法人カードと法人デビットカードはセットで併用がおすすめ!おすすめの理由と最強の組み合わせを紹介

man
「法人カードと法人デビットカードは、どちらを持つべきでしょうか?」

会社を立ち上げたばかりの方は、法人カードにしろ、法人デビットカードにしろ、何らかの国際ブランドで決済する法人名義のカードを持たないと、ビジネスがしにくい状況になってきています。これは、オンラインのビジネスサービスが増えているからです。では、法人デビットカードと法人クレジットカード(法人カード)は、どちらを持つべきなのでしょうか?

目次

法人カードと法人デビットカードは併用がおすすめ

法人カードと法人デビットカードは併用がおすすめ

筆者は法人クレジットカード(法人カード)と法人デビットカードは、併用すべきと考えます。

なぜかというと、法人クレジットカード(法人カード)と法人デビットカードは、お互いの弱点を補完しあっているからです。

法人クレジットカード(法人カード)と法人デビットカード比較

比較項目法人デビットカード法人クレジットカード
発行主体銀行クレジットカード会社
使える国際ブランドVisa、Mastercard、JCB、J-DebitVisa、Mastercard、JCB、AMEX、diners、Unionpay
ポイント還元率相場0.0%~0.5%0.5%~1.5%
還元方法キャッシュバック型が多いポイントプログラムが多い
支払いタイミング決済時にリアルタイムで紐づいた口座から引き落とし1カ月~2か月後に登録口座から引き落とし
優待特典ほぼないカードごとにある
審査審査なし(口座が作れる方なら発行可能)審査あり
使えないケース継続支払い、一部店舗なし
限度額預金残高の範囲内で使えるカードごとに設定される30万円~500万円

法人カードと法人デビットカードの併用をおすすめする理由

法人カードと法人デビットカードの併用をおすすめする理由

理由その1.法人デビットカードの方が審査なしで先に作れる(法人クレジットカードの審査落ちリスクをカバー)

法人デビットカード → 法人口座開設時に作るカード(キャッシュカードと一体型が多い)
法人クレジットカード → 法人口座開設後に作るカード(法人口座からの引き落としになる)

特徴があります。

設立直後の会社の場合は

  1. まずは法人口座の開設依頼(同時に法人デビットカードを作る)
  2. その後に法人クレジットカードの申込

という順番になります。

法人クレジットカードを作ろうとしたら、法人デビットカード(法人口座)がそもそも必要になるのです。

口座開設時に「法人デビットカードを作らない」という選択肢もありますが、費用が掛からないのであれば作っておいて損はありません。

基本的に

法人デビットカードは、審査がないため、法人口座を開設できれば作れるのです。
法人クレジットカードは、審査があるため、法人口座があっても、審査落ちの可能性があります。

だとすれば、法人口座開設時に合わせて法人デビットカードを作っておいて損はないということです。

注意点

法人口座の開設にも、銀行の審査が必要になります。事業歴がない会社の場合は、メガバンクですと審査が落ちてしまうケースも少なくありませんので、ネット銀行の法人口座の開設をおすすめします。

理由その2.法人デビットカードは、預金の範囲内であればほぼ無制限で使える
(法人クレジットカードの限度額の低さをカバー)

法人クレジットカードの限度額は、審査によって決まるのですが

はじめて法人クレジットカードを作った場合

  • 30万円~50万円程度の少額の限度額

に設定されることが少なくありません。

法人クレジットカードの限度額は、月単位にすると半分ぐらいしか利用できないため、

  • 50万円の限度額 → 毎月使えるのは25万円程度

となってしまうのです。

これでは、すぐに限度額がいっぱいになってしまって、カード払いができないシチュエーションが発生してしまうのです。

このときに法人デビットカードを持っていれば、法人デビットカードは預金残高の範囲内であれば、限度額なしで利用できるため、いざという時の支払いができない状況を回避できるのです。

一部の法人デビットカードでは、利用額の上限が設定されているものもあります。

法人クレジットカードの限度額の低さをカバーするために法人デビットカードは活躍するのです。

理由その3.法人デビットカードは、法人クレジットカードと違う国際ブランドを付けられる
(法人クレジットカードの利用できる加盟店をカバー)

法人クレジットカードも、高いステイタス性のカードを選んでしまうと

  • Diners
  • AMEX

ブランドになることが多く、日本では使えない加盟店もありますし

  • JCB

では、日本では使えるけど、海外では使えない加盟店が多いのです。

法人クレジットカードの国際ブランドが使えない場合に、VisaやMastercardの法人デビットカードを持っておけば、法人デビットカードで支払いが可能になるのです。

理由その4.法人クレジットカードの方が資金繰りが良い
(法人デビットカードの資金効率の悪さをカバー)

  • 法人クレジットカード → 支払いから1カ月~2カ月後に引き落とし
  • 法人デビットカード → 支払い時にリアルタイムで引き落とし

ですから、会社の資金繰り(キャッシュフロー)効率を上げるためには

法人クレジットカードでの支払いを優先すべき

なのです。

法人クレジットカードで支払った方が資金繰りは改善します。

法人クレジットカードが利用できない時に法人デビットカードを使うべきなのです。

理由その5.法人クレジットカードの方が使える支払いが多い
(法人デビットカードの使えない支払いをカバー)

法人デビットカードには利用できない加盟店(支払い)というものがあります。

  • ETC料金
  • ガソリンスタンド
  • 金融商品
  • コンビニでの公共料金支払い
  • 電子マネーチャージ

などです。

公共料金支払いやETC料金の支払いなど、日常生活で使う機会の多いものも、「法人デビットカードでは支払えない」設定になっています。

このような支払いで利用するのは、法人クレジットカードなのです。

理由その6.法人クレジットカードの方がポイント還元率が高い
(法人デビットカードのポイント還元率の低さをカバー)

基本的には

  • 法人クレジットカードのポイント還元率:高い
  • 法人デビットカードのポイント還元率:低い

という関係にあります。

つまり、両方とも使える状態であれば、法人デビットカードではなく、法人クレジットカードで支払いをした方がポイントは、貯まりやすいことになります。

理由その7.法人クレジットカードの方が優待サービスが手厚い
(法人デビットカードの優待サービスの手薄さをカバー)

法人デビットカードには

  • コンシェルジュデスク
  • 海外空港ラウンジ
  • レストラン優待
  • ホテル優待
  • 海外旅行傷害保険
  • ショッピング保険

と言った、法人クレジットカードにある優待サービスは、ほぼ付帯されていません。(一部のゴールドカードスペックの法人デビットカードには付帯されていることもある)

高いレベルの優待サービスを利用するためには、法人デビットカードよりも、法人クレジットカードが適しているのです。

優待サービスを重視するのであれば、法人クレジットカードを持っておく必要があります。

考察

法人デビットカードのデメリットである

  • 資金繰りの効率が悪くなる
  • ポイント還元率が低い
  • 使えない加盟店(支払い)がある
  • ETCカードがない
  • 優待サービスがない

という点を法人クレジットカードでカバーする

法人クレジットカードのデメリットである

  • 審査がある
  • 限度額が低めの設定
  • 国際ブランドによっては、加盟店で利用できないケースがある

という点を法人デビットカードでカバーする

ことができるため、

法人クレジットカード(法人カード)と法人デビットカードは、セットで併用すべき

なのです。

teacher
両方を使い分けることで、両者のデメリットが回避され、効率的なカード利用が可能になるのです。

法人カードと法人デビットカードの併用する方法

優先的に

  • ポイント還元率が高い
  • 優待サービスが手厚い
  • 資金繰り効率が良い

法人クレジットカードでの支払いをする

法人クレジットカードで

  • 使えない国際ブランド
  • 限度額が上限に達してしまった時
  • 審査がなかなか通らない時

に法人デビットカードを利用する

というのがおすすめの併用方法です。

法人カードと法人デビットカード最強の組み合わせ

法人カードと法人デビットカード最強の組み合わせ

コストパフォーマンス追求型でおすすめ

  • 法人クレジットカード(法人カード):NTTファイナンス Bizカード レギュラー
  • 法人デビットカード:住信SBIネット銀行 法人用デビット付キャッシュカード「ミライノ デビット(Mastercard)」

おすすめの理由

NTTファイナンス Bizカード レギュラーは

  • Visaブランド
  • 年会費永年無料
  • ポイント還元率:1.0%

住信SBIネット銀行 法人用デビット付キャッシュカード「ミライノ デビット(Mastercard)」は

  • Mastercardブランド
  • 年会費永年無料
  • ポイント還元率:0.8%
どちらも、コストをかけずに高いポイント還元率が期待できる組み合わせです。

国際ブランドも、VisaとMastercardですから、この両者を利用できれば、クレジットカードを使える加盟店で、使えない加盟店はほぼありません。

国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本1.00%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法-
 
 
発行会社住信SBIネット銀行
国際ブランドMastercard
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
キャッシュバック還元率下限0.80%
キャッシュバック還元率上限0.80%
ポイント還元率下限0.80%
ポイント還元率上限0.80%
第三者不正使用保険○1000万円
おすすめの理由

審査に自信がない方におすすめ

  • 法人クレジットカード(法人カード):EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
  • 法人デビットカード:GMOあおぞらネット銀行Visaビジネスデビット

おすすめの理由

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)は、会社設立直後にどの法人カード審査にも通らなかったときに作ることができた法人カードです。

GMOあおぞらネット銀行Visaビジネスデビットも、会社を10社作ったときに、会社設立直後に10社とも法人口座が開設できた法人デビットカードです。

どちらも、会社設立直後に法人カード審査、法人口座審査に簡単に通っているため、審査に自信がない方にもおすすめできる組み合わせです。

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)でMastercardブランドを選べば、国際ブランドも、VisaとMastercardですから、この両者を利用できれば、クレジットカードを使える加盟店で、使えない加盟店はほぼありません。

国際ブランドVISA,Mastercard
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)2,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.10%
ポイント倍増方法●クラステージ
200万円利用・翌年:2倍
●法人カード
翌年:+20%
【年会費特典】初年度年会費無料
【新規入会】7,000円分のポイント
発行会社GMOあおぞらネット銀行
国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
キャッシュバック還元率下限1.00%
キャッシュバック還元率上限1.00%
ポイント還元率下限-
ポイント還元率上限-
第三者不正使用保険○1000万円
おすすめの理由

接待や出張の機会が多い方におすすめ

  • 法人クレジットカード(法人カード):セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    or
  • 法人クレジットカード(法人カード):ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード
  • 法人デビットカード:GMOあおぞらネット銀行Visaビジネスデビット

おすすめの理由

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

→ JALマイル還元率:1.125%

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード

→ ANAマイル還元率:1.0%
→ 入会ボーナス/継続ボーナス:2,000マイル
→ フライトボーナス:+25%

と、どちらも効率的にマイルを貯めることができ

  • レストラン優待
  • ホテル優待
  • 海外旅行傷害保険
  • 海外空港ラウンジ
  • コンシェルジュデスク

が利用できる法人カードです。

相方となる法人デビットカードは

  • Visaブランド
  • キャッシュバック率:1.0%

のGMOあおぞらネット銀行Visaビジネスデビットをおすすめします。

比較的年会費を抑え目で、利用できるステイタス性の高い組み合わせと言えます。
国際ブランドAMEX(アメックス)
初年度年会費(税別)20,000円
2年目~年会費(税別)20,000円
年会費優遇条件年間ショッピング利用額が200万円以上:次年度年会費10,000円
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法●海外利用
海外利用:2倍
 
【入会+利用】最大1,800ポイント(9,000円相当)
国際ブランドDiners
初年度年会費(税別)27,000円
2年目~年会費(税別)27,000円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
ポイント還元率/基本0.40%
ポイント還元率/上限0.80%
ポイント倍増方法●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
【年会費特典】初年度年会費無料
【新規入会】最大22,000マイル
発行会社GMOあおぞらネット銀行
国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
キャッシュバック還元率下限1.00%
キャッシュバック還元率上限1.00%
ポイント還元率下限-
ポイント還元率上限-
第三者不正使用保険○1000万円
おすすめの理由

最高レベルのサービスを利用したい方におすすめ

  • 法人クレジットカード(法人カード):ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
    or
  • 法人クレジットカード(法人カード):アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
  • 法人デビットカード:楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)

おすすめの理由

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは、説明する必要がない年会費10万円を超える最高レベルの法人カードです。

相方になぜ、楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)を選んだかと言うと

  • キャッシュバック率:1.0%
  • ~3,000万円以内/回の限度額設定
  • 利用限度額:法人口座の普通預金残高の範囲内

と、限度額の設定上限が大きいのです。

最高レベルのサービスを利用したい方は、買い物や支払いの金額もスケールが違うため、数百万円の限度額で打ち止めされてしまう法人デビットカードよりも、1回3,000万円と高額な利用が可能な楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)の方が上限を気にせずに使えるため、おすすめなのです。
国際ブランドMastercard
初年度年会費(税別)200,000円
2年目~年会費(税別)200,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本1.50%
ポイント還元率/上限1.50%
ポイント倍増方法-
 
 
国際ブランドAMEX(アメックス)
初年度年会費(税別)130,000円
2年目~年会費(税別)130,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限5.00%
ポイント倍増方法●ボーナスポイント・パートナーズ
高島屋オンラインストア :2倍
じゃらん :2倍
Oisix (おいしっくす) :2倍
アイシティ:3倍
イモトのWiFi :5倍
レストラン・ホテル:2倍~10倍

●ぐるなび予約
来店人数×100ポイント

●メンバーシップ・リワード・プラス
ポイント交換レート:2倍
 
 

経営者の方とご家族だけが特別なサービスを受けたい場合には、4枚まで家族カードが年会費無料の個人カード「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」がおすすめ
発行会社楽天銀行
国際ブランドJCB
初年度年会費(税別)1,000円
2年目~年会費(税別)0円
キャッシュバック還元率下限1.00%
キャッシュバック還元率上限1.00%
ポイント還元率下限-
ポイント還元率上限-
第三者不正使用保険-
おすすめの法人デビットカードはこちら
法人デビットカード

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
法人カード

おすすめのビジネスカードはこちら
ビジネスカード

コメントを残す

You have to agree to the comment policy.

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。