法人ガソリンカードとは?おすすめの法人ガソリンカードと選び方・審査・比較・割引について

目次

そもそも、法人ガソリンカードとは?

そもそも、法人ガソリンカードとは?

法人ガソリンカードとは

ガソリンスタンド(SS)でのガソリン代の支払いで利用できる決済用カードのこと。

を言います。

法人ガソリンカードには

  1. クレジット機能なしの法人ガソリンカード
  2. クレジット機能ありの法人ガソリンカード

の大きく分けると2種類のガソリンカードがありますが

どちらも、支払方法は、法人口座からの口座振替になり、会社の経費としてガソリン代の支払いが可能になります。

法人ガソリンカードのメリット

法人ガソリンカードのメリット

ガソリン代が安くなる!

法人ガソリンカードの場合は

契約価格・SS店頭価格といった会員価格が採用されます。

例:セルフ日の出インターSS / ヤマヒロ(株)

例:セルフ日の出インターSS / ヤマヒロ(株)
ガソリンスタンドにもよるのですが、会員価格では上記のようにリッター5円も割引になるガソリンスタンドもあるのです。

国土交通省のガソリンの使用量データ

国土交通省のガソリンの使用量データ

出典:自動車燃料消費量統計

営業用ガソリン一般貨物輸送の場合

  • 走行1kmあたりの燃費消費量:0.235リットル/Km
  • 1日1社あたりの走行距離:113.10Km/日

1日あたりのガソリン消費量 = 0.235 × 113.1 = 26.58リットル

月20営業日だとすれば

26.58リットル × 20営業日 × 12ヶ月 = 6378リットル

リッター5円割引なので

6378リットル × 5円 = 31890円

となります。

営業用の車両1台当たり約3万円/年ものガソリン代割引効果があるのです。

営業用車両が10台あれば、約30万円/年のコスト削減になります。

concierge
法人ガソリンカードの最大のメリットは、会員価格の割引によるコスト削減なのです。

法人口座からの口座振替で資金繰りが改善する

法人ガソリンカードを利用して、ガソリン代を支払う場合は

「現金支払い」ではなく、「法人口座からの口座振替」になります。

支払日は

  • 月末締め翌27日口座振替
  • 月末締め翌々月2日口座振替
  • 20日締め翌月17日口座振替
  • 月末締め翌々月7日口座振替
  • 月末締め翌々月10日口座振替
  • 月15日締め翌月10日口座振替
    ・・・

と法人ガソリンカードによって色々なパターンがあるのですが

ガソリン代の支払から最長で70日後の引き落とし

になるため、現金支払いと比較すれば、70日ガソリン代の経費支払いが後ろ倒しになる分、資金繰りが楽になるのです。

これも経営的に大きなメリットと言えます。

経費管理が手間がなくなり、経費が見える化できる

法人ガソリンカードは

  • 車両番号
  • 管理No
  • 名称

で車両毎に管理することができます。

また、車両ごとの利用額はインターネット明細で

  • ご利用日
  • 利用商品
  • 数量
  • 金額
  • 利用地区

がわかります。

さらに

  • 営業所
  • 支店
  • 事業所

別に明細書を分けることも可能です。

現金払いなどでは不透明になりやすい、ガソリン代の支払いをウェブ上で簡単に管理することができるのです。

極端に言えば

consultant

No.○○の車両は、ガソリン代の利用料が平均の1.8倍になっているけど、何か利用方法に問題があるのか?

○○支店は1台あたりのガソリン代利用料が、近くの支店よりも大幅に低くなっているぞ。営業しているのか?

というガソリン代の見える化によるコスト削減や売上アップのツールにもなるのです。

立替清算、経費申請による時間コストの削減や金銭トラブルの回避につながる

前述した通りで、法人ガソリンカードを利用すれば「社員がガソリン代を立て替える」という必要はなくなります。

社員がガソリン代を立て替えると起きる手間

【社員】

  • 立替申請書の作成
  • 領収書の提出

【経理】

  • 立替申請書の内容確認
  • 立て替えた資金の支払

社員がガソリン代を立て替えると起きる可能性があるトラブル

  • 立て替えていないのに立替申請書を提出する
  • 領収書を紛失して、支払ってもらえなくなる
  • 払った、払っていないという認識のズレによるトラブル
これらの無駄なコストやトラブルを法人ガソリンカードを利用することが回避できるのです。

カードの紛失・盗難補償が付いている

現金の場合は、社員が落としてしまったり、盗まれてしまったりすれば、そのまま損失となってアしまいますが、法人ガソリンカードは紛失したり、盗難に遭ってしまった場合も、損失は発生しません。

法人ガソリンカードが盗難にあって、盗んだ人が使って損害が出たとしても、盗難補償によって、その損害はカード会社が負担する(保険会社が補てんする)仕組みとなっているため、利用している会社に損害が発生しないのです。

また、24時間対応のサポートセンターがあるので、盗難に遭ったらすぐに利用できなくする対応もできます。

これも法人ガソリンカードを利用するメリットと言えます。

法人ETCカードも付帯発行可能

法人ガソリンカードによっては、法人ETCカードも付帯して発行することができます。

法人ETCカードとは

高速道路などの有料道路の通行料金をETCレーンを通過するだけで支払いが完了する仕組みのこと。法人ETCカードの場合、法人ガソリンカードが登録している法人口座から、口座振替で通行料金も引き落とされることになります。

法人ガソリンカードのデメリット

法人ガソリンカードのデメリット

年会費が発生するカードもある

年会費無料の法人ガソリンカードもありますが、年会費有料の法人ガソリンカードもあります。

法人ガソリンカードのデメリットは「年会費負担がある」ぐらいしかありません。

「クレジット機能なしの法人ガソリンカード」と「クレジット機能ありの法人ガソリンカード」の違いは?

「クレジット機能なしの法人ガソリンカード」と「クレジット機能ありの法人ガソリンカード」の違いは?
concierge

「クレジット機能なしの法人ガソリンカード」と「クレジット機能ありの法人ガソリンカード」の違いは

クレジット機能があるかどうかの差

ですが、「クレジット機能ありの法人ガソリンカード」のメリットデメリットで解説します。

クレジット機能ありの法人ガソリンカードのメリット

ガソリン代以外の支払いも法人カードとしてできる

クレジット機能があるということは、VISA、JCB、MasterCard、American Expressなどの加盟店であれば、カード決済ができるということです。

法人ガソリンカードという名称ですが、機能としては法人カードと同じですので、オフィスの家具を買うこともできますし、飲食店の会計時に利用することもできます。

法人カードのポイントが貯まる

個人のクレジットカードは利用額に応じてポイントが貯まりますが、法人カードもポイント還元率は低くなるものの、ポイントが貯まるものが少なくありません。

クレジット機能がある法人ガソリンカードにも、ポイントが貯まるものがあります。

「ガソリン代の割引」+「クレジット利用によるポイント」

の2重でメリットがあるのです。

法人カードに付帯されるサービスや特典が利用できる

クレジット機能がある法人ガソリンカードも、種類によっては

  • 海外旅行傷害保険付帯
  • 国内旅行傷害保険付帯
  • 主要空港ラウンジ無料利用
  • ショッピング保険付帯
  • 優待プログラム
  • コンシェルジュデスク
    ・・・

と様々な優待特典や付帯サービスが利用できます。

これも、クレジット機能がある法人ガソリンカードのメリットです。

クレジット機能ありの法人ガソリンカードのデメリット

審査がある

法人ガソリンカードにも、審査はありますが、ガソリン代だけであれば利用額もそれほど高額にならないため、厳しい審査ではありません。

しかし、クレジット機能がある法人ガソリンカードということになると、通常の法人カードと同様の信用力の審査が必要になります。

  • 赤字決算
  • 税金未納
  • 利益に対して借入が多い
    ・・・

などの会社の場合は、審査に通らず法人ガソリンカードが作れない可能性が出てきます。

年会費が有料になることが多い

  • クレジット機能なしの法人ガソリンカード:年会費無料
  • クレジット機能ありの法人ガソリンカード:年会費有料

というカードも少なくありません。

クレジット機能があり、ポイント還元がある分、年会費が有料になるカードが増えるのです。

法人カードは、個人向けのクレジットカードと違って、9割方のカードが年会費有料です。クレジット機能がある法人ガソリンカードも、法人カードと変わりませんから、年会費有料になるのです。

カード利用額が高額になれば

  • ポイント付与額 > 年会費負担

なので、差し引きはお得になるのですが

カード利用額が少額であれば

  • ポイント付与額 < 年会費負担

とコストが増えてしまいます。

「クレジット機能なしの法人ガソリンカード」と「クレジット機能ありの法人ガソリンカード」はどっちがおすすめ?

「クレジット機能なしの法人ガソリンカード」と「クレジット機能ありの法人ガソリンカード」はどっちがおすすめ?

「どちらを選ぶべきか?」というのは、会社の状況や法人ガソリンカードの利用目的によって異なります。

クレジット機能なしの法人ガソリンカードがおすすめの方

  • 法人カードはすでに保有している方
  • 法人カード審査に落ちてしまった方、法人カード審査に不安を感じる方
  • 年会費の費用負担を避けたい方
  • ガソリン代以外の経費利用がほとんどない方

クレジット機能ありの法人ガソリンカードがおすすめの方

  • 法人カードを保有していない方
  • 年会費の費用負担が気にならない方
  • ガソリン代以外の経費利用が多い方
  • 法人カード審査に自信がある方

筆者がおすすめするのは

  • 法人カード → ガソリン代以外の支払い
  • クレジット機能がない法人ガソリンカード → ガソリン代の支払い

と、別々に「法人カード」と「クレジット機能がない法人ガソリンカード」を作ることをおすすめします。

なぜ、別々に作った方が良いのか?というと

クレジット機能ありの法人ガソリンカードは種類が少ないから

です。

法人カードというくくりで比較すれば

50枚以上の法人カードがあります。

  • 年会費永年無料の法人カードも
  • ポイント還元率1.0%の法人カードも
  • プラチナカードスペックの法人カードも
  • 海外旅行傷害保険が1億円の法人カードも
    ・・・

色々な法人カードがあって用途に分けて選ぶことが可能です。

concierge
「法人カード」とは別に「クレジット機能なしの法人ガソリンカード」を別で作っても、年会費無料のものも多いので、2枚あっても、困るものではないのです。

しかし、ここで「クレジット機能ありの法人ガソリンカード」に絞り込んでしまうと

選択肢が数枚しかありません。

concierge
「クレジット機能ありの法人ガソリンカード」は、発行しているのが石油元売り会社とカード会社の提携カードですので、選択肢が少なく、特典も限られてしまうのです。

だとすれば

「法人カード」は「法人カード」の中で選ぶ

→ ガソリン代以外の経費利用は「法人カード」を使う

「法人ガソリンカード」は「クレジット機能がない年会費無料の法人ガソリンカード」を選ぶ。

→ ガソリン代の経費支払のみ「法人ガソリンカード」を使う

というのが、一番メリットがあるのです。

おすすめの組み合わせは?

おすすめの組み合わせは?
  • 法人カード → JCBビジネスプラス法人カード/一般カード
  • 法人ガソリンカード → 利用する機会の多いガソリンスタンド(SS)の「クレジット機能がない年会費無料の法人ガソリンカード」
concierge

おすすめの理由

JCBビジネスプラス法人カード/一般カードは

  • JCBのプロパーカードですので対外的な信頼性の高い法人カードであること
  • 年会費は初年度無料で、2年目以降も1,250円と格安
  • 毎月最大3.0%のキャッシュバックを受けられる

というメリットがあります。

JCBビジネスプラス法人カード/一般カードは、ポイント還元率0.5%のJCB法人カード/一般カードとは違って、キャッシュバックが採用されています。

出張旅費、ガソリン代、電話代、飲食代などの交通費・接待費・通信費の利用額に対して、0%~3.0%のキャッシュバック率が適用される仕組み

ですので、ガソリン代はキャッシュバック対象になるため、JCBビジネスプラス法人カード/一般カードの方がお得度が高いのです。

JCBビジネスプラス法人カード/一般カード

JCBビジネスプラス法人カード/一般カードとは

jcb_bizplus_ippan_card JCBビジネスプラス法人カード/一般カードは、株式会社ジェーシービーが発行しているプロパーカードであり、一般カードスペックの法人カードです。国際ブランドもJCBになります。JCBビジネスプラス法人カード/一般カードは法人経営者や個人事業主が経費支払に利用できる法人カードで、業務の効率化やコスト削減に役立ちます。

JCBビジネスプラス法人カード/一般カードの大きな特徴は「プロパーカードである信頼性」「年会費初年度無料、次年度も格安の年会費設定」「毎月最大3%のキャッシュバック」「ポイント倍増の優待店が使いやすい」「手厚い入会キャンペーンあり」「法人ETCカードが年会費無料で複数枚発行可能」「ビジネス出張の優待、チケットレスサービスが充実」などがあります。

プロパーカードであるため、対外的な信頼性が高く提携カードと違って急にカード発行停止ということもありません。その上、全体的にサービスレベルが高く、総合的に使い勝手の良い法人カードと言っていいでしょう。

また、JCB法人カード/一般カードと違うのは「キャッシュバック型の法人カード」であることです。出張旅費、ガソリン代、電話代、飲食代などの交通費・接待費・通信費の利用額に対して、0%~3.0%のキャッシュバック率が適用され、翌々月のカード利用代金の支払い日にキャッシュバックが適用されます。ポイントと違って直接経費削減につながるメリットがあります。

経費削減のための法人カード活用を考えている方、最低限の年会費負担で法人カードを作りたい方、零細企業や数名の社員がいる中小企業の経営者、個人事業主の方におすすめです。

JCB法人カードキャンペーン 2018年12月最新情報

キャンペーン情報

【新規入会】7,000円分のギフトカード
【Amazon Business登録】Amazon4,000円引きクーポン
【年会費特典】初年度年会費無料

JCBビジネスプラス法人カード/一般カード口コミ評価(口コミ投稿を反映)

口コミ 7

JCBビジネスプラス法人カード/一般カード

7.1

年会費の安さ・コスパ

6.8/10

ポイントや優待のお得さ

7.0/10

ビジネス面での活躍

6.8/10

使い勝手の良さ

7.8/10

ステイタス性

7.3/10

良い点

  • 毎月最大3%のキャッシュバック
  • プロパーカードである信頼性
  • 手厚い入会キャンペーンあり
  • 出張系サービスに強み
  • チケットレスサービスが充実

悪い点

  • 審査がやや厳しい
  • 限度額が最高100万円と低い
  • キャッシュバックの対象は交通費・出張旅費のみ

JCBビジネスプラス法人カード/一般カードスペック

人気ランキング17位
法人カード名JCBビジネスプラス法人カード/一般カード
JCBビジネスプラス法人カード/一般カード
カード会社株式会社ジェーシービー
国際ブランドJCB
カードランク一般カード,プロパーカード
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)1,250円
年会費優遇条件-
ショッピング限度額/下限個別設定
ショッピング限度額/上限個別設定
ポイント還元率/基本0.00%
ポイント還元率/上限3.00%
ポイント倍増方法5万円未満:0%
5万円~20万円未満:0.5%
20万円~40万円未満:1.0%
40万円~60万円未満:1.5%
60万円~80万円未満:2.0%
80万円~100万円未満:2.5%
100万円~:3.0%
※JR・高速道路・ガソリンスタンド・タクシー・レンタカー・航空券・宿泊・旅行代理店がキャッシュバック対象
※上限は15,000円/月
マイル還元率/上限0.00%
海外旅行障害保険最高3,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険最高3,000万円(利用付帯)

法人ガソリンカード比較

法人ガソリンカード名カード発行手数料(税別)年会費/年間取扱手数料(税別)クレジット機能ポイント還元率 ガソリン価格支払方法利用可能ガソリンスタンド
法人ガソリンカード/ETC協同組合
法人ガソリンカード/ETC協同組合
0円0円なし0.00%全国平均価格より毎月末に算出(後決め方式)月末締め翌27日口座振替ENEOS,出光
ENEOS BUSINESS
ENEOS BUSINESS
0円0円なし0.00%契約価格月末締め翌々月2日口座振替
20日締め翌月17日口座振替
ENEOS
ENEOS FC/Sカード
ENEOS FC/Sカード
0円0円なし0.00%契約価格月末締め翌々月2日口座振替
20日締め翌月17日口座振替
ENEOS
ENEOS FC/Lカード
ENEOS FC/Lカード
0円0円なし0.00%契約価格月末締め翌々月2日口座振替
20日締め翌月17日口座振替
ENEOS
出光法人専用カード
出光法人専用カード
0円500円なし0.00%SS店頭価格月末締め翌々月7日口座振替出光
出光Bizカード/ワン
出光Bizカード/ワン
0円0円なし0.00%SS店頭価格月末締め翌々月7日口座振替出光
出光Bizカード/プラス
出光Bizカード/プラス
0円0円なし0.00%SS店頭価格月末締め翌々月7日口座振替出光
出光Bizカード/トラスト
出光Bizカード/トラスト
0円0円なし0.00%SS店頭価格月末締め翌々月7日口座振替出光
宇佐美ビジネスカード
宇佐美ビジネスカード
0円0円なし0.00%SS店頭価格月末締め翌々月7日口座振替出光,宇佐美
コスモ コーポレートハウスカード
コスモ コーポレートハウスカード
0円0円なし0.00%SS店頭価格月末締め翌々月10日口座振替コスモ石油
コスモ コーポレートJCBカード/一般法人カード
コスモ コーポレートJCBカード/一般法人カード
0円1,250円あり0.50%SS店頭価格-コスモ石油
コスモ コーポレートJCBカード/一般ゴールドカード
コスモ コーポレートJCBカード/一般ゴールドカード
0円10,000円あり0.50%SS店頭価格-コスモ石油
シェルビジネスカード/一般カード(JCBカード)
シェルビジネスカード/一般カード(JCBカード)
0円1,250円あり0.50%SS店頭価格-コスモ石油
シェルビジネスカード/ゴールドカード(JCBカード)
シェルビジネスカード/ゴールドカード(JCBカード)
0円10,000円あり0.50%SS店頭価格-コスモ石油
シェルビジネスカード/SS専用カード
シェルビジネスカード/SS専用カード
0円0円なし0.00%SS店頭価格月末締め翌々月10日口座振替コスモ石油
シェルビジネスカード/FUELカード
シェルビジネスカード/FUELカード
0円0円なし0.00%SS店頭価格月末締め翌々月10日口座振替コスモ石油
シナジーJCB法人カード/一般カード
シナジーJCB法人カード/一般カード
0円2,000円あり0.50%最大7円/リットル値引き-エッソ・モービル・ゼネラル
シナジーJCB法人カード/ゴールドカード
シナジーJCB法人カード/ゴールドカード
0円10,000円あり0.50%最大10円/リットル値引-エッソ・モービル・ゼネラル
カーエネクスパートナーズJCBカ-ド/一般カード
カーエネクスパートナーズJCBカ-ド/一般カード
0円1,250円あり0.50%--伊藤忠エネクスSS
カーエネクスパートナーズJCBカ-ド/ハウスカード
カーエネクスパートナーズJCBカ-ド/ハウスカード
0円0円なし0.00%--伊藤忠エネクスSS
SOLATO法人カード
SOLATO法人カード
0円0円なし0.00%-月末締め翌27日口座振替SOLATO法人カード取り扱いSS
キグナスオブリカードα
キグナスオブリカードα
0円1,250円あり0.00%最大5円/リットル値引月末締め翌27日口座振替キグナス石油
エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカード
エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカード
0円96円なし0.00%SS店頭価格月末締め翌々月10日口座振替エッソ・モービル・ゼネラル

まとめ

法人ガソリンカードとは

  • ガソリンスタンド(SS)でのガソリン代支払いで利用できる決済用カードのこと

を言います。

法人ガソリンカードのメリット

  • ガソリン代が安くなる
  • 法人口座からの口座振替で資金繰りが改善する
  • 経費管理が手間がなくなり、経費が見える化できる
  • 立替清算、経費申請による時間コストの削減や金銭トラブルの回避につながる
  • カードの紛失・盗難補償が付いている
  • 法人ETCカードも付帯発行可能

法人ガソリンカードのデメリット

  • 年会費が発生するカードもある

法人ガソリンカードには

  1. クレジット機能なしの法人ガソリンカード
  2. クレジット機能ありの法人ガソリンカード

の大きく分けると2種類のガソリンカードがありますが

おすすめは

「法人カード」は「法人カード」の中で選ぶ

→ ガソリン代以外の経費利用は「法人カード」を使う

「法人ガソリンカード」は「クレジット機能がない年会費無料の法人ガソリンカード」を選ぶ。

→ ガソリン代の経費支払のみ「法人ガソリンカード」を使う

という組み合わせです。

クレジット機能ありの法人ガソリンカードは

  • 数が少ない
  • 特典が少ない

というデメリットがあるので、わざわざ一体化しているクレジット機能ありの法人ガソリンカードを作る必要性はなく、「法人カード」と「クレジット機能がない法人ガソリンカード」を2枚持って使い分ける方がお得なのです。