【最新】法人カードキャンペーン比較。本当にお得なキャンペーンを見極める方法

man
「法人カードのキャンペーンは、金額が大きい方が良いんでしょ?」
「法人カードのキャンペーンって違はあるの?」
「法人カードのキャンペーンっていつやっているの?」
・・・

法人カードを提供しているクレジットカード会社は、定期的に「入会キャンペーン」をしています。今回は、法人カードの最新キャンペーンを比較しながら、「本当にお得なキャンペーンを見極める方法」について解説します。

目次

法人カードキャンペーン比較/2018年12月

法人カードキャンペーン比較/2018年12月
人気ランキング法人カード名主要特典キャンペーン
1位JCB法人カード/一般カード
JCB法人カード/一般カード
【年会費特典】初年度年会費無料【新規入会】7,000円分のギフトカード
【Amazon Business登録】Amazon4,000円引きクーポン
2位EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
【年会費特典】初年度年会費無料【新規入会】4,000円分のポイント
3位セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
【年会費特典】200万円以上利用で次年度年会費10,000円【新規入会】4,000円分のポイント
4位三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード
三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード
【年会費特典】初年度年会費無料【新規入会】12,000円分のギフトカード
5位アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
【年会費特典】初年度年会費無料【入会後1年以内カード利用】30,000ポイント
6位ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード
ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード
-
8位三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード
三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード
-【新規入会】8,000円分のギフトカード
【Vpass登録・一定額の利用】抽選で 5,000円分のギフトカード
9位JCB法人カード/ゴールドカード
JCB法人カード/ゴールドカード
【年会費特典】初年度年会費無料【新規入会】12,000円分のギフトカード
【Amazon Business登録】Amazon4,000円引きクーポン
10位楽天ビジネスカード
楽天ビジネスカード
-【新規入会】6,000円分のポイント
11位三井住友ビジネスカード for Owners/ゴールドカード
三井住友ビジネスカード for Owners/ゴールドカード
【年会費特典】初年度年会費無料【新規入会】12,000円分のギフトカード
12位P-one Business Mastercard
P-one Business Mastercard
-【新規発行日から60日間】キャッシング利用で優遇金利5.95%
13位三井住友ビジネスカード/ゴールドカード
三井住友ビジネスカード/ゴールドカード
-【新規入会】8,000円分のギフトカード
15位三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード
三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード
【年会費特典】初年度年会費無料【新規入会】12,000円分のギフトカード
16位EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)
EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)
【年会費特典】初年度年会費無料【新規入会】4,000円分のポイント
17位JCBビジネスプラス法人カード/一般カード
JCBビジネスプラス法人カード/一般カード
【年会費特典】初年度年会費無料【新規入会】7,000円分のギフトカード
【Amazon Business登録】Amazon4,000円引きクーポン
19位JCB法人カード/プラチナカード
JCB法人カード/プラチナカード
【年会費特典】初年度年会費無料【新規入会】12,000円分のギフトカード
【Amazon Business登録】Amazon4,000円引きクーポン
22位UC法人カード/一般カード
UC法人カード/一般カード
-【新規入会】10,000円分のギフトカード
25位三井住友ビジネスカード/プラチナカード
三井住友ビジネスカード/プラチナカード
-【新規入会】8,000円分のギフトカード
【Vpass登録・一定額の利用】抽選で 5,000円分のギフトカード
32位JCBビジネスプラス法人カード/ゴールドカード
JCBビジネスプラス法人カード/ゴールドカード
【年会費特典】初年度年会費無料【新規入会】12,000円分のギフトカード
【Amazon Business登録】Amazon4,000円引きクーポン
35位UC法人カード/ゴールドカード
UC法人カード/ゴールドカード
-【新規入会】10,000円分のギフトカード
42位セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
-【新規入会】1,000円分のポイント

本当にお得なキャンペーンを見極める方法

本当にお得なキャンペーンを見極める方法

方法その1.キャンペーンは「適用条件」を確認して比較する!

法人カードのキャンペーンでは、多くの場合

最大10,000円分のギフトカードプレゼント

のように「最大○○円」となっているケースが多くあります。

「最大」という文言の裏にある意味とは

「入会」「カード申込」だけでは、全額のポイントやギフトカードはプレゼントされませんよ。

ということです。

実際に例を見てみると

例:JCB法人カードの場合(2018年11月17日時点)

例:JCB法人カードの場合(2018年11月17日時点)

最大7,000円分プレゼント!
ゴールド法人カード、プラチナ法人カードなら
最大12,000円分プレゼント!

と、キャンペーン内容がトップページに記載されています。

何も知らない方が見ると

man
「一般カードなら7,000円、ゴールドカード・プラチナカードなら12,000円ももらえるんだ。お得じゃん。」

と思ってしまいますが、「キャンペーン詳細」を見てみると

例:JCB法人カードの場合(2018年11月17日時点)
キャンペーン1

インターネット新規ご入会で!

  • JCBギフトカードをもれなく3,000円分プレゼント
  • JCBゴールド法人カード、JCBプラチナ法人カードなら8,000円分プレゼント
キャンペーン2

インターネット新規ご入会と同時に使用者追加で!

  • 1名様につきもれなく、JCBギフトカード2,000円分プレゼント(最大4,000円分)

となっています。

どういうことかというと

  • JCB法人カード/一般カード:入会3,000円分+追加カード発行2名(4,000円分) = 最大7,000円
  • JCB法人カード/ゴールドカード:入会8,000円分+追加カード発行2名(4,000円分) = 最大12,000円
  • JCB法人カード/プラチナカード:入会8,000円分+追加カード発行2名(4,000円分) = 最大12,000円

という計算で

最大のところだけをトップページには持ってきている

ということになります。

追加カードを発行しなければ
  • JCB法人カード/一般カード:入会3,000円分
  • JCB法人カード/ゴールドカード:入会8,000円分
  • JCB法人カード/プラチナカード:入会8,000円分

しかもらえないのです。

例:三井住友ビジネスカード for Ownersの場合(2018年11月17日時点)

例:三井住友ビジネスカード for Ownersの場合(2018年11月17日時点)

新規入会キャンペーン

新規入会および一定金額ご利用などで

もれなく 最大12,000円分 プレゼント!

と、キャンペーン内容がトップページに記載されています。

何も知らない方が見ると

man
「一般カードでも12,000円ももらえるのか、JCB法人カードよりも、お得じゃん。」

と思ってしまいますが、「キャンペーン詳細」を見てみると

例:三井住友ビジネスカード for Ownersの場合(2018年11月17日時点)
新規ご入会&2ヵ月後までに20万円ご利用でVJAギフトカードプレゼント

クラシック(一般)2,000円分
ゴールド・プラチナ 9,000円分

三井住友ビジネスカード for Owners新規ご入会時に、お支払い方法を「マイ・ペイすリボ」に設定
(カード入会月の2ヵ月後末までに合計20万円(含む消費税等)以上ご利用)

2,000円分

電子マネー「iD」同時ご入会
(カード入会月の2ヵ月後末までに合計20万円(含む消費税等)以上ご利用)

1,000円分

となっています。

どういうことかというと

  • 三井住友ビジネスカード for Owners/一般カード:入会0円+入会2カ月以内に20万円利用:2,000円+リボ設定:2,000円+「iD」1,000円分 = 最大5,000円
  • 三井住友ビジネスカード for Owners/ゴールドカード:入会0円+入会2カ月以内に20万円利用:9,000円+リボ設定:2,000円+「iD」1,000円分 = 最大12,000円
  • 三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード:入会0円+入会2カ月以内に20万円利用:9,000円+リボ設定:2,000円+「iD」1,000円分 = 最大12,000円

という形になっているのです。

man
「えっ、入会しただけだと1円ももえないの?」
teacher
そうです。
man
「えっ、一般カードだと全部クリアしても最大5000円にしかならないないの?」
teacher
そうです。

キャンペーンの詳細を見ずに、公式サイトのトップページに書いてある「キャンペーンの概要」だけで、法人カードのキャンペーンを比較すると、全然想定した金額がもらえない可能性があるのです。

法人カードのキャンペーンを比較するときは、必ず「キャンペーン詳細」ページを見て、「適用条件」を確認する必要があります。

方法その2.キャンペーンは「キャンペーン期間」を確認する!

もう一つ、キャンペーンを比較するときに確認しなければならないのは「キャンペーン期間」です。

例:JCB法人カードの場合(2018年11月17日時点)

例:JCB法人カードの場合(2018年11月17日時点)

キャンペーン期間 :
2018年10月1日(月)~2019年3月31日(日)お申し込み分まで

例:三井住友ビジネスカード for Ownersの場合(2018年11月17日時点)

例:三井住友ビジネスカード for Ownersの場合(2018年11月17日時点)

期間

2018年9月29日~2019年3月29日カードお申込み分まで
カード発行期限:2019年4月30日

「いつまでの申込がキャンペーン対象になるのか?」が記載されています。

また、三井住友ビジネスカード for Ownersのキャンペーンの

  • 新規ご入会&2ヵ月後までに20万円ご利用でVJAギフトカードプレゼント

というキャンペーンの場合は

「いつが2カ月後になるのか?」「いつまでの利用が対象になるのか?」というのも、大きな問題になってしまいます。

  • 法人カードに申し込んでからが2カ月?
  • 法人カードをカード会社が発行して、郵送手配してから2カ月?
  • 法人カードが手元に届いてから2カ月?
    ・・・

ここを間違えてしまうと、

man
「せっかく、2カ月までに20万円使ったのに、キャンペーンの特典がもらえなかった。」

ということになり兼ねません。

三井住友ビジネスカード for Ownersの場合は

発行日 = 法人カードをカード会社が発行して、郵送手配してから2カ月

となっています。

例:三井住友ビジネスカード for Ownersの場合(2018年11月17日時点)
法人カードと一緒に郵送されるカード発行の明細書に「発行日」が記載されているはずですので、確認しましょう。
例:三井住友ビジネスカード for Ownersの場合(2018年11月17日時点)
当サイトでは、最新情報をチェックしていますが、稀に比較サイトなどでは古いキャンペーン情報が掲載されていることもあるので、公式サイトでキャンペーン期限を確認することが重要です。

方法その3.キャンペーンは、あくまでも現時点で適用されるもので比較する

方法その1.で述べたようにキャンペーンを比較検討するときは「適用条件」をチェックしなければなりません。

キャンペーンの「適用条件」には

  • ○カ月以内に○万円のお金を遣う
  • 追加カードを発行する(年会費発生)
  • 家族カードを発行する(年会費発生)
  • リボ払いを設定する(リボ払い手数料発生)
  • キャッシング枠を設定する(利用した場合キャッシング手数料発生)
    ・・・

と、「コストがかかるもの」が少なくありません。

数千円のキャンペーンのポイントをもらうために、数千円以上のコストを発生させるのでは意味がないのです。

キャンペーンは「適用条件」をクリアしようとするものではなく、

現時点で使おうとしている法人カードの使い方をした場合に、適用条件が自然とクリアできて、一番ポイントが貯まるものを選ぶ

べきなのです。

2018年11月17日の法人カードのキャンペーンを比較すると・・・

JCB法人カード
JCB法人カード
  • JCB法人カード/一般カード:入会3,000円分+追加カード発行2名(4,000円分) = 最大7,000円
  • JCB法人カード/ゴールドカード:入会8,000円分+追加カード発行2名(4,000円分) = 最大12,000円
  • JCB法人カード/プラチナカード:入会8,000円分+追加カード発行2名(4,000円分) = 最大12,000円
三井住友ビジネスカード for Owners
三井住友ビジネスカード for Owners
  • 三井住友ビジネスカード for Owners/一般カード:入会0円+入会2カ月以内に20万円利用:2,000円+リボ設定:2,000円+「iD」1,000円分 = 最大5,000円
  • 三井住友ビジネスカード for Owners/ゴールドカード:入会0円+入会2カ月以内に20万円利用:9,000円+リボ設定:2,000円+「iD」1,000円分 = 最大12,000円
  • 三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード:入会0円+入会2カ月以内に20万円利用:9,000円+リボ設定:2,000円+「iD」1,000円分 = 最大12,000円
EX Gold for Biz
EX Gold for Biz
  • EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム):入会2カ月以内に3万円利用の上、3回以上の利用:1,000ポイント、携帯料金・電気料金支払:1,000ポイント、キャッシング枠の設定:1,000ポイント、3つのうち2つ達成:1,000ポイント = 最大4,000ポイント
  • EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス):入会2カ月以内に3万円利用の上、3回以上の利用:1,000ポイント、携帯料金・電気料金支払:1,000ポイント、キャッシング枠の設定:1,000ポイント、3つのうち2つ達成:1,000ポイント = 最大4,000ポイント

となっています。

入会のみで何も使う予定がない方

  • JCB法人カード/一般カード:入会3,000円分
  • JCB法人カード/ゴールドカード:入会8,000円分
  • JCB法人カード/プラチナカード:入会8,000円分
  • 三井住友ビジネスカード for Owners/一般カード:入会0円
  • 三井住友ビジネスカード for Owners/ゴールドカード:入会0円
  • 三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード:入会0円
  • EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム):入会0円
  • EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス):入会0円
→ 「JCB法人カードのキャンペーンがお得」ということになります。

入会して、月5万円の利用を検討中で、電気料金支払、キャッシング利用する予定のある方

  • JCB法人カード/一般カード:入会3,000円分
  • JCB法人カード/ゴールドカード:入会8,000円分
  • JCB法人カード/プラチナカード:入会8,000円分
  • 三井住友ビジネスカード for Owners/一般カード:入会0円+追加カード0円
  • 三井住友ビジネスカード for Owners/ゴールドカード:入会0円+追加カード0円
  • 三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード:入会0円+追加カード0円
  • EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム):すべて条件クリア4,000円
  • EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス):すべて条件クリア4,000円
→ 「EX Gold for Bizのキャンペーンがお得」ということになります。

入会して、月10万円の利用を検討中で、電気料金支払、キャッシング、リボ払い、電子マネー利用する予定のある方

  • JCB法人カード/一般カード:入会3,000円分
  • JCB法人カード/ゴールドカード:入会8,000円分
  • JCB法人カード/プラチナカード:入会8,000円分
  • 三井住友ビジネスカード for Owners/一般カード:入会2カ月以内に20万円利用:2,000円+リボ設定:2,000円+「iD」1,000円分 = 5,000円
  • 三井住友ビジネスカード for Owners/ゴールドカード:入会2カ月以内に20万円利用:9,000円+リボ設定:2,000円+「iD」1,000円分 = 12,000円
  • 三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード:入会2カ月以内に20万円利用:9,000円+リボ設定:2,000円+「iD」1,000円分 = 12,000円
  • EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム):すべて条件クリア4,000円
  • EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス):すべて条件クリア4,000円
→ 「三井住友ビジネスカード for Ownersのキャンペーンがお得」ということになります。

無理やり、「適用条件」をクリアするのではなく

「今の法人カードの利用予定の使い方で、どのキャンペーンが一番お得になるのか?」

をベースに付与ポイントを計算しなおして、比較する必要があるのです。

法人カードのキャンペーンを重視しすぎてはいけない!

法人カードのキャンペーンを重視しすぎてはいけない!

ここまでは

「本当にお得なキャンペーンを見極める方法」

について解説してきましたが、

キャンペーンの特典というのは一過性のものです。

  • 法人カードのコンシェルジュデスクに頼んだら接待が成功した。
  • 法人カードのプライオリティパスを使って、海外の空港ラウンジに行ったら、優雅な海外出張ができた。
  • 法人カードの2名以上で1名様分のコース料理が無料のサービスを利用したら、年間で数万円もお得になった。
    ステイタス性の高い法人カードを持っていたら、モテた。
    ・・・

というようなメリットの方が、一時的なキャンペーンの特典よりも、何倍、何十倍も、大きいのです。

teacher
「キャンペーン」展開している法人カードの方がお得なのは間違えありませんが、「キャンペーン」を重視して法人カードを比較するのではなく、本来の法人カードが持っているサービスや特典、ステイタス性で比較する方が、メリットが大きいのです。