Airカード乗り換えお得検証。ポイント還元率1.5%のAirカードへ乗り換えたらどのくらいお得になるのか?

man
「Airカードって、どのくらいお得なの?」

リクルートが提供している新しい法人カード「Airカード」は、ポイント還元率:1.5%という高還元率を特徴とする、今までにないタイプの法人カードです。今回は、筆者の会社が使っている法人カードをAirカードに乗り換えたら、どのくらいお得になるのか?を検証します。

Airカードとは?

Airカードとは

リクルートが発行する法人カードのこと

を言います。

国際ブランドJCB
初年度年会費(税込)5,500円
2年目~年会費(税込)5,500円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本1.50%
ポイント還元率/上限1.50%
ポイント倍増方法●リクルートサービス
ポンパレモール:3.0%
じゃらん:2.0%
ホッテペッパー:人数×50ポイント
【年会費特典】初年度年会費無料
-

Airカードの特徴

  • ポイント還元率:1.5%という高還元率
  • ポンパレモールで3%、じゃらんで2%、ホットペッパーグルメで人数×50ポイント付与
  • 貯まるポイントは、リクルートポイントで同率でPontaポイントに交換可能
  • 年会費は、5,500円とやや高めの設定

全体的にサービスをそぎ落とした分、ポイント還元率:1.5%という法人カードの中でも、トップクラスのポイント還元を実現している法人カードです。

しかし、ポイント還元率が高い分、実際にAirカードを利用したら、お得になるのか?疑問に感じている方もいるかと思います。

teacher
筆者の2020年1年間の法人カード利用を、仮にAirカードに乗り換えた場合に、どれだけお得になるのか?を検証します。

Airカード乗り換えお得検証

筆者の会社の法人カードの利用額

【メインカード】セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

  • 年会費:22,000円
  • ポイント還元率:0.5%
    1,000円のカード利用 → 1ポイント:5円相当(永久不滅ポイント)
2020年のカード利用額
年月 カード利用額(請求額ベース)
2020年1月 113,367
2020年2月 142,840
2020年3月 104,812
2020年4月 237,973
2020年5月 467,623
2020年6月 663,206
2020年7月 166,954
2020年8月 429,923
2020年9月 880,260
2020年10月 792,501
2020年11月 285,620
2020年12月 217,828
合計 4,502,907
2020年で貯まったポイント
4,502,907円 × ポイント還元率:0.5% = 22,515円分のポイント

【サブカード】ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカード

  • 年会費:170,500円
  • ポイント還元率:0.4%
    100円のカード利用 → 1ポイント:4円相当
2020年のカード利用額
年月 カード利用額(請求日ベース)
2020年1月 271,751
2020年2月 409,136
2020年3月 39,814
2020年4月 29,309
2020年5月 2,178
2020年6月 11,778
2020年7月 38,687
2020年8月 140,141
2020年9月 78,708
2020年10月 205,931
2020年11月 172,225
2020年12月 138,438
合計 1,538,096
2020年で貯まったポイント
1,538,096円 × ポイント還元率:0.4% = 6,152円分のポイント

【サブカード】EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)

  • 年会費:2,200円
  • ポイント還元率:0.5%
    100円のカード利用 → 1ポイント:5円相当(暮らスマイル)
2020年のカード利用額
年月 カード利用額(請求日ベース)
2020年1月 153,071
2020年2月 207,801
2020年3月 103,467
2020年4月 268,614
2020年5月 558,201
2020年6月 794,117
2020年7月 639,256
2020年8月 63,088
2020年9月 40,314
2020年10月 61,950
2020年11月 39,168
2020年12月 75,887
合計 3,004,934
2020年で貯まったポイント
3,004,934円 × ポイント還元率:0.5% = 15,025円分のポイント

筆者の2020年の法人カード利用額でのコスト・ポイント実績

  • 年会費合計 = 22,000円 + 170,500円 + 2,200円 = 194,700円
  • 獲得ポイント合計 = 22,515円分 + 6,152円分 + 15,025円分 = 43,692円分のポイント

差し引き = -151,008円

仮にAirカードで同じ利用額を利用したとしたら

Airカード

  • 年会費:5,500円
  • ポイント還元率:1.5%
    200円のカード利用 → 3ポイント:3円相当(リクルートポイント)

筆者の2020年の法人カード利用額でのコスト・ポイント試算

  • 年会費 = 5,500円
  • 獲得ポイント合計 = カード利用額合計:9,045,937円 × 1.5% = 135,689円分のポイント

差し引き = +130,189円

Airカード乗り換えで得られる金銭的メリット

151,008円の赤字 → 130,189円の黒字

+281,197円の乗り換えメリットがある

という結果になっています。

Airカード乗り換えの考察

Airカードは、付帯サービスをできるだけ抑えて、年会費をできるだけ安くした上でできる最高レベルのポイント還元率1.5%を誇る法人カードです。

そのため、実際にAirカードに法人カードを切り替えることで、ある程度のカード利用額がある法人・個人事業主であれば、乗り換えメリットを得られる可能性が高いと言えます。

実際に筆者がすべてのカード払いをAirカードに乗り換えれば、約28万円もの乗り換えメリットがある計算になります。

ただし、付帯サービス面は、充実していない法人カードですので、法人カードにサービスを求めるのであれば、別の選択肢になるということになります。

筆者の場合は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード、ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカードは、サービス面で重宝しているため乗り換えの予定はありませんが、EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)は、とくにサービス面が充実しているわけではないため、Airカードに乗り換えをする予定です。

teacher
ぜひ、一度、「ポイント還元率:1.5%というAirカードへ乗り換えたら、どれだけお得になるのか?」をご自身でも計算してみて、その結果によって、Airカードを利用してみてはいかがでしょうか。
国際ブランドJCB
初年度年会費(税込)5,500円
2年目~年会費(税込)5,500円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本1.50%
ポイント還元率/上限1.50%
ポイント倍増方法●リクルートサービス
ポンパレモール:3.0%
じゃらん:2.0%
ホッテペッパー:人数×50ポイント
【年会費特典】初年度年会費無料
-

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
100枚超えの法人カードを徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です