【実際に使った法人カードレビュー】ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカードを実際に利用して評価。限度額、発行日数、審査、利用したメリットデメリット・口コミ評判

man
「ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカードの限度額はどうなっているの?」
「ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカードの審査はどうなっているの?」
「ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカードを実際に使った良い点を教えてください。」
「ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカードを実際に使った悪い点を教えてください。」

実際に法人カード「ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカード」を使った人の意見や口コミ・評価、レビューを知りたいという方は少なくないはずです。

今回は、筆者が保有している法人カード「ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカード」の実際利用した結果のレビューです。実際に使ってみなければ気付くことのできないメリットデメリットやお得な使い方、実際の限度額、発行までに日数、審査、おすすめポイントなどをレビューします。

ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカードの利用状況

ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカードの利用状況

発行した経緯

teacher

筆者は

  • 国内出張
  • 国内旅行
  • 海外出張
  • 海外旅行

に行く機会が多いのですが、

JALマイルは、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードで貯めているのですが

JALは航空便がなく、ANAしか利用できないケースも、少なくありません。

そこで

ANAマイルを貯めやすい法人カード

という点で

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードの発行を決めました。

さらにANAマイルが貯まりやすい上位カードの「ANAダイナース プレミアムカード」のインビテーションが来たので、そのまま「ANAダイナース プレミアムカード」を発行した形になります。

また、上位カードのANAダイナース プレミアムカードも、作っておきたいと思ったのも、一つの理由となっています。

発行時のカードスペック

発行済法人カード申込日時発行日時発行までの期間発行期間備考ショッピング限度額キャッシング限度額審査
ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード
ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード
2019年8月21日2019年9月4日14日ビジネスアカウントカード発行100万円0万円1回目審査通過
国際ブランドDiners
初年度年会費(税別)155,000円
2年目~年会費(税別)155,000円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
ポイント還元率/基本1.50%
ポイント還元率/上限4.50%
ポイント倍増方法●ANAグループでのご利用
100円 → +2.0ポイント

●ANAカードマイルプラス加盟店
100円 → +0.5~1.0ポイント

●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
【年会費特典】初年度年会費無料
【新規入会】最大68,000マイル

ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカードの発行時点のレビュー

インビテーション(招待)

インビテーション(招待)

ANAダイナース:入会日:2019年8月28日
インビテーション(招待)到達日:2020年9月17日
1年間のカード利用額:1,198,060円

発行スピード

申込日:2020年10月7日
入会日:2020年10月15日
カード受取日:2020年10月15日
申込からカード受取までの期間:8日

考察

ANAダイナース プレミアムカードは、ANAダイナースカードを利用しはじめてから、約1年でインビテーション(招待)がきた形になります。

その間のカード利用額は、1,198,060円とそれほど高額ではありませんが、目安として1年継続利用して、100万円程度の利用で、ANAダイナース プレミアムカードのインビテーション(招待)が来ると考えて良いでしょう。

メールでの登録依頼、電話での登録依頼がありました。

ビジネス・アカウントカード

ANAダイナース プレミアムカード発行後にANAダイナースのビジネス・アカウントカードも、ANAダイナース プレミアムカードのビジネス・アカウントカードに自動的に更新されます。

限度額

限度額

ショッピング限度額:100万円
キャッシング限度額:0円
リボ払い 実質年率:15.0%
キャッシング 実質年率:-

考察

ANAダイナース プレミアムカードは、ANAダイナースカードのショッピング限度額と何も変わらない設定でした。

個人カードとしての発行になるため、ショッピング限度額100万円は、十分に高額な限度額設定と言っていいでしょう。法人カードとしての利用でも、十分な金額と言えます。

ただし、上位カードになったので、限度額も引き上げられることを予想してましたが、そうではありません。※増額依頼をした場合には、プレミアムカードの方が増額してもらえる可能性は高くなります。

リボ払いの金利は、上限金利ギリギリの高金利設定です。

審査

インビテーション(招待)型のカードですので、審査はありません。インビテーション(招待)が来た時点で審査通っています。

考察

teacher

インビテーション(招待)の来る条件としては

  • 1年間の利用
  • 100万円以上の利用
  • 返済遅延なし

というものが大まかな目安と言えます。

ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカードは、ブラックカードレベルの法人カードですが、それほど取得が難しいものではありません。

ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカードの実際に使ったからわかるメリット

メリットその1.ANAマイルが貯まりやすい

ANAダイナース プレミアムカードは、ANAダイナースカードよりもさらにANAマイルが貯まりやすくなっています。

ANAダイナースカード

  • 100円 = 1ポイント = 1マイル(ANAマイル) マイル還元率:1.0%

ANAダイナース プレミアムカード

  • 100円 = 1.5ポイント = 1.5マイル(ANAマイル) マイル還元率:1.5%

でANAマイルを貯めることができます。

ANAダイナース プレミアムカードは、これに加えて

  • 入会ボーナスマイル:10,000マイル
  • 継続ボーナスマイル:10,000マイル
  • 搭乗マイルボーナス:+50%
  • 入会キャンペーンのボーナス付与

がありますので

teacher
ANAマイルがザクザク貯まる法人カードと言っても良いでしょう。

メリットその2.国内線ANAラウンジが無料

  • クレジットカード保有者が利用できる空港ラウンジは、クレジットカード会社が運営しているラウンジです。
  • 航空券を購入した方が利用できる空港ラウンジは、航空会社(ANA、JALなど)が運営しているラウンジです。

一般的に航空会社が用意しているラウンジの方が、クレジットカード会社が用意しているラウンジよりも、サービスレベルが高いのです。

ANAダイナース プレミアムカード保有者は、国内線ANAラウンジを無料で利用することができます。

メリットその2.国内線ANAラウンジが無料 メリットその2.国内線ANAラウンジが無料 メリットその2.国内線ANAラウンジが無料 メリットその2.国内線ANAラウンジが無料

通常、ANAのプレミアムメンバーしか利用できない国内線ANAラウンジが無料で利用することができるのです。

国内出張が多い方には、ありがたいサービスとなっています。空港の待ち時間をクレジットカードラウンジよりも優雅に利用することが可能です。

メリットその3.銀座プレミアムラウンジが混雑を回避して利用できる

銀座プレミアムラウンジが利用可能です。

メリットその3.銀座プレミアムラウンジが混雑を回避して利用できる メリットその3.銀座プレミアムラウンジが混雑を回避して利用できる
  • ANAダイナースカード会員 → 銀座プレミアムラウンジのラウンジエリア
  • ANAダイナース プレミアムカード会員 → 銀座プレミアムラウンジのプレミアムエリア
どちらも、混雑しやすいのですが、プレミアム会員専用のプレミアムエリアの方が、対象会員数が少ないので混雑を避けて利用することができます。
teacher
また、プレミアムエリアの方がドリンクやサービスのレベルも高く、居心地の良い空間になっています。

メリットその4.レストラン優待「エグゼクティブ ダイニング」がお得

これはANAダイナースカードと同様ですが

法人カードのおすすめのサービスの中に

  • 2名様以上の利用で1名様分のコース料理が無料

というサービスがあります。

ダイナースにも、同様のサービス「エグゼクティブ ダイニング」があるのですが

  • 高級なレストランが多い(コース料理の金額も高く、無料になるお得度も大きい)
  • 6名以上の利用で2名様分無料というサービスもある

という点が、他の法人カードよりも、お得な点です。

6名以上の会食であれば、2名分安くなるので、高級なお店であっても、十分に34%OFFと変わりません。また、高級なレストランも多いので、接待や会食でも、恥ずかしくないお店がお得に利用できるのです。

メリットその5.家族カードが無料

ANAダイナース プレミアムカードは、家族会員年会費が無料です。

teacher
ご家族の個人カードを作ることで、ご家族が旅行に行く際に手厚い海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険を適用させることができますし、本会員と同等のサービスを利用することができます。

メリットその6.個人と法人の使い分けができる

ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカードの大きなメリットは

  • ANAダイナース プレミアムカード → 個人のプライベート利用
  • ビジネス・アカウントカード → 法人の経費利用

と、一つのクレジットカードで、個人と法人を使い分けられる点にあります。

サブカードとして、Mastercardブランドのダイナースクラブ コンパニオンカード(TRUST CLUB プラチナマスターカード)もついてくるので、使えない加盟店も、かなり少なくなっています。

メリットその6.個人と法人の使い分けができる

ポイントは、個人・法人で合算できるため、マイルも貯まりやすいメリットがあります。

個人事業主や少人数で会社経営している経営者には、個人と法人が一枚で切り替えられるANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカードのメリットは大きいのです。

ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカードの実際に使ったからわかるデメリット

デメリットその1.コンシェルジュデスクがない

ANAダイナースカードは、ステイタスカードではあるのですが、ダイナースクラブの一般カードであることは変わりません。

カードの裏面を見ても、コンシェルジュデスクではなく、ANAカードデスクの連絡先しか書いていないのです。

  • カードデスクですので、カードに関する相談や質問には回答してくれますが
  • コンシェルジュデスクではないので、レストラン手配・提案、旅行手配・提案、チケット手配・提案、お土産手配・提案などには対応してくれないのです。
年会費が高いステイタスカードだからこそ、コンシェルジュデスクは付いているはずと思っている方も少なくありませんが、実際には、カードデスクだけですので注意が必要です。

デメリットその2.海外空港ラウンジは、プライオリティパスより対象空港が少ない

ANAダイナースカードは、独自のネットワークで「海外空港ラウンジ」を無料利用できるようにしています。

デメリットその2.海外空港ラウンジは、プライオリティパスより対象空港が少ない

850カ所の海外空港ラウンジを利用できます。

ただし、プライオリティパスと比較すると

  • ダイナースクラブ海外空港ラウンジ:850カ所
  • プライオリティパス:1500カ所

と、圧倒的にプライオリティパスの方が利用できる海外空港ラウンジが多く

例:ダニエル・K・イノウエ国際空港

プライオリティパス
  • 国際線ターミナル
    IASS Hawaii Lounge
  • インターアイランドターミナル(ハワイ諸島間線ターミナル)
    THE PLUMERIA LOUNGE
ダイナースクラブ海外空港ラウンジ
  • 国際線ターミナル
    IASS Hawaii Lounge

というように

プライオリティパスが使えて、ダイナースクラブが使えない海外空港ラウンジが多い
ダイナースクラブが使えて、プライオリティパスが使えない海外空港ラウンジがほぼない

のですから、プライオリティパスと併用するメリットもないのです。

海外空港ラウンジの面では、プライオリティパスが利用できる法人カードと比較して、劣っていると言わざるを得ません。

デメリットその3.年会費が高い

年会費は、15.5万円(税別)です。

高額な年会費が発生する法人カードとなっています。

ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカードを実際に利用した評価

ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカードを実際に利用した評価
評価基準評価
発行スピード
審査の通りやすさ
限度額の高さ
管理画面・明細
ポイント・マイルのお得さ
年会費の安さ
サポート・コンシェルジェの対応
ステイタス性
海外出張・海外旅行・ホテル優待
レストラン優待
国際ブランドDiners
初年度年会費(税別)155,000円
2年目~年会費(税別)155,000円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
ポイント還元率/基本1.50%
ポイント還元率/上限4.50%
ポイント倍増方法●ANAグループでのご利用
100円 → +2.0ポイント

●ANAカードマイルプラス加盟店
100円 → +0.5~1.0ポイント

●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
【年会費特典】初年度年会費無料
【新規入会】最大68,000マイル

考察

ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカードは

  • 比較的インビテーションが来やすいブラックカード
  • ANAマイルが貯まりやすい
  • 国内線ANAラウンジが利用できる
  • 銀座プレミアムラウンジが混雑を避けて利用できる
  • 家族カードの年会費無料
  • 法人と個人併用可能
  • Mastercard加盟店でもコンパニオンカードで使える
  • レストラン優待が手厚い
  • 海外空港ラウンジが無料利用できる
  • ビジネスクラスの優先チェックインカウンターが使える

という特徴があり、

  • ブラックカードを利用したい会社経営者
  • 銀座ラウンジを頻繁に利用したい会社経営者
  • 個人と法人を併用したい個人事業主や小規模な会社経営者
  • ANAマイルを貯めたい経営者
  • 国内出張、国内旅行に行く機会が多い経営者
  • 海外出張、海外旅行に行く機会が多い経営者

におすすめできる法人カードです。

teacher

筆者も、ANAマイルを貯めながら、国内線ANAラウンジ、銀座プレミアムラウンジが利用できる法人カードとして重宝しています。

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
法人カード

おすすめのビジネスカードはこちら
ビジネスカード

コメントを残す

You have to agree to the comment policy.

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。