JAL法人カードを徹底比較。おすすめの法人用JALカードは?

man
「おすすめのJALの法人カードはどれ?」
「JALカードを前提に法人カードを探しているんだけど、どれがいいの?」

JALカードの法人カードを探している方にJAL法人カードを徹底比較して、おすすめのJAL法人カードを紹介します。

JALカードとは?

JALカードとは

航空会社である日本航空(JAL)がクレジットカード会社と提携して発行するクレジットカードのこと

を言います。

大きな特徴としては、JALのマイレージサービス「JALマイレージバンク」がJALカードには搭載されていて、JALマイレージ(JALマイル)が貯まりやすい設計となっています。

JALカードで貯まるマイル

入会搭乗マイル

入会後にはじめての搭乗時にマイルが貯まる

  • 普通カード/JALカード navi:1,000マイル
  • CLUB-Aカード/CLUB-Aゴールドカード/JALダイナースカード/プラチナ:5,000マイル

毎年初回搭乗ボーナス

その年のはじめての搭乗時にマイルが貯まる

  • 普通カード/JALカード navi:1,000マイル
  • CLUB-Aカード/CLUB-Aゴールドカード/JALダイナースカード/プラチナ:5,000マイル

搭乗ボーナス

JALで飛行機に乗ったときにフライト距離に応じて貯まるフライトマイルにボーナスがつきます。

  • 普通カード/JALカード navi:+10%
  • CLUB-Aカード/CLUB-Aゴールドカード/JALダイナースカード/プラチナ:+25%

ショッピングでたまるマイル

日常のカード利用額に応じてマイルがたまります。

  • 一般カード:200円 = 1.0マイル相当 → マイル還元率:0.5%
  • JALカードnavi会員:100円 = 1.0マイル相当 → マイル還元率:1.0%
  • JALカードショッピングマイル・プレミアム(年会費3,300円):100円 = 1.0マイル相当 → マイル還元率:1.0%
  • CLUB-Aゴールドカード/JALダイナースカード/プラチナ:100円 = 1.0マイル相当 → マイル還元率:1.0%
  • JALカード特約店:200円 = 12.0マイル相当 → マイル還元率:1.0%

上記に加えて、各JALカードは、不定期のキャンペーンを展開しており、入会時に数万マイルプレゼントされるキャンペーンがあります。

つまり、

JALカードは、JALマイルが貯まりやすいクレジットカード

ということになります。

JALマイルを貯めたい方には、JALマイルを作るのが一番手っ取り早い方法と言えます。

JAL法人カードとは?

JAL法人カードとは

航空会社である日本航空(JAL)がクレジットカード会社と提携して発行する法人カードのこと

を言います。

正式名称は「JALカード(法人用)」です。

法人カードの定義が「法人口座から引き落としができるクレジットカード」とすれば、何枚かは、法人口座から引き落としができるJALカードが存在しているのです。

会社の経費利用で、JALマイルを貯められるということになります。

JAL法人カードの種類

JALカード(法人用)<普通カード>

スペック 内容
年会費 2,200円
追加カード年会費 2,200円
マイル還元率 0.5%
入会マイル 1,000マイル
継続マイル 1,000マイル
搭乗ボーナスマイル +10%

JALカード(法人用)<CLUB-Aカード>

スペック 内容
年会費 11,000円
追加カード年会費 11,000円
マイル還元率 0.5%
入会マイル 5,000マイル
継続マイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル +25%

前述した通りで「JALカード(法人用)」には

  1. 一般カード
  2. CLUB-Aカード

の2種類しかなく、国際ブランドも、VisaとMastercardだけですので、かなり選択肢が狭いのが現状です。

しかし、上記以外にも、JALカードの法人カードが存在します。

それは、ダイナースクラブが発行する「ビジネス・アカウントカード」を利用する方法です。

ビジネス・アカウントカードとは?

ダイナースクラブの発行する追加カードの一つで、ビジネス・アカウントカードは法人口座から引き落としができる追加カードとなっています。

つまり、

個人向けのクレジットカード + ビジネス・アカウントカード

という組み合わせで発行すると、ビジネス・アカウントカードでのカード利用は、法人口座から引き落としができるうようになり、「個人カードなのに、法人カードとして利用できる」特徴があるのです。

ビジネスアカウントカードとは?個人カードに追加発行できるビジネスアカウントカードのメリットデメリット、法人カードとの違いを徹底解説

ダイナースクラブが発行する個人向けのJALカード

JALダイナースカード

も、ビジネス・アカウントカードと合わせて発行することで、法人カードとして利用できます。

JALダイナースカード

スペック 内容
年会費 30,800円
追加カード年会費 9,900円
ビジネス・アカウントカード年会費 2,200円
マイル還元率 1.0%
入会マイル 5,000マイル
継続マイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル +25%

おすすめのJAL法人カード

できるだけコストを抑えたい方

できるだけコストを抑えたい方には

一番年会費の安い「JALカード(法人用)」である「普通カード」をおすすめします。

法人カード/JALカード普通カード

国際ブランドVISA,Mastercard
初年度年会費(税込)2,200円
2年目~年会費(税込)2,200円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.00%
ポイント還元率/上限0.00%
ポイント倍増方法-
-
-

年会費2,200円で持つことができるJALカードの法人カードです。普通カードですが、日常のカード決済でマイル還元率:0.5%でJALマイルが貯まり、入会搭乗マイル、毎年初回搭乗ボーナス、フライトマイルボーナスもつくため、コストをかけずにJALマイルを効率的に貯めるにはうってつけの法人カードとなっています。

国際ブランドは、VisaとMastercardになるため、どちらを選んでも良いでしょう。

JALのフライトの回数が多い方

JALのフライトの回数が多い方の場合は、入会搭乗マイル、毎年初回搭乗ボーナス、フライトマイルボーナスが普通カードよりも手厚い「JALカード(法人用)」の「CLUB-Aカード」をおすすめします。

法人カード/JALカードCLUB-Aカード

国際ブランドVISA,Mastercard
初年度年会費(税込)11,000円
2年目~年会費(税込)11,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.00%
ポイント還元率/上限0.00%
ポイント倍増方法-
-
-

年会費は11,000円に上がってしまうものの、普通カードよりも、入会搭乗マイル、毎年初回搭乗ボーナス、フライトマイルボーナスが手厚いため、JALのフライトの回数が多い方にとっては、マイルがより貯まりやすくなるメリットがあります。

ただし、日常の買い物で貯めるマイル還元率は、普通カードと同じ0.5%ですので、JALのフライトの機会が少ない方には、おすすめできません。

国際ブランドは、VisaとMastercardになるため、どちらを選んでも良いでしょう。

JALマイルを効率的に貯めたい方

JALマイルをフライトでも貯める、日常のカード利用でも貯めるためにおすすめなのは

個人向けのJALカード「JALダイナースカード」+法人用追加カード「ビジネス・アカウントカード」

という組み合わせです。

この形であれば、法人口座から経費の支払ができるため、法人カードとして利用できて、かつ個人向けのマイル特典が手厚いJALカードが利用できるのです。

JALダイナースカード+ビジネス・アカウントカード

国際ブランドDiners
初年度年会費(税込)30,800円
2年目~年会費(税込)30,800円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,200円(税込)が必要
ポイント還元率/基本0.40%
ポイント還元率/上限0.80%
ポイント倍増方法●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
-
【新規入会】最大12,500マイル

年会費は、追加カードの「ビジネス・アカウントカード」と合わせて33,000円に上がってしまうものの、普通カードよりも、入会搭乗マイル、毎年初回搭乗ボーナス、フライトマイルボーナスが手厚く、かつJALカードでの買い物のマイル還元率も、1.0%と高還元率でマイルが貯められるのです。

また、ダイナースクラブのクレジットカードですので、2名以上の利用で1名様分が無料になるレストラン優待や海外空港ラウンジ、手厚い海外旅行傷害保険など、マイル以外のサービスも充実するメリットがあります。

飛行機に乗らずにJALマイルを効率的に貯めたい方

おすすめするのは、JALカードではありません。

です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、クレディセゾンが発行しているクレジットカードですが、無料でショッピングご利用でマイルが貯まる「SAISON MILE CLUB」に加入することができます。

ショッピングご利用でマイルが貯まる「SAISON MILE CLUB」
  • ショッピング1,000円(税込) = 10マイル (JALマイル還元率:1.0%)

でJALマイルが貯まるのです。

さらに

  • 2,000円 = 1ポイント(永久不滅ポイント) ポイント還元率:0.25%

も付帯されるので、永久不滅ポイントをJALマイルに交換すると、0.125%分です。

合計:1.125%のマイル還元率でJALマイルが貯まる、高還元率の法人カードなのです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

国際ブランドAMEX(アメックス)
初年度年会費(税込)22,000円
2年目~年会費(税込)22,000円
年会費優遇条件年間ショッピング利用額が200万円以上:次年度年会費10,000円
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法●海外利用
海外利用:2倍
【年会費特典】初年度年会費無料
【追加カード入会+利用】最大600ポイント(3,000円相当)

年会費22,000円で、JALマイル還元率1.125%と高還元率でマイルが貯まる法人カードです。

コストパフォーマンスが高いJALマイルが貯まる法人カードですが、JALカードではないため、入会搭乗マイル、毎年初回搭乗ボーナス、フライトマイルボーナスはありません。

フライトでJALマイルを貯めない方、カード利用でのみJALマイルを貯めたい方におすすめできる法人カードとなっています。

まとめ

JALカードの選び方は

となります。

高いコストパフォーマンスでJALマイルを貯める方法

JALカードではない法人カードを使って、貯めたポイントをJALマイルに変えることが可能です。この場合、法人カードはJALカードではないため、フライトの特典はありませんが、こちらの方法の方が、コストパフォーマンス高く、JALマイルを貯めることが可能になります。

Airカード

国際ブランドJCB
初年度年会費(税込)5,500円
2年目~年会費(税込)5,500円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本1.50%
ポイント還元率/上限1.50%
ポイント倍増方法●リクルートサービス
ポンパレモール:3.0%
じゃらん:2.0%
ホッテペッパー:人数×50ポイント
【年会費特典】初年度年会費無料
【入会】3,000ポイント

Airカードは

  • 年会費:5,500円(税込)
  • ポイント還元率:1.5%

という高いポイント還元率を誇る法人カードです。

貯めたリクルートポイントは、Pontaポイントに交換でき、PontaポイントはJALマイルに交換できます。

  • リクルートポイント:1ポイント = Pontaポイント:1ポイント
  • Pontaポイント:1ポイント = JALマイル:0.5マイル

です。

つまり、Airカードは

年会費:5,500円(税込)
JALマイル還元率:0.75%

という形で、JALマイルを貯められる法人カードとなるのです。

JALマイル還元率は「JALダイナースカード+ビジネス・アカウントカード」「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」と比較すれば、低いものの、年会費が5,500円と格安で済むので、コストパフォーマンスでみれば、「Airカードの方が良い」という判断もできるのです。

高いコストパフォーマンスでJALマイルを貯められる法人カードとして「Airカード」をおすすめします。
ANA法人カードはこちら

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
100枚超えの法人カードを徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です