米国でスタートアップ(起業直後の会社)向けの法人カード「Brex(ブレックス)」が躍進。11億ドルの企業評価を突破

2017年に設立された法人カードを発行する会社「Brex(ブレックス)」が躍進しているというニュースです。

Brex(ブレックス)

Brex(ブレックス)
Brex is a first-of-its kind corporate card specifically designed for the needs of early stage tech companies. Brex was built from the ground up with world class software. It combines expense management tools with a credit card that has a...

Brex(ブレックス)は

スタートアップ(起業直後の企業)に対して、法人カードを発行するビジネスモデル

です。

何が画期的かというと

  • スタートアップ(起業直後の企業)に5分で法人カードを発行する
  • 限度額が、ほかの法人カードよりも高い(3倍~5倍)
  • 個人保証なし
  • 引き落としサイクルが1日単位
  • 独自の審査

という特徴があり

スタートアップ(起業直後の企業)に、絶大な支持を受けているのです。

  • 企業価値は11億ドルを突破
  • 顧客数は3,000社以上

日本でも、米国でも、従来の法人カードを発行するクレジットカード会社は

  • 経営者個人の信用情報
  • 法人の信用情報
  • 法人の経営情報(申込書などに記入)

に基づいて、審査を行います。

決算書などを見ることはないので、当然、「事業歴」「年商」という情報が、法人カード審査には重要な要素となってきます。

そのため、

起業直後で法人カード審査に落ちてしまう。

ことは、日常茶飯事なのです。

筆者自身も、起業直後に申し込んだ法人カードには、何度も落ちた経験があります。

「法人カードの審査が通らない!?」「起業直後でも作れる法人カードってどれなの?」「何度申込んでも審査落ち・・・。」という経営者の方も少なくないはずです。実際に私がそうでした。今回は実際に法人カードを複数枚作ってみたからこそわかる法人カー...

Brex(ブレックス)は、ここに目をつけて

「事業歴」「年商」に基づかない独自の審査基準でスタートアップ企業に法人カードを発行する

ビジネスモデルを採用しているのです。

実際には

  • 資本金がどのくらいあるのか?
  • 口座残高がどのくらいあるのか?
  • どのベンチャーキャピタルから出資を受けているのか?

などから、法人カードの発行審査を行うのです。

起業直後であっても、発行できる法人カードということができます。

また、特筆する点は

個人保証を取らない

という点です。

日本の法人カードの場合は、あくまでも契約は「個人」です。引き落としが「法人口座」であるだけなのです。

法人カードで引き落としができなかった場合は、契約者である「個人」の債務になるため、「個人」が返済を行わなければならないのです。

Brex(ブレックス)は

あくまでも、「法人」との契約で、法人カードを発行しています。連帯保証人として「個人保証」を求めないため、法人カードを利用した企業が倒産すれば、その貸し倒れ損失は、Brex(ブレックス)自身が負うのです。

一見、非常にリスキーなビジネスモデルのように見えますが、それでも勝算がある審査ロジックを開発したということでしょう。

さらに

Brexカードは、通常の法人カードの引き落としサイクルとは異なります。

  • 通常の法人カード:月末締め、翌月末支払い

のように、月末で締めて、30日後に引き落としが発生します。

Brexカード:1月1日と1月2日に購入した場合、Brexは3月2日と3月3日の2日間に分けて法人口座から引き落とします。

「月末で締める」という概念がないのです。法人カードを使った日から60日間というような設定で、都度引き落としがかかるのです。

1日単位で引き落としがかかるのであれば、すべての支払いの資金繰りが60日分楽になることを意味しています。経理上も、すべて60日ずれるだけなので管理が簡単になるのです。

これらの今までの法人カードにない特徴が、米国、とくにシリコンバレーで受け入れられているのです。

日本の場合は、一部のカード会社であれば、起業直後でも法人カードを発行することができます。

「起業したばかりで作れる法人カードって何がありますか?」「起業直後でおすすめの法人カードはどれですか?」「会社設立したらすぐ作れる法人カードはどれですか?」・・・という方に「どの法人カードが起業直後に作れるのか?」法人カード10枚を所有す...

それでも、

  • 限度額がほかの法人カードの3倍~5倍
  • 個人保証なし
  • 引き落としが1日単位

という特徴があれば、日本でも浸透する可能性が高い法人カードと言っていいでしょう。

teacher

インターネットが発達した現代だからこそ、急速に躍進する企業が増えており、銀行融資が追いつかない現状もあるのです。また、スタートアップの支払いの大部分がネット決済になっているため、法人カードさえ用意しておけば、起業直後でも資金繰りが楽になるのは間違えないのです。

今後の日本市場への進出や、日本の企業が類似のビジネスモデルで、既存の法人カードのサービス内容にとらわれない形で法人カードを発行してくれることに期待しましょう。

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
法人カード

おすすめのビジネスカードはこちら
ビジネスカード

コメントを残す

You have to agree to the comment policy.

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。