三井住友ビジネスカード/ゴールドカード

目次

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードとは

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードは、三井住友カード株式会社が発行しているプロパーカードのゴールドカードスペックの法人カードです。

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードの大きな特徴は「プロパーカードのゴールドカードスペックの法人カードであること」「ポイント還元率は0.50%」「限度額は最高300万円と高めの設定」「iDやプリペイドカードのキャッシュバック還元率は0.50%」「最高5,000万円の海外旅行傷害保険」「最高5,000万円の国内旅行傷害保険」「国内主要空港ラウンジ無料利用可能」「プラスEXサービス」「航空券チケットレス発券サービス」「トラベルデスク」「エアライン&ホテルデスク」「海外レンタカー優待サービス」「ビジネス用じゃらんnet ホテル予約」「ビジネス優待あり」「福利厚生代行サービス」「最高300万円までのショッピング保険付帯(海外)」「海外のみキャッシングが可能」などがあります。

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードは信頼性の高いプロパーカードのゴールドカードであり、総合力の高い法人カードとして定評があり、プラチナカードへ将来的に切り替えることも可能なメリットがあります。プロパーカードの三井住友カードが良いと思っても、一般カードはちょっと社長としてはカッコ悪いと思う方に人気があるようです。限度額も300万円で、最高300万円までのショッピング保険も付帯されているので使い勝手の良い法人カードになっています。

サービス面ではチケットレスで新幹線や飛行機を利用でき、法人優待価格での利用、ホテルや宿泊先、トラブル時の対応デスク、海外旅行損害保険、国内旅行傷害保険、国内空港ラウンジなどがあるので、国内出張、海外出張で活躍する法人カードとなっています。また、海外利用のみ現地通貨でのキャッシングが最高30万円までの枠で利用できるので、出張時にお金がなくなってしまっても、現地通貨でお近くの海外ATMからキャッシングすることができます。

デメリットとしては、年会費は一般カードよりも割高に設定されているのですが、サービス面での違いは限度額、保険金額、国内空港ラウンジ程度しかないということです。

総合力が高く、ステイタス性も一定以上はある法人カードを探している法人経営者におすすめできる法人カードとなっています。

三井住友ビジネスカードキャンペーン 2018年5月最新情報

【期間限定】入会で最大11,000円分のポイント

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 34

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード
7.3

年会費の安さ・コスパ

6.5 /10

ポイントや優待のお得さ

7.1 /10

ビジネス面での活躍

7.8 /10

使い勝手の良さ

7.0 /10

ステイタス性

8.0 /10

良い点

  • プロパーカードのゴールドカード
  • ショッピング限度額は最高300万円
  • iDやプリペイドカードのキャッシュバック還元率は0.50%
  • 出張向けのサービスが多い
  • 国内空港ラウンジが無料

悪い点

  • 年会費が高い
  • 一般カードとの違いが少ない
  • ショッピング保険が海外のみ

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードスペック

人気ランキング13位
法人カード名三井住友ビジネスカード/ゴールドカード
三井住友ビジネスカード/ゴールドカード
カード会社三井住友カード
国際ブランドVISA
カードランクゴールドカード,プロパーカード
申込み対象法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)10,000円
2年目~年会費(税別)10,000円
年会費優遇条件-
ショッピング限度額/下限20万円
ショッピング限度額/上限300万円
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限9.00%
上限のポイント取得方法●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍
マイル還元率/上限0.30%
海外旅行障害保険最高5,000万円(一部利用付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードメリット

  • プロパーカードのゴールドカードスペックの法人カードであること
  • ポイント還元率は0.50%
  • iDやプリペイドカードのキャッシュバック還元率は0.50%
  • ショッピング限度額は最高300万円
  • 最高5,000万円の海外旅行傷害保険
  • 最高5,000万円の国内旅行傷害保険
  • 国内主要空港ラウンジ利用可能
  • プラスEXサービス
  • 航空券チケットレス発券サービス
  • トラベルデスク
  • エアライン&ホテルデスク
  • 海外レンタカー優待サービス
  • ビジネス用じゃらんnet ホテル予約
  • ビジネス優待あり
  • 福利厚生代行サービス
  • 最高300万円までのショッピング保険付帯(海外)
  • 海外のみキャッシングが可能

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードデメリット

  • 年会費が高い
  • 一般カードとの違いが少ない
  • ショッピング保険が海外のみ

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードおすすめポイント

concierge

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードは「プロパーカードのゴールドカードであるステイタス性」「出張に強い法人カード」という点が大きなメリットと言えます。

とくに三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カードでも、十分に」「プラスEXサービス」「航空券チケットレス発券サービス」「トラベルデスク」「エアライン&ホテルデスク」「海外レンタカー優待サービス」「ビジネス用じゃらんnet ホテル予約」と出張向けのサービスが整っているのですが

  • 社長なのに一般カードは恥ずかしい
  • 一般カードの限度額100万円では足らない
  • 海外旅行や国内旅行の保険額が2000万円では安心できない

という方も少なくありません。

このような考え方の経営者の方は、三井住友ビジネスカード/ゴールドカードを選ぶようです。

限度額も300万円あれば、社員数が数名~10数名の中小企業であればそれほど困らず、プロパーカードのゴールドカードですので、対外的な信用を損なうこともないからです。

上記のような考え方で、三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カードもいいんだけど、限度額が足らない、保険金額が足らない、ゴールドカードのステイタス性が必要という方におすすめできる法人カードとなっています。

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード年会費

年会費は10,000円(税別)の年会費が発生します。

初年度年会費(税別)10,000円
2年目~年会費(税別)10,000円
年会費優遇条件-

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードポイント・キャッシュバック

ポイント還元率

ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限9.00%
上限のポイント取得方法●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍
ポイントサイト経由●ポイントUPモール
最大20倍
ポイントプログラムワールドプレゼント

ポイント倍増

  • ポイントUPモール:2倍~20倍
  • ココイコ!:2倍~10倍

ネットショッピングでのポイント倍増「ポイントUPモール」と街の店舗で利用してポイント倍増の「ココイコ!」が利用できます。

キャッシュバック

貯めたワールドプレゼントのポイントはキャッシュバックが可能です。

  • キャッシュバック:キャッシュバック率0.3%
  • iDキャッシュバック:キャッシュバック率0.5%
  • 三井住友VISAプリペイド:キャッシュバック率0.5%
キャッシュバックプログラム○還元率0.3%~0.5%

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードマイル

直接マイルが貯まるわけではありませんが、ワールドプレゼントのポイントはマイルに交換することが可能です。

  • ANAマイル:1ポイント → 5マイル ※5マイルコース:手数料無料
  • ANAマイル:1ポイント → 10マイル ※10マイルコース:手数6,000円(税別)

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード審査

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードの審査のハードルは低めの設定

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードはプロパーカードの法人カードの中では審査のハードが低く設定されていると推察されます。これは筆者が同時期にJCB法人カードと2枚申込んだところ、JCB法人カードの審査は落ちて、三井住友ビジネスカードの審査には通ったからです。ただし、ゴールドカードなので一般カードよりは当然審査は厳しくなります。

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード限度額

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードの限度額は20万円~300万円と中小企業であれば十分な限度額設定となっています。

ショッピング限度額/下限20万円
ショッピング限度額/上限300万円
キャッシング限度額/下限-
キャッシング限度額/上限-

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードキャッシング

国内でのキャッシング利用はできません。しかし、海外でのキャッシングのみ限度額最大30万円でキャッシングが可能です。キャッシングは現地通貨でできるため、いざという時もお近くの海外ATMで現金を引き出せます。

キャッシング限度額/下限-
キャッシング限度額/上限-
キャッシング利率-

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード締日/支払(引き落とし)日

リボ払い手数料(利息)-
締日毎月15日締め(翌月10日支払) or 毎月末日締め(翌月26日支払)
支払日毎月15日締め(翌月10日支払) or 毎月末日締め(翌月26日支払)
支払いまでの猶予日数(最長)55日

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード追加カード

子カード(社員用)

追加カード/初年度年会費(税別)2,000円
追加カード/2年目~年会費(税別)2,000円
追加カード発行枚数制限20枚

法人ETCカード

ETCカード/初年度年会費(税別)0円
ETCカード/2年目~年会費(税別)500円※年1回利用で無料
ETCカード発行枚数制限無制限

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード保険サービス

海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険付帯条件自動付帯 ※利用時と補償内容が変わる
海外旅行傷害保険/家族特約条件-
海外旅行傷害保険/死亡・後遺障害最高5,000万円
海外旅行傷害保険/傷害治療費用最高300万円
海外旅行傷害保険/疾病治療費用最高300万円
海外旅行傷害保険/賠償責任最高5,000万円
海外旅行傷害保険/携行品損害最高50万円
海外旅行傷害保険/救援者費用最高500万円
海外航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
海外航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)-
海外航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
海外航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-

国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険付帯条件利用付帯
国内旅行傷害保険/死亡・後遺障害最高5,000万円
国内旅行傷害保険/入院日額5,000円/日
国内旅行傷害保険/手術費用最高20万円
国内旅行傷害保険/通院日額2,000円/日
国内航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
国内航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)-
国内航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
国内航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-

ショッピング保険

ショッピング保険付帯条件カード購入+90日間
ショッピング保険/海外最高300万円
ショッピング保険/国内-

その他保険

ライフアクシデントケア制度/空き巣被害見舞金-
犯罪被害障害保険/死亡・後遺障害-
犯罪被害障害保険/入院日額-
犯罪被害障害保険/通院日額-

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード海外旅行/国内旅行サービス

空港ラウンジ

国内の主要空港の空港ラウンジを無料で利用できます。

空港ラウンジ海外-
空港ラウンジ国内
空港手荷物無料-
空港ハイヤー送迎-

プラスEX

東海道新幹線(東京~新大阪間)のネット予約&IC乗車サービスでチケットレスでの新幹線利用が可能です。

ANA@desk、JAL ONLINE

ANA・JALの国内航空券をチケットレスで予約・発券できる法人カード向けのサービスです。

VJデスク

世界の主要都市に設置されているトラベルデスクです。レストランやチケットの予約、法人カードの紛失、盗難時のサポートがうけられます。

エアライン&ホテルデスク

ご希望の路線の国際線航空券と世界各地のホテルのご予約・手配が利用できます。

ビジネス用じゃらんnet ホテル予約

法人カード会員限定で利用できる国内宿泊施設予約サービスです。法人向けの優待価格プランもあります。

海外キャッシングサービス

法人カードは通常はキャッシング機能はついていないものがほとんどですが、海外に限り三井住友ビジネスカードはキャッシング利用が可能です。海外のATMで簡単に現地通貨でキャッシングができるので、両替の必要もなく、海外で資金不足になったときに活躍します。

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードビジネスサービス

コンシェルジュデスク

コンシェルジュデスクビジネスサポートデスク,トラベルデスク(VJデスク),エアライン&ホテルデスク

各種優待

WEB明細
経営管理レポート-
ビジネス情報データベース-
コンサルティング-
レンタルオフィス-
法人弁護士など専門家紹介-
オフィス用品優待
会計ソフト優待
タクシーチケット
福利厚生
宿泊・ホテル優待
レストラン優待
融資金利優待-
その他サービス財務会計システムデータ連携サービス
航空券チケットレス発券サービス
国内ゴルフエントリーサービス

ビジネス優待

  • アスクルサービス
  • DHLエクスプレス
  • 日産レンタカー
  • タイムズ カー レンタル
  • アート引越センター

など多彩なビジネス向けの優待サービスが利用できます。

福利厚生の優待

全国で福利厚生サービスを展開する「ベネフィット・ステーション」 を優待価格で利用することができます。社員の福利厚生を格安価格で充実させることが可能です。

Visaビジネスオファー

Visaブランドの法人向けビジネス優待サービスです。ビジネス消耗品の購入や出張・会議室のご利用まで、様々なビジネス優待サービスが用意されています。

財務会計システムデータ連携サービス

財務会計システム「勘定奉行」と「三井住友法人クレジットカード利用明細」が自動的に連動する機能です、

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード飲食・ショッピング関連サービス

Visaビジネスグルメオファー

Visaブランドの法人向けレストラン優待サービスです。全国のレストランが優待特典付きで利用できます。

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード自動車関連サービス

法人ETCカードは年会費初年度無料

1枚の三井住友ビジネスカード/ゴールドカードに対して、複数枚の法人ETCカードが発行できます。ただし、年会費は初年度無料ですが次年度から500円(税別)発生するので注意が必要です。

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード国際ブランド関連サービス

ビジネス優待プログラムVisaビジネスオファー,Visaビジネスグルメオファー

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード注目サービス

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード体験談

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード発行までの流れ

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード上位のカード紹介

三井住友ビジネスカード/プラチナカード

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード口コミ・評判

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード
7.3

年会費の安さ・コスパ

6.5 /10

ポイントや優待のお得さ

7.1 /10

ビジネス面での活躍

7.8 /10

使い勝手の良さ

7.0 /10

ステイタス性

8.0 /10

良い点

  • プロパーカードのゴールドカード
  • ショッピング限度額は最高300万円
  • iDやプリペイドカードのキャッシュバック還元率は0.50%
  • 出張向けのサービスが多い
  • 国内空港ラウンジが無料

悪い点

  • 年会費が高い
  • 一般カードとの違いが少ない
  • ショッピング保険が海外のみ

34 件のコメント

  • 年会費の安さ・コスパ

    6.00

    ポイントや優待のお得さ

    3.00

    ビジネス面での活躍

    8.00

    使い勝手の良さ

    7.00

    ステイタス性

    6.00

    総合評価
    6点/10点
    満足

     

    職種:一般社員(その他)
    月額カード利用額:1万円~5万円未満
    法人カード利用歴:1万円~5万円未満
    設定されているショッピング限度額:1万円~5万円未満

    この法人カードを選んだ理由

    ステイタス性の高い法人カードだから

    よく使うシチュレーション

    海外出張

    選択した法人カードを利用していて良かった点・満足しているところ

    とりあえず海外で使用できる場所かどうか不安に思う必要がない、というステータス面での充実度が一つ良かったと思う点です。クレジットカードが使えるところなら何の問題もなく使用できましたので、その意味で気楽に過ごすことが出来ました。後日明細も送られてきて分かり易かったので、事後確認もやり易かったと思います。また、実際に利用する機会はありませんでしたが、海外における物損等に対する保険のサポートが付いていた事も良かったことにあると思います。自分はとにかく海外旅行になれておらず、海外へ行くことに対して強く不安を持つ傾向にありましたので、少なくとも金銭面での不安要素を取り除いてくれるカードの存在は助かりました。

    選択した法人カードを利用していて悪かった点・不満

    自分の知識が不十分なだけかもしれませんが、空港のラウンジや色々なサービスなど、カードを持っている事で利用できるサービスにどのようなものがあるのか十分に理解できていなかったのが不満としては有ります。ゴールドカードというだけで何でも使えるという事ではないと思いますが、そのあたりを分かり易く定期的に紹介してくれれば、もっと使う機会があって、より良かったのかもしれません。また、ポイント面ではほぼ普通のカードと差が無かったように思います。そもそも出張においての利用でしたので、大きなポイントを目当てに出かけている訳でもありませんが、使用して還元されるものが殆ど期待できないというのは、少し残念だったと思います。

  • 年会費の安さ・コスパ

    0.00

    ポイントや優待のお得さ

    8.00

    ビジネス面での活躍

    8.00

    使い勝手の良さ

    6.00

    ステイタス性

    7.00

    総合評価
    7.4点/10点
    満足

     

    職種:主任/リーダー/チーフ/店長
    月額カード利用額:6万円~10万円未満
    法人カード利用歴:6万円~10万円未満
    設定されているショッピング限度額:6万円~10万円未満

    この法人カードを選んだ理由

    年会費が安いからステイタス性の高い法人カードだから

    よく使うシチュレーション

    国内出張
    プライベート旅行

    選択した法人カードを利用していて良かった点・満足しているところ

    国内や海外旅行時に、空港の専用ラウンジを利用できるのが最も役にたった点です。また、旅行保険に加入するための条件も他のカードより良かったため利用していました。入社と同時に審査なしで作成できたため、個人で他社カードを作成するまでのつなぎとして普段のショッピングなどでも利用しており、助かりました。溜まったポイントは他のポイントに変換できたため、普段のショッピングであまり利用しなくなった後でも、溜まったポイントが無駄になりませんでした。給与振込口座と同じ金融機関グループのカードのため、便利な点もありました。あとは、一応ゴールドカードのため、使う時にすこし格好が良かったというのも、良かった点ではないかと思います。

    選択した法人カードを利用していて悪かった点・不満

    現在メインで使用している楽天カードとくらべると、ポイント還元率が低く、ショッピングサイトで直接使用できるポイントでもないので、不便です。目的別に複数のカードを持つようになると、特定の目的(空港ラウンジ利用や旅行保険など)以外では利用しなくなりました。会社を通じて契約したカードのため、キャッシングやリボ払いなどは利用するのに抵抗があり、どうしても用途が限られると思います。利用限度額を少な目に設定してしまったため、海外旅行時に旅行保険を使おうとすると、旅行代金の支払いが同じクレジットカードである必要ががある場合、限度額をオーバーする可能性があり、複数人数の旅行では利用できないという問題もありました。

  • 年会費の安さ・コスパ

    10.00

    ポイントや優待のお得さ

    5.00

    ビジネス面での活躍

    10.00

    使い勝手の良さ

    5.00

    ステイタス性

    2.00

    総合評価
    6.4点/10点
    満足

     

    職種:一般社員(その他)
    月額カード利用額:6万円~10万円未満
    法人カード利用歴:6万円~10万円未満
    設定されているショッピング限度額:6万円~10万円未満

    この法人カードを選んだ理由

    選択肢に該当なし

    よく使うシチュレーション

    国内出張
    海外出張
    プライベート旅行

    選択した法人カードを利用していて良かった点・満足しているところ

    三井住友ビジネスカードは、国内はもちろん、海外でも利用できる場所が多くて良いです。とくにJCBカードが、使えないときの代替として利用することが多かったです。日本では田舎のレジャースポットや、レストラン、温泉旅館などでは三井住友が利用でき、大金を持ち歩く必要がなくて便利でした。海外では4つ星以上の大型ホテルではどこのカードでも使用できますが、すこし節約してリーズナブルなホテルに宿泊したときは、JCBが利用できず、いつも三井住友を利用しています。外資系ホテルでは、デポジットの代わりにカードを事前に提示しないといけないですし、ステイタスカードやクレジットヒストリーで信頼を保証してもらう要素が強いため、持っていてよかったといつも感じます。またカードに顔写真が入っているため悪用の恐れも少なく海外で安心して使用できました。

    選択した法人カードを利用していて悪かった点・不満

    ポイントなどについての案内が不明瞭で、一度もポイントを活用したことがないです。自分が何ポイントたまっているかや、どういった商品や別のポイントに還元できるかなどについて、ホームページで調べようと思っても、少し見辛くて、時間もないため諦めています。せっかく結構金額を使用してるので、ポイントの活用方法について積極的な案内をいただけたりすると嬉しいです。付属のETCカードももっていましたが、デザイン性が悪く現在はやめました。ETCカードもステイタスカードに合わせて少し高級感のある色合いやデザインにしてくれると持ち歩きやすくてよかったです。車にこだわりがあり、内装もこだわっていたため、安っぽいETCカードを差し込むのが少し不満でした。

  • 年会費の安さ・コスパ

    0.00

    ポイントや優待のお得さ

    10.00

    ビジネス面での活躍

    5.00

    使い勝手の良さ

    5.00

    ステイタス性

    10.00

    総合評価
    8点/10点
    とても満足

     

    職種:一般社員(経理担当)
    月額カード利用額:50万円~100万円未満
    法人カード利用歴:50万円~100万円未満
    設定されているショッピング限度額:50万円~100万円未満

    この法人カードを選んだ理由

    法人ETCカードの年会費が安いから

    よく使うシチュレーション

    海外出張
    備品の購入
    書籍の購入

    選択した法人カードを利用していて良かった点・満足しているところ

    学術研究機関で導入したが、インターネットでしか購入できない物品や国内よりも海外で購入したほうが安価な物品の購入、また海外学会費について、機関の経費として直接処理できる点が教員には好評だった。海外で開催される各種学会の参加費や会費の決済についてはほとんどがクレジットカードのみのため、法人カード導入前は、教員個人が立て替えた後経費精算していた。またゴールドカードなので、海外旅行で盗難にあった時の補償額が高く、海外出張で空港ラウンジが利用可能だったことからトランジットの際にゆったり過ごせると教員からは好評であった。さらに、カード会社から月締めで利用一覧表が送付され、本部の経理で一括して利用状況の管理を行っていたため、学部事務室の事務負担が軽くなった。

    選択した法人カードを利用していて悪かった点・不満

    研究機関のルールに沿わない法人カードの使い方をしている教員がおり、経費精算の際に経理担当部署と教員間でトラブルが発生したことがある。また、1回の利用額が税込50万円以下であれば何回カードを使っても良いというルールだったため、本来であれば見積合わせを行い、より安価な価格で購入できる物品であっても、手続きが楽だからという安易な理由で法人カードを乱用する教員もいた。他に、公私混同と疑われる経費の使用も見受けられた。さらに、カード決済と予算管理とがリンクしていないという点でも課題があった。決済時に支出予算を事前に決めない教員が多数おり、後日当該経費を精算する際に予算残高が不足したため予算のやり繰りをする手間が必要になる、といったケースも散見された。

  • 年会費の安さ・コスパ

    0.00

    ポイントや優待のお得さ

    5.00

    ビジネス面での活躍

    5.00

    使い勝手の良さ

    5.00

    ステイタス性

    8.00

    総合評価
    6.4点/10点
    満足

     

    職種:その他
    月額カード利用額:1万円~5万円未満
    法人カード利用歴:1万円~5万円未満
    設定されているショッピング限度額:1万円~5万円未満

    この法人カードを選んだ理由

    空港ラウンジや空港関連サービスが充実していたから

    よく使うシチュレーション

    オンラインサービスの支払い

    選択した法人カードを利用していて良かった点・満足しているところ

    まず初めに、こちらの法人カードの発行先にはもう勤めておりません。それどころか正社員でなく派遣社員として派遣先で働いておりましたが法人カードが作れるという事を聞いてすぐに作りました。派遣の契約終了後も使い続けることができると聞いたのでその点は大いに魅力的でした。その他にも家族カードが発行できるため、カードのローンや支払い管理が家族単位で行えるのも非常に便利でした。個人でも三井住友のカードは持っており、メインで利用しているカードのうちの一つなのでウェブサイトも使い慣れており、同じ使い勝手で利用できる点も非常に有難かったです。海外に行くときは空港ラウンジが利用できる点も非常に魅力的で重宝しております。

    選択した法人カードを利用していて悪かった点・不満

    手数料にはあまりお得感はありません。個人で同クラスのステータスのカードが持てるのであればあまり魅力は無いかもしれません。私のカードの発行元は当時日本を代表する大企業でしたので、比較的審査も緩く退社後もカードホルダーでいられましたが、会社によってはそれができるのかは不明です。家族カードを発行すると家族間で利用限度額を共有するため、しっかりと情報共有ができていないと限度額を知らないうちに超えてしまう事があります。その他特に大きな不満はありませんが、強いて言うのであればカードのデザインが古臭く、もう少し何とかして頂きたいと感じます。THEゴールドカードというようなありきたりなデザインであまり人前で見せたいとは思いません。

  • 年会費の安さ・コスパ

    0.00

    ポイントや優待のお得さ

    4.00

    ビジネス面での活躍

    4.00

    使い勝手の良さ

    8.00

    ステイタス性

    7.00

    総合評価
    6.4点/10点
    満足

     

    職種:専務/常務/監査役
    月額カード利用額:30万円~50万円未満
    法人カード利用歴:30万円~50万円未満
    設定されているショッピング限度額:30万円~50万円未満

    この法人カードを選んだ理由

    法人ETCカードの年会費が安いから
    審査が通りそうだったから
    個人で使っているのと同じカード会社だから

    よく使うシチュレーション

    国内出張
    接待
    社員との食事・飲み会
    通信費の支払い
    オンラインサービスの支払い
    PC等の購入
    自動車のETC料金

    選択した法人カードを利用していて良かった点・満足しているところ

    やはりステータス面では文句のつけようがないカードでしょう。取引先への接待、会社関係の飲み会などで出しても恥ずかしくありません。ETCも付帯できるのですがカード本体と同じように初年度無料ですし、ETCを1年に1回でも使えば翌年のETC分の年会費は無料になります。(年会費500円+税)頻繁に高速を使う機会があるので、実質的な年会費はかかっていません。国内の空港ラウンジも利用できますから、主に出張などの時に重宝しています。もちろん電子マネーサービス「iD」も付帯できるのでコンビニなどでちょっとした事務用品などを買い物をする際などに電子記録として残り、経費の計上がスムーズに進みます。自分のプライベートカードが三井住友VISAと言うこともありこのカードにしました。

    選択した法人カードを利用していて悪かった点・不満

    ポイントの還元率は0.5%とやはりプライベートカードと比べると貯まりにくいな、と言う印象です。プライベートカードよりもこちらの法人カードの方が使う額も大きいのでポイント数的には大差はないのですが、こんなに使ってこれだけしか貯まってないの?と毎回思ってしまいます。年会費も他の会社の法人ゴールドカードと比較すると初年度は無料なのですが、2年目からは10000円(税別)もかかってしまいます。この10000円分のサービズを受けられているのか、と聞かれると少し悩んでしまいます。それと法人カードを持つことにより私用との支払いを明確に分担出来るかと思いましたが、逆に今まで私用で払っていた支払いも簡単に払うことが出来てしまうので法人カードで払ってしまい経費が膨れあがってしまいます。私用の支払いと経費をしっかり分担して支払わないと資金繰りが難しくなります。

  • 年会費の安さ・コスパ

    0.00

    ポイントや優待のお得さ

    5.00

    ビジネス面での活躍

    5.00

    使い勝手の良さ

    5.00

    ステイタス性

    5.00

    総合評価
    4.4点/10点
    普通

     

    職種:一般社員(その他)
    月額カード利用額:10万円~20万円未満
    法人カード利用歴:10万円~20万円未満
    設定されているショッピング限度額:10万円~20万円未満

    この法人カードを選んだ理由

    選択肢に該当なし

    よく使うシチュレーション

    国内出張
    備品の購入

    選択した法人カードを利用していて良かった点・満足しているところ

    法人カード自体は、会社から支給されたもので、引き立ち等すべて会社口座から落ちます。出張先での接待費や手土産代含め、仕事に関する経費一切は法人カードで支払い可能なため、立て替えることがない点では、法人カードを支給されていて良かった点です。昔は、全て立て替えだったようで、精算時期によっては引き落とされるタイミングと会社からの振込が合わず、引き落ちが間に合わないこともあったようです。その時と比べると法人カードの支給はとても良いです。
    また、ゴールドカードのため、出張などが重なったとしても、限度額を気にすることがない点も利用していて良かったところです。個人カードだと、限度額も考えながら行動しないといけないので、そのストレスがかからない法人カードに対しては満足してます。

    選択した法人カードを利用していて悪かった点・不満

    不満点としては、空港ラウンジの利用がしにくい点です。国内出張が多い私は、頻繁に飛行機を利用するのですが、大概JALやANAを利用します。しかし、法人カードが三井住友系のため、クレジットカード専用のラウンジしか入ることが出来ず、そこは搭乗口からも離れており、使い勝手としたら不便です。会社として、JALかANAの法人カードも用意してくれれば、有難いと思うところです。
    完全に、普段と仕事で使い分けをしているため、日常生活で利用することがないため、今の法人カードに対しての不満はありませんが、会社として会社名だけ貸してくれ、個人が利用できるようの法人カードを提携してくれると更に使い勝手もよくなり法人カードに対する不満は解消されます。

  • 年会費の安さ・コスパ

    5.00

    ポイントや優待のお得さ

    5.00

    ビジネス面での活躍

    7.00

    使い勝手の良さ

    5.00

    ステイタス性

    5.00

    総合評価
    5.4点/10点
    普通

     

    職種:一般社員(その他)
    月額カード利用額:1万円~5万円未満
    法人カード利用歴:1万円~5万円未満
    設定されているショッピング限度額:1万円~5万円未満

    この法人カードを選んだ理由

    取引先や親会社などの付き合いで

    よく使うシチュレーション

    国内出張
    社員との食事・飲み会
    備品の購入

    選択した法人カードを利用していて良かった点・満足しているところ

    例えば出張費や旅費など、高額な出費も自分のお財布から建て替える必要がまったくないためとても便利だと思う。特に新幹線を利用する場合は、法人カードで切符を購入するとエクスプレスカードで予約でき、切符を発券する必要もないので楽だと思う。一方でこまかい数百円単位の備品購入にもカードを使ってネットで購入すれば、こちらも自分の建て替え分がないし小口現金で支払われることもないので自分はもちろん、経理の担当者も楽なのではないかなと思う。また、経費精算のときに経費精算システムを使っており、法人カードで購入した明細データが勝手に経費精算システムに取り込まれる。そのため自分で出張費や旅費の経費精算のために金額や利用した日にちなど手入力することないので、これはとても満足度が高い。

    選択した法人カードを利用していて悪かった点・不満

    こまかい数百円単位の物品購入も法人カードで購入しており、あるときその物品を購入した会社がカードのデータ情報が漏洩したことがあった。自分のカード情報は幸いにも漏洩していたリストには入っていなかったが、その会社にカード情報がそのまま残ることは危険という会社の判断で、一度カードが利用できなくなり再発行することになった。再発行を待つ間に出張が重なってしまい、このときは出張費(主に新幹線代)を自分で建て替えなければならなくなってしまったため困った。このときは私だけでなく他のメンバーも同じ情報漏洩が起きた会社でネット決済に法人カードを使っていたため、会社としては多くの人が振り回されることになってしまった。普段からこまかい物品購入も法人カードを使っているため、イレギュラーではなるが情報漏洩などが起きた場合に怖いな、と思った。

  • 年会費の安さ・コスパ

    5.00

    ポイントや優待のお得さ

    5.00

    ビジネス面での活躍

    5.00

    使い勝手の良さ

    5.00

    ステイタス性

    5.00

    総合評価
    5点/10点
    普通

     

    職種:一般社員(経理担当)
    月額カード利用額:20万円~30万円未満
    法人カード利用歴:20万円~30万円未満
    設定されているショッピング限度額:20万円~30万円未満

    この法人カードを選んだ理由

    個人で使っているのと同じカード会社だから

    よく使うシチュレーション

    備品の購入

    選択した法人カードを利用していて良かった点・満足しているところ

    まず、個人でも同会社のカードを使用しているため、使い勝手はほぼ変わらないという部分が良いと感じました。また、企業ブランドもしっかりとしているため、全く不安がありません。ETCカードの複数枚発行にも対応しておりますし、実用上不便を感じたことはございません。キャッシングリボの枠がない、という部分はございますが、なかなか企業でキャッシングリボを利用する方は少ないのではないでしょうか・・・。旅行損害保険についても、2000万円まで対応しておりますし、上述している通り必要最低限ではあるかな、といった感じです。年会費も他のカードと比較して非常に安価ですし、とりあえず法人用カードが必要と言った方にはとてもお勧めのカードではないでしょうか。

    選択した法人カードを利用していて悪かった点・不満

    年会費相応と言った部分はございますが、3点不満がございます。
    1点目、支払い方法が1回払いのみであること。会社の状況、金額によっては複数回分割を許容して欲しいところではございます。
    2点目、追加電子マネーが少ない(ETCのみ)であること。Pitapa等も追加電子マネー扱いで行なっていただければ、経費処理がもう少し楽になるのでは、と感じている部分がございます。
    3点目、支払い締めと支払日が選択できないこと。こちらのカードですと、15日締め翌月10日支払いの一択のみです。会社の締め日などに応じて柔軟に対応して欲しい、というところが心の声です。
    以上、3つ不満点を記入しましたが、冒頭にも記載した通り、年会費相当のカードのように思います。通常利用するぶんには満足しております。

  • 年会費の安さ・コスパ

    8.00

    ポイントや優待のお得さ

    3.00

    ビジネス面での活躍

    7.00

    使い勝手の良さ

    6.00

    ステイタス性

    8.00

    総合評価
    6.4点/10点
    満足

     

    職種:一般社員(その他)
    月額カード利用額:6万円~10万円未満
    法人カード利用歴:6万円~10万円未満
    設定されているショッピング限度額:6万円~10万円未満

    この法人カードを選んだ理由

    ビジネスの優待サービスが充実していたから
    取引先や親会社などの付き合いで

    よく使うシチュレーション

    国内出張
    自動車のETC料金

    選択した法人カードを利用していて良かった点・満足しているところ

    会社費用の決済と出張時の保険代わりに加入させられていました。
    様々な会社移り歩いていますが、経費の精算処理をしなくて良い会社はここだけでした。
    クレジットカードの利用は全て経費として自動申請してくれるのが斬新で良いと思います。
    (クレジットカード会社のサービスかどうかわかりませんが、、、)

    また、三井住友ゴールドカードということでステータス性もあるようで、お客様との会食の会計をすると儲かってるね〜と声をかけられることもありました。
    保険は自動付帯されてるものは個人の旅行にも適用されるようで、実際に使うことはありませんでしたが、海外旅行の際に別途保険を勧められましたが加入しなくも十分な保証内容で費用を抑えられました。

    選択した法人カードを利用していて悪かった点・不満

    個人のカードではなく、法人のため、ポイントや値引き等は全て会社側に権利がついているようで、ログイン情報も持たされませんでした。
    どれだけ使っても特になることもないですし、用途も事業経費のみに使わなければ行けないのでメリットを享受することはできません。
    逆に怪しい利用があると報告が必要になりますが、2ヶ月後に問い合わせられることもあるため、覚えていないことも多かったです。
    もっとも、仕事上のスケジュールを共有カレンダーで管理されていたので仕事以外で使っていなければわかるはずですが。
    一度だけ不正利用があった際に問い合わせがありわからなかったのですが、すぐにカード会社が対応してくれたようで疑いは晴れました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です