経営者専用、個人事業主専用法人カード「オーナーズカード」とは?オーナーズカードと法人カードの違い・メリットデメリット

man
「オーナーズカードって何ですか?」
「オーナーズカードと法人カードの違いは何ですか?」
「おすすめのオーナーズカードを教えてください。」

近年、クレジットカード会社も力を入れてきているのが、経営者、個人事業主のための法人カード「オーナーズカード」です。オーナーズカードとは一体何でしょうか?オーナーズカードを選ぶポイント、オーナーズカード所有の経営者が「絶対に」おすすめしたいオーナーズカードをランキング形式で紹介します。

オーナーズカードとは?

オーナーズカードとは?

オーナーズカードとは

法人経営者、個人事業主が経費の決済に利用できるクレジットカードのこと

を言います。

man
「上記の説明だと、法人カードとオーナーズカードに違いがないように思うのですが・・・オーナーズカードと法人カードの違いは何ですか?」

オーナーズカードと法人カードの違い

オーナーズカード

あくでも、経営者、個人事業主だけが利用するための法人カードのことを言い、社員・従業員への追加カードの発行を想定していない法人カードのことを言います。(追加カードを発行できるオーナーズカードもあります。)

会社・事業のオーナーだけが使うことを想定した法人カード = オーナーズカード

となります。

man
「オーナーズカードと通常の法人カードってどうやって見分ければ良いの?」

明確なオーナーズカードの定義があるわけではないため、クレジットカード会社もしっかりと分けているわけではありませんが

  • 法人経営者 → 法人口座、経営者の個人口座
  • 個人事業主 → 個人口座、個人事業主(屋号)名口座

を引き落とし口座に設定できるのが「オーナーズカード」と考えて良いでしょう。・

経営者が法人口座ではなく、経営者本人の個人口座を引き落とし口座に設定できる点に特徴があります。これは、オーナーズカードは、利用者の意向に合わせて、法人カードとしても、個人カードとしても、利用できるということを意味しています。

teacher
オーナーズカードは「、個人カード」と「法人カード」の中間に位置するものであり、どちらとしても利用できるものなのです。

オーナーズカードの例

JCB

JCB
  • JCB CARD Biz → オーナーズカード(法人代表者・個人事業主専用カード)
  • JCB法人カード → 通常の法人カード

三井住友カード

三井住友カード

オリコカード

オリコカード

ライフカード

クレジットカード会社によって「オーナーズカード」の定義は、若干異なるものの、経営者、個人事業主だけが利用することを想定したオーナーズカードと、通常の法人カードを両方用意しているケースが多いです。

オーナーズカードの特徴

特徴その1.ポイント優遇特典が手厚い

ポイント還元率やポイント優遇特典は、法人カードよりも、オーナーズカードの方が手厚く設定されていることが少なくありません。

三井住友カード
三井住友カード

いつもの利用でポイント5倍:コンビニエンスストアやマクドナルドでポイント5倍
選んだお店でポイント2倍:候補の中から、選んだ3店舗でポイント2倍

  • 三井住友ビジネスカード for Owners(オーナーズカード) → 対象
  • 三井住友ビジネスカード(通常の法人カード) → 対象外
オリコカード
  • EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)(オーナーズカード) → ポイント還元率:0.5%
  • UPty for Biz M(アプティ フォービズ エム)(オーナーズカード) → ポイント還元率:0.5%
  • オリコビジネスカードGold(ゴールド)(通常の法人カード) → ポイント付与なし
  • オリコビジネスカードスタンダード(通常の法人カード) → ポイント付与なし
お得に利用できるのは、オーナーズカードの方なのです。

特徴その2.審査が甘い

クレジットカード会社の審査に対する考え方の違いは

  • オーナーズカード → 法人経営者個人に対する審査
  • 法人カード → 法人格に対する審査

という違いがあります。

法人カードの場合には、経営者個人の信用力の調査もさることながら、法人の経営状況なども、審査対象になってきます。その分、審査が厳しいのです。

オーナーズカードの場合には、経営者個人の信用力の審査がメインなのです。

そのため、オーナーズカードの場合は、現在事項全部証明書・履歴事項全部証明書などの提出不要なものが多く、審査は通りやすくなっているのです。

JCB CARD Biz
JCB CARD Biz

法人の本人確認書類が不要

法人の本人確認書類(現在事項全部証明書・履歴事項全部証明書など)が不要なため、原本発行手続きなどの時間を節約できます。

特徴その3.個人口座が設定できる

オーナーズカードは、個人事業主が発行できる法人カードであり、個人事業主は個人事業主(屋号)名口座や個人口座を引き落とし口座に設定できます。また、法人経営者も、個人名義の口座を引き落とし口座に発行することができます。

三井住友カード
三井住友カード
  • 三井住友ビジネスカード for Owners(オーナーズカード)

→ (法人代表者の方)法人口座、もしくはお申し込みご本人の個人名義口座
→ (個人事業主の方)お申し込みご本人の個人名義口座、もしくは個人事業主(屋号)名口座

  • 三井住友ビジネスカード(通常の法人カード) → 対象外

→ 法人名義口座

JCB
JCB
  • JCB CARD Biz(オーナーズカード)

→ 【法人代表者の場合】法人口座、個人名義口座
→ 【個人事業主の場合】屋号付き口座、個人名義口座

  • JCB法人カード(通常の法人カード)

→ 【法人の場合】法人口座【個人事業主の場合】
→ 屋号付き口座、個人名義口座

法人経営者が個人口座を引き落とし口座に設定した場合、会社の経費利用には使いにくいので注意が必要です。個人口座で経費支払いをしてしまうと、脱税を疑われるためです。

特徴その4.返済方法が豊富

オーナーズカードは、個人よりの法人カードですので、支払い方法も、個人カードと同様に多くの選択肢が用意されています。

三井住友カード
三井住友カード
  • 三井住友ビジネスカード for Owners(オーナーズカード)

1回払い
リボ払い
分割払い
2回払い
ボーナス一括払い

  • 三井住友ビジネスカード(通常の法人カード) → 対象外

1回払いのみ

JCB
JCB
  • JCB CARD Biz(オーナーズカード)

ショッピング1回払い
ショッピング2回払い
ボーナス一回払い
ショッピングリボ払い
ショッピング分割払い
ショッピングスキップ払い

  • JCB法人カード(通常の法人カード)

ショッピング1回払い
ショッピング2回払い

返済方法の選択肢が、オーナーズカードの方が多く、分割払い、リボ払いが選択できるため、資金繰りは、通常の法人カードよりも、オーナーズカードの方が楽になります。

特徴その5.キャッシングが可能

通常の法人カードは、キャッシングができません。法人がキャッシングするということになると、ある意味融資になるため、別の審査が必要になってくるためです。

しかし、オーナーズカードの場合は、キャッシング利用ができるものが少なくありません。

三井住友カード
三井住友カード
  • 三井住友ビジネスカード for Owners(オーナーズカード)

0~50万円
利率(実質年率)15.0%

JCB
JCB
  • JCB CARD Biz(オーナーズカード)

キャッシング1回払い (国内・海外)
キャッシングリボ払い

万が一、資金調達が必要になったときに通常の法人カードではなく、オーナーズカードを持っていれば、コンビニATMですぐに借入ができるメリットがあります。

特徴その6.追加カードの発行が限られている

オーナーズカードは、あくまでも、経営者個人、個人事業主本人のみが利用することを前提とした法人カードです。そのため、クレジットカード会社にもよりますが、追加カードの発行枚数が限られている特徴があります。

三井住友カード
  • 三井住友ビジネスカード for Owners(オーナーズカード)

追加カード:複数枚発行可能(パートナー会員)
ETCカード:1枚

  • 三井住友ビジネスカード(通常の法人カード)

追加カード:複数枚発行可能(使用者)
ETCカード:複数枚発行可能

JCB
  • JCB CARD Biz(オーナーズカード)

追加カード:1枚
ETCカード:1枚

  • JCB法人カード(通常の法人カード)

追加カード:複数枚発行可能
ETCカード:複数枚発行可能

オリコカード
  • EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)(オーナーズカード)
  • UPty for Biz M(アプティ フォービズ エム)(オーナーズカード)

追加カード:最大3枚
ETCカード:最大3枚

  • オリコビジネスカードGold(ゴールド)(通常の法人カード) → ポイント付与なし
  • オリコビジネスカードスタンダード(通常の法人カード) → ポイント付与なし

追加カード:最大20枚
ETCカード:最大20枚

社員や従業員に追加カード、ETCカードを持たせることを前提にするのであれば、オーナーズカードは、おすすめできないことになります。

特徴その7.限度額が少ない

オーナーズカードの方が同じクレジットカード会社の法人カードでも、限度額が小さく設定されるケースがあります。

三井住友カード
  • 三井住友ビジネスカード for Owners(オーナーズカード)ショッピング限度額:10~150万円
  • 三井住友ビジネスカード(通常の法人カード)ショッピング限度額:20~150万円
オリコカード
  • EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)(オーナーズカード)ショッピング限度額:10万円~300万円
  • UPty for Biz M(アプティ フォービズ エム)(オーナーズカード)ショッピング限度額:10万円~200万円
  • オリコビジネスカードGold(ゴールド)(通常の法人カード)ショッピング限度額: 10万円~1,000万円
  • オリコビジネスカードスタンダード(通常の法人カード)ショッピング限度額: 10万円~1,000万円

オーナーズカードと法人カードはどちらを選ぶべきか?

オーナーズカードのメリットデメリットをまとめると

オーナーズカードのメリット

  • ポイント還元率が高い
  • ポイント倍増特典が手厚い
  • 支払い方法が多く選択できる
  • キャッシング利用ができる
  • 資金繰りが楽になる
  • 審査が甘い
  • 個人口座を引き落とし口座に設定できる
  • 利用できる電子マネーが豊富

オーナーズカードのデメリット

  • 追加カードの発行ができない、発行枚数が限られている
  • ETCカードが本人にしか発行できない
  • 通常の法人カードよりも限度額が小さいケースがある

というものが挙げられます。

上記のメリットデメリットを踏まえて考えれば

「社員に対して追加カードの発行を検討している」
「社員に対してETCカードの発行を検討している」
「少しでも限度額を高くしたい」

という方の場合は、通常の法人カードを選ぶべきです。

それ以外の方の場合は、お得で利便性の高いオーナーズカードの方がおすすめと言えます。

teacher

経営者本人、個人事業主の方、だけが利用するのであれば

  • ポイント還元率が高く、ポイント特典が豊富で
  • 審査が甘く
  • 支払いもリボ払いや分割払いがあり、キャッシングもできるため、資金繰りが楽になる

オーナーズカードの方がメリットが大きいからです。

おすすめのオーナーズカードランキング

おすすめのオーナーズカードランキング

1位.三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード

国際ブランドVISA,Mastercard
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)1,250円
年会費優遇条件「マイ・ペイすリボ」申込と1回以上の利用で翌年度年会費無料
カードご利用代金WEB明細書サービス利用で条件達成で翌年度年会費500円割引
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限9.00%
ポイント倍増方法●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍

●いつもの利用でポイント5倍
セブン‐イレブン:5倍
ファミリーマート:5倍
ローソン:5倍
マクドナルド:5倍

●選んだお店でポイント2倍
約50店舗の中から3店舗を選択
【年会費特典】初年度年会費無料
【新規入会+1カ月以内5万円利用】10,000円分のギフトカード
1位.三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード

2位.JCB CARD Biz

国際ブランドJCB
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)1,250円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限3.75%
ポイント倍増方法●JCBスターメンバーズ
100万円以上利用・翌年:50%UP
●JCB ORIGINAL SERIESパートナー
スターバックス:10倍
セブンイレブン:3倍
Amazon.co.jp:3倍
ガソリンスタンド:2倍
●海外利用
海外利用:2倍
【年会費特典】初年度年会費無料
【新規入会】最大7,000円分のギフトカード
2位.JCB CARD Biz

3位.EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)

国際ブランドVISA,Mastercard
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)2,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.10%
ポイント倍増方法●クラステージ
200万円利用・翌年:2倍
●法人カード
翌年:+20%
【年会費特典】初年度年会費無料
【新規入会】7,000円分のポイント
3位.EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)

4位.ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード

国際ブランドVISA,Mastercard,JCB
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.00%
ポイント還元率/上限0.00%
ポイント倍増方法-
 
 
4位.ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード

5位.ダイナースクラブカード+ビジネス・アカウントカード

国際ブランドDiners
初年度年会費(税別)22,000円
2年目~年会費(税別)22,000円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
ポイント還元率/基本0.40%
ポイント還元率/上限0.80%
ポイント倍増方法●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
 
 

※純粋なオーナーズカードではありませんが、個人カードに追加カードとして、ビジネス・アカウントカードを発行することで、個人カードと法人カード両方が利用できる仕組みのため、オーナーズカードとして使い勝手の良い法人カードとなっています。

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
法人カード

おすすめのビジネスカードはこちら
ビジネスカード

コメントを残す

You have to agree to the comment policy.

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。