MasterCard法人カードを徹底比較。おすすめのMasterCard法人カードは?

man
「おすすめのMasterCardブランドの法人カードはどれ?」
「MasterCardを前提に法人カードを探しているんだけど、どれがいいの?」

MasterCard法人カードを探している方にMasterCard法人カードを徹底比較して、おすすめのMasterCard法人カードを紹介します。

MasterCard法人カードとは?

MasterCard法人カードとは?

まず、Visa法人カードのことを正しく理解する必要があります。

man
「Visaって三井住友カードのことでしょ?」

と勘違いしている方も少なくありません。しかし、実はそうではないのです。

クレジットカード業界の仕組み

クレジットカード業界の仕組み

クレジットカード業界のプレイヤーには、3種類あります。

国際ブランド

世界各国でクレジットカードを利用できる仕組みを提供している会社です。

イシュアー

国際ブランドからライセンスを取得し、クレジットカードの発行業務、カード会員向けのサービス提供を行う会社です。

イシュアーの役割は、カード会員の獲得や優良顧客へのサービス強化、広報・宣伝活動、業務提携など多岐にわたり、カード利用者(会員)がクレジットカードを利用して商品の購入を行った後にカード利用者から料金を徴収し、アクワイアラーに支払うのです。

アクワイアラー

クレジットカードの加盟店の開拓や管理を行う会社です。「加盟店管理業者」とも呼ばれます。

新規の加盟店を開拓し、加盟店に対しカード決済のインフラを導入します。また、自ら開拓した加盟店から売上データを受け取り、売上代金をイシュアーから徴収し、加盟店に入金業務を行います。

teacher

クレジットカード業界がややこしいのは、全部が複雑に絡み合う会社が多いということです。
例えば

株式会社ジェーシービーは
「JCB」という「国際ブランド」であり
「JCB一般カード」というカード発行を行う「イシュアー」でもあり
裏側では加盟店開拓も行っている「アクワイアラー」でもあるのです。

しかし、「MasterCard」を発行している「MasterCard Worldwide」の場合

純粋な「国際ブランド」であり

「MasterCard Worldwide」は、クレジットカードの発行は行っていないのです。

これが「JCB」と「MasterCard」の大きな違いと言っていいでしょう。

個人のクレジットカードで言えば

「MasterCard」という「国際ブランド」は他のカード会社にも提供されているため

  • 楽天カードでも、「MasterCard」ブランドが選べる
  • Yahoo! JAPANカードでも、「MasterCard」ブランドが選べる
  • ライフカードでも、「MasterCard」ブランドが選べる
  • ・・・

という形になっています。

MasterCard法人カードの場合、現時点では

MasterCard法人カードは

「MasterCard」という国際ブランドのライセンスを発行されたクレジットカード会社の法人カード

しかありません。

MasterCard法人カードというのは

「MasterCard」から直接ライセンスの供与を受けたクレジットカード会社(プリンシパルメンバー)が発行している法人カードのこと

と言えるのです。

「MasterCard」には下記のカードランクがあり、ライセンスを発行されたクレジットカード会社も、下記のランクに合わせた「MasterCard」ブランドの法人カードを発行しているのです。

  1. Standard MasterCard
  2. Gold MasterCard
  3. Titanium MasterCard
  4. Platinum MasterCard
  5. World MasterCard
  6. World ELITE MasterCard

「MasterCard」は、アメリカの企業ですが、「Visa」と比較するとヨーロッパ、ユーロ圏で強いクレジットカードとして浸透しています。

MasterCard法人カードのメリットデメリット

MasterCard法人カードのメリットデメリット

では「MasterCardブランドの法人カード」と他の国際ブランドには、どのような違いがあるのでしょうか?

メリットその1.加盟店数が多い

国際ブランドの加盟店比較

国際ブランドVISAMasterCardJCBAmerican ExpressDinersUnionPay
加盟店数2920万店2920万店750万店1040万店850万店200万店
年間利用回数(ショッピング)35.6回30.7回18.6回53.8回28.2回11.6回
年間利用回数(キャッシング)1.4回1.4回0.4回0.9回1.4回0.4回
年間利用回数(合計)37回32.1回19回54.7回29.6回12回
一回の支払い平均額(ショッピング)8,600円8,700円11,500円15,400円16,600円19,200円
一回の支払い平均額(キャッシング)27,200円25,900円17,400円16,000円17,500円19,500円
年間利用額(ショッピング)305,200円255,700円209,100円829,900円467,600円223,400円
年間利用額(キャッシング)38,600円36,800円7,400円14,200円24,900円8,200円
年間利用額343,800円292,600円216,500円844,100円492,400円231,600円
発行枚数86,900万枚70,540万枚7,660万枚9,740万枚590万枚28,500万枚
利用額合計29,874億円20,637億円1,658億円8,222億円293億円6,600億円
利用額世界シェア42.6%30.7%2.5%12.2%0.4%9.8%

出典:2012 The Nilson Report

世界規模で見ると5大ブランドの加盟店数は

  1. 「Visa」「MasterCard」:約2920万店
  2. 「American Express」:約1040万店
  3. 「Diners」:約850万店
  4. 「JCB」:約750万店
  5. 「UnionPay」:約200万店

となっています。

日本でクレジットカードを使えるお店の場合は

「Visa」「MasterCard」「JCB」「American Express」「Diners」

の全部使えるところがほとんどですので

「うちはVisaは使えません。」とか
「うちはJCBは使えません。」と言われることはほぼないので、気づきにくいのですが・・・

世界規模で見ると

「JCB」は、「Visa」「MasterCard」の4分の1程度の加盟店しかないのです。

これを法人カードという視点で見れば

海外出張、もしくは海外にプライベートで旅行に行く可能性がある経営者の場合は

「Visa」「MasterCard」ブランドの法人カードがおすすめ

ということになります。

メリットその2.国際ブランドのサービス特典が充実

前述したように

クレジットカードのサービス特典を提供するのは「イシュアー」です。

加盟店から徴収する加盟店手数料の範囲内で、カード会員に提供できるサービスを設計し、提供しているのです。

しかし、国際ブランドも、「国際ブランドの普及率を拡大したい。」という思惑があるので、「イシュアー」のサービス特典とは別に、「国際ブランド独自の特典」を用意しているのです。

「MasterCard」が法人カード向けに提供している「国際ブランド独自の特典」は

  1. MasterCard ビジネス・アシスト
  2. MasterCard T&E Savings

の2つです。

MasterCard ビジネス・アシスト

MasterCard ビジネス・アシスト MasterCard ビジネス・アシスト

※2019年4月時点

  • イベント運営:(株)JTBコーポレートセールス:施設問わずカード決済可能
    ご利用人数お1人様につきコーヒー1杯を無料
  • グローバルビジネスサポート:(株)JTBコーポレートセールス:LAPITA主催のイベント、ツアー優待
  • リサーチ調査:(株)オレンジページオレンジページ:WEBアンケート20%割引
    仕事とプライベートの通話使い分け:ソフトバンク(株):通常の通話料金から20%割引
  • 福利厚生:(株)JTBベネフィット:入会金40~50%OFF
  • 経理業務サポート:SBIビジネス・ソリューションズ(株):初期導入費用18万円が無料
  • 経費処理業務の効率化・合理化:イージーソフト(株):初期登録費用10万円が無料
  • 出張管理業務の効率化:(株)リクルートライフスタイル:じゃらん限定ポイント1%を追加付与
  • 海外利用できるビジネス向けのキャッシュパスポート。:マスターカードプリペイドマネージメントサービシーズジャパン(株):入金額の0.5%を企業に還元

MasterCard T&E Savings

MasterCard T&E Savings
海外利用時の特典
海外利用時の特典

国際線手荷物優待サービス

  • 帰国時のお手荷物を優待価格。500円で宅配サービス

空港クローク優待サービス

  • 1着につき10%割引

海外携帯電話 WiFiレンタルサービス

  • 海外WiFiルーター:通信料15%OFF
  • 海外携帯電話:通信料15%OFF
  • レンタル料金50%OFF

海外ホテルTrip.com優待サービス

  • 初回ご利用時8%割引
  • 2回目以降5%割引

国際線手荷物無料宅配(2個)

  • ご出発・ご帰国時のお手荷物を無料宅配(2個まで)

海外航空券優待サービス

  • 日本発着のLCCを含む国際航空券の購入が可能。
国内利用時の特典
国内利用時の特典

ダイニング by 招待日和

  • 全国約200店の有名レストランにて2名様以上のご利用で1名様が無料

国内ホテル Trip.com優待サービス

  • 初回ご利用時8%割引
  • 2回目以降5%割引

国内ダイナミックパッケージ優待サービス

  • 国内航空券と国内ホテルのダイナミックパッケージ購入で割引

オリックスレンタカー

  • 特別プランの提供。それ以外の車はレンタカー基本料金より10%割引

タイムズ カー レンタル

  • レンタカー基本料金より15%割引(軽自動車は10%割引)

ニッポンレンタカー

  • レンタカー基本料金より約5%割引

プラス

  • オフィスレイアウト無料相談サービス
  • オフィス家具をご優待価格(20%OFF)にて提供
  • 企業オリジナルのノベルティ文房具を特価にて提供

東京リスマチック

  • オンデマンド印刷のプリントフィー、大判カラー出力の出力料金を通常価格より15%割引

メリットその3.高級レストランで2名様以上の利用で1名様分のコース料理無料

前述した「国際ブランド独自の特典」の中でも、最も利用価値が高いのは「ダイニング by 招待日和」という優待特典です。

「ダイニング by 招待日和」とは

200件以上の高級レストランで、2名様以上でご予約の場合に、コース代金1名様分を無料にしてくれるサービスのこと

です。

「ダイニング by 招待日和」とは 「ダイニング by 招待日和」とは
  • ビジネスゴールド
  • ビジネスプラチナ

ランクのMasterCard法人カードで利用できる、MasterCardの優待特典です。

1万円~1万5千円のコース料理

が多いのですが、もし仮に1万円のコース料理で月2回、接待や会食で利用するとすれば

1万円 × 月2回 × 12カ月 = 24万円分もお得

になるのです。

MasterCard法人カードのビジネスゴールドには、年会費2,000円(税別)の格安のカードも多いので、その何倍、何十倍もの金銭的メリットが得られるのです。

これは、MasterCard法人カードの大きなメリットと言えます。

メリットその4.プライオリティ・パス年会費25%割引

MasterCard法人カードを持っていると、海外空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスの年会費25%OFFで利用することができます。

メリットその4.プライオリティ・パス年会費25%割引

メリットその5.ブラックカードレベルの最上位の法人カードがある

ほかの国際ブランドのカードの場合

  • 個人向け → ブラックカード
  • 法人向け → プラチナカード

という形で、法人向けにブラックカードレベルのカードを発行しているところは、今のところないのです。

「MasterCard」の場合

  1. Standard MasterCard
  2. Gold MasterCard
  3. Titanium MasterCard
  4. Platinum MasterCard
  5. World MasterCard
  6. World ELITE MasterCard

というランクがあるのですが、最上位ランクのブラックカードレベルの法人カード「ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card」がBlack Card Ⅰ 株式会社から発行されています。

国際ブランドMastercard
初年度年会費(税別)200,000円
2年目~年会費(税別)200,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本1.50%
ポイント還元率/上限1.50%
ポイント倍増方法-
 
 
厳密にいえば、「ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card」は個人向けのクレジットカードなのですが、法人口座から引き落としができるので、法人カードとして利用することが可能です。
teacher
最上級のグレードの法人カードを持ちたい方におすすめです。

デメリットその1.ステイタス性が低い法人カード

「MasterCard」は、「VISA」と並んで世界シェア1位の国際ブランドですが・・・

国際ブランドの利用額比較

国際ブランドVISAMasterCardJCBAmerican ExpressDinersUnionPay
加盟店数2920万店2920万店750万店1040万店850万店200万店
年間利用回数(ショッピング)35.6回30.7回18.6回53.8回28.2回11.6回
年間利用回数(キャッシング)1.4回1.4回0.4回0.9回1.4回0.4回
年間利用回数(合計)37回32.1回19回54.7回29.6回12回
一回の支払い平均額(ショッピング)8,600円8,700円11,500円15,400円16,600円19,200円
一回の支払い平均額(キャッシング)27,200円25,900円17,400円16,000円17,500円19,500円
年間利用額(ショッピング)305,200円255,700円209,100円829,900円467,600円223,400円
年間利用額(キャッシング)38,600円36,800円7,400円14,200円24,900円8,200円
年間利用額343,800円292,600円216,500円844,100円492,400円231,600円
発行枚数86,900万枚70,540万枚7,660万枚9,740万枚590万枚28,500万枚
利用額合計29,874億円20,637億円1,658億円8,222億円293億円6,600億円
利用額世界シェア42.6%30.7%2.5%12.2%0.4%9.8%

出典:2012 The Nilson Report

1人あたりの利用額は

国際ブランド年間利用額(ショッピング)
AmericanExpress829,900円
Diners467,600円
Visa305,200円
MasterCard255,700円
UnionPay223,400円
JCB209,100円

ですから、下から数えた方が早いのです。

  • 1人あたりの年間利用額が高い → 加盟店から優良顧客として扱われる
  • 1人あたりの年間利用額が低い → 加盟店から優良顧客として扱われない

ことを意味しているため

AmericanExpressやDinersがエグゼクティブ向けのカードとして、ホテルやレストランで優遇されるのです。

一方で、「MasterCard」は、「VISA」よりも、低い255,700円ですから、優良顧客として見られないのです。

ステイタス性が低い国際ブランドの法人カードとなってしまいます。

デメリットその2.「JCB」と比較するとややポイントや特典の還元率が低い

クレジットカードのポイント還元率やサービス、キャッシュバックなどは、すべて「イシュアー」が自分たちの取り分の中で、決めることになります。

クレジットカード業界のお金の流れ

クレジットカード業界のお金の流れ

「MasterCard」は前述した通りで、自社でクレジットカードの発行(イシュアー業務)は行いません。

「JCB」は、逆に自社で「国際ブランド」も、「イシュアー」も、「アクワイアラー」も、兼ねているのです。

teacher
どちらが取り分が大きいかは、言うまでもなく「JCB」なのです。

一概には言えませんが・・・

MasterCard法人カードよりも、JCB法人カードの方がポイント還元率やサービス、キャッシュバックなどの特典が手厚い可能性が高い

と言えるのです。

MasterCard法人カード比較

人気ランキング法人カード名初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)追加カード発行枚数制限ETCカード/2年目~年会費(税別)ショッピング限度額/上限キャッシング限度額/上限ポイント還元率/基本
4位EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
0円2,000円3枚0円300万円-0.50%
6位ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
200,000円200,000円無制限-一律の制限なし100万円1.50%
7位ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード
ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード
0円0円3枚0円200万円-0.00%
16位EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)
EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)
0円2,000円-0円300万円100万円0.50%
20位オリコビジネスカードGold(ゴールド)
オリコビジネスカードGold(ゴールド)
0円2,000円20枚0円1000万円-0.00%
22位P-one Business Mastercard
P-one Business Mastercard
0円2,000円5枚0円300万円300万円0.80%
23位ライフカードビジネスライト/ゴールドカード
ライフカードビジネスライト/ゴールドカード
0円2,000円3枚0円200万円-0.50%
30位法人カード/JALカード普通カード
法人カード/JALカード普通カード
2,000円2,000円複数枚0円--0.00%
31位法人カード/JALカードCLUB-Aカード
法人カード/JALカードCLUB-Aカード
10,000円10,000円複数枚0円--0.00%
33位ラグジュアリーカード/Mastercard Titanium Card
ラグジュアリーカード/Mastercard Titanium Card
50,000円50,000円無制限-一律の制限なし100万円1.00%
34位ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card
ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card
100,000円100,000円無制限-一律の制限なし100万円1.25%
35位UC法人カード/ゴールドカード
UC法人カード/ゴールドカード
10,000円10,000円無制限0円500万円-0.50%
43位ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード
ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード
0円0円49枚0円500万円-0.00%
44位ライフカードビジネス(法人カード)/ゴールドカード
ライフカードビジネス(法人カード)/ゴールドカード
0円2,000円49枚0円500万円-0.50%
49位MUFGカード ビジネス(Visa・MasterCard)
MUFGカード ビジネス(Visa・MasterCard)
1,250円1,250円複数枚0円80万円-0.40%
50位MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネス(Visa・MasterCard)
MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネス(Visa・MasterCard)
10,000円10,000円複数枚0円300万円-0.40%
53位UC法人カード/一般カード
UC法人カード/一般カード
1,250円1,250円無制限0円300万円-0.50%
64位FASIOビジネスカード/スタンダード
FASIOビジネスカード/スタンダード
0円0円3枚500円200万円-0.25%
65位FASIOビジネスカード/プレミアムゴールドカード
FASIOビジネスカード/プレミアムゴールドカード
0円2,000円3枚0円200万円-0.50%
66位ライフカードビジネスデポジット(法人カード)/ゴールドカード
ライフカードビジネスデポジット(法人カード)/ゴールドカード
10,000円10,000円複数枚0円無制限-0.50%
67位SBS Premium Card(DPB)
SBS Premium Card(DPB)
35,000円35,000円-0円190万円-0.50%

おすすめのMasterCard法人カードは?

おすすめのMasterCard法人カードは?

おすすめのMasterCard法人カードには、2つの考え方があります。

一つは

  1. 格安法人ゴールドカードで「ダイニング by 招待日和」を使える法人カード
  2. 最高レベルの「World ELITE MasterCard」ランクの法人カード

の2つです。

MasterCardの中で、使い勝手が良く、お得な優待特典は「ダイニング by 招待日和」ですので、これが使える法人ゴールドカードの中で格安なカードを発行するという考え方の場合

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)

  • 年会費:初年度無料、次年度2,000円(税別)
  • 「ダイニング by 招待日和」利用可能
国際ブランドVISA,Mastercard
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)2,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.10%
ポイント倍増方法●クラステージ
200万円利用・翌年:2倍
●法人カード
翌年:+20%
【年会費特典】初年度年会費無料
【新規入会】7,000円分のポイント

オリコビジネスカードGold(ゴールド)

  • 年会費:初年度無料、次年度2,000円(税別)
  • 「ダイニング by 招待日和」利用可能
国際ブランドMastercard
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)2,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.00%
ポイント還元率/上限0.00%
ポイント倍増方法-

がおすすめです。

MasterCardの中で最も最高ランク(ブラックカード相当)の法人カードを使うという考え方の場合

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card

国際ブランドMastercard
初年度年会費(税別)200,000円
2年目~年会費(税別)200,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本1.50%
ポイント還元率/上限1.50%
ポイント倍増方法-
 
 

がおすすめです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。