法人ETCカードおすすめランキング。法人ETCカードの選び方・審査・比較・割引について

法人ETCカード比較

  • タブをクリックすると比較すべき項目が変わります。
  • 見出しをクリックすると並び替えができます。
法人ETCカード/クレジット機能あり法人ETCカード/クレジット機能なし
人気ランキング法人カード名初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)ETCカード/初年度年会費(税別)ETCカード/2年目~年会費(税別)ETCカード発行枚数制限ポイント還元率/基本
1位JCB法人カード/一般カード
JCB法人カード/一般カード
0円1,250円0円0円無制限0.50%
2位三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード
三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード
0円1,250円0円500円※年1回利用で無料複数枚0.50%
3位セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
20,000円20,000円0円0円4枚0.50%
4位EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)
EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)
0円2,000円0円0円3枚0.50%
5位アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
31,000円31,000円500円500円5枚0.50%
法人ETCカード名発行会社(組合)カード発行手数料(税別)出資金(退会時返還)年会費/年間取扱手数料(税別)走行距離に応じた手数料ETCカード発行枚数制限独自の割引特典発行カード会社車両限定利用可能場所発行スピード支払いサイト
法人ETCカード(UCカード)/高速情報協同組合
法人ETCカード(UCカード)/高速情報協同組合
高速情報協同組合500円10,000円500円5%無制限-UCカード限定なし高速道路書類到着後、10日程度月末締め翌月20日請求書発行、翌々月5日引き落とし
法人ETCカード(セディナカード)/高速情報協同組合
法人ETCカード(セディナカード)/高速情報協同組合
高速情報協同組合500円10,000円500円8%登録車両1台につき最高4枚まで-セディナカード限定なし高速道路-月末締め翌月20日請求書発行、翌々月8日引き落とし
ETCコーポレートカード(NEXCO東・中・西日本)/高速情報協同組合
ETCコーポレートカード(NEXCO東・中・西日本)/高速情報協同組合
高速情報協同組合570円10,000円570円-無制限通常のETC割引+最大20%の割引東/中/西日本高速道路株式会社ETCコーポレートカードに表示された車両に限定どこでも-月末締め翌月20日請求書発行、翌々月8日引き落とし
法人ETCカード(UCカード)/ETC協同組合
法人ETCカード(UCカード)/ETC協同組合
ETC協同組合800円10,000円800円5%無制限-UCカード限定なし高速道路書類到着後、10日程度月末締め翌月20日請求書発行、翌々月5日引き落とし
法人ETCカード(セディナカード)/ETC協同組合
法人ETCカード(セディナカード)/ETC協同組合
ETC協同組合500円10,000円500円5%無制限-セディナカード限定なし高速道路書類到着後、10日程度月末締め翌月20日請求書発行、翌々月8日引き落とし

法人ETCカード注目記事

法人ETCカードとは?

ETCカードとは

有料道路を利用するときに料金所で停止することなく、料金の支払いができる道路交通システム「ETC( Electronic Toll Collection System)」を利用する際に必要になる決済用カードのこと
ETCカードとは ETCカードとは

を言います。

法人ETCカードとは

法人経営者、個人事業主、自営業者が「ビジネス利用(事業利用)」の目的で使うETCカードのこと

です。

  • 営業に車を使う
  • 配達に車を使う
  • 宅配に車を使う
  • 接待に車を使う
  • イベントに車を使う
  • 現地調査に車を使う
  • 現地案内に車を使う
  • 送迎に車を使う
  • 出張に車を使う
  • 視察に車を使う
  • 出店に車を使う
    ・・・
concierge
ビジネスで車を使うことは決して少なくありません。

法人ETCカードを持っていれば、有料道路(高速道路)の料金をETCカードで支払っても

「法人口座から引き落とし」 or 「会社宛に請求書の発行」

で支払いが対応できるので、車を運転している社員が立て替えたりする必要がなくなるのです。

また、法人経営者本人が運転していたとしても、

  • 個人(プライベート)利用での支払い
  • 法人(ビジネス)利用の支払い

を切り分けて管理することができます。

concierge

個人と法人の支払いを混同してしまうと、脱税・横領の疑いがあるとして、税務申告時に税務署に目をつけられてしまいますし、税理士・会計士からも口を酸っぱく「法人と個人はお金の管理を分けてください。」と言われているはずです。

それを解消できるのが「法人ETCカード」なのです。

ビジネスで利用しているのに現金で通行料金を支払ったり、個人のETCカードで支払ったりすると

  • 立替申請書など社内の事務手続きに無駄な時間がかかる
  • 請求忘れ等、従業員に負担がかかる可能性がある
  • 金銭トラブルに発展する可能性もある
  • 料金所で時間をロスしてしまうため、無駄な時間がかかる
  • 法人利用と個人利用が混在してしまい、税務署にあらぬ疑いを掛けられる
    ・・・

など、様々な問題点が出てきます。

とくに「時間のロス」は経営者にしてみれば、支払っている給料を無駄にしているのと同じで「コスト」なのです。
「車をビジネスで利用する方」かつ「有料道路を使う機会がある方」には「法人ETCカード」は必要不可欠なツールなのです。

法人ETCカードは大きく分けて2種類ある!

法人ETCカードは、大きく分けて2種類あります。

  1. カード会社が発行する法人カードに付帯された「法人ETCカード」
  2. 協同組合が発行している「法人ETCカード」

の2種類です。

カード会社が発行する法人カードに付帯された「法人ETCカード」

法人カードに追加カードとして「法人ETCカード」を発行することができます。

例:JCB法人カード/一般カードの場合

例:JCB法人カード/一般カードの場合

「ETCスルーカードN」という法人ETCカードが年会費無料で複数枚発行することが可能です。

例:JCB法人カード/一般カードの場合
法人カードの追加カードとして発行されるため、有料道路を通過したときのETC料金は親カードの利用料金としてカウントされ、法人カードの支払いサイトに従って、30日後~60日後に登録してある法人口座から引き落とされる仕組みです。

大きな特徴は

  • ほとんどの法人カードで法人ETCカードが発行できること
  • 年会費無料
  • それ以外の手数料も無料
  • 法人カードのポイントが貯まる

という点です。

concierge

一部、年会費有料の法人ETCカードもありますが、9割方法人ETCカードは年会費無料で取得することができます。

親カードである法人カードも年会費永年無料のカードを選べば、完全無料で法人ETCカードを取得することもできるのです。

協同組合が発行している「法人ETCカード」

協同組合とは

共通する目的のために中小企業者が集まり、組合員となって共同で民主的な管理運営を行っていく非営利の相互扶助組織のこと

イメージがつかみにくいかも知れませんが

  • 生協
  • 農協
  • 信用組合
  • 全労災

なども「協同組合」です。

出資金を支払って組合員となることで、その協同組合のサービスを受けることができます。

法人ETCカードを発行している組合には

  • 高速情報協同組合
  • ETC協同組合

があり、共同でカード会社(セディナ、UCカード)と提携して「ETCカード」を法人向けに発行してもらう仕組みとなっています。支払いは口座振替ですが、毎月請求書が送付されてきます。

協同組合とは

例:高速情報協同組合の法人ETCカード(UCカード)の場合

例:高速情報協同組合の法人ETCカード(UCカード)の場合 例:高速情報協同組合の法人ETCカード(UCカード)の場合

協同組合なので「出資金」が必要になるのと「カード発行手数料」、年会費に相当する「取扱手数料」が発生します。

さらに

請求書作成、信販会社への立替保証などに伴い、毎月の走行金額の5%を手数料としていただきます。

とありますが「走行料金の5%の手数料」が発生する仕組みとなっています。

大きな特徴は

  • 出資金が必要になること(退会時に返金される)
  • カード発行、取扱手数料が発生すること
  • 走行料金に応じた手数料が発生すること
  • クレジット機能はない為、審査がないこと

という点が挙げられます。

カード会社発行の「法人ETCカード」と協同組合発行の「法人ETCカード」を比較

カード会社発行の「法人ETCカード」と協同組合発行の「法人ETCカード」を比較
項目法人カードに付帯される法人ETCカード協同組合が発行する法人ETCカード
発行主体カード会社協同組合
入会金/出資金無料出資金1万円/社(退会時変換)
発行手数料無料500円~800円(税別)/枚
年会費永年無料、初年度無料のものも多い。500円~800円(税別)/枚
走行料金手数料無料毎月の走行金額の5~8%
発行枚数親カード1枚につき数枚~数十枚無制限だが1枚ごとに費用が発生する
支払方法クレジット払い(親カード登録の法人口座から引き落とし)請求書による後払い
支払サイト締日から支払いまで30日~60日締日から支払いまで30日~60日
割引サービスETCカードの既存の割引特典ETCカードの既存の割引特典
※一部カードは独自の割引あり
ETCマイレージ利用可能利用可能
ポイントプログラムポイント還元率0.5%~1.0%なし
利用限度額あり。親カードの限度額の範囲内で利用できるなし
発行までの期間5日~3週間10日程度
車両限定なしないものもある
※一部車両登録が必要なカードあり
選択肢50枚前後5枚前後
審査法人カードの審査が必要。審査は厳しいクレジットの審査は不要。審査は甘い

法人ETCカードはどちらがおすすめなのか?

法人カードが作れるのであれば

カード会社発行の「法人ETCカード」がおすすめ

concierge

おすすめの理由

カード会社発行の「法人ETCカード」は年会費無料で発行できるものがほとんどです。コストが発生しない上に、親カードの法人カードのポイントが付与されるので、0.5%~1.0%の利益が出るのです。

支払いサイトも30日後~60日後と現金支払いと比較して資金繰りに余裕ができるため、間違えなくカード会社発行の「法人ETCカード」をおすすめします。

法人カードの審査が通らないのであれば

協同組合発行の「法人ETCカード」がおすすめ

concierge

おすすめの理由

法人カードは、クレジット機能があるため「カード会社の審査」があるのです。カード会社が立て替えている状態になるので、信用力が審査されるのですが

  • 起業間もない会社
  • 2年経過していない会社
  • 借入が多い会社
  • 赤字決算の会社
  • 返済事故を起こしている会社
  • 返済遅延を起こしている会社
  • 利益が少ない会社
    ・・・

などは、法人カード審査に通らない可能性があるのです。

法人カード審査に通らないときに審査を通すための方法もありますが、法人ETCカードの場合は審査のない「協同組合発行の法人ETCカード」という選択肢があるのです。

協同組合発行の法人ETCカードは、色々な手数料が発生してしまうのでコスト高であることは間違えないのですが、法人カード審査に通らないのであれば有効な選択肢になるのです。

「カード会社発行の法人ETCカード」は何を重視して選べば良いの?

おすすめするのは

  • 親カードの法人カード年会費が格安
  • 法人ETCカードの発行枚数が必要枚数以上発行できる
  • 法人ETCカードの年会費が永年無料
  • 法人カードのポイント還元率0.5%以上のもの

という法人ETCカードです。

この条件を選んだ理由は

法人ETCカードの機能はどれも同じ!

法人ETCカード自体の機能というのは、どれも同じです。高品質な法人ETCカードも、低品質な法人ETCカードも、ないのです。

どれでも機能が同じであれば、コストが安い法人ETCカードの方が良いのです。

必要枚数の発行ができなければ意味がない!

会社で利用する車が5台あるのに、法人ETCカードの最大発行枚数が3枚だとしたら、別にもう一枚法人カードを作らなければなりません。

無駄なのです。

最低でも、1枚の法人カーで車の台数分の法人ETCカードを発行できるものを選びましょう。

利用額によってはポイント分お得になる!

「カード会社発行の法人ETCカード」は、親カードの法人カード分ポイントが付与されます。

月10万円の法人ETCカード利用であっても、年間120万円、ポイント6000円分貯まります。ポイント付与がない法人カードよりも、ポイント還元率が高い法人カードがおすすめなのです。

woman
「でも、経営者の私はゴールドカードの法人カードが欲しいんだけど・・・」
  1. 「従業員が利用する法人ETCカードを作るための法人カード」
  2. 「経営者が利用するステイタス性の高い法人カード」

は別で作ることをおすすめします。

concierge
ステイタス性の高い法人カードの場合、法人ETCカードが有料だったり、ポイント還元率が低かったり、枚数制限があるものも多く、使い勝手が良くないのです。
  1. 従業員用(法人ETCカード用) → 年会費格安、ポイント還元率が高い、限度額が小さい法人カード
  2. 経営者 → 年会費高額、ステイタス性が高い、限度額が大きい法人カード

と、2枚持っておけば、接待や出張では自分のステイタスカード、従業員が利用するのはコストパフォーマンスが高い一般カードと併用することができるのです。

woman
「法人ETCカードによってETC料金の割引には差はないの?」
concierge
基本的な違いはありません。

法人ETCカードは

  • 平日朝夕割引
  • 休日割引
  • 深夜割引
  • ETC2.0割引
  • 外環道迂回利用割引
  • アクアライン割引

などの通常のETC割引が利用できます。ETC割引プランは時期によって変わりますので、最新情報は下記サイトでチェックしてください。

利用額によってはポイント分お得になる!

また、ETCマイレージサービスも利用できます。

一部、協同組合が発行する法人ETCカードのみが適用される割引があります。

平日朝夕割引(ETCコーポレートカード)

例:ETCコーポレートカード(NEXCO東・中・西日本)/高速情報協同組合

例:ETCコーポレートカード(NEXCO東・中・西日本)/高速情報協同組合
concierge
割引は手厚いのですが、その分走行距離に応じた手数料が通常の相場5.0%から8.0%に増加しているため、コストも増加することに注意が必要です。よほど利用機会の多い方でないと、おすすめはできません。

法人ETCカードおすすめランキング

法人ETCカードおすすめランキング

1位:JCBビジネスプラス法人カード/一般カード

concierge

おすすめの理由

JCBビジネスプラス法人カード/一般カードは、毎月最大3%のキャッシュバックが得られる法人カードです。年会費は初年度無料、次年度も1,250円(税別)と格安で、法人ETCカードも複数枚発行ができるカードです。

国内旅行保険も付帯されているので十二分に法人ETCカードの利用で活躍するカードです。年会費も安く、キャッシュバック率が高いので、年会費の元を取るのも一瞬だと言っていいでしょう。

JCBビジネスプラス法人カード/一般カード

JCBビジネスプラス法人カード/一般カードとは

jcb_bizplus_ippan_card JCBビジネスプラス法人カード/一般カードは、株式会社ジェーシービーが発行しているプロパーカードであり、一般カードスペックの法人カードです。国際ブランドもJCBになります。JCBビジネスプラス法人カード/一般カードは法人経営者や個人事業主が経費支払に利用できる法人カードで、業務の効率化やコスト削減に役立ちます。

JCBビジネスプラス法人カード/一般カードの大きな特徴は「プロパーカードである信頼性」「年会費初年度無料、次年度も格安の年会費設定」「毎月最大3%のキャッシュバック」「ポイント倍増の優待店が使いやすい」「手厚い入会キャンペーンあり」「法人ETCカードが年会費無料で複数枚発行可能」「ビジネス出張の優待、チケットレスサービスが充実」などがあります。

プロパーカードであるため、対外的な信頼性が高く提携カードと違って急にカード発行停止ということもありません。その上、全体的にサービスレベルが高く、総合的に使い勝手の良い法人カードと言っていいでしょう。

また、JCB法人カード/一般カードと違うのは「キャッシュバック型の法人カード」であることです。出張旅費、ガソリン代、電話代、飲食代などの交通費・接待費・通信費の利用額に対して、0%~3.0%のキャッシュバック率が適用され、翌々月のカード利用代金の支払い日にキャッシュバックが適用されます。ポイントと違って直接経費削減につながるメリットがあります。

経費削減のための法人カード活用を考えている方、最低限の年会費負担で法人カードを作りたい方、零細企業や数名の社員がいる中小企業の経営者、個人事業主の方におすすめです。

JCB法人カードキャンペーン 2018年8月最新情報

キャンペーン情報

【期間限定】入会で最大7,000円分のギフトカード

【期間限定】Amazon Business新規登録でAmazon2,000円引きクーポン

【常時】初年度年会費無料

JCBビジネスプラス法人カード/一般カード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 6

JCBビジネスプラス法人カード/一般カード

7.2

年会費の安さ・コスパ

6.7/10

ポイントや優待のお得さ

7.1/10

ビジネス面での活躍

6.8/10

使い勝手の良さ

7.8/10

ステイタス性

7.7/10

良い点

  • 毎月最大3%のキャッシュバック
  • プロパーカードである信頼性
  • 手厚い入会キャンペーンあり
  • 出張系サービスに強み
  • チケットレスサービスが充実

悪い点

  • 審査がやや厳しい
  • 限度額が最高100万円と低い
  • キャッシュバックの対象は交通費・出張旅費のみ

JCBビジネスプラス法人カード/一般カードスペック

人気ランキング17位
法人カード名JCBビジネスプラス法人カード/一般カード
JCBビジネスプラス法人カード/一般カード
カード会社ジェーシービー
国際ブランドJCB
カードランク一般カード,プロパーカード
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)1,250円
年会費優遇条件-
ショッピング限度額/下限個別設定
ショッピング限度額/上限個別設定
ポイント還元率/基本0.00%
ポイント還元率/上限3.00%
上限のポイント取得方法●海外利用
5万円未満:0%
5万円~20万円未満:0.5%
20万円~40万円未満:1.0%
40万円~60万円未満:1.5%
60万円~80万円未満:2.0%
80万円~100万円未満:2.5%
100万円~:3.0%
※JR・高速道路・ガソリンスタンド・タクシー・レンタカー・航空券・宿泊・旅行代理店がキャッシュバック対象
※上限は15,000円/月
マイル還元率/上限0.00%
海外旅行障害保険最高3,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険最高3,000万円(利用付帯)

おすすめの理由

2位:JCB法人カード/一般カード

concierge

おすすめの理由

JCBビジネスプラス法人カード/一般カードとほぼ同じスペックですが、JCB法人カード/一般カードはキャッシュバックではなく、ポイントプログラムになっています。ポイント還元率は0.5%と高く設定されています。

JCBビジネスプラス法人カード/一般カードのキャッシュバック率3.0%と比較するとポイント還元率が低く感じるかも知れませんが、JCBビジネスプラス法人カード/一般カードのキャッシュバックは、対象の支出が限定されていて、かつ上限があるので、交通費以外の支出にも法人カードを利用する場合には、JCB法人カード/一般カードの方がおすすめなのです。

JCB法人カード/一般カード

JCB法人カード/一般カードとは

jcb_ippan_cardJCB法人カード/一般カードは、株式会社ジェーシービーが発行しているプロパーカードであり、一般カードスペックの法人カードです。国際ブランドもJCBになります。JCB法人カード/一般カードは法人経営者や個人事業主が経費支払に利用できる法人カードで、業務の効率化やコスト削減に役立ちます。

JCB法人カード/一般カードの大きな特徴は「プロパーカードである信頼性」「年会費初年度無料、次年度も格安の年会費設定」「ポイント還元率が0.5%~2.5%」「ポイント倍増の優待店が使いやすい」「手厚い入会キャンペーンあり」「キャッシュバック型も選べる」「法人ETCカードが年会費無料で複数枚発行可能」「ビジネス出張の優待、チケットレスサービスが充実」などがあります。

プロパーカードであるため、対外的な信頼性が高く提携カードと違って急にカード発行停止ということもありません。その上、全体的にサービスレベルが高く、総合的に使い勝手の良い法人カードと言っていいでしょう。

最低限の年会費負担で法人カードを作りたい方、零細企業や数名の社員がいる中小企業の経営者、個人事業主の方におすすめです。

JCB法人カードキャンペーン 2018年8月最新情報

キャンペーン情報

【期間限定】入会で最大7,000円分のギフトカード

【期間限定】Amazon Business新規登録でAmazon2,000円引きクーポン

【常時】初年度年会費無料

JCB法人カード/一般カード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

JCB法人カード/一般カードスペック

口コミ 81

JCB法人カード/一般カード

6.7

年会費の安さ・コスパ

7.7/10

ポイントや優待のお得さ

7.3/10

ビジネス面での活躍

6.4/10

使い勝手の良さ

8.0/10

ステイタス性

4.1/10

良い点

  • ステイタス性が高い
  • 優待がお得
  • 出張で活躍
  • キャンペーンが手厚い
  • 法人etcカードが無料

悪い点

  • 審査は厳しめ
  • 年会費は発生する
  • ポイント還元率は低め
  • 限度額が低め
  • 海外加盟店が少ない