社長が教える起業・創業直後、スタートアップの方が作るべき法人カードの選び方とおすすめの法人カードとは?

man
「起業するのですが、起業時に作るべき法人カードはどういうカードですか?」
「スタートアップ企業で作るべき法人カードはどれですか?」
「創業直後に法人カードを作る場合には何に気を付ければ良いでしょうか?」

会社を設立した後に法人カードを作る方は、かなり増えています。今回は、社長が教える起業・スタートアップの方が作るべき法人カードの選び方と特徴、おすすめの法人カードについて解説します。

起業・創業・会社設立直後に法人カードは必須!

起業・創業・会社設立直後に法人カードは必須!
man
「起業した直後に法人カードって作る必要はあるの?
teacher
あります。

理由は2つあります。

理由その1.法人向けのオンラインサービスが増えている

昨今、起業しやすい環境が整ってきたことや、クラウドサービスなどが増えてきたことから、スタートアップ、少人数の企業向けのオンラインサービスが続々と登場しています。

  • オンライン契約
  • オンライン見積もり
  • クラウドサーバー
  • オンラインチャット
  • クラウド名刺管理
  • CRM
  • クラウドソーシング
  • クラウド秘書
  • クラウド会計ソフト
  • バーチャルオフィス
  • シェアオフィス
    ・・

挙げていけばきりがありませんが、スタートアップの企業にとっては

  • 固定費、人件費を抱えないで済む
  • 必要な分だけ利用できる
  • 低コスト

という理由で、非常に有益なサービスとなっています。

これらのオンラインサービスの決済方法は、ほとんどがクレジットカード・デビットカードの決済です。

銀行振込に対応しているものもありますが、銀行振込の場合は、入金後の確認が必要になるため、即時利用ができないのです。

  • 簡単に支払える
  • 支払直後に利用できる

ためには、法人名義のクレジットカード・デビットカードが必要になるのです。

理由その2.資金繰りが楽になる

クレジットカードで決済した場合には

支払後、引き落としまでの猶予が30日~60日ほどあります。

末締め、翌月末引き落としの法人カードであれば

  1. 1月1日に法人カードを利用して支払
  2. 1月31日に支払が確定
  3. 2月28日に登録した法人口座から引き落とし

となるのです。

銀行振込と比較すれば、58日後に口座から引き落としされることになります。

法人カードを利用すれば、1カ月~2カ月分のキャッシュフローが改善する

ということになります。

teacher

起業直後、スタートアップにとっては、貴重な資金を減らすスピードを遅らせるのは、非常に重要な経営を成功させるポイントです。

売上が安定しない会社設立直後こそ、支払は法人カードに集中させて、キャッシュフローを改善すべきなのです。

起業・創業・会社設立直後に選ぶべき法人カードの特徴とは?

起業・創業・会社設立直後に選ぶべき法人カードの特徴とは?

特徴その1.起業直後でも、審査が通る法人カード!

実際に会社を10社以上設立した経験がある筆者は、それなりに起業直後の法人カード審査に落ちています。

法人カードの審査は、以前よりは全体的に甘くなっている印象ですが・・・

起業直後、スタートアップ = 経営実績がない(決算書もない)

ことを意味するため

man
「なかなか、審査が通らない。」

というケースが多いのです。

クレジットカード会社としても

個人であれば、働いていて安定収入がある方であれば、貸し倒れというのは、ほとんど発生しませんが

法人の場合は

  • 利用額が大きくなりやすい
  • 倒産する可能性が高い(創業直後は特に)

という貸し倒れリスクが大きいため、決算書を提出させて、経営状況を審査する法人カードが多かったのです。

しかし、近年は、この状況が改善されています。

各クレジットカード会社は、起業直後の方、スタートアップ企業向けに専用の法人カードを発行するケースが増えています。

  • 社員向けの追加カードなし
  • 限度額を抑える

ことで、貸し倒れリスクを抑えて、起業直後の方、スタートアップ企業の方でも、審査に通る法人カードを作りはじめているのです。

起業直後、スタートアップの方が選ぶべきなのは、審査に通る可能性が高い「起業直後の方、スタートアップ企業向けの法人カード」なのです。
起業直後の方、スタートアップ企業向けの法人カードの見極め方

ウェブサイトに「起業直後の方」「スタートップの方」というワードが入っている法人カードが、「起業直後の方、スタートアップ企業向けの法人カード」の可能性が高いです。

また、

  • 決算書の提出不要
  • 謄本(登記事項証明書・登記簿謄本)の提出不要
  • 追加カードの発行なし(本人だけが利用できる)

という特徴の法人カードは、「起業直後の方、スタートアップ企業向けの法人カード」の可能性が高いと考えられます。

特徴その2.発行スピードの早い法人カード!

法人カードは、比較的「申込」から「発行」までの期間が長いものも少なくありません。

実際に筆者が発行した法人カードを見ても

発行済法人カード申込日時発行日時発行までの期間発行期間備考ショッピング限度額キャッシング限度額審査
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
2016年7月28日2016年9月2日36日-30万円0万円1回目審査通過
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
2019年5月17日2019年6月18日32日-50万円0万円1回目審査通過
ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード
ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード
2019年8月21日2019年9月4日14日ビジネスアカウントカード発行100万円0万円1回目審査通過
ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカード
ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカード
2020年10月7日2020年10月15日8日ビジネスアカウントカード発行100万円0万円インビテーション(招待)
ビジネクスト・法人クレジットカード
ビジネクスト・法人クレジットカード
2017年3月12日2017年6月8日88日-50万円0万円1回目審査通過、別会社で起業してはじめて発行
ダイナースクラブカード+ビジネス・アカウントカード
ダイナースクラブカード+ビジネス・アカウントカード
2019年7月31日2019年8月14日14日-100万円0万円1回目審査通過
ダイナースクラブビジネスカード
ダイナースクラブビジネスカード
2019年8月21日2019年9月4日14日-100万円0万円1回目審査通過
JCB CARD Biz
JCB CARD Biz
2020年6月17日2020年6月30日13日口座振替依頼書の提出100万円0万円1回目審査通過
JCB法人カード/一般カード
JCB法人カード/一般カード
2016年12月15日2017年5月4日140日一度審査落ちの連絡後発行30万円0万円1回目審査落ち、2回目審査通過
ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード
ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード
2018年9月5日2018年10月2日27日口座振替依頼書の再提出あり70万円0万円1回目審査通過
ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card
ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card
2019年8月24日2019年10月3日40日-100万円0万円1回目審査通過
ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
2018年8月8日2018年10月2日55日本人確認書類の再提出あり300万円30万円1回目審査通過
NTTファイナンス Bizカード レギュラー
NTTファイナンス Bizカード レギュラー
2020年7月28日2020年8月28日31日本人確認書類の再提出あり40万円0万円1回目審査通過
EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
2013年11月10日2013年11月29日19日-200万円0万円1回目審査通過、起業してはじめて発行
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
2020年5月30日2020年6月4日5日口座振替依頼書の再提出あり150万円0万円1回目審査通過
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
2016年7月26日2016年7月31日5日-100万円50万円1回目審査通過
三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード
三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード
2017年1月19日2017年2月23日35日-40万円0万円1回目審査通過
freeeVISAカード
freeeVISAカード
2018年3月5日2018年4月13日39日-70万円0万円1回目審査通過

と、

平均的:30日~40日

ぐらいかかってしまうものです。

起業直後のスタートダッシュが重要なときにこれだけのタイムラグがあるのは、良いことではありません。

1週間以内に発行できる可能性が高い法人カードをおすすめします。

特徴その3.年会費無料、初年度年会費年無料の法人カードを選ぶ!

起業直後、スタートアップで利用する法人カードに年会費は不要です。

当然、年会費が有料な法人カードの方がサービスが良い、ステイタス性が高いのは間違えありませんが、数千円、数万円であっても、コストを抑えるべきなのです。

起業直後、スタートアップ企業で作るべきなのは

  • 年会費永年無料の法人カード
  • 年会費初年度無料の法人カード

です。

特徴その4.主要な国際ブランドのカードを持つ!

作ったクレジットカードの国際ブランドによって、クレジットカード払いができないという結果になっては、意味がありません。

起業直後に作るクレジットカードの国際ブランドとしては、国内ほとんどの加盟店でカバーされている

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB

がおすすめです。

起業・創業・会社設立直後におすすめの法人カードは?

起業・創業・会社設立直後におすすめの法人カードは?

上記の条件に該当するおすすめの法人カードとして

JCB CARD Biz

が挙げられます。

JCBが起業直後の方、スタートアップ企業の方向けに作った法人カードです。

前述した条件である

  • 起業直後でも、審査が通る法人カード
  • 発行スピードの早い法人カード
  • 年会費無料、初年度年会費年無料の法人カードを選ぶ
  • 主要な国際ブランドのカードを持つ

という点をクリアしている法人カードです。

  • 起業直後でも、審査が通る法人カード → 謄本不要、追加カードなし
  • 発行スピードの早い法人カード → 最短1週間で発行可能
  • 年会費無料、初年度年会費年無料の法人カードを選ぶ → 初年度年会費無料
  • 主要な国際ブランドのカードを持つ → JCB
国際ブランドJCB
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)1,250円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限3.75%
ポイント倍増方法●JCBスターメンバーズ
100万円以上利用・翌年:50%UP
●JCB ORIGINAL SERIESパートナー
スターバックス:10倍
セブンイレブン:3倍
Amazon.co.jp:3倍
ガソリンスタンド:2倍
●海外利用
海外利用:2倍
【年会費特典】初年度年会費無料
【入会+利用】最大20,000円分のポイント

おすすめの法人カード・法人クレジットカードはこちら
法人カード

おすすめのビジネスカードはこちら
ビジネスカード

コメントを残す

You have to agree to the comment policy.

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。