パーチェシングカード比較。おすすめのパーチェシングカードランキング

man
「パーチェシングカードは、どのカードがおすすめですか?」
「パーチェシングカードを比較するポイントを教えてください。」
「パーチェシングカードと法人カードはどちらの方がメリットがありますか?」

法人カードの需要が伸びる中で、パーチェシングカードの需要も徐々に伸びている傾向にあります。では、法人カードとパーチェシングカードはどちらを利用すべきなのか?メリットデメリットで比較したうえで、おすすめのパーチェシングカードを紹介します。

パーチェシングカードと法人カード比較

パーチェシングカードとは

利用できる加盟店をあらかじめ限定することができる法人カードのこと

を言います。

パーチェシングカードと法人カード機能比較

比較項目 法人カード パーチェシングカード
プラスティックカード 原則発行 発行しない。カードレス
発行者 法人、法人経営者、個人事業主 法人、部署、担当者、個人事業主
利用できる加盟店 国際ブランドの加盟店 事前に利用できる加盟店を限定
限度額 数十万円~500万円 最大1億円
ETCカード ×
ポイント・キャッシュバック 0.5%~1.5% 0.0%~0.5%
付帯保険 ×
発行可能枚数 0枚~数十枚 数十枚~無制限
用途別の番号発行 ×
返済方法 口座振替 口座振替、一括振込
年会費 0円~150,000円 0円~30,000円
カード毎に利用可能な限度額設定 ×

パーチェシングカードがおすすめなのは中堅企業、大企業

パーチェシングカードは

  • 利用額が大きい
  • 用途別の番号発行、部署別の番号発行
  • 数十枚のカード発行が可能
  • カードレス

など

企業規模の大きい会社ほど、使い勝手が良いメリットがあります。

中小企業であれば

  • それほど高額な利用枠が必要ない
  • 何十枚も追加カードを発行する必要がない
  • 部署ごと、支店ごと、用途ごとに利用額をわかなくても経理が把握できる
  • カードを持っていた方が安心感がある
  • 追加カードを社員に持たせない、待たせても1人、2人なので不正利用しにくい

という特徴があるため

パーチェシングカードよりも、ポイント・キャッシュバックが手厚く、保険などもある法人カードの方がメリットが大きいのです。

一方で、中堅企業、大企業であれば

  • 高額な利用枠が必要
  • 何十枚も追加カードを発行する必要がある
  • 部署ごと、支店ごと、用途ごとにカード番号を変えて管理したい
  • カードがない方が不正利用を減らせる
  • 利用先を限定していた方が不正利用を減らせる

という特徴があるため

限度額が低く、用途ごとの管理がしにくい法人カードよりも、パーチェシングカードの方が使い勝手が良いメリットがあります。

法人カードも、パーチェシングカードも、メリットデメリットがありますが

  • 企業規模の小さい会社 → 法人カード
  • 企業規模の大きい会社 → パーチェシングカード

を選んだ方がニーズと機能がマッチするのです。

パーチェシングカードは、企業規模の大きい会社、支店や店舗が多い会社、社員数が多い会社、中堅企業、大企業で活躍する決済用カードと言えます。

パーチェシングカード比較検討のポイント

ポイントその1.キャッシュバック率の高いパーチェシングカードを選ぶ

パーチェシングカードは、法人カードと比較するとキャッシュバック率は低く設定されています。

  • 法人カード ポイント還元率:0.5%~1.5%
  • パーチェシングカード キャッシュバック率:0.0%~0.5%

元々、パーチェシングカードの方が「お得」という意味合いでは弱いのです。

しかし、パーチェシングカードを希望する企業というのは、比較的企業規模が大きいため、毎月のカード利用額も高額になります。

月数百万円のカード利用があるのであれば、年間数千万円~数億円という利用額になります。

仮に年間のカード利用額が4,000万円の企業の場合

  • キャッシュバック率:0.0%のパーチェシングカード → キャッシュバック:0円
  • キャッシュバック率:0.5%のパーチェシングカード → キャッシュバック:20万円

ですから、どちらがお得なのかは考えるまでもありません。

パーチェシングカードを選ぶときは、できるだけキャッシュバック率の高いカードを選ぶべきです。

ポイントその2.カードレスのパーチェシングカードを選ぶ

基本的にパーチェシングカードは、カードレスでの発行が基本です。

ただし、一部、プラスティックカードを発行するパーチェシングカードがあるのですが、パーチェシングカードを選ぶ場合は、カードレスのものを選ぶと良いでしょう。

  • 部署ごと
  • 経費ごと

に柔軟に追加カードを発行できるのがパーチェシングカードのメリットです。

仮に光熱費の支払い用追加カードを発行して、各支店の責任者に渡そうとしても、同じカード番号のプラスティックカードを何枚も発行することはできないため、番号の共有だけで同じカードを使えるようになる、カードレスのパーチェシングカードの方が使い勝手が良いのです。

また、紛失や悪用されるリスクも抑えられるため、カードレスのパーチェシングカードを選ぶのが基本です。

ポイントその3.利用できるかどうか?でを選ぶ

パーチェシングカードは、企業規模の大きい会社向けのサービスのため、比較的審査が厳しくなっています。

例えば、MUFGカード パーチェシングの場合の申込資格は

  • 資本金:3,000万円以上
  • 従業員数:50名以上
  • 2期連続黒字決算
  • 業歴:10年以上

比較的ハードルの高い設定となっています。

例えば、ライフカードの利用先限定ビジネスカードの利用先の選定条件は

※本商品は月間100万円以上のお支払先が対象です。ご利用予定金額や、その他のお申込状況によっては、本商品の対象外となる場合がございます。

となっています。

つまり、加盟店を先に指定しようとしても、月間100万円以上の利用額がないと、事前に特定するパーチェシングカードの特定加盟店に設定できないのです。

パーチェシングカードを利用する際には

  • 審査が通ること
  • 意図した利用先を特定加盟店に指定できること

が重要なポイントとなります。

利用できなければ、パーチェシングカードを使う意味がありませんので、利用できることを前提にパーチェシングカードを探す必要があります。

審査に落ちてしまった、利用先が特定加盟店にしていできなかった、という場合には、別のパーチェシングカードを探す必要があります。

パーチェシングカードおすすめランキング

1位.セゾン・アメリカン・エキスプレス・ビジネス プロ・パーチェシング・カード

  • 国際ブランド:AMEX
  • 年会費:11,000円(税込)
  • キャッシュバック率:0.5%(お支払いを最大84日後にすると、0.25%:手数料無料)
  • ショッピング枠:~9,999万円
  • プラスティックカード:なし
  • 利用先条件:なし
  • 支払方法:1回払い、スキップ払い

おすすめの理由

  • キャッシュバック率:0.5%

とパーチェシングカードの中では高めの還元率で利用することができます。

また、スキップ払いという通常よりも1カ月引き落としが伸びる(最大84日後)支払い方法があり、スキップ払いを利用すれば、資金繰りが1カ月楽になります。(スキップ払い利用時にキャッシュバック率は0.25%に下がる)

  • 限度額は、最大9,999万円と高額
  • 任意の名義でカード番号の発番可能
  • カード毎の利用限度額設定
  • 利用先制限が可能
  • 100枚のカード発行が可能
  • 利用先の制限なし

と、利便性を追求したパーチェシングカードとなっています。

年会費は若干高めに設定されているものの、利便性に秀でたパーチェシングカードとしておすすめです。

2位.ライフカード/利用先限定ビジネスカード

  • 国際ブランド:Visa、Mastercard、JCB
  • 年会費:無料
  • キャッシュバック率:0.5%
  • ショッピング枠:200万円~
  • プラスティックカード:あり
  • 利用先条件:月間100万円以上のお支払先が対象
  • 支払方法:1回払い

おすすめの理由

プラスティックカードがあるため、利便性の部分では、若干デメリットがありますが

  • 年会費:無料
  • キャッシュバック率:0.5%

というは、パーチェシングカードの中では、コストパフォーマンスの良いカードという位置づけになります。

コストパフォーマンスを重視する会社におすすめできるパーチェシングカードです。

3位.三井住友パーチェシングカード

  • 国際ブランド:Visa
  • 年会費:1,375円(税込)※追加カード440円(税込) ※上限33,000円(税込)
  • キャッシュバック率:なし
  • ショッピング枠:カードごとに設定
  • プラスティックカード:あり・なしが選べる
  • ETCカード:発行可能
  • 利用先条件:-
  • 支払方法:1回払い

おすすめの理由

年会費がパーチェシングカードの中では、比較的安く設定されている点とVisaブランドですので、カバーしている加盟店が多い点が特徴です。

また、利用先の限定方法は

  • カード単位で限定
  • 契約単位で限定

ができ、

  • カード毎に利用限度額を設定
  • 請求締日の翌日に利用枠が回復するマンスリークリア方式

を採用しているため

複数の支社や店舗、子会社を持つ会社にとっては、利便性が高いメリットがあります。

デメリットは、キャッシュバックがない点です。

4位.MUFGカード パーチェシング

  • 国際ブランド:Visa、Mastercard
  • 年会費:1社あたり33,000円(税込)
  • キャッシュバック率:なし
  • ショッピング枠:カードごとに設定
  • プラスティックカード:なし
  • 利用先条件:-
  • 支払方法:1回払い
  • 申込条件:資本金3,000万円以上、従業員数50名以上、2期連続黒字決算、業歴 10年以上

おすすめの理由

MUFGカード パーチェシングカードでは、審査が厳しい点がデメリットですが

MUFGカード パーチェシングカードに紐づく「MUFGカード バーチャル」というバーチャルカードを発行できます。

バーチャルカードでは、カードごとに

  • 利用上限額
  • 番号の利用回数や有効期間
  • 利用可能時間帯
  • 利用可能地域

など、通常のパーチェシングカードよりも、細かい利用条件設定が可能になっています。

社員の不正利用を防止するための、細かい設定ができるため、経費ごと、プロジェクトごとなど、状況に応じたバーチャルカードの発行・停止をして、業務プロセスを大幅に効率化することが可能です。
デメリットは、年会費が高いことと、キャッシュバックがないことです。

その他のパーチェシングカード

JCBパーチェシングサービス

クレディセゾン/UCパーチェシングカード(カードレスコーポレートカード)

ダイナースクラブ/コーポレートパーチャシングシステム(CPS)

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
100枚超えの法人カードを徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です