ダイナースクラブビジネスカード

目次

ダイナースクラブビジネスカード

ダイナースクラブビジネスカードとは

ダイナースクラブビジネスカードは、三井住友信託銀行グループの三井住友トラストクラブ株式会社が発行するダイナースブランドの法人カードです。個人事業主、法人経営者が経費支払に利用でき、業務の効率化やコスト削減に役立ちます。

ダイナースクラブビジネスカードの大きな特徴は「ダイナースのプロパーゴールドの信頼性」「専門家チームに経営相談可能なプライベートアドバイザーサービス」「ダイヤモンド経営者倶楽部のビジネスラウンジ/銀座サロン」「ビジネス優待プログラム/ダイナースクラブ ビジネス・オファー」「JAL国内線出張手配/JALオンライン」「国内・海外空港ラウンジ無料」「空港送迎タクシー・サービス」「手荷物無料宅配」「高級レストランのコースを1名様無料で優待」・・・と幅広いサービスが用意されています。

一番大きなポイントは、ビジネス面の特典よりも、接待で利用できる「レストランのコース料理1名無料」や「おもてなしプラン」「料亭プラン」「グループ・アラン・デュカスとのパートナーシップ」「ナイト イン 銀座」等の優待サービスが豊富に用意されている点です。 海外出張でも「国内・海外空港ラウンジ無料」「空港送迎タクシー・サービス」「手荷物無料宅配」「海外のラグジュアリーホテルでの特別割引/海外クラブホテルズ」「スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド メンバーシップ優待」と最高1億円の海外旅行傷害保険とともに特別感あふれる特典が用意されています。

ダイナースクラブビジネスカードは、他にも「銀座ショッピング優待プラン」「ゴルフプライベートレッスン優待」などプライベートな特典に力を入れている法人カードとなっています。 法人カードとしてのビジネス面での利用よりも、経営者本人がプライペードでも使える法人カードとしておすすめです。

ダイナースクラブビジネスカード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 14

ダイナースクラブビジネスカード

6.9

年会費の安さ・コスパ

5.7/10

ポイントや優待のお得さ

7.5/10

ビジネス面での活躍

7.6/10

使い勝手の良さ

7.2/10

ステイタス性

6.6/10

良い点

  • ダイナースのプロパーゴールドカード
  • 専門家チームに経営相談可能
  • ダイヤモンド経営者倶楽部のビジネスラウンジ利用可能
  • 高級レストランのコースを1名様無料
  • 海外のラグジュアリーホテルでの特別割引

悪い点

  • 年会費が高額
  • 限度額は制限なしですが審査次第
  • ビジネス面のサービスはそれほど豊富ではない

ダイナースクラブビジネスカードスペック

人気ランキング7位
法人カード名ダイナースクラブビジネスカード
ダイナースクラブビジネスカード
カード会社三井住友トラストクラブ株式会社
国際ブランドDiners
カードランク一般カード,プロパーカード
申込み対象個人事業主(年齢27歳以上),法人経営者(法人)(年齢27歳以上)
初年度年会費(税別)27,000円
2年目~年会費(税別)27,000円
年会費優遇条件-
ショッピング限度額/下限一律の制限なし
ショッピング限度額/上限一律の制限なし
ポイント還元率/基本0.40%
ポイント還元率/上限0.80%
ポイント倍増方法●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
マイル還元率/上限0.80%
海外旅行障害保険最高10,000万円(自動付帯5,000万円・利用付帯5,000万円)
国内旅行傷害保険最高10,000万円(利用付帯)

ダイナースクラブビジネスカードメリット

  • ダイナースのプロパーゴールドの信頼性
  • 専門家チームに経営相談可能なプライベートアドバイザーサービス
  • ダイヤモンド経営者倶楽部のビジネスラウンジ/銀座サロン
  • ビジネス優待プログラム/ダイナースクラブ ビジネス・オファー
  • 追加カード無料で発行枚数無制限
  • 国内・海外空港ラウンジ無料
  • 空港送迎タクシー・サービス
  • 手荷物無料宅配
  • 高級レストランのコースを1名様無料で優待
  • 海外のラグジュアリーホテルでの特別割引/海外クラブホテルズ
  • スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド メンバーシップ優待
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険
  • 銀座ショッピング優待プラン
  • ゴルフプライベートレッスン優待
  • 最大50万円までキャッシングが利用可能

ダイナースクラブビジネスカードデメリット

  • 年会費が高額
  • 限度額は制限なしですが審査次第
  • ビジネス面のサービスはそれほど豊富ではない

ダイナースクラブビジネスカードおすすめポイント

concierge
ダイナースクラブビジネスカードの最大のメリットは「ステイタス性が高いこと」と「 プライベート用のサービスが充実していること」です。

経営者であれば自分個人で経費利用をすることもできるため、接待や海外出張という名目で・・・高級レストランやホテル、快適な空港利用、ゴルフでのプライベートレッスン、銀座ショッピング優待、様々なイベントなどで力を発揮します。 ビジネス向けの優待プログラムもありますが、それほど充実しているわけではないので、比較的プライベートに近い経費利用で活躍する法人カードといえます。

ある程度収入が多い、中小企業の経営者や個人事業主におすすめです。収入が少ない経営者だと使いこなせるシチュレーションが少ない可能性があります。

また、独自のメリットとして追加カードの発行が年会費無料で枚数無制限です。極端なことを言えば、社員全員に発行しても、親カードの年会費分しか発生しないのです。追加カードの発行を検討している方にもおすすめできます。

ダイナースクラブビジネスカード年会費

27,000円(税別)の年会費が発生します。追加カードは、年会費無料で発行枚数無制限です。の法人カードの中ではトップクラスの年会費の高さですが、追加カードの発行枚数によっては全体のコストは安く抑えられます。

初年度年会費(税別)27,000円
2年目~年会費(税別)27,000円
年会費優遇条件-

ダイナースクラブビジネスカードポイント・キャッシュバック

ポイント還元率

ポイント還元率/基本0.40%
ポイント還元率/上限0.80%
ポイント倍増方法●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
ポイントサイト経由●ダイナースクラブポイントモール
最大9.5倍
ポイントプログラムダイナースクラブ リワードポイント

ポイント倍増

ポイント還元率は0.428%です。ポイント倍増などはありません。

キャッシュバック

キャッシュバックサービスはありません。

キャッシュバックプログラム-

ダイナースクラブビジネスカードマイル

直接マイルが貯まるわけではありませんが、ポイントをマイルへ移行できます。年間参加料6,000円(税抜)のダイナースグローバルマイレージに登録することでマイルへ交換することができます。

  • ANAマイル:1000ポイント → 1000マイル(マイル還元率1.0%)

ダイナースクラブビジネスカード審査

ダイナースクラブビジネスカードの審査ハードルは一般的

ダイナースクラブビジネスカードの審査ハードルは普通です。本来はダイナースカードはエグゼクティブ向けのプロパーカードですので審査が厳しいイメージがありますが、年会費が有料のため、口コミなどでもそれほど審査落ちの声はありません。外資系のプロパーカードは思った以上に審査のハードルは低く設定されています。

ダイナースクラブビジネスカード限度額

限度額は一律の制限なしという設定です。審査次第で限度額が決定される仕組みですので、申込むまではいくらが設定されるかはわかりません。利用実績が増えれば限度額も増えていきます。

ショッピング限度額/下限一律の制限なし
ショッピング限度額/上限一律の制限なし
キャッシング限度額/下限0円
キャッシング限度額/上限50万円

ダイナースクラブビジネスカードキャッシング

最大50万円までキャッシングが利用できます。

キャッシング限度額/下限0円
キャッシング限度額/上限50万円
キャッシング利率-

ダイナースクラブビジネスカード締日/支払(引き落とし)日

リボ払い手数料(利息)15.00%
締日毎月15日
支払日翌月10日
支払いまでの猶予日数(最長)51日

ダイナースクラブビジネスカード追加カード

子カード(社員用)

追加カード/初年度年会費(税別)0円
追加カード/2年目~年会費(税別)0円
追加カード発行枚数制限無制限

法人ETCカード

ETCカード/初年度年会費(税別)0円
ETCカード/2年目~年会費(税別)0円
ETCカード発行枚数制限無制限

ダイナースクラブビジネスカード保険サービス

海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険付帯条件自動付帯 ※利用時と補償内容が変わる
海外旅行傷害保険/家族特約条件-
海外旅行傷害保険/死亡・後遺障害最高1億円
海外旅行傷害保険/傷害治療費用最高300万円
海外旅行傷害保険/疾病治療費用最高300万円
海外旅行傷害保険/賠償責任最高1億円
海外旅行傷害保険/携行品損害最高50万円
海外旅行傷害保険/救援者費用最高300万円
海外航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
海外航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)-
海外航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
海外航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-

国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険付帯条件利用付帯
国内旅行傷害保険/死亡・後遺障害最高1億円
国内旅行傷害保険/入院日額5,000円/日
国内旅行傷害保険/手術費用入院日額×倍率
国内旅行傷害保険/通院日額3,000円/日
国内航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
国内航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)-
国内航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
国内航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-

ショッピング保険

ショッピング保険付帯条件カード購入+90日間
ショッピング保険/海外最高500万円
ショッピング保険/国内最高500万円

その他保険

ライフアクシデントケア制度/空き巣被害見舞金-
犯罪被害障害保険/死亡・後遺障害-
犯罪被害障害保険/入院日額-
犯罪被害障害保険/通院日額-

ダイナースクラブビジネスカード海外旅行/国内旅行サービス

空港ラウンジ

国内空港ラウンジ、海外空港ラウンジを無料で利用することができます。プライオリティ・パスではありませんが、ダイナース独自の特典で海外の空港ラウンジを無料利用可能です。

空港ラウンジ海外
空港ラウンジ国内
空港手荷物無料
空港ハイヤー送迎

エアポート送迎サービス

海外出張の出発・帰国時に、タクシー1台の送迎サービスを片道分優待価格で利用できます。

手荷物無料宅配サービス

海外からの帰国時に空港からカード会員1名様につきスーツケース1個を無料で配送してくれます。

空港前泊ホテルサービス

海外旅行の際、ご出発の前日に指定ホテルのお部屋を1部屋用意してくれます。

ダイナースクラブビジネスカードビジネスサービス

コンシェルジュデスク

出張時のホテルの紹介や手配、接待・会食の際のレストランの紹介・手配、フラワーギフトの手配など様々なサービスのサポートをしてくれます。

コンシェルジュデスク法人デスク,海外アシスタントデスク

各種優待

WEB明細
経営管理レポート-
ビジネス情報データベース-
コンサルティング○経営専門チームのプロ6人に無料相談可能
レンタルオフィス○銀座サロン無料利用
43
オフィス用品優待
会計ソフト優待
タクシーチケット-
福利厚生
宿泊・ホテル優待
レストラン優待○コース料理1名様無料
融資金利優待-
その他サービス所定のコース料理を2名様以上で1名様無料

各種オフィス用品の優待

  • ダイナースクラブ ビジネス・オファー

人事労務サポート、海外出張おみやげ、オフィスリフォーム、情報配信サービス、引越、税務相談、法律相談(法律顧問契約)などの優待プログラムが利用できます。

ダイナースクラブ プライベートアドバイザーサービス

税務・資金調達、資本政策・起業再生、人事・労務、起業法務、個人法務、相続・資産管理など6つの分野のプライベートアドバイザーが無料で経営相談にのってくれます。

ダイナースクラブ ビジネス・ラウンジ

ダイヤモンド経営者倶楽部のメンバーのみが利用できる「銀座サロン」をビジネス・ラウンジとして無料利用可能です。

ダイナースクラブビジネスカード飲食・ショッピング関連サービス

エグゼクティブ ダイニング

高級レストランで2名以上の利用で1名分無料、6名以上なら2名様分の料金が無料になるグループプランもある優待プログラムです。

おもてなしプラン

シェフやオーナーが心をこめておもてなしをする優待プランです。

料亭プラン

高級料亭の予約を代行します。

ギルト会員特別優待

高級ブランドの衣料品や雑貨を最大70%OFFで購入できます。

銀座ショッピング優待プラン

銀座の名店での優待やプレゼントがうけられます。

ダイナースクラブビジネスカード自動車関連サービス

ダイナースクラブビジネスカード国際ブランド関連サービス

ビジネス優待プログラムダイナースクラブ ビジネス・オファー

ダイナースクラブビジネスカード注目サービス

ダイナースクラブビジネスカード体験談

ダイナースクラブビジネスカード発行までの流れ

ダイナースクラブビジネスカード上位のカード紹介

ダイナースクラブビジネスカード口コミ・評判

ダイナースクラブビジネスカード

6.9

年会費の安さ・コスパ

5.7/10

ポイントや優待のお得さ

7.5/10

ビジネス面での活躍

7.6/10

使い勝手の良さ

7.2/10

ステイタス性

6.6/10

良い点

  • ダイナースのプロパーゴールドカード
  • 専門家チームに経営相談可能
  • ダイヤモンド経営者倶楽部のビジネスラウンジ利用可能
  • 高級レストランのコースを1名様無料
  • 海外のラグジュアリーホテルでの特別割引

悪い点

  • 年会費が高額
  • 限度額は制限なしですが審査次第
  • ビジネス面のサービスはそれほど豊富ではない

14 件のコメント

  • 年会費の安さ・コスパ

    4.00

    ポイントや優待のお得さ

    5.00

    ビジネス面での活躍

    7.00

    使い勝手の良さ

    8.00

    ステイタス性

    8.00

    総合評価
    6.4点/10点
    満足

    職種:社長/代表取締役/経営者
    月額カード利用額:100万円~150万円未満
    法人カード利用歴:100万円~150万円未満
    設定されているショッピング限度額:100万円~150万円未満

    この法人カードを選んだ理由

    選択肢に該当なし

    よく使うシチュレーション

    国内出張
    接待
    備品の購入
    書籍の購入
    PC等の購入
    自動車のETC料金

    選択した法人カードを利用していて良かった点・満足しているところ

    経費の決済手段のひとつとして利用しており、少額は経理担当に預けている小口で賄えますが、小口の金額を超える決済や支払いまでに金額が決まっていない接待費、出張時などに社員に法人カードを持たせて決済させています。

    カードを持つ前は、あらかじめ想定される金額を渡していましたが、接待で予定していた額より高くついてしまったり、出張時に天候不良等で予定通りに帰って来れないなど想定外のことが起きた時に、一時的に社員に立て替えさせたり立て替えられない場合はこちらから振込処理したりと、対応できないことはありませんが少し不便だなと感じることがありました。

    決済業務をスムーズに行うため法人カードを作り、接待や出張時などに社員に持たせることで想定外の経費の支出に対応できるようになり、後からの清算業務といった事務処理もなくなり便利に感じています。

    選択した法人カードを利用していて悪かった点・不満

    過去に信頼していた社員が出張時に、法人カードを使って個人的な買い物をしていたことがありました。

    数時間の間に百万ほど使われていて、次の日にそのことを知り、すぐにその社員に連絡を入れましたが、それから連絡が取れなくなり逃げたというトラブルがありました。

    法人カードはすべての社員の出張時に必ず渡すわけではなく、ある程度役職の高い社員、信頼できる社員にのみ渡していました。

    そうではない社員に渡す場合は限度額を変更した上で渡すようにしていましたが、その時は信頼できる社員で、会社にとって特に大切な取引先を接待ということで話の流れ次第では大きな出費をすることもあるため、限度額は変更せずそのままにしていました。

    最終的にその社員とは話がつきましたが、あらかじめ想定される金額を現金で渡しておくわけではないので、何かあった時の被害額が大きくなるというリスクがあると思いました。

    以前は社員を疑うということをほとんど考えませんでしたが、今はそういうこともありうるというように考えるようになりました。

    それを踏まえた上で上手にカードを持たせる必要があると思います。

  • 年会費の安さ・コスパ

    10.00

    ポイントや優待のお得さ

    10.00

    ビジネス面での活躍

    10.00

    使い勝手の良さ

    10.00

    ステイタス性

    10.00

    総合評価
    10点/10点
    とても満足

    職種:一般社員(その他)
    月額カード利用額:10万円~20万円未満
    法人カード利用歴:10万円~20万円未満
    設定されているショッピング限度額:10万円~20万円未満

    この法人カードを選んだ理由

    選択肢に該当なし

    よく使うシチュレーション

    国内出張
    海外出張
    社員との食事・飲み会
    プライベート旅行
    オンラインサービスの支払い

    選択した法人カードを利用していて良かった点・満足しているところ

    やはり一番のメリットは、空港にてクラブラウンジを無料で使用できる点です。私は公私共に海外に行く事が多く、飛行機の遅延などで空港内で足止めされた際、よく利用します。スナック菓子や軽食を無料で食べる事ができ、WIFIが飛んでいるので時間を有効活用することができます。次に、付帯の保険が充実している点です。渡航先で万一のことがあった場合、往復の航空券を法人カードで購入している事が条件となりますが、保険を利用する事ができます。一度、海外で盗難被害にあった際も、電話一本で状況と次の動き方を指示頂き、うろたえる事なくスムーズに対応する事が出来ました。クラブラウンジを利用できる点、満足のいく保険が付帯される点の2点が、満足している点です。

    選択した法人カードを利用していて悪かった点・不満

    不満は、支払い方法の融通が利かない点、お店によって使用できない所がある、の2点です。支払いについてですが、一度に使い過ぎてしまった時、通常のクレジットカードであれば、リボルビング払いや後から分割払いなど、多様な支払い方法を揃えておりますが、法人カードはそうはいきません。(私の持っているカードだけかもしれませんが)締め後に一括で支払わないといけないので、やりくりが非常に難しいです。また、私の持っている法人カードは、店によっては使用出来ないケースが多々あります。特にLCCなどの格安航空券をインターネットで購入しようとした際、使用出来なかった事はとても衝撃的でした。上記2点が、不満に感じている点となります。

  • 年会費の安さ・コスパ

    8.00

    ポイントや優待のお得さ

    8.00

    ビジネス面での活躍

    7.00

    使い勝手の良さ

    7.00

    ステイタス性

    0.00

    総合評価
    7.2点/10点
    満足

    職種:一般社員(その他)
    月額カード利用額:6万円~10万円未満
    法人カード利用歴:6万円~10万円未満
    設定されているショッピング限度額:6万円~10万円未満

    この法人カードを選んだ理由

    キャッシュバックがあるから
    審査が通りそうだったから

    よく使うシチュレーション

    国内出張
    接待
    備品の購入

    選択した法人カードを利用していて良かった点・満足しているところ

    以前就職していた職場で利用していました。ダイナースカードだからという利点ではないですが、国内の出張が多く、新幹線のチケット代や宿泊費の立替がかさんでいた為、法人カードの導入は社員からすると非常に有難かった覚えがあります。また当時、経理の方が仰っていたことですが、社用携帯の利用料金などもカードを通して支払っており、ポイントが貯まっていくので、ポイントを別の形で社員へ還元していけるとのことでした。社内表彰などの旅行チケットなども今にして思うと貯めたポイントから用意していたように思います。どこの業者かは失念しましたが、仕事でレンタカーを借りた際に提携先の特典で5%程の値引きをして頂いた記憶があります。

    選択した法人カードを利用していて悪かった点・不満

    クレジットカード特有のラウンジサービス利用可能といった特典がありましたが、多忙な一営業マンからすると利用の機会はなく、経営層を目的としたサービスだなと感じていました。ETCと一体型のカードでなかった為、持ち運びがかさばる印象でした。同様にゴルフ保険や旅行保険なども利用の機会はななく、実用性に乏しいように感じていました。どちらかというとENEOSカードなどではお馴染みですが、ロードサービス等の保証サービスがついている方が営業で出回ったりする人間からするとよほど利用の機会があるように感じます。実用性の高いサービス内容を揃えた方がニーズはあると思います。またこれも経理の方から聞いた話ですが、年会費は高いようです。

  • 年会費の安さ・コスパ

    5.00

    ポイントや優待のお得さ

    8.00

    ビジネス面での活躍

    7.00

    使い勝手の良さ

    10.00

    ステイタス性

    0.00

    総合評価
    8点/10点
    とても満足

    職種:その他
    月額カード利用額:6万円~10万円未満
    法人カード利用歴:6万円~10万円未満
    設定されているショッピング限度額:6万円~10万円未満

    この法人カードを選んだ理由

    取引先や親会社などの付き合いで

    よく使うシチュレーション

    接待

    選択した法人カードを利用していて良かった点・満足しているところ

    勤務先の法人カードが、ダイナースクラブ・ビジネスカードでしたので、経費精算のために持っていましたが、様々な特典がありました。

    営業先の関係で銀座に行く機会が多かったですが、銀座のダイナースクラブ・ビジネスラウンジを利用可能でしたので、色々な意味で便利でした。

    また、海外出張などの滞在ホテルでダイナースクラブ・ビジネスカードを出すと、ステイタスの高さからか、待遇が変わることが時々ありました。

    ダイナースクラブ全般に言えることですが、限度額に一律の上限が設けられていません。

    ビジネスクラスの航空券を購入する際など、決済額が100万円を超えるような場合でも、上限を気にせず使える点はとても良かったと感じています。

    選択した法人カードを利用していて悪かった点・不満

    私が持っていたダイナースクラブ・ビジネスカードには、ICチップが付いていませんでしたので、暗証番号を入力する形で決済することができず、常にサインを求められることがやっかいでした。

    ヨーロッパに行った際、ICチップ付クレジットカードしか使えないホテルに泊まった際、ダイナースクラブ・ビジネスカードが使用できず、他のクレジットカードで決済せざるを得ませんでした。

    私の場合、職場の法人カードがダイナースクラブ・ビジネスカードでしたので、年会費を払う必要がありませんでしたが、基本会員の場合は27,000円が年会費になり、他の法人カード年会費と比較すると高めになっています。

    また、ダイナースの標準プログラムと同じポイントしかつきませんので、ポイントプログラムの魅力は低めでした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です