ポイント還元率の高い法人カードよりマイル還元率の高い法人カードをおすすめする理由

man
「ポイント還元率の高い法人カードよりも、マイル還元率が高い法人カードの方がおすすめというのはどういうことでしょうか?」

法人カードには、ポイントが貯まりやすいカードとマイル(マイレージ)が貯まりやすいカードがあります。お得に利用することを考えた場合には、マイル(マイレージ)が貯まりやすい法人カードをおすすめします。その理由を解説します。

ポイント還元率の高い法人カードよりマイル還元率の高い法人カード

ポイント還元率の高い法人カードよりマイル還元率の高い法人カード

法人カードの中には

  • ポイントが貯まりやすい法人カード
  • マイルが貯まりやすい法人カード

があります。

ポイントが貯まりやすい法人カードの代表格

NTTファイナンス Bizカード ゴールド

年会費:永年無料
ポイント付与:1,000円 → 10ポイント
付与されるポイント:ポイント
ポイント価値:1ポイント → 1円
ベースのポイント還元率:1.0%

楽天ビジネスカード

年会費:13,300円(税込)
ポイント付与:100円 → 1ポイント
付与されるポイント:楽天ポイント
ポイント価値:1ポイント → 1円
ベースのポイント還元率:1.0%

マイルが貯まりやすい法人カードの代表格

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費:22,000円(税込)
マイル付与:100円 → 1マイル ※SAISON MILE CLUB無料加入
付与されるマイル:JALマイル
ベースのマイル還元率:1.00%
ポイント付与:2,000円 → 1ポイント
付与されるポイント:永久不滅ポイント
ポイント価値:1ポイント → 5円
ベースのポイント還元率:0.25%

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード

年会費:29,700円(税込)+2,200円(税込)※ビジネス・アカウントカード
マイル付与:100円 → 1マイル
入会ボーナスマイル:2,000マイル
継続ボーナスマイル:2,000マイル
フライトボーナス:+25%
付与されるマイル:ANAマイル
ベースのマイル還元率:1.00%

ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカード

年会費:155,500円(税込)+2,200円(税込)※ビジネス・アカウントカード
マイル付与:100円 → 2マイル
入会ボーナスマイル:10,000マイル
継続ボーナスマイル:10,000マイル
フライトボーナス:+50%
付与されるマイル:ANAマイル
ベースのマイル還元率:2.00%

ポイント還元率の高い法人カードよりマイル還元率の高い法人カードをおすすめする理由

ポイント還元率の高い法人カードよりマイル還元率の高い法人カードをおすすめする理由

理由その1.貯めたマイルもポイントやギフト券に同率で交換できる

「マイルは航空券にしか使えない。」と思っている人も意外と多いのですが

マイルは「ポイントに交換する」という選択肢があります。

2020年12月時点

ANAマイルの交換できる主なポイント

ANAマイルの交換できる主なポイント
  • iTunesギフトコード 10,000マイル → 10,000円分のiTunesギフトコード
  • 電子マネー「楽天Edy」 10,000マイル → 10,000円分のEdy
  • 楽天ポイント 10,000マイル → 楽天ポイント10,000ポイント
  • Tポイント 10,000マイル → Tポイント10,000ポイント
  • nanacoポイント 10,000マイル → nanacoポイント10,000ポイント
  • ヤマダポイント 10,000マイル → ヤマダポイント10,000ポイント

JALマイルの交換できる主なポイント

JALマイルの交換できる主なポイント
  • Amazonギフト券 10,000マイル → Amazonギフト券10,000円相当
  • ファミリーマート専用プリペイドカード 10,000マイル → ファミリーマート専用プリペイドカード10,500円分
  • dポイント 10,000マイル → 10,000円相当のdポイント
  • Pontaポイント 10,000マイル → 10,000円相当のPontaポイント

マイルを貯めても、ほぼどの店舗でも使える電子マネー・ギフト券・プリペイドカード・ポイントに交換できるのですから、

ポイントでも、マイルでも、使い勝手は同じ

なのです。

しかも、JALマイルのように交換率が1.0%を超えるもの(ファミリーマート1.05%)もあるので、マイルの方がお得ということも言えるのです。

理由その2.法人カードではポイントよりもマイルの方が貯まりやすい

ポイント還元率の高い法人カードは

  • NTTファイナンス Bizカード ゴールド
  • 楽天ビジネスカード

がポイント還元率:1.0%という高還元率の法人カードとなっています。

その他の法人カードの場合は

ポイント還元率:0.5%が相場です。

マイル還元率の方の高い法人カードは

  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

マイル還元率:1.0% + ポイント還元率:0.25%

  • ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード

マイル還元率:1.0% + 入会(継続)ボーナスマイル:2,000マイル + フライトボーナス:+25%

  • ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカード

マイル還元率:2.0% + 入会(継続)ボーナスマイル:10,000マイル + フライトボーナス:+50%

  • マイル還元率自体が高い
  • マイルに関連する入会ボーナス、継続ボーナス、フライトボーナスが加算される

ため、ポイントよりも、マイルの方が貯まりやすい法人カードが多いのです。

さらに

  • マイルが貯まる法人カードの方がキャンペーンも手厚い(6万マイル、7万マイルというキャンペーンもある)

ため、マイルの方がポイントよりも貯まりやすいのです。

理由その3.出張や旅行があれば、マイルを使えばよりお得になる

マイレージは、電子マネー・ギフト券・プリペイドカード・ポイントに交換できますが、一番お得に交換できるのは「航空券」です。

JALマイルを特典航空券に交換した場合

エコノミークラス
日本 ←→ パリ
基本マイル数(往復) 52,000マイル
航空券:434,000円(Economy Standard)

→ 1マイルの価値 = 8.34円

東京 ←→ 沖縄
基本マイル数(往復) 15,000マイル
航空券:47,100円(普通席)

→ 1マイルの価値 = 3.14円

と、電子マネー・ギフト券・プリペイドカード・ポイントの「1マイルの価値 = 1円」と比較すると、2倍~10倍もの交換率になるのです。

マイルを貯めていれば

  • 出張や旅行に行かない時 → 電子マネー・ギフト券・プリペイドカード・ポイントに交換
  • 出張や旅行に行く時 → 特典航空券に交換

という使い分けが可能になるのです。

ポイントの場合も、マイルに交換することもできますが

  • 楽天ポイント 2ポイント = 1マイル(ANAマイル) 交換率:0.5%
  • JCB Oki Dokiポイント 1ポイント(5円分相当) = 3マイル(JALマイル) 交換率:0.6%

と、交換率が落ちてしまうのです。

つまり、

マイル

  • 同率で、電子マネー・ギフト券・プリペイドカード・ポイントに交換
  • 交換率2倍~10倍で、特典航空券に交換

ポイント

  • 同率で、電子マネー・ギフト券・プリペイドカード・ポイントに交換
  • 交換率0.3%~0.6%でマイルに交換

という選択肢になるため、マイルの方が使い勝手が良いのです。

まとめ

マイルが貯まる法人カードとポイントが貯まる法人カードを比較すると

  • マイルでも、ポイントでも、同率で、電子マネー・ギフト券・プリペイドカード・ポイントに交換できるので優劣はほぼない(マイルの方が交換率が1.0%超のものがある)
  • ポイントよりもマイルの方が貯まりやすい法人カードがある
  • マイルの場合は、出張や旅行時に交換率の高い特典航空券に交換する選択肢がある

のですから

ポイント還元率が高い法人カードよりも、マイル還元率の高い法人カードを選んだ方がお得

ということになります。

「マイルが貯まる法人カードってありますか?」「ANAマイルを貯めたいのですが、おすすめの法人カードってありますか?」「JALマイルを貯めたいのですが、おすすめの法人カードってありますか?」海外旅行が好きな経営者や個人事業主の方は、「マイルを貯...

一番お得に法人カードでマイルを貯めて使う方法

一番お得に法人カードでマイルを貯めて使う方法

手順その1.マイルが貯まりやすい法人カードを選ぶ

JALマイルを貯めたい方(飛行機はJALを使う方)

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費:22,000円(税込)
マイル付与:100円 → 1マイル ※SAISON MILE CLUB無料加入
付与されるマイル:JALマイル
ベースのマイル還元率:1.00%
ポイント付与:2,000円 → 1ポイント
付与されるポイント:永久不滅ポイント
ポイント価値:1ポイント → 5円
ベースのポイント還元率:0.25%

国際ブランドAMEX(アメックス)
初年度年会費(税込)22,000円
2年目~年会費(税込)22,000円
年会費優遇条件年間ショッピング利用額が200万円以上:次年度年会費10,000円
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法●海外利用
海外利用:2倍
【年会費特典】初年度年会費無料
【入会+利用】最大1,800ポイント(9,000円相当)
【各種税金・国民年金保険料支払い】1%還元(4,000ポイント)+抽選10,000ポイント

ANAマイルを貯めたい方(飛行機はANAを使う方)

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード

年会費:29,700円(税込)+2,200円(税込)※ビジネス・アカウントカード
マイル付与:100円 → 1マイル
入会ボーナスマイル:2,000マイル
継続ボーナスマイル:2,000マイル
フライトボーナス:+25%
付与されるマイル:ANAマイル
ベースのマイル還元率:1.00%

国際ブランドDiners
初年度年会費(税込)29,700円
2年目~年会費(税込)29,700円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,200円(税込)が必要
ポイント還元率/基本0.40%
ポイント還元率/上限0.80%
ポイント倍増方法●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
【年会費特典】初年度年会費無料
【新規入会】最大85,000マイル

※ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードは、年間100万円程度の利用額で1年以上利用するとインビテーション(招待)がきて、ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカードを利用することができます。

手順その2.法人カードの利用を1枚に集約する

法人カードの利用をマイルが貯まりやすい法人カード1枚に集約します。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの場合は、アメックスブランドが使えない店舗の場合、他の方法で支払うしかありません。

ANAダイナースカードの場合は、ダイナースクラブ コンパニオンカード(TRUST CLUB プラチナマスターカード)が利用できるので「Mastercard」の加盟店でも利用できます。アメックス、ダイナースよりもMastercardの方が加盟店が多いため、利用を集約させやすいメリットがあります。

また、ANAダイナースカードの場合は

  • ANAダイナースカード → 個人利用
  • ビジネス・アカウントカード → 法人利用

と、プライベートの私的利用も、同じANAダイナースカードのカード利用に集約できる分、利用額を集めやすい法人カードとなっています。

手順その3.定期的に貯まったマイルを電子マネー・ギフト券・プリペイドカード・ポイントに交換

上記の形で法人カードを利用していけば、マイルがどんどん貯まるため、一定以上の、少なくともマイルが交換できる基準(10,000マイル)以上のマイルが貯まったら、電子マネー・ギフト券・プリペイドカード・ポイントに交換します。

  • マイル → 電子マネー・ギフト券・プリペイドカード・ポイントは

交換して受け取った電子マネー・ギフト券・プリペイドカード・ポイントは、自由に利用します。

JALマイルを貯めている方でかつファミリーマートを使う機会が多ければ

  • ファミリーマート専用プリペイドカード 10,000マイル → ファミリーマート専用プリペイドカード10,500円分

という使い方をおすすめします。

交換率1.05%ですので、他の電子マネー・ギフト券・プリペイドカード・ポイントよりもお得に利用できます。

手順その4.出張や旅行に行く予定、計画があるときはマイルを特典航空券に交換

基本的には

  • マイルは電子マネー・ギフト券・プリペイドカード・ポイントに交換

なのですが

出張や旅行に行く予定、計画があるときには

  • マイルは特典航空券に交換

します。

この使い分け方が1マイルの価値が大きく、よりお得に利用できるからです。

一番お得にマイルが貯まるとどのくらいのペースで貯まるの?

一番お得にマイルが貯まるとどのくらいのペースで貯まるの?

あくまでも、年会費負担を考えなければ、一番マイルが貯まるのは

ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカード

年会費:155,500円(税込)+2,200円(税込)※ビジネス・アカウントカード
マイル付与:100円 → 2マイル
入会ボーナスマイル:10,000マイル
継続ボーナスマイル:10,000マイル
フライトボーナス:+50%
付与されるマイル:ANAマイル
ベースのマイル還元率:2.00%

国際ブランドDiners
初年度年会費(税込)170,500円
2年目~年会費(税込)170,500円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,200円(税込)が必要
ポイント還元率/基本1.50%
ポイント還元率/上限4.50%
ポイント倍増方法●ANAグループでのご利用
100円 → +2.0ポイント

●ANAカードマイルプラス加盟店
100円 → +0.5~1.0ポイント

●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
-
-

です。

マイル還元率2.0%でマイルを貯めて、電子マネー「楽天Edy」、楽天ポイント、Tポイント、nanacoポイント、ヤマダポイントに変えれば、使い道に困ることはないでしょう。

筆者の場合は、ANAダイナース プレミアムカードを持っていますが、だいたい法人利用のみで年間200万円程度の利用額になるので

ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカード

4万マイル(ANAマイル)が貯まったら、ヤマダポイントに交換して、家電製品に変えることが多いです。出張が入れば、特典航空券と交換しますが、時間的に特典航空券がないケース多いので、旅行の時のみ特典航空券と交換しています。

年会費が高額なため、お得を重視するなら、やや年会費が安いセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード、ANAダイナースカードがおすすめです。

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
法人カード

おすすめのビジネスカードはこちら
ビジネスカード

コメントを残す

You have to agree to the comment policy.

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。