、審査は厳しく、「審査に落ちてしまう法人カードを作れない」という方も少なくありません。今回は、法人ETCカードを審査なしで作る方法と審査の甘い法人ETCカードについて解説します。

法人ETCカードを審査なしで作る方法

法人ETCカードには2種類ある

法人ETCカードは、発行主体によって2つの種類があります。

  1. クレジットカード会社が発行する法人カードに追加カードとして発行される法人ETCカード
  2. 協同組合が発行する法人ETCカード

です。

審査に関しては

  1. クレジットカード会社が発行する法人カードに追加カードとして発行される法人ETCカード → 審査あり
  2. 協同組合が発行する法人ETCカード → 審査なし

となっており、

審査がないのは「協同組合が発行する法人ETCカード」

なのです。

「なぜ、協同組合が発行する法人ETCカードには審査がないの?」

まず、クレジットカード会社が発行する法人カードに追加カードとして発行される法人ETCカードに審査がある理由は

クレジット機能があるから

です。

クレジット機能は、会計時に法人カード(クレジットカード)を出して支払いが完了して、1カ月後~2カ月後に登録している銀行口座から引き落とされる仕組みとなっています。

1カ月~2カ月の間は、クレジットカード会社が立て替えている形になります。

返済能力のない会社に法人カードを発行してしまうと、口座の引き落としができず、立替した分は、クレジットカード会社の貸し倒れ損失になってしまうのです。

teacher
この貸し倒れリスクが、個人よりも、会社(法人)の方が大きく、利用額も大きいため、厳しい審査が必要になるのです。

一方、協同組合が発行する法人ETCカードには

クレジット機能がありません。

協同組合が発行する法人ETCカードは、法人カードに紐づいて発行されるものではなく、法人ETCカード単体で発行され、請求書による利用額の請求から、口座振替で自動的に引き落としとなるのです。

クレジット機能がないため、審査なしで発行できるのです。

man
「でも、口座振替でETC料金を支払ってもらえなかったら、協同組合の貸し倒れ損失になるんじゃないの?クレジットカードと同じなのではないですか?その場合は、審査が必要だと思うのですが・・・」

支払いができない場合には、協同組合の貸し倒れになってしまうのは、同じです。

ただし、協同組合が発行する法人ETCカードには

デポジット(保証金)

という制度があるのです。

法人ETCカードを申し込んだときに

「出資金」という名目で、デポジット(保証金)を協同組合が預かるのです。

  • 貸し倒れが発生したら、「出資金」から回収
  • 貸し倒れが発生しなければ、退会時に「出資金」を返金

という運用になり

審査をしなくても、デポジット(保証金)によって貸し倒れリスクを回避できているのです。

だからこそ

協同組合が発行する法人ETCカード = 審査なし

となっているのです。

審査なしの協同組合が発行する法人ETCカードよりも、審査ありのクレジットカード会社の法人ETCカードがおすすめ

審査なしの協同組合が発行する法人ETCカードには

コストが高い

という大きなデメリットがあります。

審査なしの協同組合が発行する法人ETCカードの発生コスト

  • 出資金:1万円/社 ※退会時返金
  • カード発行手数料:500円~800円/枚
  • 年間手数料:年500円~800円/枚
  • 事務手数料:走行金額の5.0%~8.0%

というものがあります。

高い手数料で、10枚の法人ETCカードを発行して、1枚あたり月3万円のETC料金を支払った場合
  • 出資金:1万円
  • カード発行手数料:800円 × 10枚 = 8,000円
  • 年間手数料:800円 × 10枚 = 8,000円
  • 事務手数料:3万円 × 12カ月 × 10枚 × 8.0% = 288,000円

合計:304,000円

という大きなコストが発生してしまうのです。

これがクレジットカード会社が発行する法人カードに追加カードとして発行される法人ETCカードだった場合

JCB法人カード/一般カードの場合

  • 親カードの年会費:1,375円(税込)
  • 法人ETCカードの年会費:0円
  • カード発行手数料:0円
  • 事務手数料:0円

ですから

10枚の法人ETCカードを発行して、1枚あたり月3万円のETC料金を支払った場合
  • 親カードの年会費:1,375円(税込)

合計:1,375円(税込)

で済むのです。

いくら審査がないといっても、ここだけの価格差があるのですから、「審査なしの協同組合が発行する法人ETCカード」よりも「クレジットカード会社が発行する法人カードに追加カードとして発行される法人ETCカード」を選んだ方が良いのです。
man
「でも、法人カードの審査が通らないから、審査なしの法人カードを探しているのに、法人カードに付帯発行される法人ETCカードをすすめられても困るのですが・・・。」

この場合におすすめの方法は

  1. 審査の甘い法人カードの法人ETCカードに申し込む
  2. 経営者が単独で法人ETCカードを作る場合には、すでに持っている個人向けのクレジットカードでETCカードを作る
  3. 審査の甘い法人カード審査も通らない場合は、審査なしの協同組合が発行する法人ETCカードを申し込む

という方法です。

teacher
近年、法人カードを利用する方が急激に増加しているため、法人カードの審査も年々甘くなっている傾向があります。審査の甘い法人カードを選べば、十分に法人カードの審査に通る可能性が出てくるのです。

審査の甘い法人カードの法人ETCカードに申し込む

デポジット系法人カード

法人カードにも、協同組合のように「保証金(デポジット)」を支払って、その「保証金(デポジット)」の範囲内でショッピング限度額が設定されるカードがあります。

デポジット型の法人カードの場合、クレジットカード会社の貸し倒れリスクはほとんどなくなるため、審査も通りやすくなるのです。

注意点

カード発行時にデポジット(保証金)が必要になることと、年会費が高めに設定されているものが多いです。

審査の甘いカード会社の法人カード

クレジットカード会社の中でも、筆者が実際に申し込んだ実績でいうと

  • オリエントコーポレーション(オリコ)
  • クレディセゾン
  • ライフカード

の法人カードは、比較的審査が通りやすい印象があります。

逆に

  • JCB
  • 三井住友カード
  • ダイナースクラブ

の法人カードは、審査が厳しい印象があります。

審査の甘いクレジットカード会社の法人カードを選ぶことで、法人カード審査には通りやすくなるのです。

はおすすめです。

注意点

審査が甘い傾向なのですが、デポジット型の法人カードよりは審査が厳しいです。審査に通らない可能性もあるので注意が必要です。

経営者が単独で法人ETCカードを作る場合には、すでに持っている個人向けのクレジットカードでETCカードを作る

経営者だけが

man
「会社の事業のために車を利用し、法人ETCカードを作りたい」

という場合で、法人カードの審査に通らないのであれば、あえて法人カードだけにこだわる必要もありません。

teacher
会社の経費とプライベートの支出を分けられれば、個人名義のクレジットカードのETCカードを利用しても良いのです。

今持っている個人向けのクレジットカードに追加カードとして、ETCカードを発行し、それを会社用として利用するだけで、法人ETCカードの必要はなくなります。

ETC料金の引き落としのみ、個人口座から引き落とされてしまうので、会計時には「役員立て替え」で処理する必要が出てきます。

今持っている個人向けのクレジットカードで追加のETCカードを申請する場合には、審査はありませんので、問題なく発行できます。

個人向けのクレジットカードを1枚も持っていない場合は、個人向けのクレジットカードに申し込むと良いでしょう。法人カードよりは、審査が甘いため、作れるクレジットカードも出てきます。

審査の甘い法人カード審査も通らない場合は、審査なしの協同組合が発行する法人ETCカードを申し込む

  • 審査の甘い法人カード → 審査落ち
  • 個人向けのクレジットカード → 持っていない
  • 個人向けのクレジットカード → 審査落ち

という状況では

コストが高いことは承知の上で

  • 協同組合が発行する法人ETCカード

に申し込む必要があります。

協同組合が発行する法人ETCカードは、審査がありませんので、反社会的勢力などでない限りは、問題なく、法人ETCカードが発行されます。

また、協同組合が発行する法人ETCカードにも

  • マイレージサービスあり
  • マイレージサービスなし

の法人ETCカードがあって

  • マイレージサービスあり 事務手数料:走行金額の8.0%
  • マイレージサービスなし 事務手数料:走行金額の5.0%

と、事務手数料は、マイレージサービスなしの法人ETCカードの方が安くなっています。

事務手数料のコスト負担は、バカにならない金額になってしまうため、マイレージサービスなしの法人ETCカードをおすすめします。

審査なしで法人ETCカードを作るよくある質問

法人カードではなく、法人デビットカードにETCカードを付帯することはできないのでしょうか?

法人デビットカードには、ETCカードは付帯されません。

デビットカードは「即時決済(リアルタイム決済)」という支払方法を採用しています。デビットカードの支払い時に、支払額が口座残高に満たない場合は、支払いが完了しない仕組みです。

クレジットカードは「後払い」です。

ETC料金は、車がETCレーンを通過したときにETC料金が確定し、支払いが発生するのです。

デビットカードの追加カードとして、ETCカードを発行した場合、口座残高が不足していたことがわかっても、すでに車がETCレーンを通過していると、手遅れになってしまうため、デビットカードにETCカードは付帯されないのです。

※北國Visaデビットカードのみ、例外的にETCカードを追加カードとして、発行しています。ETC料金は、即時決済とはならずに3週間~4週間後に後払いで引き落とされる仕組みを採用しています。

北國Visaデビットカードには、法人デビットカードはありません。

法人カードの審査に通らないけど、どうしてもコストが高い協同組合が発行する法人ETCカードを作りたくない場合は、どうすれば良いでしょうか?

協同組合が発行する法人ETCカードのコストは

  • 出資金:1万円/社 ※退会時返金
  • カード発行手数料:500円~800円/枚
  • 年間手数料:年500円~800円/枚
  • 事務手数料:走行金額の5.0%~8.0%

と割高です。

とくに走行金額に対して発生する事務手数料が高額になりやすいのです。

この事務手数料のコスト負担を避けるためには

  • クレジット機能のない個人向けのETCカード「ETCパーソナルカード」

をおすすめします。

クレジット機能のない個人向けのETCカード「ETCパーソナルカード」は

個人向けのクレジット機能がないETCカード

です。

コストは

  • 年回避:1,257円(税込)

のみで、審査なしで発行できるため、協同組合が発行する法人ETCカードの代わりとして利用できます。

teacher
ただし、「ETCパーソナルカード」の場合は、社員用に複数枚のETCカードを発行することはできないので、経営者専用になってしまいます。

まとめ

審査なしの法人ETCカードは、協同組合が発行する法人ETCカードです。

協同組合が発行する法人ETCカードは

  • クレジット機能なしで、貸し倒れリスクを回避
  • デポジット(保証金)によって、貸し倒れリスクを回避

しているため、返済能力の審査「与信審査」不要で発行できる法人ETCカードとなっています。

teacher
ただし、協同組合が発行する法人ETCカードは、事務手数料などのコスト負担が大きいため、すぐに協同組合が発行する法人ETCカードを発行するのではなく、審査の甘い法人カードにチャレンジしてみて、それでも審査に通らない場合に検討すべき選択肢と言えます。

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
100枚超えの法人カードを徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です