アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

目次

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードとは

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドが発行するアメックスブランドの一般カードスペックの法人カードです。個人事業主、法人経営者が経費支払に利用でき、業務の効率化やコスト削減に役立ちます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの大きな特徴は「アメックスのプロパーゴールドの信頼性」「四半期管理レポート」「ビジネス・コンサルティング・サービス」「ビジネス情報サービス」「ビジネスサービスの優待プログラム/ビジネス・セービング」「レストラン、ホテルの優待プログラム/アメリカン・エキスプレス・セレクト」「最高5000万円の海外旅行傷害保険」「最高5000万円の国内旅行傷害保険」「国内空港ラウンジ無料」「無料ポーターサービス」「手荷物無料宅配サービス」・・・と幅広い特典が用意されています。

一番大きなポイントは、ビジネス面でのサービス特典が多く用意されていることです。ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」、ビジネス優待「ビジネス・セービング」、ビジネス・コンサルティング・サービス、福利厚生プログラム「クラブオフ」・・・と経営面で経営者の役に立つサービスが取り揃えられている独自性の強い法人カードとなっています。

また、海外旅行傷害保険最高5000万円、国内旅行傷害保険最高5000万円、ショッピング保険最高500万円、返品補償のリターン・プロテクション1商品最高3万円と一般カードの中では圧倒的に保障が充実している法人カードと言えます。

アメックスブランドのプロパーカードのステイタス性は、一般カードであっても、他の法人カードのゴールドカードを超えるものがあり、十分に対外的な信頼性を示すことができます。

唯一のデメリットは高額な年会費ですが、ゴールドカードの年会費の半分以下ですので、十分に起業間もない中小企業の経営者でも持つことができます。経営面へのサポート、手厚い保障、ステイタス性を重視する方におすすめできる法人カードです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 3

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
6.7

年会費の安さ・コスパ

6.3 /10

ポイントや優待のお得さ

4.8 /10

ビジネス面での活躍

8.3 /10

使い勝手の良さ

6.9 /10

ステイタス性

7.4 /10

良い点

  • アメックスのプロパーカードの信頼性
  • 四半期管理レポート
  • ビジネス・コンサルティング・サービス
  • ビジネス情報サービス
  • ビジネスサービスの優待プログラム

悪い点

  • 年会費が高い
  • プライベート利用の特典は少ない
  • 限度額は制限なしですが審査次第

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードスペック

人気ランキング26位
法人カード名アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
カード会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
国際ブランドAMEX(アメックス)
カードランク一般カード,プロパーカード
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)12,000円
2年目~年会費(税別)12,000円
年会費優遇条件-
ショッピング限度額/下限一律の制限なし
ショッピング限度額/上限一律の制限なし
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限5.00%
上限のポイント取得方法●ボーナスポイント・パートナーズ
高島屋オンラインストア :2倍
じゃらん :2倍
Oisix (おいしっくす) :2倍
アイシティ:3倍
イモトのWiFi :5倍
レストラン・ホテル:2倍~10倍

●ぐるなび予約
来店人数×100ポイント

●メンバーシップ・リワード・プラス
ポイント交換レート:2倍
マイル還元率/上限0.50%
海外旅行障害保険最高5,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードメリット

  • アメックスのプロパーカードの信頼性
  • 四半期管理レポート
  • ビジネス・コンサルティング・サービス
  • ビジネス情報サービス
  • ビジネスサービスの優待プログラム/ビジネス・セービング
  • レストラン、ホテルの優待プログラム/アメリカン・エキスプレス・セレクト
  • 最高5,000万円の海外旅行傷害保険
  • 最高5,000万円の国内旅行傷害保険
  • 国内空港ラウンジ無料
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 無料ポーターサービスあり

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードデメリット

  • 年会費が高額
  • 限度額は制限なしですが審査次第
  • 海外空港ラウンジのサービスはハワイと韓国以外はない

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードおすすめポイント

concierge

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの最大のメリットは「ステイタス性が高いこと」と「ビジネス関連サービスが充実していること」です。

アメックスブランドのクレジットカードを保有している方はVISAのクレジットカードを保有している方の3倍以上の利用額があるエグゼクティブというデータから見ても、「アメックス」ブランドというだけでホテルや飲食店の優遇を受けられるぐらいステイタス性は高い法人カードとなっています。

一般カードとはいえ、アメックスブランドのプロパーカードなので十分な信頼性があり、接待の場や飲み会などの場所で使っても、信頼性を損なうことはありません。利用額によっては、上位のゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードのインビテーション(招待)が来る可能性もあります。

また、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードはビジネス関連サービスが充実していて、四半期レポート、マーケティング情報を調べられる「ジー・サーチ」、ビジネスコンサルティング、ビジネス商品やサービスの優待プログラム・・・と経営をサポートする機能が多く用意されています。

マーケティング情報を活用したり、四半期ごとの経費の見える化をしてくれたり、経営コンサルティングの無料相談ができるなど、経営を改善するための特典が多いので、少人数で経営している中小企業、零細企業の経営者や役員、個人事業主には非常にうれしいポイントになっています。

ステイタス性を重視する方で、かといって、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードや他の法人カードのプラチナカードほどの年会費は支払えないという方におすすめです。保障面やビジネス面の有効性から見ても、コストパフォーマンスは高い法人カードとなっています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード年会費

12,000円(税別)の年会費が発生します。追加カードは、年会費6,000円(税別)です。一般カードの法人カードの中ではトップクラスの年会費の高さですが、それを上回るサービスや特典が用意されています。ゴールドカードの年会費は31,000円(税別)ですので、4割以下の費用負担で近しい特典や優待を受けることができるのです。

初年度年会費(税別)12,000円
2年目~年会費(税別)12,000円
年会費優遇条件-

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードポイント・キャッシュバック

ポイント還元率

ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限5.00%
上限のポイント取得方法●ボーナスポイント・パートナーズ
高島屋オンラインストア :2倍
じゃらん :2倍
Oisix (おいしっくす) :2倍
アイシティ:3倍
イモトのWiFi :5倍
レストラン・ホテル:2倍~10倍

●ぐるなび予約
来店人数×100ポイント

●メンバーシップ・リワード・プラス
ポイント交換レート:2倍
ポイントサイト経由●アメリカン・エキスプレス・オンラインモール
割引
ポイントプログラムメンバーシップ・リワード

ポイント倍増

ポイント還元率は0.4%です。ポイント倍増などはありません。

キャッシュバック

ポイントはお支払い代金にポイントを充当できます。実質的なキャッシュバックです。

キャッシュバックプログラム

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードマイル

直接マイルが貯まるわけではありませんが、ポイントをマイルへ移行できます。10を超える航空会社のマイルと交換可能です。

  • ANAマイル:2000ポイント → 1000マイル

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード審査

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの審査ハードルは低めの設定

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの審査ハードルは普通です。本来はプロパーカードの一般カードですので審査が厳しいイメージがありますが、年会費が有料で高額なため、口コミでもそれほど審査落ちの声はありません。外資系のカードは思った以上に審査のハードルは低く設定されています。これは年会費収入で貸し倒れリスクが担保できると考えているからです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード限度額

限度額は一律の制限なしという設定です。審査次第で限度額が決定される仕組みですので、申込むまではいくらが設定されるかはわかりません。利用実績が増えれば限度額も増えていきます。

ショッピング限度額/下限一律の制限なし
ショッピング限度額/上限一律の制限なし
キャッシング限度額/下限-
キャッシング限度額/上限-

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードキャッシング

法人向けなのでキャッシング利用はできません。

キャッシング限度額/下限-
キャッシング限度額/上限-
キャッシング利率-

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード締日/支払(引き落とし)日

リボ払い手数料(利息)-
締日利用者によって異なる
支払日利用者によって異なる
支払いまでの猶予日数(最長)-

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード追加カード

子カード(社員用)

追加カード/初年度年会費(税別)6,000円
追加カード/2年目~年会費(税別)6,000円
追加カード発行枚数制限5枚

法人ETCカード

ETCカード/初年度年会費(税別)500円
ETCカード/2年目~年会費(税別)500円
ETCカード発行枚数制限5枚

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード保険サービス

海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険付帯条件自動付帯 ※利用時と補償内容が変わる
海外旅行傷害保険/家族特約条件会員(追加カード会員を含みます)の配偶者、会員と生計を共にするお子 さま・ご両親などの親族
海外旅行傷害保険/死亡・後遺障害最高5,000万円+家族特約あり
海外旅行傷害保険/傷害治療費用最高300万円+家族特約あり
海外旅行傷害保険/疾病治療費用最高300万円+家族特約あり
海外旅行傷害保険/賠償責任最高4,000万円+家族特約あり
海外旅行傷害保険/携行品損害最高50万円+家族特約あり
海外旅行傷害保険/救援者費用最高400万円+家族特約あり
海外航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
海外航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)-
海外航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
海外航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-

国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険付帯条件利用付帯
国内旅行傷害保険/死亡・後遺障害最高5,000万円+家族特約あり
国内旅行傷害保険/入院日額-
国内旅行傷害保険/手術費用-
国内旅行傷害保険/通院日額-
国内航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
国内航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)-
国内航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
国内航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-

ショッピング保険

ショッピング保険付帯条件カード購入+90日間
ショッピング保険/海外最高500万円
ショッピング保険/国内最高500万円

その他保険

ライフアクシデントケア制度/空き巣被害見舞金-
犯罪被害障害保険/死亡・後遺障害-
犯罪被害障害保険/入院日額-
犯罪被害障害保険/通院日額-

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード海外旅行/国内旅行サービス

空港ラウンジ

国内空港ラウンジを無料で利用することができます。ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国 仁川国際空港は海外空港ラウンジを利用できます。

空港ラウンジ海外○ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国 仁川国際空港
空港ラウンジ国内
空港手荷物無料
空港ハイヤー送迎-

無料ポーターサービス

空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで専任スタッフが荷物を運んでくれます。

手荷物無料宅配サービス

空港からカード会員1名様につきスーツケース1個を無料で配送してくれます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードビジネスサービス

コンシェルジュデスク

コンシェルジュデスクトラベルデスク

各種優待

WEB明細
経営管理レポート
ビジネス情報データベース
コンサルティング
レンタルオフィス-
法人弁護士など専門家紹介-
オフィス用品優待
会計ソフト優待
タクシーチケット-
福利厚生
宿泊・ホテル優待
レストラン優待
融資金利優待-
その他サービス帝国データバンク、東京商工リサーチなどの情報取得可能

各種オフィス用品の優待

  • ビジネス・セービング

広告、会計ソフト、レンタルサーバー、印刷、レンタルオフィス、宅配、ケータリングなどの優待プログラムが利用できます。

ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」年会費無料

G-Searchは、入札・落札公告情報、企業情報、新聞・雑誌記事、人物情報、帝国データバンク企業情報・東京商工リサーチ企業情報などまで、幅広く収録した日本最大級のビジネス情報データベースサービスです。また、調査代行サービスなども行っています。これらのサービスが年会費無料で利用できます。(各情報ソースごとに利用額が発生します。)

四半期管理レポート

「四半期ご利用集計」と「四半期ご利用明細」の2種類からなるレポートが経営者宛に郵送されます。WEB明細などでは意識的にチェックしなければなりませんが、郵送で四半期レポートを作ってくれるので、定期的に確実に経費のチェック、見直しができます。

福利厚生プログラム「クラブオフ」

福利厚生プログラム「クラブオフ」の年間登録料が無料で利用できます。「クラブオフ」では75,000以上のホテルやリラクゼーション施設などが優待利用可能です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード飲食・ショッピング関連サービス

アメリカン・エキスプレス・セレクト

ホテル・ダイニング・ショッピングで、世界100ヵ国以上の地域で8,000以上の特典をご用意されています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード自動車関連サービス

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード国際ブランド関連サービス

ビジネス優待プログラムアメリカン・エキスプレス ビジネス・セービング

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード注目サービス

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード体験談

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード発行までの流れ

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード上位のカード紹介

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード口コミ・評判

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
6.7

年会費の安さ・コスパ

6.3 /10

ポイントや優待のお得さ

4.8 /10

ビジネス面での活躍

8.3 /10

使い勝手の良さ

6.9 /10

ステイタス性

7.4 /10

良い点

  • アメックスのプロパーカードの信頼性
  • 四半期管理レポート
  • ビジネス・コンサルティング・サービス
  • ビジネス情報サービス
  • ビジネスサービスの優待プログラム

悪い点

  • 年会費が高い
  • プライベート利用の特典は少ない
  • 限度額は制限なしですが審査次第

3 件のコメント

  • 年会費の安さ・コスパ

    5.00

    ポイントや優待のお得さ

    1.00

    ビジネス面での活躍

    5.00

    使い勝手の良さ

    5.00

    ステイタス性

    5.00

    総合評価
    4.2点/10点
    普通

     

    職種:次長/課長/係長
    月額カード利用額:10万円~20万円未満
    法人カード利用歴:10万円~20万円未満
    設定されているショッピング限度額:10万円~20万円未満

    この法人カードを選んだ理由

    選択肢に該当なし

    よく使うシチュレーション

    国内出張
    海外出張
    接待
    社員との食事・飲み会

    選択した法人カードを利用していて良かった点・満足しているところ

    カード不正利用に対するセキュリティーが非常にしっかりしており、不正使用が疑われる場合直接携帯電話等へメールによる確認連絡が届いた。また、海外出張時の緊急時のカード再発行等のカスタマーサービス対応は24時間対応で迅速で丁寧に対処してもらい2営業日で再発行カードをホテルで受け取ることが出来て本当に助かった。コールセンターも国内だけからでは無く海外からでも日本語対応にて常時対応してくれるため、利用明細詳細確認や緊急時の対応も非常に満足のいくものである。新幹線エキスプレスカードとのジョイントカードなので東京大阪などの新幹線出張移動の際の予約・乗車・出張精算処理など利便性は非常に高く、またポイントによる優待もあり良かった。

    選択した法人カードを利用していて悪かった点・不満

    日本国内だけでなく特にヨーロッパでは使用できる公共サービス機関(電車やバスのチケット購入等)、ショップそれに飲食店に大きく限りがあり、個人のカードもしくは現金での支払いを強いられる場合が多々あり不便さを強く感じている。時々不正なのかもしれないがカード利用手数料を付加請求された経験も多々ある。また、個人口座から一旦立て替え払いの出張コスト精算処理承認完了後の払い戻しであったため、カード利用金額の個人口座引き落としタイミングがズレることが多々あり、口座の残金管理に困窮することも多々ある。会社法人カードの為、カード利用による個人的なポイント特約や優待は全く無く、例えばフルサービス航空会社利用時のマイレージポイント等も個人として全く獲得活用出来なかった。

  • 年会費の安さ・コスパ

    10.00

    ポイントや優待のお得さ

    5.00

    ビジネス面での活躍

    10.00

    使い勝手の良さ

    10.00

    ステイタス性

    5.00

    総合評価
    8点/10点
    とても満足

     

    職種:部長
    月額カード利用額:10万円~20万円未満
    法人カード利用歴:10万円~20万円未満
    設定されているショッピング限度額:10万円~20万円未満

    この法人カードを選んだ理由

    選択肢に該当なし

    よく使うシチュレーション

    国内出張
    海外出張
    接待
    社員との食事・飲み会
    オンラインサービスの支払い

    選択した法人カードを利用していて良かった点・満足しているところ

    外資系企業に勤務しており、入社と同時に無条件でAMEXを持たされます。
    社内でも高額利用者のひとりに分類されていますが、使えないというシチュエーションがほぼ皆無ですので、使っていて不満と感じることはほぼありません。
    かと言って特段自慢できるほどのカードでも無いと感じていますので、持っていて普通のカード、程度の認識です。
    海外出張時、AMEXのサポートには満足しています。
    プライベートで利用することはあまり無いのですが、オンラインショップなどで一回限りのクレジットカード利用になりそうな場合は、個人のカードではなく法人カードを使う場合があります。理由は万一の情報漏えいなどによってカードを変更しなければならないような状況となった場合に、個人カードは影響が大きくなってしまいますが、法人カードであれば比較的影響が少ないためです。

    選択した法人カードを利用していて悪かった点・不満

    一度、プライベートのショッピングで50,000円ほどを法人カードで支払ったことがありました。このお店はAMEXか現金での支払いしか出来ないお店なのですが、レジで支払う時になって、財布から個人のAMEXカードをだそうとしましたが、どうしても見つけられなかったのです。現金の持ち合わせもなく、レジには後続のお客さんが長蛇の列になっていましたので、あまりモタモタすることも出来ずに止む無く法人カードのAMEXで支払いを済ませました。
    以前にも少額の個人利用はありましたが、比較的大きな金額での個人利用はしたことがなかったのですが、精算時にかなり手間がかかったのを覚えています。少額であれば、プライベートをチェックするだけだったのですが、理由を書かなければならなかったのにはうんざりしました。

  • 年会費の安さ・コスパ

    6.00

    ポイントや優待のお得さ

    5.00

    ビジネス面での活躍

    9.00

    使い勝手の良さ

    7.00

    ステイタス性

    9.00

    総合評価
    7.2点/10点
    満足

     

    職種:主任/リーダー/チーフ/店長
    月額カード利用額:~1万円未満
    法人カード利用歴:~1万円未満
    設定されているショッピング限度額:~1万円未満

    この法人カードを選んだ理由

    選択肢に該当なし

    よく使うシチュレーション

    海外出張

    選択した法人カードを利用していて良かった点・満足しているところ

    カード会社は、自分が働いている会社が指定しているところだったので選べませんでした。
    メリットとしては、海外出張で空港に行く際、ラウンジを無料で使えることです。
    飲み物が無料で、ビールをいただくことができ、飛行機に乗る前にすっかりリラックスすることができました。
    また、私は使用したことがないのですが、帰国時は手荷物の無料宅配サービスがついています。
    ほかのカード会社ではゴールド以上じゃないとこのサービスは付いていないんじゃないですかね?
    さらにほとんど英語のしゃべれない私にとって心強かったのは、オーバーシーズ・アシストです。
    これは海外に行って困ったことが発生したときに24時間 日本語で相談できる連絡先です。
    結局は使わずじまいでしたけど、そういうサービスがあるというだけで、心強かったです。

    選択した法人カードを利用していて悪かった点・不満

    特に使用していてデメリットというものは特にありませんでしたが、しいて言うと年会費が高いそうです。
    「そうです。」というのは、私個人が払っていたのではなく、会社が払っているのですが、
    ほかのカード会社と比べると高く、場合によってはゴールドカードと同等の年会費のようです。
    年会費は12000円。海外出張が多い場合は、ポイントが貯まりやすいみたいなので、
    高い年会費でもメリットが出てくるそうですが、私の場合は海外出張の頻度が非常に低いです。
    1~2年で1回程度でしょうか。その場合はメリットは無いと思います。
    会社が払っているからいいですが、自分が払うとなると、選ばない金額かな・・・。
    アメリカンエキスプレスはステータス性が高いということですが、私にとっては意味のないことです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です