コストコの法人カード・ビジネスメンバー(法人会員)のメリットデメリット

man
「コストコの法人カードって何ですか?」
「コストコのビジネスメンバーと法人カードは違いますか?」
「コストコの法人カードを持つとどんなメリットデメリットがありますか?」

コストコは、アメリカ発の会員制大型スーパーのことを言います。大型の倉庫に商品を展示して販売する手法で、卸値に近い価格で買い物ができることから日本でも人気の大型スーパーです。値段が安い分、コストコは、法人や個人事業主にも重宝されているため、ビジネスメンバー(法人会員)や法人カードなども用意されています。今回は、コストコの法人カードを持つ・ビジネスメンバー(法人会員)になるメリットデメリットについて解説します。

そもそも、コストコとは?

そもそも、コストコとは?

コストコとは

正式名称は「コストコ・ホールセール(Costco Wholesale Corporation)」と言います。アメリカのワシントンにあるホールセールクラブのチェーン店のことを言います。世界に700店舗、日本国内では26店舗展開しています。

ホールセールは「卸売」を意味しています。

コストコ公式サイト。コストコはアメリカ生まれのメンバーシップ制ウェアハウス・クラブ。高品質な商品とサービスをよりお買い得価格で提供することをモットーに、日本全国27倉庫店でお待ちしております。

コストコの仕組み

コストコは、倉庫で直接販売することで、個人に卸売りをする仕組みを採用しています。入荷した商品は、閉店後の深夜にフォークリフトで店内に運び、パレットに載せたままの状態で販売することで、卸売りに近い販売価格で提供できているのです。

倉庫で販売することで

  • 商品管理のコストを削減
  • 陳列にかかる人件費を削減

しています。

また、会員制ですので、買い物をするためには「会員資格」が必要となっています。

  • 会員から年会費収入がある分、販売価格を抑えられている

とも言えます。

倉庫で直接販売し、有料の会員資格を持った方にのみ販売することで、他のスーパーや百貨店にはできない「低価格(メーカーの卸売り価格に近い価格)」で商品を提供しています。

日本でも

  • 価格の安さ(メーカーの卸売り価格に近い価格設定)
  • 品ぞろえの多さ(鮮魚・生肉・果物・野菜・べーカリー・お酒・ベビー用品・家電品・アウトドア用品・スポーツ用品)
  • 日本のスーパーにはない珍しい商品
  • 店舗の大きさ(約5,000点)

から、「安い」「でかい」「楽しい」ことで、多くのファミリー層に人気があります。

法人や個人事業主の利用者も多い

飲食店やホテル経営などをしている方にとっては

  • 食品、食材を安く仕入れられる
  • 日用品、洗剤を安く仕入れられる

というメリットがありますし、

飲食店やホテル経営者以外であっても、

  • 社員やお客様向けの食品
  • 清掃用品
  • 事務用品
  • オフィス家具
  • 備品
  • 文房具

などが安く販売されているため、利用する法人や個人事業主は少なくありません。

コストコは、法人利用、ビジネス利用でも、十分に低価格の恩恵を受けられる大型スーパーです。

コストコビジネスメンバー(法人会員)

コストコビジネスメンバー(法人会員)

コストコの会員比較

個人・法人個人会員個人会員法人会員法人会員
会員種別ゴールドスターエグゼクティブ・ゴールドスタービジネスエグゼクティブ・ビジネス
対象18歳以上18歳以上18歳以上の法人経営者、個人事業主18歳以上の法人経営者、個人事業主
同伴者18歳以上の同伴者1名まで(18未満の子どもは制限なし)18歳以上の同伴者1名まで(18未満の子どもは制限なし)18歳以上の同伴者1名まで(18未満の子どもは制限なし)18歳以上の同伴者1名まで(18未満の子どもは制限なし)
年会費4,840円9,900円4,235円9,900円
家族会員カード1枚
無料
※登録は同一世帯で18歳以上の家族のみ
1枚
無料
※登録は同一世帯で18歳以上の家族のみ
1枚
無料
※登録は同一世帯で18歳以上の家族のみ
1枚
無料
※登録は同一世帯で18歳以上の家族のみ
追加カードなしなし最大6枚(1枚3,850円)最大6枚(1枚3,850円)
ポイント還元率0.00%2.00%0.00%2.00%
コストコグローバルカードと併用1.50%1.50%1.50%1.50%
特別割引クーポン年4回以上実施年4回以上実施
配送配送サービス利用可能
※購入日に配送カウンターに持参
配送サービス利用可能
※購入日に配送カウンターに持参
電話やFAXでも注文OKなビジネス配送利用可能電話やFAXでも注文OKなビジネス配送利用可能
特典・商品保証
・年会費保障
・商品保証
・年会費保障
・商品保証
・年会費保障
・ビジネスプロモーションに参加可
・「ボリューム会員様」向け営業支援
・商品保証
・年会費保障
・ビジネスプロモーションに参加可
・「ボリューム会員様」向け営業支援
クレジット機能なしなしなしなし

「コストコビジネスメンバー(法人会員)のカードは、法人カードではないの?」

コストコビジネスメンバー(法人会員)に加入すると、カードが発行されます。

「コストコビジネスメンバー(法人会員)のカードは、法人カードではないの?」

しかし、これは会員証・会員カードであって、クレジットカード(法人カード)ではありません。

コストコのみで入店の際に利用される法人用会員カードですので、厳密に言えば「法人カードではありません。」

teacher
コストコ以外のお店で支払いに利用できる、クレジット機能がある法人カードとは別物です。コストコの会員ステータスを証明するためのカードです。

「コストコビジネスメンバー(法人会員)のは、ビジネスとエグゼクティブ・ビジネスはどちらがおすすめ?」

エグゼクティブ・ビジネスの場合は、カード利用額に対して、最大2.0%のエグゼクティブリワード(ポイント)を最大10万円まで取得することが可能です。

年会費

  • ビジネス:4,235円
  • エグゼクティブ・ビジネス:9,900円

差額:5,665円

ポイント還元率

  • ビジネス:0%
  • エグゼクティブ・ビジネス:2.0%

ですから、計算すると

月額:23,604円のコストコ利用
年間:283,248円のコストコ利用

で年会費の差額:5,665円に達するため

  • 月額:23,604円(年間:283,248円)以上利用する人であれば、エグゼクティブ・ビジネスがおすすめ
  • 月額:23,604円(年間:283,248円)も利用しない人であれば、ビジネスがおすすめ

となります。

コストコビジネスメンバー(法人会員)のメリット

コストコビジネスメンバー(法人会員)のメリット

メリット1.個人会員よりも年会費が安い

コストコを利用するためには、必ず会員になる必要があります。

会員制の大型スーパーですので、それがルールなのです。一部、キャンペーンなどで店舗限定、期間限定での非会員の入店が可能になりますが、基本的には会員資格を持った方が入店できるのです。入店時には、会員証のチェックが行われます。

  • 個人会員「ゴールドスター」の年会費:4,840円
  • 法人会員「ビジネス」の年会費:4,235円

ですので

個人会員よりも、法人会員の方が605円も安く入会できるのです。
法人会員の入会審査はそれほど厳密ではなく、「代表者の名刺」「身分証明書」があれば、作成することができます。法人登記していなくても、フリーランスでも、NPO法人でも、自営業者でも、「名刺」と「身分証」があれば、法人会員になることができるのです。

メリット2.追加カードが発行できる

コストコビジネスメンバー(法人会員)に経営者がなれば

社員最大6名に追加カードを発行することができます。

  • 個人会員「ゴールドスター」の年会費:4,840円
  • 法人会員「ビジネス」の年会費:4,235円
  • 法人会員「ビジネス」の追加カードの年会費:3,850円

です。

個人会員と比較すると990円安く会員になれるのです。

コストコの会員になりたい社員がいる会社にとっては、年間990円安く会員になれるという福利厚生のメリットもあるのです。

メリット3.ビジネス配送サービスが利用できる

ビジネス配送サービス

コストコビジネスメンバー(法人会員)は

メールまたはFXで注文して、配達で商品を受け取れるサービス「ビジネス配送サービス」

を利用できます。

利用条件
  • ビジネスメンバー(法人会員)であること
  • 1回の買い物金額:3万円以上
購入対象商品
  • レストラン用品、備品、原材料
  • コンビニエンスストア用品、再販商品
  • 事務用品、家具、機械類、休憩室備品
  • 清掃用品
注文方法は
  • 注文書をダウンロードし、印刷
  • 商品リストから商品を選び注文書に記入
  • 注文書をFAXまたはメールで送る

※大量購入の場合は、倉庫店の担当へ問い合わせ

コストコビジネスメンバー(法人会員)は、コストコ店舗に行かずに商品を注文することができるメリットがあります。
teacher
個人会員も、店舗で買った商品に関しては、配送サービスを利用することができますが、まずは店舗に行く必要があります。(個人会員は、コストコオンラインストアが利用できますが、商品数が店舗に比べるとかなり少ないです。)

メリット4.ビジネスメンバー(法人会員)専門の担当者がつく

コストコには、ビジネスメンバー(法人会員)会員専門の担当者が各店舗にいます。

  • ビジネスメンバー(法人会員)の要望に合わせた商品提案、商品リストの作成
  • マッチした商品の最新情報の提供
  • イベントの紹介
  • 新商品の紹介
  • ビジネス配送サービスの大量購入への対応
ビジネスメンバー(法人会員)であれば、要望をいうだけで、専門の担当者が商品を見繕ってくれて、購入のお手伝いをしてくれるメリットがあります。

コストコビジネスメンバー(法人会員)のデメリット

コストコビジネスメンバー(法人会員)のデメリット

デメリット1.個人はなれない

ビジネスメンバー(法人会員)のデメリットは、ほぼありませんが、唯一あるとすれば

個人の方はビジネスメンバー(法人会員)になれない

という点です。

ただし、これも名刺があれば、主婦であろうが、学生であろうが、個人事業主として主張することができますので、ビジネスメンバー(法人会員)になることは可能です。大きなデメリットにはなりません。

コストコビジネスメンバー(法人会員)になる手順

コストコビジネスメンバー(法人会員)になる手順

1.店舗のメンバーシップカウンターに行く

基本的には店舗に行って、ビジネスメンバー(法人会員)になる方法が一般的です。

ただし、オンラインでも会員登録することが可能です。

コストコ公式サイト。コストコはアメリカ生まれのメンバーシップ制ウェアハウス・クラブ。高品質な商品とサービスをよりお買い得価格で提供することをモットーに、日本全国27倉庫店でお待ちしております。

2.必要書類を提出する

必要書類を提出します。、

必要書類

法人・個人事業主を証明する資料
  • 名刺(肩書き・役職名の明記がある代表者のもの)
  • 公共料金の請求書
  • 農家証明書
  • 登記簿謄本(コピー可)
  • 営業許可書

などの会社名、屋号、代表者名、会社所在地などが記載されて物が必要です。

身分証明書
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 保険証

など、本人確認ができるものが必要です。

※法人・個人事業主を証明する資料の代表者名と一致していること
※写真は不要

3.写真撮影

写真を撮影します。

4.カード発行

写真発行後、カードが発行されます。

コストコのクレジット機能がある法人カードはないの?

コストコのクレジット機能がある法人カードはないの?

あります。

オリエントコーポレーションが発行する「コストコビジネスカード」という法人カードがあります。

コストコビジネスカード

コストコビジネスカード
  • 年会費:永年無料
  • ポイント還元率:0.0%
  • 契約は法人名義
  • 法人口座から引き落とし可能
  • 追加カードを発行可能(年会費:永年無料)
  • カード利用者ごとにカードの利用枠を設定可能
  • ETCカードも発行可能(年会費:永年無料)
  • Mastercardコンタクトレス決済対応

「コストコビジネスカード」は、正真正銘の法人カードであり、コストコ以外での買い物にも利用できます。

しかし、注意しなければならないのは

  • ポイント還元率:0.0%

という点です。

ポイントがつかないのですから、あえて、コストコの法人カードを利用する必要性はないのです。

コストコでは、MasterCardブランドのクレジットカードが利用できます。

  • MasterCardブランドのポイント還元率の高い法人カードで支払う
  • コストコでポイント還元率1.5%でポイントが貯まる個人カード「コストコグローバルカード」で支払う

のどちらかの方法をおすすめします。

MasterCardブランドのポイント還元率の高い法人カード

国際ブランドVISA,Mastercard
初年度年会費(税込)0円
2年目~年会費(税込)1,375円
年会費優遇条件「マイ・ペイすリボ」申込と1回以上の利用で翌年度年会費無料
カードご利用代金WEB明細書サービス利用で条件達成で翌年度年会費500円割引
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限9.00%
ポイント倍増方法●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍

●いつもの利用でポイント5倍
セブン‐イレブン:5倍
ファミリーマート:5倍
ローソン:5倍
マクドナルド:5倍
※一部ポイント加算対象とならない、指定のポイント還元にならない、Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスが利用できない店舗あり

●選んだお店でポイント2倍
約50店舗の中から3店舗を選択
【年会費特典】初年度年会費無料
【新規入会+1カ月以内5万円利用】10,000円相当のギフトカード
国際ブランドDiners
初年度年会費(税込)29,700円
2年目~年会費(税込)29,700円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,200円(税込)が必要
ポイント還元率/基本0.40%
ポイント還元率/上限0.80%
ポイント倍増方法●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
【年会費特典】初年度年会費無料
【新規入会】最大85,000マイル

※ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードは、ダイナースブランドですがコンパニオンカードとしてMasterCardブランドの「TRUST CLUB プラチナマスターカード」が発行できます。

コストコでポイント還元率1.5%でポイントが貯まる個人カード「コストコグローバルカード」で支払う

コストコグローバルカード

コストコグローバルカード
  • 年会費:初年度年会費:無料、2年目以降1,375円(年1回以上で翌年度年会費無料)
  • ポイント還元率:1.0%
  • コストコでの利用時のポイント還元率:1.5%
  • 貯めたポイント(リワード)は、コストコでの支払いに充当できる
  • Mastercardコンタクトレス決済対応
コストコ会員のための高還元率クレジットカード【Costco Global Card(コストコグローバルカード)】初年度年会費無料、コストコの利用で1.5%の高還元!普段のお買い物でもリワード(ポイント)がたまります。年会費の自動引落しや海外・国内旅行傷害保険...

※コストコグローバルカードは、個人カードですので、法人口座からの引き落としには対応していない点に注意が必要です。

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
法人カード

おすすめのビジネスカードはこちら
ビジネスカード

コメントを残す

You have to agree to the comment policy.

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。